商社(食品) /

丸進青果株式会社

アクセス数 3543

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

K・A
出身
中部大学 応用生物学部 環境生物科学科
部署
商品二部 第一課 係長
勤続
2008年4月入社
下積み時代は、徹底的に商品知識を磨くことができた

 飼料メーカー、植物園、農業公園など、就活では生物にちなんだ会社にアプローチし続けました。なかなか思うような結果が出ない中、偶然自宅にDMが届いているのを見つけ、そこに丸進青果の名前が記されていたんです。それまで青果の仲卸会社はノーマークでしたが、なんとなくネットで調べてみると、市場での仕事内容が体を動かすことが多いというのもあって楽しそうに思えたので、説明会に参加してみました。また、大学の研究室では野菜やお米づくりもしていたので、話を聞いたり市場見学をさせてもらうと親近感が芽生えて、丸進青果にいっそう興味を持てるようになりました。
 入社当初は配送のヘルプを数カ月経験して、トマトを担当している先輩のアシスタントに。任された仕事の内容は、品出しでした。これは、前日に注文を受けていた分のトマトを、翌朝お客さまがこちらに来るまでに倉庫から出庫して渡せるよう段取りを整えておく仕事です。下積み経験として、これを私は約3年間担当。毎日いろいろな産地のトマトにふれるようになって、商品知識はみるみる身につきました。正式に商品の担当者となるには、担当品目の商品知識が必要になるので、そういった意味ではとても有意義な期間だったと感じています。

野菜に情報という付加価値を添えて販売する

 商品部は、文字通り、商品を管轄し、注文数に応じた野菜をお客さまに受け渡すことが主たる業務となっています。各々が一品目の青果物を担当していまして、現在私はフルーツトマトの担当です。
 担当者は基本的には自分の品目を市場内の卸会社から仕入れることが多いのですが、場合によっては需要に応えるために生産地からの仕入れも検討。野菜の取れ高は気候条件に大きく左右されるので、順調に予定量が確保できている日が続いていても、いきなり確保できないという場面に遭遇することがあります。ですから、常に生産地の気象情報には注視し、仮にひとつの生産地で調達できないことが予測されれば、ほかの生産地に連絡して、数を補う段取りを整えておくことが大切なのです。私たちは、注文量に応じた野菜を必ず届ける使命を背負っていますので、数が揃えられない事態を招かないためにも、卸会社や生産地からはマメに情報をもらい、後日の出荷量を予想しておかねばなりません。
 毎朝市場にやって来るお客さまは、自分たちの店での特売日の設定を常に検討されています。そこで私たちが先々の出荷量と、生産地、価格帯についての予測情報を提供することで、特売日の設定が段取りしやすくなるのです。つまり、野菜に情報という付加価値を添えて販売することが、品目を任された担当者に求められる確かな仕事。情報のキャッチと提供が的確にできるかどうかは腕の見せどころです。

生産地で起こっていることを自分の目で確かめることも大切

 品目を担当するようになってから感じることなのですが、トマトはほかの野菜に比べ、味の情報を求めるお客さまが多い傾向です。今は見た目である程度味の情報を伝えられるようになりました。そうなるためには、数多くのトマトにふれる経験が役に立っています。
 品目を持った担当者は、野菜の知識を深めるために、時々生産地に足を運び、生産者から話を聞きながら野菜がリアルに育つ姿をこの目で見て、「だからこういった味や色になる」という学習を続けることが大切です。現地で起こっていることを自分の目で見て確かめておけば、お客さまに対しても説得力ある情報提供ができるようになります。また、外部から入ってくる情報に対してこちらがどんなアクションを取るべきなのかという判断もスムーズにできるようになり、入荷量や価格設定のミスを予防することもできます。そして何より、野菜が育っている姿をみると、担当品目への愛着も湧くんです。
 以前、半田市のフルーツトマトの生産者と連携して、従来の赤いトマトとは異なる色のトマトの生産をしたことがあります。現在これについては2年目を迎え、1年目の反省を踏まえて新しい色のトマトをつくって売り出すタイミング。ようやく出荷も始まったので、今年はどんな結果になるか楽しみです。生産者の方との新商品開発は、目新しさを求めるお客さまにも喜ばれるので、これからも取り組んでいきたいと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
H・Y
出身
中京大学 総合政策学部 総合政策学科
部署
商品四部 第一課 係長
勤続
2010年4月入社
運命を変えた一枚のDM

 就職活動を始めた時は、金融系に興味を持っていたので、東海エリアの地銀や信用金庫にアプローチしていました。野菜とはまったく無縁の業界です。そんな私が丸進青果の存在を知ったのは、自宅に届いた一通のDMから。もちろん、それまで仲卸会社のことを知りませんでしたが、「せっかくだから」という比較的軽い気持ちで説明会に参加してみることにしたんです。
 採用担当者の話を聞いてみると、需要や天候から野菜の出荷量を予測したり、それに応じて値段が変動したり、相場価格があったりすることがわかりました。また、仕入先との駆け引きもあるとのこと。すると、なんだか株に似ているようなイメージを持つことができたのです。金融系を考えていた私としては、このイメージを持ったことで、仲卸会社が俄然気になり始めました。不確定要素が多い状況の中で、自分の見立てや裁量次第で利益を増やすことができる仕事は、やりがいと同時に楽しさに満ちているはずだと確信。ほかにも、会社規模が大きいということも、ここを選んだ理由のひとつです。今思えば、一枚のDMが私の運命を変えました。

仕入れも売値も自分で決められる自由度の高さがおもしろい

 入社後は、豆を担当している先輩のアシスタントに就いて入荷や出荷といった商品の流れを学び、客先であるスーパーの担当者さんといろいろ話しをする機会を設けさせてもらうなど、下積みを経験しました。ゆくゆくは自分もひとつの品目を受け持って、生産者とお客さまとの折衝に臨まねばなりませんでしたから、研修はそうなる日が来た時に適切に対処するための知識を養う大切な準備期間。めまぐるしく変わる値段や品目の動きに慣れるまでは大変でしたが、先輩の指導の甲斐あって、大きな不安を抱えることなく、担当品目を持てるようになりました。
 研修時代は、生産者とお客さま双方の気持ちを汲み取ることがいかに大切かを学びました。もちろん、私たちにも利益がもたらさなければなりませんが、自分本位になることだけは御法度。丸進青果、生産者、そしてお客さまのすべてが満足できる取引を実現させることが商品担当に課せられた使命です。
 この仕事のおもしろさは自由度の高さにあります。野菜を流通させるには、価格交渉を行う必要がありますが、仕入れ値や売値は自分が交渉して決めるので、どれだけ利益が確保できたのかも明確につかめるのです。また、青果物は流通量が多いので、10円、20円価格が上下するだけでも利益が大きく変わります。うまく交渉の主導権を握りながら、適正かつ利益を生み出せる価格を割り出せた時にこそ、大きな達成感を得られます。

生産者を支え、ヒット商品の開発にも力を注ぐ

 現在私はネギの担当です。昨年あるスーパーから、今の市場に流通していない新しいネギを大量に購入したいとの話が舞い込みました。この話を受けた私は、とにかく注文数が多いことから、ネギの確保が先決だと判断し、すぐに仕入れ先に連絡。今まで取引実績のなかった出荷組合にも話を持ちかけ、集められるだけのネギを集めて、なんとか求められる数を達成することができました。ちょうど時期が年末だったので、通常以上に忙しい中で取り組んだ高難度なミッションだったと思います。お客さまから求められたら必ず調達するという品目担当としてのプライドが私を突き動かしました。この一件では、自分のキャパシティを広げることに成功。今後の自信にもつながりました。何事もチャレンジしてみるというのは大切ですね。
 昨秋から、静岡のある地域のネギ農家の方々とのつながりを持つことができるようになりました。その方々は、お茶農家から転身されたばかりで、まだネギの栽培ノウハウを模索している段階なので、よいネギを育てられるよう支えていきたいです。まだスーパーの店頭にない商品を発掘して、ヒット商品に育てるのも商品担当の重要な務め。全国ではたくさんの野菜が育てられていますから、これからもヒットの芽を見つけて大切に育てたいです。私は日々の流通業務以外にも、新しい商品の流通ができるようになったことで、大きな成長を感じています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

秋季募集の応募を受け付けています。
会社説明会の日程が合わない方は、
別途に説明会を予定しますので、
お気軽にお問合せください。

説明会情報

10
27(金)

10/27 会社説明会

日程:
2017年10月27日(金)
時間:
13:00 ~
場所:
丸進青果株式会社/本社会議室 ◎名古屋市中央卸売市場・北部市場内の青果棟3階の西側になります。
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

●営業職を希望される方向けの説明会です。
・卸売市場と会社の概要
・この仕事の「やりがいとは?」
・今後の選考スケジュール

●開催場所は、名古屋市中央卸売市場・北部市場内の
青果棟3階の西側になります。

予約する
10
28(土)

10/28 会社説明会

日程:
2017年10月28日(土)
時間:
13:00 ~
場所:
丸進青果株式会社/本社会議室 ◎名古屋市中央卸売市場・北部市場内の青果棟3階の西側になります。
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

●営業職を希望される方向けの説明会です。
・卸売市場と会社の概要
・この仕事の「やりがいとは?」
・今後の選考スケジュール

●開催場所は、名古屋市中央卸売市場・北部市場内の
青果棟3階の西側になります。

予約する