前向きに行こう!名大社社長ブログ

第2回Fネット定期総会

昨日は、本年4月から加盟したふるさと就職応援ネットワーク(Fネット)の第2回定期総会に参加した。
会場は同じく加盟する大阪の会社で開催。いつも通り出勤する時間に大阪に向かった。
定期総会では、事業報告から会計報告、新役員の選出など型どおりの議事進行、その後、各社の現状の取り組みや課題についての報告が行われた。
加盟各社の報告を聞きながら、自社の現状と照らし合わせるわけだが、加盟会社のトップの思いや姿勢を伺う度に、自分の力量不足を実感し、学習となっている。また、今後の共同スキームについて持論し合い、戦略を練りあう事となった。
午後からは「お仕事自慢大会」として、加盟各社の若手代表が自分の仕事の成功例を発表する場が持たれた。名大社としては、この「お仕事自慢大会」には参加せず、まずは他者を学ぶという意味で、一人の若手を見学に参加させた。その本人も何の準備もなく傍観者として会場に入った。
ところがである。今回は参加するメンバーが少なかった事もあり、急きょ、発表することになった。
「発表する」というよりも「発表させられる」という方が正解だろう。本人も相当困ったろうが、そこは覚悟を決め、自分の仕事の取り組みについて発表した。
自分の部下がみんなの前で披露されるわけなので、こちらもハラハラしながら聞いていた。しどろもどろになってしまうのではないかを恐れてもいた。しかし見事とは言わないまでも、予想以上に自分の仕事ぶりについて、また、会社への想いについて語ってくれた。
正直、うれしかった。僅かな時間ではあるが、多くのトップの前で堂々と語る姿は、彼の経験してきた事が決して無駄でなかったことを証明したようにも思う。
喜ばしい事に賞金まで頂いてしまった。
その後は、加盟会社のトップが「いい仕事」をテーマに10分程度プレゼンする時間も設けられた。初参加の僕も「いい仕事」のために重要な事を語らせてもらった。どこまで響いたかは分からないが、これも自分を知ってもらうことにおいていい経験になった。
夜は恒例の懇親会。ここでも多くの情報共有ができた。また、名大社の若手も、普段関わりあう事のない他社の社員と酒を酌み交わしながら話し合う事で、いい刺激にもなったと思う。
昨日の総会は、まるっと一日の長丁場であったが、有意義な時間を過ごす事ができた。
改めて、このような場に感謝である。

久々の登場!

暑い!暑い!本当に暑い!本日、名古屋は37度を超えたという。
昨年まで、僕自身も外を歩き回ってたが、この時期は一番きつかった。
ただ、年々、夏の暑さが増しているような気がしてならない。当社の営業もこんな暑い日でも外で駆けずり回ってもらっている。
出先から戻ってきた時には、「お疲れちゃ~ん」とビールの一杯でも注ぎたいと思う。
(ごくごくたまに頂き物のビールを提供したりはするが・・・)
そして、自分も帰宅時にはついつい飲んでしまう。本日は休肝日にしようと思っても、その疲労度と汗の噴出度で、いとも簡単に意志は崩れ、毎日のように飲んでしまう。
そこで登場したのがビールサーバー。
確か2年前、懸賞好きの娘がコツコツとシールをハガキに貼って、届いたのがこちら。
ジャーン!
ビールサーバ
2年前は、それこそ毎日のように活躍し、外出先でも持参し自慢もしたが、いつの間にか飽きてしまい、食器棚の奥の方にしまわれてしまった。
よくよく思い出してみるとこのビールサーバー、泡も程よく出て、グラスに上手く注ぐことができる。
少し雰囲気を変えただけでも、美味しくなるのだ。
最近、我が家ではもっぱら第三のビールだが(悲しい話ではあるが・・・)、このビールサーバを使うと仲間由紀恵のCMのようにビールと間違える美味さとなる。
以前は喜んでビールを注いでくれた娘にも、この頃は冷たくあしらわれるので、しばらくはこの暑い夏をこのビールサーバーと共に過ごそうと思う。

孫正義氏の思い

Twitterで孫氏をフォローしていると、日曜の夜には、「始まるぜよ~。正座するぜよ~。」なんていうツイートが流れてくる。「龍馬伝」が始まる前の孫氏のつぶやきである。
先週、今週の2週に亘ってTV東京の「カンブリア宮殿」に孫正義氏が登場していた。その孫氏の社長室には最も尊敬する坂本龍馬の写真が等身大で飾られている。
Twitterでは毎週必ずといっていいほど、この番組が始まる時には、つぶやいて姿勢を正すのが尊敬の証だ。
村上龍の「何故、坂本龍馬か?」の質問に、私心がなく、これからの日本を考えていたことと応えていた様に思う。これまで、僕は孫氏を野望に満ちた事業家と捉えていた。しかし、この番組を見る限り、その考えは否定される。
もちろん100%でないにせよ、ただ自分の名誉と財産目的でないことが、その孫氏の発言から伺うことができた。その誤解に関しては素直に反省すると共に、これまで歩んできた人生から彼の成し遂げたいその先にある想いを感じる事となった。
名大社の執務室よりも大きいくらい広い社長室や1000名も収容できる豪華な社員食堂など、パフォーマンスとしての姿も見えることはできるわけだが、
「誇れるようなものは何も持ってない」
「ちっぽけな人が集まったら面白い事ができる」
「麗しき誤解のうちに他人の褌で勝負する」
など、これまであまり孫氏をイメージさせない発言は、観る側にとっては刺激的であった。
高校生の段階で事業家になる事を決意し、逆境こそがエネルギーを与えるなどと飄々と発言される姿には、同じ経営者としても格段の差を感じて止まない。
彼の大いなる理想、理念、ビジョンに対して、酒に酔いながらこのブログを書いている僕は、爪の垢を煎じて飲まなければならない。
(勉強になりました。)

グロービス再開

2年ぶりにグロービスに通う事にした。受講科目は「ビジネスプレゼンテーション」。自らのプレゼンテーション能力を強化する事を目的としている。
最近、学生であったり社員であったり対象は異なれど、多くの方の前で話をさせてもらう機会が増えている。
これまでも自分で作成したパワーポイントの資料で人前で話をする事はあったが、あくまでも自己流。そのやり方が正しいのかどうか全くわからないまま進めることが多かった。
今後、更に増えるだろうプレゼンの場(多くの面前で語る場)でもっと上手に表現したい、思いを伝えたいというのが今回の受講目的である。
昨日が、その「ビジネスプレゼンテーション」のスタート日。受講生は全員で12名と少なめだが程よい人数。
予め予習で作成した提案資料についてディスカッションするのだが、その提案資料の発表を一番最初にやらせていただいた。
(全員発表の機会があるという。)
どうせ恥をかくのであれば初めの方がよく、後の事を考えれば気も楽だ。という浅はかな理由で発表したのだが、やはり反省の多い発表であった。
プレゼンの目的を明確にして、聞き手の状況を理解した上で臨むのだが、限られた時間の中でまとめようとするとどうしても聞き手よりも自分の状況を意識してしまう。そうなることによって、主役であるべき聞き手が主役でなくなり関心が薄らいでしまうことも多い。頭で理解していても実践するのは難しいと肌で感じた瞬間であった。
他の受講生の資料や発表を見ながら、同じテキストを活用しても切り口は全く別物になることが多く、その視点や表現方法は大いに勉強になった。
3時間のクラスを終了後、担当講師とほぼ全員に近い受講生とで懇親会が行われた。こちらも大いに盛り上がり楽しい時間を過ごす事ができた。
今回のクラスでは僕は年寄り組に入る年齢構成だが、全くそれを感じることなく時間が過ぎていった。
幹事のU氏に感謝!
僕自身のプライベートの話をしすぎてしまったのは反省すべき点でもあるが、酒の席ということでお許しいただけるだろう。
次回は2週間後になるが、初回の講義でその重要性は十分認識したつもり。今回の反省も踏まえ、しっかりと準備をして次回に臨みたいと思う。

進め!グランパス

ワールドカップがスペインの優勝で終了し、サッカーへの関心が否応なくJリーグに移ってきた。
そう、名古屋グランパスである。
大幅な戦力補強で優勝候補に挙げられながらも、強いのかそうでないのかよく分からない試合が続いている。
Jリーグが再開した昨日、対戦相手は16位と低迷する大宮。一人のサポーターとしては、勝利は間違いないと勝手に判断するが、簡単には進めない。TVのニュースと新聞の情報でしかないが、甘くはないようだ。
前半でブルザノビッチが退場。ゲームの半分以上を10人で戦わなければならない厳しい状況。
これまでであればズルズルと押し込まれてしまう事も多かったろうが、ワールドカップで一試合も出れなかった楢崎のストレスもあるのだろう。ファインセーブを連発していたようだ。
そして、燃え尽きた症候群に落ちかけていた闘莉王。ギリギリまで現役にこだわってプレイしたピクシーに無理矢理試合に出され、途中交代も許してもらえず、闘志の炎を燃やすしかなかったようだ。
後半に何故か髪の毛をバッサリと切ったケネディにアシストし、ケネディはそれを得意のヘッドでゴール。1×0で勝利した。
(息子は、ケネディをドイツのクローゼじゃないかと言っていた。単に顔が長いだけか・・・)
苦しい状態ではあったが、何とか勝利で後半戦をスタートした。上位には鹿島、清水が、下からは川崎あたりが突き上げてくる。全く安心はできない。
でも、そろそろだとも思いたい。
我ら名古屋グランパスのJリーグ制覇を・・・。
名古屋が活性化するには、ドラゴンズだけでなく、グランパスの飛躍も必要となる。
もし、グランパスが優勝したら、その最大スポンサーのトヨタの車に買い換えたいと思う。
これも地域活性化のひとつだろう。
進め!グランパス!

温泉地 下呂で感じたこと

昨日は、久々に岐阜県下呂市まで出向いた。従来、僕が担当していたクライアントに対して他の営業への引継ぎと社長就任の挨拶をさせて頂くためだ。
(本来はもっと早く挨拶に伺うべきだが、遅くなってしまった。)
アポイントの時間が早いことと今週の悪天候の影響から、朝7:30には会社を出発した。この日は何とか天候は保ったものの、前日までの大雨の影響がその周辺の風景を眺めると感じられた。
国道41号沿いを流れる飛騨川はこれまで見たことのないくらい水かさが増しており、また、想像を超えるかなり強い流れ。その回りを取り囲む木々も押し倒されたように崩れ落ちていた。場所によっては、川から溢れそうな状態であった。ゲリラ豪雨が襲うと一瞬のうちに、TVのニュースで放送されるような被害状況に陥ってしまうのだろう。
午前中の移動時間はなんら問題はなかったものの、昨晩の臨時ニュースを見る限り、やはりこの地域に及ぼした被害は大きかったようだ。
この日は、午前中にいくつかのクライアントを訪問し、挨拶をさせて頂いた。いずれも10年ほどお付き合い頂いている名大社にとっても自分にとっても大切なクライアントである。
地域性が強いため、思うとような効果が得られなかった時もあるが、そんな時も我慢強くお付き合い頂いた。また、今回の挨拶においても、我がことのように喜んでいただけた。
年数回しか足を運ばないクライアントでもそのような人間関係を築けるのは本当に幸せなことだと思う。往復6時間以上、車を走らせる必要があるが、また顔を出したくなるのはそのようにお世話になった方といつまでも関係を保っていたいという気持ちからだろう。
本来は下呂温泉にも浸かって、のんびりしたい気持ちもあるが、そんなわけにもいかず、夕方には名古屋へ戻ってきた。
また、機会を見つけて足を運ばせてもらいたい。
その時は、休みでも取ってのんびりと温泉に浸かりながら・・・。

就活スーツのゆくえ

本日の日本経済新聞に、就活スーツに関わる記事があった。就職戦線が長期化することや早期化することで、この夏のシーズンに学生がリクルートスーツを着る機会が増えているという。
実際、僕自身が担当する大手紳士服専門店でも既に大学3年生の就活スーツの購入が増えていると聞く。この大手紳士服専門店の仕事は、もう10年近く担当させてもらっているが、ほんの数年前はスーツの売り上げのピークは年明けだったと記憶している。
それが年内にずれ、今やこの夏の時期に就活生が購入する時代になった。インターンシップに力を入れる大学も増えたのも、その要因だといえる。以前と比べスーツの価格が驚くほど下がっているとはいえ、学生にとっては痛い出費となるはずだ。それも秋や冬ではなく、このジメジメとした暑い時期に着なければならないのは、軽装が当たり前の学生には苦痛でたまらないだろう。
社会人であればクールビズだといって、ノージャケット、ノーネクタイで通すことも一般化してきてはいるが、これから自分自身を選考にさらす学生はそんなことは言ってられない。
僕が第一線で営業をやっていた時代は、スーツが当たり前だったので、この夏場の時期が一年通して一番辛い時期であったが、それも昔の話。今は就活生やインターンシップ生が日本の中で、一番大変な思いをしているのかもしれない。時間の経過とともに、就活生もクールビズだ!となるのかもしれないが、今の環境下ではすぐに訪れることはないだろう。選考では、まだまだ第一印象が重要視されることが多いのだから・・・。
ただ思うのは、その就活スーツをヨレヨレになるまで着こんだか、そこまで懸命に頑張ったか、それが大切だと思う。理想的には暑くなる前の段階で志望先に内定をもらい、就職活動を終了することがいいには違いない。
しかし、そうではなかったとして、その暑苦しいスーツを着て行動する時期があった事は、決して無駄にはならないだろう。
4年生においては、最初に買ったスーツがボロボロになり、二着目、三着目の必要性があるのかもしれないが、その努力を裏切ることはないはずだ。むしろ、就職先が未定のままにも関わらず、きれいな状態のままの就活スーツが存在していることが問題だと思う。
今、活動中の4年生は時期的にも精神的にも本当に辛い時期を迎えているだろう。しかし、この暑い時期にどれだけ動けるかが、これから先の人生にもつながってくる。
いずれ涼しい時期はやってくる。
汗だくになりながら、動き回るのもきっといい思い出になると思う。

07/13のツイートまとめ

happytetsu

@tofupj 昨日はお疲れ様でした。最後は、名古屋西チーム、キヌさん、MIYAちゃん、3人飲み。う~ん。ねむい~。
07-13 08:48

これからのリーダーのカタチ

ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化する ビジョナリー・リーダー―自らのビジョンを確立し、組織の成果を最大化する
(2010/03/12)
北垣 武文

商品詳細を見る

リーダーシップのあり方には、いろんな方法があると思う。
トップダウン型のカリスマ性重視のリーダーシップもあれば、エンパワーメント主体のリーダーシップもある。
どんなリーダーが企業を向上させ、社員を組織を幸せにするかなんて、正解はないだろう。
これまで僕もいくつかの場面でリーダーとしての立場で仕事をしてきた。自分では正しい判断だと思っても、上司からはダメダメリーダーの烙印を押されたことも何度もあった。きっと理想とするリーダー像が違ったのだろうし、環境の違いで求められることも違ったのだろう。もしくは、単純に自分自身が勘違いをした愚か者だったのかもしれない。
そんな過去の失敗経験も含め、いくつかの経験をさせてもらったことが今の自分の考え方や行動において、十分役に立っているのも事実。
自分自身の中で明確なリーダー像はまだまだではあるが、今回の「ビジョナリーリーダー」は共感できる著書であった。ビジネススクールを通して、著者の北垣氏を慕い、彼の想いに共感する仲間は多かったように感じる。
そこには理想とすべき組織をその学びの中から吸収したのだろうから・・・。
今後、リーダーとして最も必要な事は、明確な自らのビジョンだという。
そのビジョンをWill→Can→Mustの順で可視化したフレームワークが、「ビジョンのピラミッドモデル」になる。
WillがCanを定義し、結果としてMustを満たしていくというのだ。
リーダーシップのあり方もその本質は変わらないのかもしれないが、時代や環境が変化すると共に、求めるものと、求められるものも少しずつ変化していくのかもしれない。
特に今のような先行きが混沌として見えない時代になってくると、そのビジョンに対して個人の価値観が共有できるかがより重要なのだろう。

その笑顔に秘められたもの

昨日は、ザメディアジョン主催のセミナーに参加した。今回のセミナーは「人財力」をテーマに、一部として主催会社の社長 山近氏の講演、二部として物語コーポレーションの小林社長の講演である。
山近社長とはかなり長いお付き合いでもあり、名大社が10月に開催するイベントでも学生向けに講演を行ってもらうことになっている。企業側の立場から、また大人の立場から、どんな就職活動を行っていくのか、今何を大切にすべきかを語ってもらうのだ。詳細はこれからだが、大変楽しみな企画である。
この日のメインは、先日の「カンブリア宮殿」にも登場された物語コーポレーションの小林社長の講演。物語コーポレーションは先月には東証二部にも上場されたこの東海地区でも最も元気のある企業だ。また、弊社にとっても大切なクライアントである。
その会社のトップが、人材採用における重要な要素や人に対する考え方、組織のあり方を1時間ちょっとの時間で熱く語られた。あっという間の時間だった。
この小林社長、どんな場でも笑顔を絶やさない。それもこちらまでもうれしくなってしまうような素晴らしい笑顔。しかし、笑顔を絶やさず、どんな場でも表現できるようになるには、多くの失敗を積み重ねきた歴史があることが、その講演内容から感じ取る事ができた。
人に対する考え方も同じである。過去に多くの社員が辞めていき、経営が思うように進まない時期もあり、そのリアルな現場の中で苦労して考え行動し、学ばれたことが今の企業文化として根付き、人材採用や育成が難しいといわれる外食産業の中でも、優秀な人材を数多く採用できる魅力的な企業になってこられたのだ。
企業や人が育つには、逆風状態をいかに前向きに捉え、その中で思考することが大切であることを痛感した。
講演終了後、小林社長に日頃のお礼も含め挨拶させていただいた。
そこで、頂いたのは私どもに対する感謝の言葉。それも満面の笑みで・・・。
大変ありがたかったと共に、一流の経営者のあるべき姿を感じた。
(生意気いって、すみません。)