前向きに行こう!名大社社長ブログ

会長就任

会社のトップも9年目を迎えるといろんな時期に差し掛かる。
大手企業であれば2期4年、4期8年もトップを務めれば退任は当たり前。
中小企業はそんなわけにもいかないが、
あまり任期が長すぎてもいいとはいえない。

ということは名大社も社長交代・・・。
それを望んでいる方もあるだろうが、残念でした。
今はその時期ではない。
もう少し先みたいですね。
おかげさまで社長は体だけは丈夫なようだし・・・(笑)。

では何か?
先週金曜日は北海道で
「ふるさと就職応援ネットワーク(Fネット)」の総会が開催された。
Fネットとは地域の就職情報会社20社の集合体。
通常、例会は東京で開催されるのだが、
総会は地域の加盟会社で行うことが多い。

今年は昨年から加盟された札幌本社のHBNさん。
7月は総会で第10期の活動報告と共に役員の改選が行われる。

これまでの会長は金沢本社の人材情報センターの夏至社長。
業界の大先輩である。
夏至さんは発足当初からの中心メンバーで会長職も8年務められてきた。
現在62歳。
そろそろ世代交代の時期ではないかと一部では噂われていた。
だが夏至社長はすこぶる元気。
年齢を理由に交代する必要は全くないとみていた。
だが、どうやらまことしやかに交代の話は進んでいたように思える。

僕は元々幹事の一人としてこのFネットに関わっており、
その動きはつぶさに見ていて、なんとなく危険は察知していた(笑)。
そこで事務局であるパフの釘崎社長が幹事と会長の採決を
各加盟会社に通達し、投票が行われた。

実際の投票数は事務局しか分からないので、
その信憑性はなんとも言えないが僕がその候補の一人として選ばれた。
そして最終ジャッジは夏至会長の一任となり、僕が選任される結果となった。

今回の総会で正式に決定。
夏至会長に代わり僕がこの7月よりFネットの会長に就任することになった。
否認工作を裏で画策していたのだが上手くいかなかった(笑)。

そんなわけでこの度、ふるさと就職応援ネットワークの会長となりました。
すでにHPでは会長挨拶も掲載されている。
こちらとなります。

Fネットも発足から10年を経過し、規模も徐々に拡大してきた。
共同事業や加盟会社同士の連携も着実に進展している。
これをより豊かにしていくことが僕の大きなミッションとなるだろう。

就任挨拶でも話したが、僕自身がこの場で助けられたことは多い。
元気や勇気をもらったし、学びと刺激の場であるのも間違いない。
何よりこの場所が大好きだ。
今後もできるだけお互いがプラスになる活動をしていきたいし、していくべき。
そんな意味では少しでも僕が貢献すべきなのかもしれない。

事務局の釘崎さんからは
「会長の仕事は年間スケジュールを立てること」
と真っ先に言われた。
今までの夏至さんはそんなことをやっていなかったような気もするが、
きっと密かに動かれていたのだろう(笑)。

まずは8月30日に名大社で開催される若手・中堅社員の研修会からスタートだな。
益々多忙になり、ボーッとする時間も減ってしまうかもしれないが、
少しでも地域のために頑張っていきたい。

どうぞよろしくお願いします。

いいスタートが切れた「名古屋ファミリービジネス研究会」

今週水曜日から始まった「第2回名古屋ファミリービジネス研究会」。
おかげさまで今回は同族企業の経営者を中心に
定員20名ピッタリでスタートすることができた。

今回も名古屋と謳いながらも名古屋市内の企業は8社のみ。
過半数は名古屋以外の企業。
遠くは大阪から、また岐阜県美濃市、愛知県田原市からもわざわざ参加頂くことになった。
前回は女性経営者が3名出席されていたが、今回は全て男性。
少々暑苦しいが(笑)、まずは感謝!
ご参加頂き、ありがとうございます。

企業規模、業態、自己のポジションも異なることで場がより刺激的になる。
また、今回のグランドルールでもあるようにこの場での話は
この場だけに留めておくことでお互いが安心して自己開示できる。
そういった雰囲気作りもこのような勉強会には重要。

前回通り最初は僕が挨拶し、ファミリービジネスの基本を共有し自己紹介を促す。

前回はいつもかなり時間オーバーし運営スタッフや講師に迷惑を掛けたが、
今回は持ち時間ちょうどで終えることができた。
これも場数なのかな(笑)。

そして、初回の講師は西やんこと名古屋の名ファシリテーター西田敬一氏。

西やんが最初に登壇することでお互いの距離感がグッと近くなり
人間関係が醸成されていく。
僕はどうしても席を外さなければならず西やんの講習は聞けなかったが、
あとで話を聞く限り大好評。

それは僕がその後駆け付けた懇親会での盛り上がりで一目瞭然。
お互いが積極的に交流していた。
この懇親会もほぼ全員参加頂き、
お開き後もまだまだ話足りないようであった。

この名古屋ファミリービジネス研究会については名大社が事務局であり、
会社の忙しいメンバーを手伝わせることも難しいため、
僕が中心に動かねばならない。

通常業務も忙しく、当初は正直、面倒に感じることもあったが、
(すみません・・・)
参加者皆さんの表情を眺めていると開催してよかったとつくづく思う。

この流れで進めていけば、第1回同様素晴らしい研究会になっていくだろう。
みなさま、次回以降もよろしくお願いします。

やったね!吉川くん、お疲れ様でした。

今週火曜日は西川塾のメンバーである吉川くんの「サハラ砂漠マラソン報告会」。
なんと世界一過酷と言われる7日間で250kmを走るサハラ砂漠マラソンを完走してきたのだ。

そのキッカケがわかるブログがこちら。
「やっぱ、すごいね!山本左近」
そして、マラソン直前のブログがこちら。
「吉川くん、サハラマラソン、期待してるよ!」

彼曰く、「山田さんが背中を押してくれたので、参加することができました。」とのこと。
僕は酔った勢いで無責任に「ヨシカワ出ろよ!」と言っただけ。
そんな軽い言葉で参加してしまうのは、今を持ってもいかがなものか?と思うが、
無事に完走して帰ってきたから実に偉いこと。

あらためて言っておこう。
吉川くん、完走おめでとう!
そして、お疲れ様でした。

今回の報告会では彼の人望のなせる業だが100名近い方が参加。

なぜか最初にきっかけと作った人として僕が挨拶。
彼の両親が参加されていることを知らず、
「F1ドライバーと一緒にするなんて吉川はバカかと思った。」
と喋ってしまった。

お父さん、お母さん、息子さんをバカ呼ばわりして申し訳ありません。
立派な息子さんです・・・。
すみませんでした。

挨拶の後、彼の講演。

生い立ちから完走するまでを時系列に話してくれた。
そこには様々な苦労があるのだが、彼のいいところはそれをさらりと語ってしまうこと。
サハラ砂漠は日中は40~50度に上がり、深夜は3度くらいに気温は落ちてしまう。
その中を7日間走るのである。
相当辛く苦しいはずだが、彼は何事もなかったように明るく語る。

実際はその恐怖であったり、突然のトラブルだったりと大変だったに違いないが、
難なく乗り越えてしまったように感じる。
それは彼の人柄のせいもあるだろう。

人柄といえば吉川くんは何度となく言っていた。
完走できたのはみなさんのおかげ。
応援してもらえる関係性が大切。
人間関係を大切にする彼の姿に対して、自然にみんな応援したくなるのだろう。

出国前の寄せ書きもそんな気持ちが含まれているんじゃないかな。
僕の言葉も真ん中あたりに・・・。

これが彼の勇姿。

胸には名大社のロゴが・・・。
僕に気を遣ってくれたのか、一番いい場所に社名が載っている。
Jリーグのスポンサーなら何億と支払うところだが、僕は一銭も払っていない。
あちこちで写真がアップされ、彼はいつもこの格好で話をしているので広告効果も絶大。
今度、お寿司くらい奢ろう(笑)。

彼は「山田さん、これからも無責任な発言をしてください。」と僕を脅していたが(笑)、
そんな発言でチャレンジする人が増えるのであればいいのかも・・・。

吉川くん、本当にお疲れ様でした。
改めて尊敬します。
これからもよろしくね!

食べ物のはなし 伏見シリーズ その59

ようやく雨の続いた日から解放されました。
と同時に暑さも体をグイっと入り込んできます。
やはり立ち向かうためには肉を食べる必要があります。
やはり何を言われても肉なのです。

先週は飛騨牛でした。
となれば今週は松坂牛で勝負すべきでしょう。
伏見周辺のお店を探します。
すぐに思いつくのはスギモトさんです。
しかし、すでにスギモトさんは登場しています。
ここで取り上げるわけにはいきません。

東に向かい、北に向かいお店を探します。
「あ~、腹が減った・・・」
普段では使わない言葉がつい出てしまいます。
そして、どんどん体が小さく映し出られてきます。

ようやく長者町にある「ホテルトラスティ名古屋」さんに辿り着きました。

自動ドアの前に掲げてあるランチメニューを眺めると牛ロースステーキとあります。
この際、松坂牛でも神戸牛でもオージービーフでもアメリカンビーフでも関係ありません。
がっつり肉を食すのが重要なのです。

「すいません、ビーフステーキランチをお願いします。」
「120gと200gとありますが、どちらにしましょうか?」
「もちろん、200gでお願いします。」
「かしこまりました。」
なぜか、お互い見つめ合う時間がありました。

「やっぱり、120gにしてください。」
400円の値段差にぐらつく勇気のない人気食べ物ブロガーにこの日は陥りました。
あまり贅沢するわけにはいきません。

こちらのランチはフリードリンク。
ホテルらしくいろんないろんなドリンクが並んでいます。
まずはこちらで体を整えます。

「おまちどうさまでした!」
ビーフステーキランチ 1700円

これだとステーキというよりただの鉄板焼きに見えるかもしれません。
アップにしてみます。

どうです?
豪華なステーキでしょ?

誰ともなく呟いてみますが、反応はイマイチです。
やはりケチることなく200gにすべきでした。
まだまだ修行の足りない人気食べ物ブロガーです。

こちらは落ち着いて食べれるからいいですね。
程よい硬さが僕は好きです。

こちらはデザートも付いてきますので、
上品にお肉を食べたい時は最適なお店といっていいでしょう。

ごちそうさまでした。
次週はどうなるのでしょうか?

TVはやってきたけれども・・・。

そんなに古いテレビではない。
購入した当時はSONYの最新モデルでサイズも50型。
しかし、3年ほど前から電源の調子が悪く、
一度スイッチを切ると主電源を切らないと付かなくなってしまった。
それでも支障がなかったので、保険も使わず修理も出さず、そのままの状態で使っていた。

それが1か月前くらいだろうか。
テレビを見ているといきなり電源が落ち、しばらくつかなくなることがしばしば。
実に面倒な存在になってきた。
そのため、新たなテレビを購入するために量販店へ。

関心がなければ時代の流れについていくことはできない。
今やテレビの主流は4Kで55型。
60型以上も多いことが初めて分かった。
どのメーカーもフレーム幅が薄くなっているので、より画面がデカく見える。

あれこれ検討した上、決めたのがシャープのAQUOS。
一時代を築いたブランドで一旦は奈落の底に落ちたが、最近は復活してきたという。
価格面もあったがAQUOSの54型を購入。

そのテレビが納品されたのが、先週の火曜日。
購入を決めた時から、今までのテレビが機嫌を損ねたのか、
頻繁に電源が落ちるようになった。
先日の日本vsベルギーが試合の経過も心配だったが、
電源が落ちるかも心配だった。
結果として責務を果たし、仕事を全うしてくれたことは一応、感謝しておこう。

ベルギー戦終了後に届いたテレビ。
さすがにデカい。迫力がある。
そして、気になったのがこれ。

今やどんなテレビでもインターネットに繋がるようになっている。
SONYのリモコンにもっとネット動画へアクセスできるようになっている。
これでは息子を喜ばせるだけのこと。
今日現在はまだネットに繋げていないが、
無線で繋げたら息子のためのYouTubeワールドになってしまう。
それは恐ろしいことだ。

今回のテレビ購入でリモコンがこうなっていることを初めて知った。
言い方を変えれば家電メーカーがテレビを売ろう思えば、
ネットを取り込んでいくしかないという証。
もはや地上波、BS、CSだけでは勝負できないということか・・・。

僕にとってはどんなに画像が美しくなることより、
どれだけサイズが大きくなることより、
リモコンがネットと繋がっている方が驚きは大きい。
そんなん、当たり前じゃん!
と言われるだろうが、あまりテレビを見なくなった者としては結構な衝撃。
あらためて時代の変化を感じた。

あと1ヶ月くらい経つとデカい画面で
Amazonプライムの映画を観ている自分がいるかもしれないけど・・・。

言葉を持つということ

日本代表がベルギーに敗れて一週間が経過する。
最後の最後で逆転されたのは悔しいし残念だが、清々しさが残ったのも事実。
それは僕に限らず日本全体が同じ気持ちで、
健闘を称える姿がそれを証明している。

西野監督の呆然としたインタビューも、
乾選手の泣きじゃくる姿も、
昌子選手のグランドを叩きつけるシーンも印象的。
感動させる場面はいくつもあった。

この大会を通して、いや、その前の大会も通して感じたのは長谷部誠選手の姿勢。
そのキャプテンシーは素人の僕が語るまでもないが、
彼の言動にはいつも感心させられる。

さすがにベルギー戦直後のインタービューでは言葉に詰まっていたが、
他の試合や記者会見では常に冷静で感情を露にすることもなく、
真摯に答えている。
簡単そうで簡単でない。

敗れた試合ではそっけない態度の多い選手の中でも長谷部選手は丁寧に答えている。
その実直さや気分に左右されない態度がキャプテンらしさと言えると思うが、
彼の場合は明確な言葉を持っている。
いつも言動を見ているわけではないのではっきりしたことは言えないが、
常に自分の言葉で話をしている。
それも精神論で頼るのではなく、論理的に分析もして語っている。

いつも頭を使っている証拠だと思うが、
今の生活では日本語を使用するケースはそれほど多くないはず。
ドイツでプレーしてもう10年も経っているので、
普段の生活の思考パターンが変わっていてもおかしくない。

それでも明確に分かり易く日本語を使う。
これはキャプテンとして選手をまとめる上でも重要なはず。
「死ぬ気でやれ!」
「絶対勝つぞ!」
だけでは通用しない。

スポーツに限らず、どんな世界でも自分の言葉を持つことは必要。
より上の立場になればなるほど、伝える言葉は重要。

彼がベストセラー作家であるのも頷ける(笑)。
今更ながら読んでみる必要があるかも・・・。

代表引退は寂しいが、彼の背負ってきた重圧を外してあげる時期なんだろう。
彼のインタビューを通して学ぶ場面は多かった。
上に立つ者は常に言葉を磨かねばなりませんね。

ありがとうございました。
今朝の朝礼はしっかりと語ります(笑)。

あの会社の新人は、なぜ育つのか

本書も若手勉強会の課題図書。
前回取り上げた「20代に伝えたい50のこと」は僕が推して課題図書にしたのだが、
こちらはチームリーダーのオガワが選んできた。
同業他社を知るというよりは新人が育つ過程を知りたい方が強いと思うが、
センスとしては悪くなない。
今の自分に照らし合わせ読書することもいいこと。

著者の藤沢久美さんにも関心があるのか尋ねてみたが誰も知らなかった。
やっぱ、まだまだですね(笑)。

僕が読み終えた時の印象は2つ。
自分が想像していたディップさんと全然違う、ということと、
何となく名大社の取り組みに似ている、ということ。

ディップさんからは「おいおい、一緒にしないでくれよ。」
と言われるかもしれないが、素直にそう感じた。
そう感じたかったのかな?

同業他社とはいえ、名大社がディップさんと被ることはほぼない。
採用領域が異なるため競合はない。
そのため情報が乏しいのも事実。

調べてみると冨田社長は僕と同い年。
大学は違うが愛知県の大学出身。
どこかで接点があっても良さそうだが、お会いしたことは一度もない。
どこかのタイミングでご挨拶に行くべきとは考えている。
多少なりとも近い点はあるのだ。

こんな言い方は大変失礼で本人を前にした場合はしっかりと詫びるが、見た目は強面。
強烈なトップダウンで体育会系のガンガン飛ばす営業会社をイメージさせる。
勝手に決めつけてしまって、申し訳ありません。
だから会社の風土もそんな風に思っていた。

しかし、本書を読むと全く違う。
社員さんを大切にし育成する仕組みが散りばめられている。
でも優しいだけではなく、厳しさも徹底的に教えていく。
そんな点が名大社と似ていると思ってしまった。
(えっ、うちはそこまでやっていない?スイマセン・・・)

我々人材ビジネスに共通することだが、
ここ10~15年はジェットコースターに乗るような経営。
先日も某P社の某K社長と飲みながら話していたが、
ここ10年で大きなカーブを繰り返してきた。
そんな意味ではディップさんも同様。
Yahooとの提携話打ち切りも含め、修羅場を潜ってきたから今があるのだろう。

勉強会のほとんどの参加者がキーワードとして挙げていたのが、
「営業は生きる上で武器になる」という言葉。
自分とダブらせる面があったのかもしれない。
ある意味、困難を超える経験はここに存在するのだろう。
企業として見習わねばならない点は多い。

そして、各個人が人間力を高めること。
無形サービスを扱う我々は特にそうだろう。

多分、自分では本書を選ぶことはなかったと思う。
いい機会を頂きました。
感謝!

う~ん、雨ばかりだと・・・

名古屋では一昨日も昨日も雨。
そして、今朝も・・・。
昨夜は岐阜の長良川が凄いことになっていた。
実家周辺は大丈夫だろうか。

今週はずっと雨の予報。
東京の梅雨明けは本当だろうか・・・。
今日と明日は転職フェア。
少なからず雨の影響は出てしまうかもしれないが、
現場では最大限のおもてなしをしていきたい。

雨が降ると僕の日常ルーティンも支障をきたしてしまう。
僕は出社時は地下鉄は乗らない。
交通機関的にいえば東山線名古屋駅⇔伏見駅になるのだが、
この距離は基本歩く。

退社時も予定がなければ名古屋駅まで歩いて帰る。
健康のためというのも理由の一つだが、
混んでる地下鉄に乗りたくないというのも大きな理由。

一昨日は移動で地下鉄に乗ったのだが、自分が広告でドーンと出ていた。
目の前に立つと結構恥ずかしいし・・・(笑)。

普段も近い距離であれば、ほぼ歩くことが多い。
地下鉄はあまり乗りたくないのだ。
特に朝のラッシュ時は乗りたくない。

半分冗談でこんな話もしている。
「こんなにいい人で恨まれることのないワタシでも、
山田が堕ちることを願っているヤツは多いだろう。
冤罪に巻き込まれる可能性があるから満員の電車には乗らない。」
可能性はほぼゼロだが、
100%ゼロとは言えないので、そんなことも考えてみたり。

しかし、ここ最近の雨模様ではさすがに歩くのはしんどく地下鉄に乗ってしまう。
一番混み合う名古屋駅は避けるのだが、
これが結構ストレスになっていたりもする。
どこかの大企業のように自宅まで迎えに来てくれる運転手がいれば別だが、
そんな身分じゃない。
その身分になりたいとも思わない。

だから、この梅雨の期間は年間通して憂鬱な時期でもあったり。
歩いてかく爽やか汗と蒸し風呂状態でかく汗では同じ汗でも全然違う。
来週の北海道が待ち遠しい・・・。

なんだかあまり中味のないグダグダなブログになってしまったが、
この季節ならではということでお許し頂きたい。
昨日のランチも外に出るのが億劫で地下のコンビニだったし・・・。

まずは今日、明日、雨の影響が少ないことを願いたい。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その58

7月に入り、毎日、暑い日が続きます。
名古屋は今日も雨でジメジメしています。
体調管理は大丈夫でしょうか?。

ここはファイト一発、力を付けなければなりません。
パワーをつけるために最適な食べ物といえば、そう、焼肉です。
焼肉を食べながら冷たいビールを飲めば、もうそれだけで元気いっぱい。
今週も来週も来月も頑張ることができます。

さあ、行きましょう。
焼肉の旅へ・・・。

と言いたいところですが、まだお昼です。
この大好評の伏見シリーズもまだランチタイムが中心となっています。
さすがにビールを飲むわけにはいきません。
いや、僕はビールくらいでは全く酔わないので、問題はありません。
ビールを飲んでもいいのです。
しかし、世間的にはそれはマズいようです。
正しい道を示すのも人気食べ物ブロガーのミッションです。
ホンマかいな?(笑)。

必要以上に前置きが長くなりました。

伏見駅から南西に向かった場所にある「もうもう亭」さんに行ってきました。

この地区では30年以上続き、老舗の焼肉屋さんと言っていいでしょう。
じっとランチメニューを眺めます。

「なるほど、こうくるか。なかなか、いいラインナップじゃないか・・・」
人気食べ物ブロガーらしく呟きます。
せっかくなのでいくつかの味を楽しみたいものです。

「すいません、飛騨牛 特上セットをお願いします。」
「ありがとうございます。」
「いや、やっぱり飛騨牛 上セットにしてください。」
基本を知るには特上じゃいけないんだ・・・。
少しだけ自分に言い訳をしてみます。

「お待ちどうさまでした。」
飛騨牛 上セット 1800円

上から上ロース、上カルビ、上塩タンと並びます。

こちらは綺麗にご飯セットが並びます。

ビールを飲みたい気持ちをグッと抑えます。
しかし、世の中で焼肉定食が大好きな輩は多いと思われます。
焼肉はビールとの相性はばっちりですが、白飯との相性もいいのです。

井之頭さんであれば間違いなくお替りをしたでしょう。
人気食べ物ブロガーはお替りしたい気持ちを抑えながら、
順序正しく上塩タンから頂きます。

さすが、飛騨牛です。
きっと中津川のお肉屋さんも喜んでくれているはずです。
やはり飛騨牛の焼肉は最高ですね。
とてもシアワセな時間を過ごしました。

これでこの夏は安心です。
ごちそうさまでした。

イベントは続く・・・

いやいや、辛い朝になってしまったが、
とても興奮したし、とても楽しませてもらった。
試合後のインタビューは酷だと思うけど、答えるのも果たすべき責任。
それでも3時前に起きて、よかった。
日本代表、ありがとうございました。

気持ちを切り替えて、いつも通りのブログで・・・。

先週土曜日は「ふるさと交流パーティーin東京」。
九段下にあるパフさんの職サークルセミナールームで
首都圏の大学に通う地方出身者の学生の交流会が行われた。

残念ながら愛知県出身の学生さんは欠席になってしまったが、
全国の学生さんが出身地と東京のどちらで働くべきか、
揺らぐ気持ちを抱えながら積極的に情報交換を行っていた。
この繰り返しが本人の意志を明確にしていくのだろう。

今週は名大社としても僕としてもイベントのオンパレード。
今日3日は「ジモト発見&インターン」というイベントを開催。

”発見くん”という新たなキャラクターも登場し、
この東海地区の魅力や自分自身の強みについて考えていくイベント。
まだまだこの先どうしていいか分からない学生さんに参加してもらいたい。

夕方、僕は四日市大学で3年生向けに講演。
これからスタートする就職活動の心構えや東海地区の特徴について話をさせてもらう。
明日は名古屋大学の4年生に向けての講演。
これは就職活動を継続させる学生さんに向けた内容。
この夏から行うべきことについて話をする。

一日違いで3年生と4年生と対象は異なる。
これからやるべきことと今やるべきことは確かに違う。
ただ基本は大きく変わらないというのが僕の想い。
そのあたりが伝わればいい。

そして、金曜日、土曜日は転職フェア

きっとスタッフブログで誰かがこのイベントの宣伝をするだろうから、
僕は大きくは触れない。
(ちょっとプレッシャーを掛けてみた・・・笑)
キャラクターもCMを変えた第2弾。
この場を通して笑顔になって欲しい。

来週は「第2回名古屋ファミリービジネス研究会」が始まったり、
北海道遠征があったり、
三重県で転職フェアが行われたりとこれまたイベントが続く。
そういえば全員との個人面談も組み込まれている。

7月も暑さを感じる暇もなく、忙しい毎日になりそう。
そんな大袈裟でもないか・・・。

まずは今週のイベントを万全の態勢で臨んでいきましょう。

3 / 2081234567...最後 »