サービス(教育・医療・福祉) /

社会福祉法人青山里会

アクセス数 3179

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

太田隼人
出身
皇學館大学 現代日本社会学部 現代日本社会学科
部署
第二小山田特別養護老人ホーム 介護職員(ケアワーカー)
勤続
3年目
研修の充実性、先輩の指導力や面倒見のよさが決め手に

 幼少時から祖母のことが好きで、いわゆるおばあちゃん子でした。よく一緒に遊んだ記憶があり、こうした原体験から大学を選ぶ時には福祉について学びたいと思うように。学生時代は、社会福祉士をめざすための学びが中心だったので、就活をする際は漠然でしたが、社会福祉士にもなってみたいと考えていました。
 大学での学びの一環として、老人施設での実習があり、実習先に青山里会も加わっていました。ですから、存在自体はすでに知っていたんです。また、いざ就職先を本格的に探すタイミングになると、大学の先生から青山里会のよい評判を聞き、自宅からも通える距離にあったので、選考試験を受けてみることにしました。
 説明会や選考試験では、人事室長の三瀬さんから話をうかがったのですが、研修の充実性、先輩の指導力や面倒見のよさを訴える話が特に印象に残り、結果的に入社意思を固める上での大きな判断材料になったと思います。

研修や先輩の指導が、新人にとって心強い

 入職後は、すぐ介護現場には入らず、まず一ヶ月間の研修を受けました。介護職員としての具体的な業務内容や入所者さまへの接し方などを座学で学んだり、施設を見学したりするなど、基礎をじっくり教えていただけた印象です。その後現在の施設に配属。研修を受けたとはいえ、すぐにひとりで介護をすることはなく、先輩がついてくださり、現場職員の視点からさまざまな基礎ノウハウを教えていただけました。初めて介護の現場に立った時は、想像以上に人と人とのふれ合いで成り立っている世界であることに驚きましたが、こちらが臆していては、入所者さまと絆を深めていくことは到底できないことを理解し、拙いながらもコミュニケーションを積極的に取るようにしたのを今でもよく覚えています。
 コミュニケーションの回数を重ねると、利用者さんの気持ちがわかるようになります。しかし一方で、正しいと思っていたコミュニケーションの取り方でも、こちらの意図がうまく伝わらないという事態にも直面。そんな時はやはり悩みましたが、先輩が気遣ってくださるので、相談を持ちかけやすかったです。もちろん今でも入所者さんとの接し方で悩むことはありますが、経験を積んだ分、「次はこうしてみよう」と前向きにチャレンジできます。

「尽くしたい」「手を差し伸べたい」という気持ちの持ち主を歓迎

 施設では高齢者の皆さんが暮らしています。当然ながら若い人と比べて体調変化が突発的に起きやすく、日頃からそれに対して対応できるような体制を整えておかなければなりません。また、変化を真っ先にキャッチできるのは、私たち介護の最前線で働く介護職員です。発熱や食欲不振など、小さな変化が起きても「大丈夫だろう」と安易な判断を下すことは許されません。もしかしたら大病のシグナルかもしれませんから。体調変化で気になるようなことがあれば、看護師を巻き込んで対応し、健康の維持に努める必要があるのです。
 この仕事の楽しさは、自分の行動や発言によって入所者さんが笑顔を見せてくれることに尽きます。しかし、前段ででも述べたように、正しいと思っていたコミュニケーションの取り方でも、こちらの意図が伝わらず、笑顔が見られないということもあります。人と接しているわけですから、コミュニケーションの取り方に100%の正解はありません。だからこそ、おもしろいと言えるのではないでしょうか。新しい正解を見つけるために私は常に考えながら介護に取り組んでいます。そこで私は、今後新しく入職される後輩にも考えて行動できるようになることを望みたいです。また、介護は、人のために何かを成し遂げて、それが役に立っていることが実感できる仕事。「尽くしたい」「手を差し伸べたい」というやさしい心を持っていることは大前提だと思います。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
谷 知美
出身
東海医療福祉専門学校
部署
小山田在宅介護支援センター 社会福祉士(ソーシャルワーカー)
勤続
3年目
経験豊富な先輩から不得手な分野の指導を受けてみたい

中学の時の体験学習で、デイサービスの施設にうかがったことがあります。そこでほんの少しですが、介護の世界を体験したことで介護と福祉業界に興味を持ちました。しかし大学進学の時は、当時最も興味のあった法律を学ぼうと法学部へ。そして、在学中に社会福祉法を学ぶ機会があり、社会福祉士という職業があることを知って、再び介護と福祉業界への興味が湧きあがったのです。
社会福祉士になるには、福祉系の大学に通っていると指定科目の履修によって「社会福祉士国家試験」の受験資格が得られます。私は法学部生だったので、一度大学を卒業してから専門学校へ1年間通い、知識を習得してから受験しました。
青山里会は、三重県では名前が広く知られている社会福祉法人。ですから、私も存在は知っていたのです。また、多様な施設を有しており、それらの現場経験を経て、社会福祉士として活躍される先輩が多いということも知りました。だからこそ、私が社会福祉士になった時、不得手とする分野の指導を経験豊富な先輩から受けることができると考え、第一志望先としてピックアップ。結果的に選考試験は青山里会しか受けず、無事内定をいてだいて就職しました。

ニーズに適したサービスを紹介し、それが受けられるよう調整

入職してからまず1年間は現場研修をするということで、介護職員や介護福祉士の皆さんと一緒に入所者さんの生活のお世話をさせていただきました。ですから、社会福祉士となって私は現在2年目が経とうとしている段階です。
私が在籍する小山田住宅介護支援センターは、高齢者や在宅介護に従事されるご家族に対して、介護に関するさまざまなアドバイスを提供しています。介護をする側、受ける側は、日々大小問わず悩みを抱えており、その解決の糸口をつかめる専門機関であることがセンターに課せられた使命。介護保険や行政から受けられる各種サービスについて、老人施設や福祉用具の情報など、どんなことでも気軽に相談していただきたいと思っています。
相談は、地域の民生委員さんから「独居老人がいます」などと寄せられることもあれば、自分たちから高齢者の集まる場所に出向いて、介護で困っていらっしゃる方がいないかを調べたりも。実際に困っていらっしゃる方がいれば、直接お会いして、状況をヒアリング。そして、ご本人が何かしらの支援を希望されていたら、行政やサービス実施機関、居宅介護支援事業所などの利用を進めたりするなどして、できる限りの支援に尽くします。仮に介護保険の利用を考えられていた場合は、その申請代行もこちらで受けつけ、施設利用を検討され得る場合であれば、事業者との橋渡しも行っています。

多くの事例に携わって知識を深め、皆さんの喜ばれる姿を見たい

社会福祉士は、地域を巡回し、そこで出会った方々から相談を受け、皆さんのよりよい生活の実現に寄与している実感がある仕事です。高齢者の皆さんが集まる場所に顔を出すようになると、「谷さん」と名前で呼んでいただけるようになり、心の距離の縮まりが感じられるようになりました。
顔を合わせて話をしていると、「トイレに行った時に足元がふらつく」「ご飯をつくるのが大変」など、日常生活を送る中で何か不自由に感じられることが抽出できます。また、話をしてくださる方々以外にも、大きな困りごとを抱え、そもそも高齢者の皆さんが集まる場所に出かけられない方もいらっしゃるので、そういった外出困難な方の存在を地域の方との出会いからもキャッチすることができます。
高齢者との出会いから地域特有のニーズや課題が浮き彫りになり、その解決のために私たちでできることはないかを日々模索しています。解決策を講ずることができた時もうれしいですが、やはりそれを導入し、高齢者や介護に尽くされるご家族の方々に喜んでもらえることが一番うれしいです。まだまだ社会福祉士としての経験が浅いので、多くの事例に携わって知識を深め、皆さんの喜ばれる姿を見たいと思います。また、ニーズを探るためにお話を重ねていると、時折感情に揺さぶられることもありますから、そうではなく、ご本人にとって何がベストかを冷静な着眼点で判断できるようになることにも努めたいです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

説明会申込受付中!
下記日程にて見学・説明会を開催します。
職員と気軽に個別にゆっくり話ができる時間があります!
お気軽にご参加ください。
ご不明な点等ございましたら、お気軽に何でもご質問ください。