メーカー(その他) / メーカー(機械・工具・部品・金属) /

イハラ鋼業株式会社

アクセス数 1092

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

岡田雄太
出身
名城大学 理工学部 交通科学科
部署
線ばねグループ
勤続
2011年入社
多彩な部門を有するこの会社なら、幅広い知識が得られるはず

 幼少期からブロック遊びやプラモデルをつくることが大好き。大学でも造芸部というものをつくる活動が主体のサークルに入っていました。とにかくものづくりが好きなので、会社を探す際も、メーカーを中心に情報を収集。この会社については、大学の先生から教えていただき、先生を通じて選考試験を受ける意志を伝えました。
 会社見学に参加し、実際に働いている皆さんの姿を見せていただくと、そこかしこでコミュニケーションを取っている風景がとても印象的でした。そこから職場のよい雰囲気を感じ取り、入社意欲も一気にアップ。また、プレス、溶接、機械加工など、金属部品をつくる上でいろいろな部門を有していることも魅力に感じていました。というのも、プレスだけ、溶接だけを行う企業とは異なり、多くの部門の仕事を経験させてもらえる機会があれば、技術者として幅広い知識が得られると思ったからです。

最初は失敗が目立った。でも、ものづくりが好きだから前を向けた

 入社当時は線ばね部門に配属。線ばねは、この会社が創業した時からある部門で、大小さまざまなばね製品をつくっています。はじめは、出荷前検査やばねを熱処理炉に投入するといった軽作業が中心で、ばねがどのようにつくられているかといった基本を学ばせてもらいました。
 2年目になると、手作業でのばねづくりも新たに任されるようになりました。実はすべてのばねが機械でつくられているわけではありません。当社には手作業でつくるばね製品もあるんです。最初は失敗が目立ち、「どうしたら良品をつくり続けられるのか」と自問自答することが多かったように思います。もちろん、先輩はその都度助言をくださいました。また、失敗したからといってめげるばかりではなく、それを糧にして次に取り組むという気持ちが大事だと思っていたので、とにかく前を向くよう自分を奮い立たせていました。やはりものづくりが好きという気持ちが根幹にあるので、その点は苦難を乗り越える際に原動力になったと思います。
 現在は入社6年目となり、線ばね部門の機械は大方ふれました。それぞれ特徴やクセがありましたが、経験することで感覚を体に覚えこませ、自分なりのやり方を身につけられます。また、ほかの部門での仕事も経験させてもらえたことで、視野の広がりも感じるようになりました。

高難度の案件から、自ら道を切り開くという自立の意識が磨かれた

 入社4年目の頃、ある製品を自分が担当することになりました。それはウェーブスプリングといって、当時の社内ではまだ誰も加工に関わったことがない新しい製品。どのように機械を動かせば図面通りの形状にできるか皆目見当がつきませんでした。心配してくれた周囲はたくさんアドバイスをくれ、頼もしさを感じましたが、最終的に答えを見つけるのは自分。皆に頼るばかりではなく、自力で道を切り開かないといけないという自立の意識は、この案件でとても磨かれたと思っています。最終的には機械を動かすためプログラムを何パターンも考えて、地道に入力と稼働を繰り返して決着。根気強くトライすることの大切さも学んだ仕事でした。
 この会社には、ものづくり好きが集まっています。ですから、ものづくりが好きな人にとっては気の合う人たちばかり。仕事上の会話も品質向上やコストダウンのために、何をどうすべきかといった前向きな意見を皆が出し合います。かつては先輩の意見に耳を傾けるばかりでしたが、今では自分から提言することもできるようになりました。先々の展望としては、サブリーダー、リーダーと順に役職のステップを歩み、役員になって、全体を統括する仕事を経験してみたいと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
森 康裕
出身
富山大学 工学部
部署
切削グループ
勤続
2011年入社
ものづくりの会社らしいユニークな選考試験が好印象

 大学時代は化学を中心に研究していましたが、ものづくりに興味を持っていたので、就活ではメーカーや加工会社の情報を主に集めていました。何かつくりたいものがあったかと問われるとそうでもなく、とにかくものづくりに関わるということが自分の中での譲れない条件だったと記憶しています。また、地元の愛知県へのUターン就職も希望していました。
 「ものづくり」「Uターン」といったキーワードを就活サイトに打ち込むと、たくさんの会社情報がヒット。イハラ鋼業は、自宅から約15分という距離にあったので、すぐに気になりました。実は通勤距離に関しても重視していたんです。やはり通勤は毎日のことになるので、そこに多くの時間を費やしてしまうと、体を休めたり、プライベートを満喫しづらくなります。働くこと以外でも楽しみを持つことで、仕事へのモチベーションも上がりますから。
 こ会社の入社試験がとても印象に残っています。何と紙飛行機をつくって飛ばすという試験があったんです。突飛に感じるかもしれませんが、私はものづくりに関わる会社らしいユニークな試験ということで、楽しませてもらいました。

感覚を肌で覚えるシチュエーションが多く、職人的な世界と言える

 私の所属先となる切削グループは、その名の通り、“削る”加工を行う部門。まず取引先から製品図面をいただくところから仕事が始まります。次に図面に描かれた製品をつくるために必要な治具や金型の設計と製作、工具の選定をして、機械の段取りを行います。そして切削加工を施し、検査というのが全体の流れです。
 初めてこの部門に配置された時、「どうすればこんな複雑な形状に削り出すことができるのか」と驚きました。それまで別の部門での仕事経験はありますが、切削加工に関する知識は乏しかったので、当然といえば当然。ですから最初は簡単な形状を削り出すところから仕事を任せてもらい、徐々に複雑な形状の製品を担当するようになりました。加工のほとんどは機械で行いますが、材料を機械に固定する時などは、材料によって締め具合を調整。また、仕上げについてはヤスリを使って手作業で削ります。基本は機械を動かすことが多い仕事ですが、感覚を肌で覚えるシチュエーションが多く、職人的な世界と言えるのではないでしょうか。
 切削グループでの仕事も慣れてきた頃、治具の設計も任され、CADに初めてふれさせてもらえました。以前から興味があったので、設計にはすぐにのめり込むことができましたね。実際に設計した治具がカタチになって、自分が切削加工をする際に使っています。

越えるべきハードルが高いとその分達成感も大きい

 期間の長短や習熟度に差はありますが、切削加工以外にも、組み付け、溶接、板金、プレスなど、さまざまな業務に関わることができました。一連の経験からそれぞれの仕事の難しさや工程間の課題などが見え、改善を施していきたいという目標の創出にもつながっています。
 最近は、既存製品に対して、加工時間の削減とトータルコストの低減をめざし、部門のリーダーとともに段取りから完成まで全体の流れの見直しと改善に取り組んでいます。最初はつくることに精一杯でしたが、削減や低減といったことに目を向けられるようになり、大きく成長したように思います。もちろん、改善だけを業務にしているわけではありません。不良を出さないよう普段の仕事もきっちり行いながら、どうやったら改善を実現できるかを考えなければなりませんから、苦労もあります。ですが、越えるべきハードルが高いとその分達成感も大きいはずだと、前向きにとらえています。
 この記事を読んでいる皆さん、ものづくりが好きという気持ちをお持ちなら、ぜひイハラ鋼業に注目してほしいです。専業メーカーとは違ってより多くの経験が積めますし、多品種小ロットのこだわり品をつくる楽しさも味わえます。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

ただいま説明会情報は計画中です。