メーカー(機械・工具・部品・金属) / メーカー(自動車関連) /

株式会社チタ製作所

アクセス数 1809

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

トヨタ自動車の一次協力会社として
60年以上も取引を継続してきた実績あり

ものづくりに興味ある方の好奇心を刺激する工作機械メーカー、チタ製作所。当社は「世界のトヨタ」の一次協力会社として、60年以上も取引を続けてきました。長らく自動車部品生産設備の設計・製造を担い、トヨタ自動車の自動車生産に大きく貢献してきた自負があります。

メインで生産しているのは、エンジンやトランスミッション部品の製造に用いられる専用工作機械や治具。これらの設計から製造、販売までを自社で一貫して行うことで「低コスト、高品質、短納期」を実現してきました。また、ユーザーの皆さんが困っていることを見つけ出し、解決に取り組むことでも信頼を築いてきたと言えます。さらに、既稼働機械の動作不良への迅速対応や他社製マシンの修理・改造といった、あまり他社が手がけない領域までも徹底カバーすることで、「チタ製作所ならやってくれる」という期待感をお客さまにご提供することもできました。

「早くて、安くて、いいものを」というスローガンにもとづいた行動からお客さまが満足される製品を提供し、どんなニーズもすくい上げることで頼られる。これこそが当社の持ち味ではないかと考えます。

設計と製造を一貫して行うことは、お客さまだけでなく、社内にもいい効果をもたらしています。設計者が製造現場に足を運べば、手がけた設計が機械の構成上加工しやすいのか、組み付けしやすいのかをすぐにチェックできます。逆に製造現場からは、組み付けに支障があることをすぐに設計者に伝達することができます。前工程や後工程の担当者が密に関わり合いながらブラッシュアップを施していくことで、すぐれた製品づくりが実現されるのです。設計と製造が連携できている当社の環境は、上をめざす人にとって最適と言えます。

近年は、ハイブリッドカー、電気自動車、水素自動車など、エンジンではなく、モーターを搭載した車種が次々に登場しています。エンジン部品に関する工作機械・治具をつくってきた当社としては、未来を生き残るためにもモーター製造に必要な専用機をつくっていく必要があると考え、すでに対策を打ち出し、次世代カー部品製造用の専用機を納めました。今後、この分野における専用機需要はもっと高まるはず。来るべき時を迎えてから動くのではなく、その前に先手を打つことが重要です。

当社は従業員80人ほどの小さな会社ですが、大きな誇りを持って、グローバル対応も視野に入れた次代のキーマシンを提供し続けます。

ここがポイント

若くして海外経験を積めるチャンスに巡り会える

海外にも多数の納品実績がある当社。過去には、入社3年目の若手電気設計者が海外におけるスーパーバイザーとして、設備の立ち上げに関わったこともあります。海外での仕事を若いうちから経験することで技術者としての知見を一気に広めることが可能です。日本とは違った考え方や商慣習に最初は戸惑ってしまうかもしれません。しかし、異なる環境下で自分の力を試せることに可能性を感じてもらえれば、きっと実りある滞在が叶うでしょう。

リーマンショック以降、連続黒字を達成

リーマンショックは自動業界のみならず、多くの業界に経営的な打撃を与えました。当社も厳しい状況と対峙することになったのですが、新しいラインの導入情報をキャッチし、これに対応できる設備の設計を迅速に実施。その結果、多数の設備が採用され、以降ずっと黒字経営を保っています。盤石な財政基盤が整うことで、従業員の皆さんも安心して働くことができるでしょう。

理論の詰め込みではなく、実践型の教育で仕事を覚えていく

入社後は基礎教育を受けていただき、その後配属先へ。実践こそが成長への近道だと考えているので、教育はOJTが基本です。机上で理論を詰め込むよりも、自らの経験によってものづくりのいろはを体験的に学ぶことで、仕事に必要な心構えも早い段階から身につけられます。また、客先への出向も経験していただくことで、私たちの工作機械を使う方々が、これに何を求めているかを直に知ることもでき、さらに、どのように工作機械が使われているかも理解できるようになります。

先輩からのメッセージ

モノづくりにかける情熱や技術者としてがんばっていく覚悟など、就活生からはやる気の表れを感じ取ってみたいです。例え文系出身者であっても、チタ製作所で工作機械づくりに携わってみたいという気持ちをしっかりPRしてもらえたら、私はうれしく思います。やる気があれば、困難も乗り越えられますし、自ら学ぶ姿勢で業務にも取り組むようになります。

私たちにはトヨタ自動車というグローバルメーカーの自動車生産を支え続けてきた確かな誇りがあります。これが個々のやる気をさらに拡充させることにつながっているのではないかと思うのです。今後もトヨタ自動車の一次協力会社として、そのポジションに恥じない実績を積み上げるべく、知識と技術の追求に力を入れたい考えです。

面接では、楽しい一面だけをお伝えするつもりはありません。実際にこういった部分は覚悟してほしいという厳しい一面もお話しします。それでもやってみたいと前向きに検討してくださる方は、快くお出迎えしたいです。

専務取締役 間瀬英司

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

募集要綱

採用情報

募集職種
①営業職 ②機械設計 ③電気制御設計
④機械部品加工 ⑤機械組立
仕事内容
①:お客様の要望抽出に始まり、仕様の提案、新製品の技術的なフォローなど、営業技術活動を行っていただきます
②:CADを用いた設計業務を担当していただきます
③:製品の制御設計を担当していただきます
④:マシニングセンタなどを用いて、部品を目的の形状へと加工していただきます
⑤:製品の組立および試運転調整を行います
勤務地
本社 愛知県大府市梶田町3-14 ※マイカー通勤OK

勤務時間
8:20〜17:00(実働7時間40分)
※フレックスタイム制度有り
初任給
<2016年4月見込>
①四大卒:基本給21万円+営業手当(4万円)
②~⑤四大卒:基本給21万円
短大・専門卒:基本給18万1500円
※基本給に別途手当を支給します。
待遇・福利厚生
昇給年1回、賞与年2回
管理手当、営業手当、家族手当、残業手当、通勤手当
社会保険(健康・厚生年金・労働)完備、財形貯蓄制度、退職金制度
休日・休暇
週休2日制(基本的には土・日曜休)
当社カレンダーによる年末年始休暇やゴールデンウィーク休暇、夏季休暇、慶弔休暇もあり
採用人数
若干名
採用実績校
北九州市立大学、静岡大学、名古屋大学、名古屋工業大学、福井大学、名城大学、愛知工業大学、中部大学、岐阜大学、埼玉工業大学、金沢工業大学、福岡大学、大同大学、名古屋学院大学
※順不同
募集学科
全学部・全学科

教育制度
【新入社員】
◇基礎教育、マナー、製品の製造工程などを身につけます
◇各部署でOJT方式による実践教育

【一般社員】
◇外部講習会当への参加による管理者教育
◇会社による国家資格取得の全面的バックアップ
◇新しい技術への対応として、トヨタ自動車での教育
連絡先
チタ製作所 本社
〒474-0071
愛知県大府市梶田町3-14
TEL/0562-48-2171
e-mail/jinji@chita-ss.co.jp
経営企画部 総務室 採用担当まで

選考の流れ

選考の流れ
◇名大社新卒ナビ2018よりエントリーしてください
  ↓
◇当社のことをホームページなどで知ってください
  ↓
◇工場見学と筆記試験
  ↓
◇役員面接
  ↓
◇ 内々定


選考方法
筆記試験(専門、適性、一般常識) 作文 面接
提出書類
履歴書、成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書
※学校推薦の場合は推薦書
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

企業情報

事業内容
□自動車部品生産用専用工作機械の設計製作
□タイヤ自動組付専用機の設計製作
□生産設備の改造、メンテナンス
□機械部品加工
□その他
代表者
代表取締役 間瀬 康友
設立
1946年
従業員数
83名
資本金
2,300万円
売上高
28億7,000万円(2017年3月実績)
主な取引先
トヨタ自動車(株)、アイシンAW(株)、中央精機(株)、(株)豊田自動織機、(株)デンソー、トヨタ自動車北海道(株)、アイシン精機(株)、富士重工業(株)、内田硝子(株)、豊田通商(株)
徹底した実力主義
◆本人給+職能給
本人給は年齢に合わせて決められている最低限の固定給であり、個人の給与は、職能給によって、大きく違います。
職能給は、1~10等級までに分かれており、各人の能力に合わせて等級が決められます。その等級に基づいて職能給が決まりますので、年齢とは関係なく、仕事のできる人にはそれに見合った給料を支払うものです。
等級審議会とは
等級を審議するのは、社長、役員、部長など、人事にとどまらない全体会議で行われ、個人の業績を正当に評価するシステムが敷かれています。
本社所在地
〒474-0071
愛知県大府市梶田町3-14
関連サイト
大きな地図で見る
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

説明会メッセージ

説明会・選考日程が決まりましたら、下記に日時の掲載をいたします。
開催日時が合わない場合、電話にてお問い合わせください。個別にて調整を致します。