ジモナビ

COLUMN 就活応援コラム

ジモトの仕事と人を繋ぐコワーキングスペース「Startup Garage」

「コワーキングスペース」と聞いて、どんな場所を想像しますか?
きっと、「社会人が利用するもの」「よく分からない」といった想像をする人が多いはずです。
本格的な就職活動を開始する前は、インターンシップやアルバイトなど、学生が仕事や社会人と繋がる場は限られているもの。
ジモトにどんな会社があり、そこで働いている人はどんな思いを持っているのか、気軽に聞く機会もほとんどありません。

そんな人におすすめするのが「コワーキングスペース」です。
愛知県豊橋市に2017年11月にオープンしたコワーキングスペース「Startup Garage」は、ジモトの仕事とヒトを繋ぐ環境があります。

 

StartupGarageとは

Startup Garageは、株式会社サイエンス・クリエイト(本社:豊橋市)が運営するコワーキングスペース。
スタートアップに関する相談の総合窓口として、地域の支援機関と連携して、創業や事業に関するサポートをしています。
スタッフは中小企業診断士や公認会計士、ヘルスケア・アクセラレーターなど、専門分野の相談に対応可能。
また、起業志望者の相互交流を促すようなイベント開催も手掛けています。

 

StartupGarageを利用するメリット

「スタートアップ」や「起業家」と聞くと、少し敷居が高く感じる人も少なくありません。
StartupGarageは、ジモトの中小企業の社長やフリーランスなどが出入りしており、コワーキングスペースの利用を通して、気軽に仕事の話をすることができます。

また、仕事に関するさまざまなテーマで、不定期にイベントが開催されています。
こども同伴で利用可能となっており、女性やママをテーマにしたイベントも開催するなど、多様なニーズに応えています。

過去には、
次世代型電動車椅子・パーソナルモビリティを開発する、株式会社WHILL(本社:神奈川県横浜市)代表取締役兼CDOの内藤淳平氏の特別講演など、市外で活躍しているジモト出身者を招いたイベントも開催。
都市部や世界で活躍する人たちと交流できる場を提供しています。

 

“働くことはわくわく楽しいもの”と肌で感じられる場づくり

Startup Garageの利用者は、ジモトの行政職員や中小企業関係者も。
就職活動の会社説明会では、聞けないような話が雑談レベルでできる機会もあります。
直接話しにくい場合は、スタッフに相談すれば橋渡しも可能。

StartupGarageを利用する人は、働くことを楽しいと考えている人が多い。
ここには、たくさんの出会いがあり、学生に“社会に出て働くことはわくわく楽しいもの”と肌で感じてもらえるのではないか」とスタッフは話します。
インターンシップのように中長期的にコミットできない、複数の企業をより深く知りたいという学生は、ぜひ一度Startup Garageに足を運んでみてはいかがでしょうか。