前向きに行こう!名大社社長ブログ

仕事始めなのだ!

本日から本年の名大社の業務がスタートした。
今朝は7時前に家を出て、7時半過ぎに会社に着いた。普段より30分近い早い出社である。8日振りだと出社するだけでも緊張感が増す。それがとても心地よい。
名大社では、仕事始めの日に8時半より全体会議を行う。本年の標語から本年に取り組むべき課題を発表し、全体で共有していく。
そして、全員に昨年の目標の振り返り、検証と本年の目標について語ってもらう。もちろん自分自身も・・・。
昨年は何ができて何ができなかったか、そしてそれを基準に今年はどんな目標を立て取り組んでいくのか、を一人10分程度語ってもらうのだ。
僕は人前で言い切ること、「有言実行」が大切であると考えている。それを強制するわけではないが、全員の前で話をしてもらうことで、より自分の行動に責任を持ってもらいたい。
あっという間に1時間半が経過。今週の取り組み内容を話し、全体会議を終えた。
その後は、挨拶回り。新聞社、TV局を立て続けに訪問。昼食の時間も10分程度しか取れない慌しい時間を過ごした。年賀状のチェックや書類の整理を行い、夕方からは営業会議。1日2回の会議は結構疲れるものだ。
こうして仕事始めの一日はバタバタと過ぎていった。忙しい時間を過ごせる事は何よりである。夜になってフウ~ッと息をつく。仕事で疲れることもいいことだ。
そして、本日はノーアルコールデー。
マジメなマジメな仕事始めであった。

就活エリートの迷走

就活エリートの迷走 (ちくま新書) 就活エリートの迷走 (ちくま新書)
(2010/12/08)
豊田 義博

商品詳細を見る

著者はリクルート出身。リクルートブックの編集長を経て、リクルートワークス研究所の主任研究員を務める。
ある意味、いまの就職活動の流れを作ってきた一人だ。
この著書を読む限り、これまでの自らの事業を否定し自戒しているようにも思われる。
就職活動がインターネット中心の時代となって、10年ほど経過する。学生にとってのメリットとしては、容易に情報収集ができ、容易に興味ある企業へ応募ができる。
学生に以前のせっせとハガキを書く時代の事を話をしてもピンとはこないようだし、何故そんな面倒な事を・・・と思うくらいである。
その容易さがもたらしたものは効率的な活動とともに、企業との重要な接点や魅力の理解度を不足にさせている面も多いと思う。これが、就職してからのその後に影響しているようだ。
最近は就職戦線や環境の弊害ばかりがクローズアップされるが、ここではその先にある就職戦線勝ち組、すなわち就活エリートの苦悩を描いている。就活エリートが第一希望の企業に入社したものの、その企業でヤリガイを見出せず離職する姿は想像以上に多いという。
いくつかの原因が考えれるが、その一つに自己分析やエントリーシート、面接のあり方もあるようだ。
「やりたいこと」を追求するばかりに、会社には入ってからのギャップが大きな理由なのだ。大企業であろうと中小企業であろうと自分のやりたい仕事にありつけるケースはほとんどないのが現実である。
全ての新入社員が希望する部署に配属されるのはあり得ない話だし、それを理解して入社するのが当然だと思うが、昨今はそうでもないようなのだ。
自己分析で「やりたい事」をあぶり出し、面接でも「やりたい事」をトコトン突き詰めて答えを出す。それは何十年も働くビジネスマンからみても理想の姿になっている。それを追い求め、社会に出て挫折するのだ。
理想を追い求めるのは大切だが、理想の仕事ができる環境なんて、すぐには与えられる事はない。
こう考えると、我々就職情報に携わる者は、自分達のコンテンツの提供や情報の伝え方も考え直さねばならない。それがクリアされれば上手くいくという単純な問題でないのは承知の上でも情報のあり方を見直さなければならない。
今すぐ取りかかれる事として、少なくとも自社の採用については「やりたい事」のギャップを正直に話し、その中で仕事を学び、キャリアを積む重要性を伝える事だ。
「最近の若い奴は・・・」と言うばかりでなく、仕事の本質、無駄とも思える行動の価値をしっかり理解させるのも我々大人の役割と感じた1冊であった。

初詣は大須に。

元旦は嫁の実家で過ごし、2日は自分の実家で過ごさせてもらった。
元旦は兄弟、子供含め総勢14名が集まり、2日は兄弟、親戚含め22名が集まった。お年玉の飛んでいく数も半端じゃないが、実に賑やかな正月である。子供たちが実家を走り回り、あちこちを蹴飛ばしたり、壊したり・・・。うちの息子はネズミ捕りに引っ掛かり、普段は履かない高級靴下を台無しにした。
それも正月ならではの幸せな光景である。
そして、正月が何よりいいのは、昼間から正々堂々とお酒を飲める事だ。
この2日間で、ビール、日本酒、いも焼酎、韓国焼酎、泡盛と飲み、すっかりアルコール漬けの至福の時間を過ごさせてもらった。おかげで体重も相当増えたように思われるが・・・。
そんなぐうたらな正月は2日間に留めておき、今朝は1時間15分ほどのランニングからスタートした。
(随分と体は重かった。)
その後、家族で初詣でに出掛けた。向かったのは大須観音。これで3年連続となる。
大須観音
大須のキッチントーキョーで早めの昼食を取り、大須観音への参拝。これまでで一番の人出で30分ほど並んでの参拝となった。回りは出店も出て、串カツやたこ焼き、焼きそばの匂いに溢れ、大須の商店街も活気に満ちていた。
今回はおみくじもせず、お守りも買わず、買い食いもせず、手を合わすだけの初詣ではあるが、その分、時間をかけ平和な一年を祈願した。結局は自分の行動次第だろうが、思いをこめるのも大切。
帰りはバーゲンに行きたがる嫁と娘、義母を名古屋駅で降ろし、息子と一緒に先に帰宅した。
途中、箱根駅伝が気になり、車を停めて、カーナビTVで観戦。10位争いも含め感動的だった。1キロ3分を切るタイムで走るなんてとても信じられないと思いながら、自分ももっと鍛えようと密かに願う。
この休み中、運転中とかランニング中とか読書中とか、場面場面で目標を考えているが、そろそろ言語化しないといけない。8日間の休みも残すところ、あと1日。
会社として、自分として、この1年どう過ごしていくか、しっかりと文章に落とし込みたいと思う。

謹賀新年2011

2011年1月1日。
軽いランニングで朝を迎える。初日の出を拝みながら・・・。
気持ちよい一年のスタートだ。きっと素晴らしい年になるだろう。
謹賀新年2
年末に会社にもしめ飾りを飾り、鏡餅もこのとおり。
謹賀新年2011
ちなみにこのしめ飾りは、父親に特別に拵えてもらった。
(立派だ!)
ここにも僕の想いがこもっている。
あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、私たちにとって、素晴らしい一年になりますように・・・。
本年もどうぞよろしくお願いします!

大晦日に1年を振り返り、感謝する。

本日は大晦日。
2010年は本日で終了。何よりも健康的にこの一年を過ごせた事に感謝。こうして1年を終えられるのは素晴らしい事である。
年初に掲げた自分の目標を振り返りながら、この一年を反省する。
全てをここで明かすのは恥ずかしい事もあり、一部割愛するが具体的にはこんなことを目標に掲げた。
1.経営者としての資質を身に付ける。(経営戦略、マーケ、会計、組織と経営に関わるあらゆる分野に強くなることをいう)
2.高い視点での営業活動を行う。(既存クライアントではなく、各媒体、主催団体、行政、同業他社に対しての営業活動や新事業の提案をいう)
3.読書量を増やす。(1ヵ月4冊の読書量をいう)
4.ブログを書く。(事務所移転を機にスタートさせ、最低月10本書くことをいう)
5.走り続ける。(ハーフを1時間40分台で走る力をいう)
何とも恐れ多い目標設定だが、掲げた以上は達成を目指さなければ意味がない。(公私混同でもある)。
結果的にはどうだったのだろうか?
1については、一年ではムリと素直に反省。
これは目標を放棄したのではなく、これは永遠に終わる事がないということ。戦略や組織はその環境によって変化は付き物だし、会計もすぐに習得できるものではない。久々にビジネススクールにも通ったし、多くの講演会にも出掛けた。
学び実践する場は多く頂いたとは言えるが、満足できる結果ともいい難い。正解がない以上、更に努力を積み重ねるしかない。まだまだである。
2については、一定の成果を上げたともいえるが、未達成ともいえる。
名古屋市のイベントの運営やふるさと就職応援ネットワークへの加盟、また重徳氏との対談など、これまでに実績のなかった取組みを行ったことはプラスの判断材料だが、経営的な貢献度で判断すると未達成だ。
3~5からの達成度は、とても分かりやすい。
3については、目標は年間48冊になるのだが、結果としては41冊。85%の達成率。
もっともっと勉強をしなければならない。その中でのベスト本は、ブログでも紹介した「経営の教科書」。2度拝読したが、暗記するくらい読む必要があるかもしれない。
4については、目標達成としたい。
3月末からブログをスタートし、180本ほどのブログを書いた。内容はともかく、継続した事は自分の中では評価していいと思う。
ブログを書くにあたってはリスクもあった。自分自身を丸裸にすることで、いい意味も悪い意味も含め、自分も会社もオープンにしてしまう。名大社の経営者はこの程度なのかと落胆させる恐れもあれば信用を失くす場合もある。その内容によっては誤解を招く場合もある。
そう思うと書かない方が健全であるが、そこは”覚悟”を決めて書いた。稚拙な文章はどうにもならないとしても、正直に僕の想いを表現する場を創る事も必要であると・・・。
思わぬ共感の声を頂けた事は素直に嬉しい。
5については、未達成。
今期の最高タイムはブログにも書いた名古屋シティマラソン。結果は1時間51分で1時間40分台で走りきる事は年内に叶えることはできなかった。来年に持越しである。たかだか2分のタイムだが、かなりハードルの高い2分だ。
こうして1~5を振り返ってみると、ほとんど未達成という体たらくな結果である。未熟さ丸出しである。理想とは程遠く、会社の中でも偉そうに振舞うべきではない。
だが、そこを理解しながらも言い続けなければならないのも僕自身の役割であり責任である。
そして改めて思う。そうは言っても今年はいい年だったと・・・。
これまで多くの方にお世話になり、今年も相当助けていただいた。
新しい出会いもあり、自分が知り得なかった価値も提供いただいた。
そして、仲間、友人や家族の存在の有り難さも痛感した。もちろん、会社のメンバーも。
感謝、感謝の一年。有難うございました。

年末を大阪で笑う。

年末年始休暇に入り、恒例の家族旅行である。
毎年、温泉で一泊二日が定番なのだが、中学生の娘が「温泉はつまらないから嫌だ!」と言った事もあり、今年は大幅に変更。
確かに温泉に行っても、面白い遊びがあるわけでもなく、まったりとする時間がほとんどなので、年頃の娘には物足りないのであろう。
今年は28・29日に大阪へ、それも吉本新喜劇の観劇を目的とした旅行である。
近鉄アーバンライナーで12時に難波に到着。早速、「神座ラーメン」を食べて、その後、連続のたこ焼き。
大阪1
↑本家 大たこ 
大阪2
↑十八番
特に味にあまりうるさくない僕としては、どちらが美味しいかはよくわからず。
そして、本来の目的地である「なんばグランド花月」に向かった。
大阪8
大阪3
いつの頃からか我が家の子供は、土曜日の昼はTVで吉本新喜劇を観るのが当たり前となり、いつの間にか虜になっていた。
僕も嫁さんも含め、初めての生で観るお笑い吉本である。ハイキングウォーキングらの若手から、オール阪神巨人のベテランの漫才まで8組の落語、漫才を観て、新喜劇に移った。
今回は早めに予約した事もあり、前から4列目の間近に観える席。あのいつもと変わらないギャグに何故か大笑いしてしまう。子供たちもゲラゲラと笑っていた。
ホテルにチェックインした後、また心斎橋に出て夕食。雨にも拘らず、その周辺は凄い人。
ある知り合いは、大阪の不況は終わったと言っていたが、その人の流れだけをみるとまさにその通りであった。
大阪4
夜は「元祖串かつだるま」。いかにもベタすぎるので、当初は他の店にするつもりであったが、たどり着くことができず、ここに落ち着く。それでもビールを飲みながら食べる串カツは、それだけで幸せ。
翌日は、地下鉄一日乗車券を購入しあちこちへ。まずは大阪城。
大阪9
大阪5
名古屋城の周辺も、皇居周辺もそうだが、お堀のあるところはランナーが多いのか、大阪城のお堀の周りにも走る人が目立った。無性に走りたくもなってきた。
その後は、新世界まで出て通天閣。ビリケンさんの足の裏を触り、商売繁盛を願う。
(よろしくお願いします!)
大阪6
↑通天閣から見る大阪の街
通天閣周辺は、ここでもかというくらい串カツ屋ばかりだ。前の晩にたらふく食べている事もあり、誘惑に駆られるも止めておく。
結局、昼は大阪らしくお好み焼き。そして、再びたこ焼き。
大阪7
↑たこやき道楽 わなか たこせんも・・・。
子供はいくら食べても飽きないようだ。僕はしばらくはもういいけど・・・。
難波~心斎橋~本町を歩きながら、ウインドウショッピングを楽しんで、名古屋に戻った。
大阪で改めて感じたのは、アジアンパワーの凄さ。大阪の景気も中国人や韓国人の観光で持っているのかもしれない。
ベタな大阪で、ベタベタな行動の2日間。
まるでガイドブックに踊らされたような旅行だった。
しかし、大阪の街をゆっくりするのは初めてだったので、面白い刺激的な2日間であった。
食べすぎでかなり太ってしまった事は後悔だが・・・。
この旅行では、緊張感のない大笑いの時間を過ごさせてもらった。
明日からは、今年の振り返りをじっくりとしたいと思う。

仕事納め

名大社は本日12月27日をもって仕事納め。本年最後の仕事日である。
明日から8連休となるので、十分な休養を取ってもらえるだろう。
今年一年は、いろんな意味も含め、刺激的であり、新鮮であり、思い悩み、多くを気づき学び、十分すぎるほどの経験をさせてもらった年であった。
社長に就任という希望してもできないような経験は、僕の44年の人生の中で、一番大きな出来事と言っても過言ではない。この素晴らしい経験に感謝しなければならない。また、日々プレッシャーを感じるこれまでにない日常を送らせてもらった事にも同じように感謝せねばならない。
24時間365日・・・。
それが仕事というのは決して大げさな表現ではなく、企業のトップとしては当然のこと。そう実感したのは、遅ればせながらトップに就任してからのことで、経営者としては未熟さを痛感するが、それも含め今の自分自身である。
本日、最後に行った社員総会では、本年の振り返りを感情面を交えながら時系列的に話させてもらった。
たった1年の業務だが、そこにはこれまでに経験のない未知の世界の仕事があり、そこで積んだ経験が、今後の我々の仕事を創造していく期待感がある。
今年学んだことを来年どうやって生かし育てていくか、そして、どう繋いでいくかが重要だ。
本日で会社に出社することは最後になるが、ここで今年の仕事を終えるのではなく、残りの4日間も「これまで」と「これから」を考えていきたい。
まずは今年一年お疲れ様でした。

大高マラソンRUN

本日は今年最後のマラソン大会。10キロでの参加。
会社の若手5名と共に大高緑地公園で走るマラソンである。若手は半ば強制的に参加させたといってもおかしくはない。そのため全員で10キロを走る事にした。
本当は名古屋シティマラソンで走る予定であったが、あまりにも早い締切りで参加できなかったため、その代わりといっていいだろう。
天気は快晴。肌寒くはあったが、マラソンを行うには風もなくちょうどいい気温であった。しかし、今回は初めて10キロを走るメンバーもおり、不安要素も多かった。
10時からのスタートに合わせ、ストレッチもするも、どうやら早まったようで何とスタートは9時50分(聞いてない)。体を作っているうちにスタートの笛が鳴った。最後尾から慌てて前のランナーについていった。どんなコースを走るかも全く分からず、途中途中のキロ表示も一切なく、ペース配分もできないままアップダウンの激しいコースを走った。
結果は50分31秒。
今年最後のマラソンとしては物足りないタイムで終了。
(12月は飲んでばっかりだったし・・・。いいわけ、いいわけ)
他のメンバーは、43分で走った元ラガーマンを先頭に1時間15分までバラバラとゴールを迎えた。
無事に全員完走。それも倒れそうになることもなく全員元気な姿でゴール。心配は杞憂に終わり、ホッとひと安心。よかった、よかった。
その後は参加者全員でお好み焼き屋で乾杯。
写真を撮るのをすっかり忘れてしまったが、気持ちのいい12月最後の日曜日であった。
筋肉痛のメンバーも出るかと思うが、仕事も残すところあと1日。精神力で乗り越えてもらいたい。
10キロ走れる事は理解できた。次はみんなでハーフかな。

20歳のときに知っておきたかったこと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

名大社の年末年始休暇の課題図書である。
率先して一番に読んだ。
勇気を与えてくれる一冊。自分次第でどんなチャレンジでも出来るし、可能性も持てる。それは心持次第で大きく変わるのだ。
どうしても厳しい環境下の日常を送っていると自らのプランやアクションに消極的になることも多い。
人にはピンチをチャンスに代えろと言えても、自分の中では保守的だったりする事もある。それを上手い具合に優しい言葉で否定してくれ、前へ進むために背中を押してくれる。
成功と失敗、革新と保守、基本的に人はその両方を兼ね備え、その時々の状況や心境でその比重が変わってくるように思う。
常に希望を持ち続け、決意し続けるのは難しい事なのだ。しかし、それは相手がある難しさではなく、自分の中だけに存在するもの。となると、その難しさは自分の中の壁ということ。

「まず必要なのは、問題は必ず解決できる、という気概を持つこと」
「たったひとつだけルールがあるとすれば、あなた自身がエネルギーと想像力を解放してあげればどこでも行ける」
「訪れた機会を歓迎をする、チャンスが舞い込んだら最大限に活かす、身の回りの出来事に目を凝らす、できるだけ多くの人たちとつきあう、そして、そのつきあいをできるだけいい方向で活かす」
「光り輝くチャンスを逃すな」
「光り輝くとは、いつでも期待以上のことをすると決意することです」

こんな文章で勇気を与えてくれる。
そう、まずは個人として光り輝かなくてはならない。そうすれば、自ずと回りも光り輝いてくる。まだまだ閉塞感の中に縛られ、一定の枠内でしか発想ができない自分がいるのも事実。
しかし、いくつになっても変えられると信じなければならない。
全く話はずれるが、本日、NHK「日本の、これから 就職難をぶっとばせ!」に出ていた学生らにも読んでもらいたい。

クリスマスの思い出

未だに小学校3年生の息子は、サンタクロースの存在を信じている。
本日もサンタクロースが本当に希望するプレゼントを贈ってくれるかを心配していた。かわいいものである。
しかし、本物のサンタが存在するとして、どんな状況でどのようにプレゼントを枕元に置くかは、全く気にしていないようだ。
そこが男の子と女の子との違いかもしれない。
中学生になる娘は、今でこそより現実的なプレゼントを求め、その金額まで計算するのようになったのだが、2~3年前までは本当にサンタの存在を信じていた。
それも、サンタへの疑問や気遣い、感謝の気持ちを毎年手紙に綴っていた。
「どうしてサンタさんは欲しいものが分かるのですか?」
「家には煙突がないのですが、どうやって入ってくるのですか?」
「毎年ありがとうございます。体に気をつけて頑張ってください。」
 etc・・・。
時には、サンタへのちょっとしたプレゼントが用意されていたこともあった。
バカな父親としては、娘から送られる質問に答えるために東急ハンズでクリスマスカードを買い、深夜にそのカードに答えを書き込み、プレゼントと一緒に枕元に置いていた。
翌朝、娘は手紙を読み、うれしそうな顔をして、その内容を嫁さんに伝え、はしゃいでいた。僕はその様子を見ながらほくそ笑んでいたのだ。
結果的には、サンタクロースの文字と僕の文字とがあまりにも似ている(というよりも一緒)のが原因で、サンタの存在がバレてしまったのだが、それ程遠くない美しい思い出である。
クリスマスは子供にとって特別な日であると同時に、親にとっても意外とうれしい日なのかもしれない。
サンタの存在を知った娘は、それでも弟にサンタの存在を教える事はなく、何も知らない顔をしている。
きっと平気な顔をして、何事もなかったようにプレゼントを開けるのだろう。
クリスマス。いろんな思い出が詰まっているのだ。