名大社 スタッフブログ

カテゴリ「最近、思うこと、感じること」の記事一覧:

最近思うこと

今、世の中は「VUCA(ブーカ)」時代と呼ばれているらしい。
VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)
が増す世の中だということを意味している。
要は、先の見えない変化の時代が続いているということである。
北朝鮮情勢、トランプ大統領の暴走、自動車産業のEVシフト、AIの活用ナドナド、いくらでも不確実性の枚挙にいとまがない。
まあ、今に限らずいつの時代でも、不確実性はつきまとっていた。
しかし、この情報化の中では過去に比べ特別にスピードが速く感じられるのも事実だろう。
良いサービスが生まれるのも速いが、飽きられるのも速いこの貪欲な消費社会では、
真面目にコツコツと変わらない仕事を続けていくことは、
(人間の営みとして大事な価値観であるが)
それが厳しい市場原理の中で生き残っていける保証はない。
あのベストセラーの日清のカップラーメンでさえ、微妙に毎年味を今時に合わせて変化させていると言う。
同じテイストで変わらない美味しさを提供しているように見え、
裏では毎年美味しさを変化させ時代に合わせている努力は素晴らしい。

突然だが「PSYCHO-PASS サイコパス」(2012年フジテレビ)というアニメを最近見て大変面白かった。

少し説明をしよう。
舞台は人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、
それを数値化する機能を持つ「シビュラシステム」というシステムが導入された未来の日本。
その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、
規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。
そしてサイコパスという数値が、人々の適正を判断し適応可能な職業を決める、強制的な指針となっている。
簡単に言うと、個人の属性が、未来の変化も含め全てが数値化された世界の話だ。
その数値を見れば、全ての個人的な決断は必要ない。
数値化されたデータからその人にとって最適な人生設計が用意されていて、人はそれに従って生きるのだ。
そこに「他の道もあったかもしれない」という迷いがない。
決断がないから迷いもなく、苦しみもない。
全てが考えなくてもシステムに従えば最適解なのだから。
しかし、物語ではそこにある特異な「免罪体質」の属性をもつ犯罪者があらわれる。
彼の犯罪係数が「シビュラシステム」では計測できないのだ。
そのため犯罪係数の一定の基準値で犯罪者認定をすることに慣れてしまった警察は、
目の前で犯罪が行われていても計測できない彼を捕まえることができないのだ。
これは見ていても大変滑稽な状況だった。しかしこれは採用の現場でも同じようなことが想像できる。

以前から採用の現場では採用試験やSPIなども含め、応募者の数値化をずっと考えている。
HRテック(https://jinjibu.jp/keyword/detl/806/)の重要性と今時の流行は必然だと思うし、
これから大変ワクワクするようなことが採用全般で行われることになんの疑いもない。
また応募者の属性の何らかの数値化は、
何となくの感覚での採用で一喜一憂しているよりは確実にPDCAが回るだろうと思う。
しかしそれはあくまでも採用の際の1要素でしかない。
(数字は採用の際のコミュニケーションツールだと思う)
定量化する数値のみでの採用を夢想するようなシステムは、
このサイコパスの世界にある「シビュラシステム」というシステムと同じように
「定量化できないモノ」に出会うことになる。
採用マーケティングや、良い人材のペルソナを考えることは大変重要だと思う。
しかし採用の効率性や生産性を考えての過度な人材の数値化は、逆に採用する側の思考をストップさせてしまう。
恐れることは数値以外を見なくなることで、それにより人材の総合的な判断をする能力がなくなることだ。

時代はVUCAだ。
求められる人材像も、市場も、そして自社も絶えず変化していく。
自社の必要とする人材像の選定もますます難しくなるだろう。

誤解を恐れずに言うなら、採用の際の人材の判断に、生産性はいらない。
どれほど手間暇をかけてもいいと思う。
面接などは、何度でも何時間でも納得するまでやればいいと思う。
これから何十年も活躍する人材が見極められるかどうかに
一体どんな生産性の方程式が当てはまると言うのだろう。

名大社は今日で仕事納めです。
みなさま良いお年を。
以上、高井でした。

 

今日は…

Merry Christmas!

本日は1年目クマガイがお送りします♪

 

今日はクリスマスですね。

クマガイ家では、長いことサンタの正体は謎でした(設定上)

サンタさんは素直なよい子にしかプレゼントくれないので、

私は正体を知らない振りしてプレゼントもらってましたよ~

枕元にミカンと手紙を置いたらなくなっていて、食べてくれたんだと感動したのを覚えてます。

 

 

さて今回は、

題して

クリスマスに聴きたい美しい曲/クマガイ選

 

ということでクリスマスっぽい雰囲気を味わってください♪

 

 

 

  • The Holy City/Adams

こちらはソプラノ独唱用の讃美歌です。テノールも歌ってたりしますが。

個人的には伴奏のピアノのアルペジオ(=和音の構成音が分散されて演奏される奏法)が好きですね。

歌に寄り添うように流れる伴奏が美しい。

…からの、ドラマティックなもっていき方がかっこいいですね。

でもこれ歌うとなったら最高音が結構高いんですよ。

いかに楽に、のどを閉めない響く声で歌えるかは大きな課題ですね。

私も、その点は勉強中です。

清らかな気持ちになりたいときはこの曲の伴奏を弾いています。

個人的にはこの動画のキーの変ニ長調(Des-dur)が好きです。

 

 

 

 

 

 

  • 生命の奇跡/LIBERA

某有名テーマパークのCMでも使われていたことのあるこの曲。

歌っているのは少年合唱団のLIBERAというイギリスの合唱団。

透き通るような彼らのソプラノボイスに心が洗われますね…

2007年の東京公演では販売開始3分でチケットが販売終了したというくらい、日本でも人気です。

7歳でオーディションを受け8歳で舞台に立つというから、すごいですよね。

そんな小さい頃から音楽やれるの羨ましいです…

 

 

 

私は普段、自分の感情に近いものを表現している曲を聴くので特に好きな歌手はいないです。

その日その時で違うので常に自分に聞いております。

今どうなの?と。

今落ち込んでるからこの気分だな、とか、幸せだからこの曲聴きたいな、とか

何か返ってきます。

 

 

社会人になってから

つらい。苦しい。という自分の声が増えましたが

一方で

それを乗り越えたとき、終わったときの充実感・達成感も

感じることができました。

この一年いろいろありましたが、大きなけがや病気もなく過ごせてよかったです。

私がいるのは、皆様方に生かされているからだと思っています。

自分にかかわるすべての人に笑顔でいてほしいので

誠心誠意向き合っていきます。

 

 

すべての方に感謝を。

We wish a merry christmas and a happy new year!

未来だけ、見つめてこ。

 

マイペースを考える

(さらに…)

当たり前

 

こんにちは!
営業2年目の小倉です!

 

急に冷え込む日が増えてきましたが、皆さま体調管理はしっかりされてますでしょうか?

 

インフルエンザの予防接種?
早朝の乾布摩擦?

 

いやいや、そんなことよりも

外から帰ったら、手洗いうがい!
しっかりとした睡眠!

なにより、バランスのとれた食事!

↑これは職場の大先輩にも、口を酸っぱく言われています。
(いつもお気遣いいただきましてありがとうございます。)

 

毎年、秋~冬になると必ずと言っていいほど風邪を引く私ですが、
幸いなことに、今シーズンはまだ体調良好です。

 

日頃の行いがいいのか、たまたまなのか・・・(笑)

 

そんな小倉家では、なぜか私だけ体調を崩すことが多く
家族は全くもって健康そのもの。

 

そこで本日は、小倉家直伝、風邪予防方法をご紹介致します!
※あくまで我が家の健康法です。医学的根拠は全くございません。

 

① あつ~いお風呂に浸かる!

小倉家では、少しでも体調が悪い、気分が悪い等、体になにかしらの不調が出た時(予兆があった時)は、お風呂に浸かるシキタリがあります(笑)

 

父親曰く、「あつい風呂に入って体を温めれば大抵の病気は治る!」とのこと。

 

確かに、風邪を引いた時や頭痛がひどい日はあついお風呂に入らされていました。

 

私の場合は、風邪が治った時もあれば悪化した時もありましたが(笑)
体を温めておくと、免疫力が上がるのでしょうね。

 

 

② ビタミンを取る!

 

必ずと言っていいほど毎年、11月を過ぎたあたりから

食卓のテーブルに大量のミカンが盛られていました。

1日1個は必ず食べるように言われていましたね。

 

母親が、風邪予防と言いつつミカンを4つくらい毎日食べているときは
母だけやけに黄色い手をしていましたが、風邪を引いている姿はほとんど見たことありません。

 

その他にも、野菜を取るように言われたり、青魚を食べるように言われたりしていました。

 

年末年始が近づくと、どうしても外食やお酒の席が増えてしまいますが

そういう日の前後には必ずと言っていいほど、お鍋でしたね。

 

大量の野菜が入っているお鍋は、体の芯から温まります。

 

でも、暴飲暴食がたたって私だけ風邪をこじらせていました(笑)

 

 

③ とにかく寝る!

 

「寝れば治る!」

 

これは父の口癖です(笑)

 

これは風邪に限らず、仕事や運動で疲れている時にも行っていました。
6~7時間の睡眠とかのレベルじゃないです。

 

これは小倉家の性質なのか遺伝なのか不明ですが、
とにかくよく寝るのが得意?な家庭です(笑)

 

家族全員、10時間以上寝ることは全く苦ではありません。
下手したら1日中寝ていることもあります。

 

疲れている時、病気がちの時はとにかく寝ています。
上記の①②を合間で行ってから寝ると、確かに体調はかなりよくなっていました。

 

 

 

 

さて、3つご紹介しましたが、よくよく考えると全て健康に過ごすためには当たり前のこと。
特別なことは何もしていないです。

 

でもこの当たり前がなかなかできていないことが、当たり前だと思います。
少なくとも私は(笑)

 

当たり前のことを当たり前にできる人が、立派な人だと感じます。

当たり前の健康法を日頃から私に伝えて実行してくれていた両親は

本当に立派なだなと、社会人になってからしみじみと思います。

 

 

とにもかくにも、健康第一

これが何より大事ですね。

 

いつもシャワーで済ましてしまっているお風呂ですが、
今年はきちんと湯船に浸かろうと思います。

 

健康管理も仕事のひとつですから!

 

と、いうわけで薄い内容ですがこのへんで。

 

みなさまもお体には十分お気を付けください!

今年も1年ありがとうございました!

以上、小倉でした!

喜怒哀楽の話。

みなさんこんにちは。3年目尾関です。

師走とはよくいったもので、まさに師匠も忙しそうな12月いかがお過ごしでしょうか。

早くも天気予報では雪マークがちらほら。

こんなに寒いのにさらに寒くなるんですね・・・。

風邪を引かないように注意です。

 

さて、最近の個人的ニュースを一つ。

以前ブログで紹介したアイドル【BiSH】が、ついにMステデビュー!

楽曲は「プロミスザスター」

ファンとの夢を叶える約束を歌に込めています。

独特な歌詞と振り付けに注目。ぜひ見てみてくださいね!

メンバーの一人は、目標に「タモリ」を掲げるほどだったので、どれ程嬉しかったか。

結成当初からのファンとしては親心のように感慨深いものがありますね。

 

さて、話は変わって・・・、

最近は自分が少し大人になってきたせいか、あるいは考えることが増えたせいか、

今まで味わうことのなかった気持ちが芽生えつつあります。

 

就活相談を受けた学生から内定報告をもらったり、

友人の子供が歩けるようになっていたりすると、

なんとも言えない気持ちになるのです。

 

そして、涙もろい。

 

仲が悪いと思っていた姉の結婚式では号泣。

地元の街並みが変わっているとなんだか悲しくなったり、

最近のオレ、どうしちゃったの?

 

喜怒哀楽では、常に喜と楽だけあればどんなにいいことかと思って、

極力ならばそれだけで過ごしていきたいと思っていましたが、

最近は

しみじみする

とか

わびさび

みたいなもののよさがわかってきたような気がしています。

 

さらには、

悲しさや悔しさを糧に頑張ろうと思えたり、

その結果うまくいった時や褒めてもらえた時の喜びがひとしおだったり。

 

仕事もプライベートも抑揚があってこそ燃えるのかなぁと思います。

学生のみなさんにもこの辺りの面白さを伝えられるような大人になりたいです。

大変そうだとか難しそうだとか、嫌そうなことは目に見えやすいけれど、

その先にあるひとしおのやりがいを見つめてみるのも就職活動には大事かもしれません。ってね。

 

ではでは。

みなさま、お身体を壊されぬよう、年末を乗り切りましょう!!

失礼いたしまーす!

 

 

 

朝の食パン。

今年も一月をきりました。いろいろなことがありました。

食べ物についても、いろいろ考えた一年でした。堀口です。よろしくお願いします。
朝御飯しっかり食べてますか?
ああ。そうですか。
それは何よりです。
私の朝食は、トーストを中心にヨーグルトとバナナとトマトジュースとゆうシンプルなものでした。半年くらい前までは。

ただ、人生初めての入院を経験しまして、

病院にてカロリー計算済みの朝食のお世話になったのです。
そこで出てきたのが、食パン二枚の炭水化物、他。

お写真参照ください。

 

何しろ、食パンとゆう代物は、私の辞書には、トーストで食べるものとあり。

恐る恐る、小学校、中学時代ぶりにジャムなどつけながら食したのです。

中学時代は牛乳にパンを浸したり食べたな。

 

小学校時代の担任の先生は厳しい方で食器の綺麗にして給食室に返すよう、パンで食器を拭いて食べた。そんなご

指導に反発しながらも、懐かしいやら。

 

話がまた、ずれて行くようで嬉しいです。

お…お。このパンまあ、いい感じやないですか。生もいけるな。

※病院のパンです。

そこから、私の生食パン食べの遍歴が始まったのです。

華麗なるとはいきませんが。笑。

退院後、朝の食パンは生で食べることを私は家族に宣言したのでした

どうでもいいことですが…

「めんどくせえ~」と言われとります。

好きなのは、胚芽とか、胡桃入りとか、色のついた食パンが好きですね。

もちろん、カロリー表示の確認は、するんですが。

おっさんの飲み会仲間のS君からの情報で「生食パン 乃が美」を知ることに。

 

S君から岐阜の長良にある、『乃が美』のパン食べたことあるかね

 ノガミ?  聞いたことない。知らんわい。

 

たまたま、岐阜市長良方面に行く機会があり、お店に訪問。五坪もないお店にレジと簡単な陳列棚。

ジャムが置いてあるだけです。

壁には、明石家さんま、メジャーリーガーのイチローのサイン色紙なども。

こんなんよくありがちやな~

店の奥にパン工房ですか?

商品は食パン一斤(432円)と食パン二斤(864円)のみ。

あいにくこの日、一斤は売り切れ御免。二斤を購入することに。

 

スライスはいたしませんとのこと。

HPによりますと
「日本食パン名品10本」

まだ他にも9本あるんですか?

●卵不使用
●添加物不使用

●特別マーガリン使用。

賞味期限、食べ方ご指南書など。

 一日寝かして食べるとまた、一味違うと。カレーですか?

 

翌朝、食べてみました。

 

口当たりまろやか。程よい柔らかさ。こんな形容でいいので。

ほんと美味しいです。

知らんかった。知っている方も多い人気店みたいです。

いろいろ情報をお探ると、名古屋栄にもお店はあるとの事。何年か前にオープンしてます。

ありがとうございました。

先日は、豆腐屋さんの食パンも食べてみました。

しばらく生で食べる食パンの回数が増えそうです。
来年もよろしくお願いいたします。

海部郡蟹江町近隣散策

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

結婚を機に先月に海部郡蟹江町に引越しをしました。

初めは引越しの準備や家電・家具・食器・雑貨等々の購入で非常にバタバタしていましたが、ようやく落ち着き始めました。

瀬戸市に長年住んでいましたので、周りの環境にまだ慣れていませんが、近場のお店の開拓をこれからしていきたいと思います。

休日のお昼に行ったお店は、名古屋市港区にある「三喜」です。びっくり天丼を注文しましたが、大きなえび天が4つも入りお腹が満腹になります。

近くにアピタがあるので、買い物のついでに寄ってみました。とてもボリュームがあって美味しかったです。

そして蟹江町で有名なスポットと言えば、尾張温泉です。

日本名湯百選にも選ばれた治癒効果の高い良泉で、腰痛持ちの僕にとっては重要なスポットになるでしょう。

ただ、かなり昭和レトロ臭漂う館内なので、評価は年代別でかなり賛否両論となります。

補足としてアメニティもスーパー銭湯とは違って良質な品揃えです。

そして家から50メートル程の近所にある活魚料理「浜船」。ここは想像以上に絶品料理で大当たりでした。

全品とても美味しく、最後のデザートまでとても丹精込めて作られており、職人気質を感じるお店でした。

お客さんも常連客ばかりでした。

下段は社長と被る程のグルメ写真となっております。

お食事の味噌汁の具材は大きな蛤でした。

また次回の新規開拓しましたら、ブログに書かさせていただきます~

今年の冬は、【ねこ】がやってきました・・・

こんにちは、戯言しか言わないオッサンこと奥井です。

今月もよろしくお願いいたします。

 

ついこのあいだ、年が明けたかと思っていたら、いつの間にか

あっという間に、もう師走。

年々、年を重ねていくと、

1年の感覚が、1/10年、1/30年、1/50年・・・と

今思うと、子供の頃の1年ってホント長かったですよね。

さて、寒さが身に染みる季節ですが、防寒対策はどうしてますか?

今回はちょっと、防寒対策の紹介。

 

今年の冬は、

我が家に、【ねこ】がやってきました・・・

カラダ、ぽっかぽかの【ねこ】。

「猫」「にゃんこ」・・・?

 

実はやってきた【ねこ】とは、

寒さ厳しい信州、南木曽町に昔から伝わる防寒着。

南木曽と言えば、伝統工芸、ろくろ細工などがよく知られていますよね。

そんな工芸品を作る際に、室内での作業で邪魔にならなくて

あったか~い防寒着が着用されています。

それが、【ねこ】です。

 

作業の妨げにならないように、袖をなくし、寒さで冷える

背中だけを暖めるように、

考え尽くされた先人の知恵の塊、背中だけのねこ半纏

【なぎそねこ】

防寒の半纏と聞くと何か、重くて、で~んとした着物、

ドテラ・丹前みたいなものをイメージしていましたが、

袖や前身頃がなく、背中と腰を覆う袖のない半纏のこと。

袖がないので、作業の邪魔にもならないし、軽いこともあって、

着ていることを忘れてしまいます。

背中を暖めると、体全体を効率的に暖めることができるそうです。

全身に血液をめぐらせる動脈は心臓を出た後、体の背部を通るから、

背中を暖めると全身に暖まった血液がめぐるそうです。

昔の人はえらい!

 

これ1枚あると、

身も心もぽっかぽかに、

ぬくもりに包まれて、う~ん、気持ちいい!・・・

この冬、もう手放せない最高の代物!

着ているのも忘れてしまうくらいに軽くて、肩も凝りにくく、あったかい!

もう必需品。

是非、おススメです!

本物の証は、

【なぎそねこ】のタグ付きが目印です。

 

良かったら、あなたも1枚、

いかがですか?

 

今年の冬はぽっかぽか、猫を背中に寒さ知らずだ!

胸が熱くなる瞬間。

人には誰しも胸が熱くなる瞬間がある。

それは挫折を味わったからこそ、感じられる美酒かもしれない。

by ニムラ

 

 

この週末、絶対に負けられない戦いがピッチ上で繰り広げられた。

 

 

J1最終節。

 

 

今年も優勝に大手がかかった常勝軍団、鹿島アントラーズ。
いつもあと一歩が届かない無冠のシルバーコレクター、川崎フロンターレ。

 

この1年間の集大成。
まさに運命を決める90分。
同時刻キックオフの一戦だった。

 

 

悩んだ挙句、自身は鹿島×磐田の試合を観ることに。

 

 

この時点で、鹿島は勝てば文句なしの優勝。

 

 

前節、ホームで優勝を決めるチャンスを逸していただけに、選手もこの一戦にかける想いは並大抵ではなかったはず。

 

対する磐田も、昨年の順位から大きく躍進を果たし上昇気流に乗る、天才レフティー名波浩と中村俊輔が率いる強者。

 

 

他会場の川崎の結果を気にしながらの試合となった。

 

 

開始早々、日本代表にも選出されている、右サイドバックの西がアクシデントで交代。

このあたりから、常勝軍団の計算が狂い始める。

 

 

攻めてはいるものの、磐田の切り替えの早さに、いつもの切れ味鋭いカウンターがハマらない鹿島。

 

目の前で優勝は決めさせない。

 

その想いがプレーから伝わってくる。

 

ベテラン俊輔でさえ、最終ラインに戻って必死にディフェンスする姿にプロとしての矜持を見た。

 

 

一方、川崎。

 

失うものは何も無い、と言わんばかりの猛攻で前半を2-0で折り返す。

すでに降格が決まっている大宮との巡り合わせが奇跡を予感させていた。

 

 

他会場の結果を受けて、もう勝つしかなくなった鹿島。

 

刻々と過ぎていく時間の中で、攻撃的な選手を次々に投入し局面打開を試みる。

 

和製クリロナの異名をとる鈴木優磨が積極的に仕掛けるもゴールが遠い。

 

 

残り時間5分。

 

 

すでに圧倒的リードを得た川崎の勝利は確実。

 

あとは鹿島が1点をとれるか、とれないか。

 

王者が死に物狂いでボールに食らいついていく。

 

 

そして…

 

 

 

絶望と、歓喜の笛が、ほぼ同時に鳴り響いた。

 

 

優勝は、川崎フロンターレ。

公式HPより(http://www.frontale.co.jp/)

 

2006年以降、カップ戦含め8度もの苦杯を舐め続けてきた男たちに歓喜の瞬間が訪れたのだった。

 

中村憲剛は加入15年目にして初めての栄冠となり、ピッチで人目をはばからず涙した。

公式HPより

 

優勝を祝うはずのシャーレが、それを模した風呂桶だったとしても構わない。

 

ファンと分かち合うその瞬間こそが、最高のご褒美だったに違いない。

 

 

本当におめでとうございます!

 

 

 

翌日。

 

こちらも運命の一戦。

 

1年でのJ1復帰を目指す、名古屋グランパスとアビスパ福岡。

 

ホームである豊田スタジアムで雌雄を決する戦いが繰り広げられた。

 

ぜひ現地で!と思っていたが、こちらもほんとのホームで子どもとの闘いに挑むため断念。

 

テレビの前でかじりつくこととなった。

 

 

奇しくも、前日に優勝した川崎を強くした張本人、風間監督が率いる今シーズン。

 

間違いなく、名古屋に風が吹いている。

 

 

同点でも勝ち上がりできる。

 

守備的な戦い方もできるはず。

 

 

いーや、そんな器用な戦い方ができるチームじゃないんです。

 

そぉ玉田が語った通り、前線からアグレッシブにいく。

 

 

頼りになる巨人シモビッチと、抜群の存在感を放つガブリエル・シャビエル。

そこに寿人や田口などベテランから、若手が絡んでいく。

 

躍動感ある攻撃は、毎年中位に落ち着いていた名古屋よりも明らかに強いチームに感じた。

 

 

ただ、山瀬の強烈なミドルがポストに弾かれ、相手に詰められた瞬間、正直終わったと思った。

 

 

それでも、何とか危機を凌ぎ…

 

 

 

名古屋グランパス J1復帰決定!!!

公式HPより(http://nagoya-grampus.jp/)

 

見事に風を起こしてくれましたね(;_;)

 

来シーズンは仕事終わりに観に行くぞ!!

 

 

久しぶりに胸を熱くさせてもらいました。

選手のみなさん、本当に1年おつかれさまでした!

 

 

 

あっ、胸を熱くしたことで最後に1つ。

先週金曜、名大社の営業部飲み会を実施いたしました。

 

 

名誉幹事の冨田くん仕切りのもと、

先輩社員への愛ある侮蔑あり、

サプライズあり、

なんでもあり。

※すでに完璧出来上がった状態での撮影でピントが合わず。ご了承ください。

 

やっぱり、この会社の雰囲気っていいなぁと、美酒に酔いしれ、胸を熱くしたのでした。

 

 

その翌日、完全に二日酔いで胸を熱くし、久々にやらかし。

子どもを連れて奥さんが実家に帰るという事件はあったものの、逆境から這い上がった男たちのように、信頼を取り戻すべく精進してまいります。

結果はいかに

こんにちは。水谷です。

 

今日から12月です。今年も早いものであと1ヶ月。

いよいよ忘年会シーズン。

寒くなってきてますので、飲みすぎと風邪にはくれぐれもお気をつけください。

 

今年はまだ1ヶ月残っているので、振り返るにはまだ早い。

そろそろ結果が出ることについて書きたいと思います。

 

本日12月1日。新語流行語大賞が発表される日です。

ノミネートは30語もあるのですね。

ノミネート語の一覧をHPで見たのですが、聞いたことのあるものから、そういえばあったなあというものまで。

まさか「忖度」が大賞にはならないと思うのですが。

どうでもいいような気がしますが気になります。

 

2017年もあと1ヶ月で終わり、2018年です。

冬季オリンピックもありますが、サッカーW杯の年です。

そして、明日未明には、組合せ抽選会が行われます。

日本はFIFAランク下位ということで、ポット4に入り、開催国ロシアと同組にならない限りランク上位の国と対戦することになっています。

ポット1からロシア。ポット2からスイス。ポット3からチュニジア。

この組み合わせなら、予選リーグ突破の可能性があるかもしれません。

逆に、ポット1からブラジルかドイツ。ポット2からスペイン。となった場合は、間違いなく予選敗退でしょう。

などと予想してみるのも抽選の直前ならでは。

せっかくなら、とことん厳しいグループに組み込まれるのも面白いと思うのですが。

さぁどの国と対戦するのでしょうか?

抽選結果が気になります。

 

そういえば、前回のギリシャ戦は会議室にてみんなで観戦してましたね。

私は寝坊して参加しませんでした、今回も行われるのでしょうか?

ロシアの首都モスクワとの時差は6時間。

試合の開催時間は日本時間の夜中の可能性が高いですね。

 

グランパスはJ1復帰なるか。そしてJ2降格は清水か甲府か?

清水残留できるかな?

結果は・・・

 

今年の私の順番は今回が最後です。

少し早いですが、よいお年を。