大学の就活担当者が語る 就活アドバイス

東海地区の大学担当者から学生への応援メッセージ、独自の指導方法や理念、就職活動のポイントをアドバイスしています。

日本福祉大学

http://www.n-fukushi.ac.jp/

キャリア開発課長

河合 太郎

就職活動の秘訣は『発想の転換』にあり

就職活動中の学生さんから「面接で緊張せずに話すためにはどうすればよいでしょうか?」とよく質問されます。その際、私は「アルバイトは何かしていますか」と尋ねます。もし、その学生さんが接客のアルバイトをしていれば”面接官”を”お客様”に置き換えると緊張がほぐれるのでは・・・?とアドバイスしています。

面接の場面では、自分が選考されていると思うから緊張するのであって、”面接官の質問”を”お客様からのオーダー”だと思えば、普段どおりの落ち着いた返答や対応ができるかもしれません。当然ながら、お客様に対しては社会人としてのマナーをわきまえ、丁寧な言葉づかいや誠意をもって対応していると思います。実はその当たり前の対応が、社会で求められている基礎的なコミュニケーション能力であり、アルバイト先で行っている普段どおりの対応ができれば面接官に対しても好印象を与えることができます。

いかがですか?これはほんの一例ですが、『発想の転換』による就活テクニックになります。

もちろん、就職活動は面接試験だけではありませんが、この考え方は就職活動における様々な場面で役立てることができます。

就職活動は、ほとんどの方がはじめての経験であり、多くの人は、日々不安や焦り、ストレスなどを感じながら活動していると思います。そんな“非日常的”な活動だからこそ少しでも“日常的”な状況に置き換えること“自身のフィールド”に持ち込むことで本来の能力を発揮することができるはずです。

さあ、『発想を転換』して、就職活動に臨んでみましょう!