商社(食品) /

丸進青果株式会社

アクセス数 2113

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

「北部市場」を拠点とする青果物の商社
国内トップクラスの実績で地域の青果流通に大きく貢献

 スーパーを中心に、八百屋や食材販売店などに対して、鮮度と品質のよい青果物を安定的かつ納得いく価格で販売していく。これが丸進青果の業務です。専門的には仲卸業と言いますが、青果物という専門品を扱う商社と考えていただくと、学生の皆さんにもイメージがつかみやすいかもしれません。

 青果物は、生産者が丹精込めて育てます。それが出荷団体などを通して卸会社に持ち込まれ、市場内で私たちが仕入れてスーパーなどの小売業者に販売。その後、スーパー店頭に足を運んだ消費者が購入して、食卓が彩られます。つまり、商社である私たちが生産者と小売業者の仲立ちを務めて初めて野菜や果物が流通するのです。

 青果物は自然の恵み。天候次第では、生産地から出荷される量も大きく変動します。出荷量が多ければ価格も抑えられますが、逆の場合は価格が高騰します。そこで私たちが、ひとつの産地からだけでなく、別の産地から青果物を調達して全体の出荷量を調整し、価格を抑える役を果たすのです。この業務の第一線で活躍するのが営業職。彼らはキュウリ、ネギ、ホウレン草などの中からひとつの品目を受け持ち、その販売のスペシャリストとして流通を司ります。

 長きに渡って事業を継続してきた当社は、基幹である商社機能を成長させるだけでなく、多様な事業を展開。そのひとつに企画開発があります。これは小売業者の販促支援。提供している青果物をどうやって売ればよいか、どう調理すればよいかといったアドバイスを行います。ほかにも、産地・商品開発にも力を入れてきました。当社で扱う青果物は1000種類を超えていますが、全国にはまだ知られていない青果物が数多くあります。また、料理にこだわる消費者や飲食店が増えてきたこともあり、新しい青果物に対するニーズも上昇。そこで私たちが、まだ見ぬ青果物を調達したり、時には生産者と一緒になって、新しい青果物栽培のサポートを行っているのです。さらに関連会社と連携し、カット野菜事業も手がけています。これは青果物をカットしたり、包装したりするなどして、消費者や飲食店が使いやすいよう加工するという内容です。調理しやすいという付加価値を添えて流通したことで、多くの方々に喜ばれています。

 ニーズに応え続けて変革してきた当社。ついに単一法人としては仲卸同業者の中では国内トップクラスの売上を実現し、業界に丸進青果の名を轟かせています。

ここがポイント

国内トップクラスの売上規模を誇る青果物の商社

2015年8月の決算において、単一法人の仲卸業者として209億円の売上を達成(2016年8月決算は203億円)。国内トップクラスの売上規模を誇るまでになりました。また、関連グループ各社の直近の決算売上を合計すると280億円。今や300億円に迫ろうとする勢いです。この数字は社員が生活をしていくにあたって大きな安心感を与えています。また、経営基盤が磐石だからこそ、新しい挑戦を続けることができ、会社もさらに成長していくのです。

一品目一担当制で、情報と知識を集中的に蓄えられる

私たちが拠点を置く「名古屋市中央卸売市場 北部市場」では、たくさんの仲卸会社が事業を行っています。中には営業販売職がひとりで複数の品目の担当に就いている場合もありますが、私たちは、ネギならネギ、キュウリならキュウリというように一品目一担当制を採用。これによって各営業販売職は自分の品目に集中することができ、徹底的に担当品目の情報と知識を集めることができます。情報をキャッチし、知識をフル活用することが商談をうまく進める上で重要。それが当社の大きな特徴であり、一人ひとりが各品目のプロフェッショナルになれるという魅力でもあるのです。

全国の仲卸業者とグループを結成

各地の有力な仲卸業者をはじめ、青果物の加工を手がける企業が集まって結成された「ヘルシーグリーングループ」に所属。これにより、全国の産地情報を迅速に収集することが可能となりました。仲卸にとって情報は要ですから、グループ間で情報展開を積極的に図ることで、より有利に仕入れと販売が進められます。また、青果物をグループで大量購入し、共同販売することもできるので、価格を抑えてお客さまに販売することもできます。こうしたグループならではのスケールメリットが生かせることも当社の強みと言えます。

先輩からのメッセージ

◆代表取締役社長 西脇正導より 就活生の皆さんへ

 新鮮な野菜や果物を皆さまの食卓に届けられるよう、早朝から市場は活動中。場内では軽トラックやターレット(電動カート)が往来し、威勢のいい掛け声が飛び交います。まさに活気ある青果流通の現場です。今や市場も、新しいステージに突入。まだまだ変化が続くことも予想されます。これから新しくご入社される皆さんは、市場はもちろん、青果業界全体の変化に巡り合えるチャンスです。また、当社としても巻き起こる変化を前向きに捉えながら、よりクリエイティブな仕事に取り組める職場にするべく、改善を重ねていきたいと思っています。

 当社は2014年の決算で売上200億円を突破。続けて2015年、2016年も200億円を突破することができました。これによって、単一法人として仲卸同業者の中では国内トップクラスに入ることができ、社員の士気も高まってきました。まさにいいムードが醸成されていると言えます。

 青果物を流通させる商社として、当社は大きな使命を背負い、社会に対して貢献してきた自負があります。スーパーマーケットや八百屋といったお客さまのため、そしてその先にある一般消費者のために、私たちは安心で安全な青果物を適正な価格で供給していかねばなりません。また、卸会社をはじめ、優秀な仕入れ先との関係性を深めることで、よりよい青果物の確保が可能になります。加えて、野菜を育ててくださる生産者の方々とも新たな商品開発を二人三脚で行い、業界の活性化にももっと尽くしたい考えです。

 私は日本の青果流通のシステムは世界に誇るべきだと思っています。このシステムを海外にも導入させ、質のいい青果物を皆が納得できる価格で流通させたいと考えるようになりました。また、日本の高品質な青果物を今以上に多くの海外の方々に味わってもらうべく、輸出の窓口業務を行えたらという夢も描いています。仲卸業もグローバルな活躍ができる時代がもうすぐそこまで来ていると思うのです。

 青果物を流通させるという使命感、社会に対する貢献性、そして夢を描ける可能性。丸進青果の仕事からは、皆さんの社会人生活を楽しくさせるポジティブな要素を感じていただけるはずです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

募集要綱

採用情報

募集職種
■営業職
仕事内容
【営業職】
「名古屋市中央卸売市場 北部市場」の卸売業者および全国の産地から仕入れた青果物をスーパーマーケットや八百屋といった小売業者、あるいは外食産業や食品加工メーカーなどに販売。商品部と外商部にわかれています。

<商品部>
担当品目を持ち、社員自らの裁量により仕入れから販売までを一貫して行います。卸売業者などと価格交渉や売値の決定をするとともに、生産者との情報交換も重要な任務です。培ってきた経験と商売勘で成果を導き出せる、自由度の高い達成感の大きな仕事です。

<外商部>
主として東海3県のスーパー、量販店や外食産業などの大口顧客に対して商品全体の取引を担当。動かす金額も大きく、それに比例してやりがいも大きいと言えるでしょう。商品部との連携が重要で、何がどれだけ手に入れられるかを顧客にスピーディに伝えて、特売や周年祭のアイテム選びなど、ニーズに見合った商品を提案していく攻めの姿勢が求められます。


勤務地
本社/愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107(名古屋市中央卸売市場北部市場内)
勤務時間
■営業職
□商品担当者(フレックスタイム制)
コアタイムは9:00〜11:00
標準労働時間帯5:00~13:00

□外商担当者(フレックスタイム制ではありません)
7:00~18:00(休憩3時間)
注/勤務時間は担当により少し変動します
初任給
■営業職
□商品担当者
大卒・大学院卒者/23万7,000円
短大・専門卒者/22万7,000円
 注/営業手当、深夜手当を含みます

□外商担当者
大卒・大学院卒者/22万2,000円
短大・専門卒者/21万2,000円
 注/営業手当を含みます

※数字は2016年4月実績
※いずれも日給月給制です
待遇・福利厚生
各種社会保険
財形貯蓄制度
確定給付企業年金
永年勤続表彰制度
資格取得支援(フォークリフト免許)
社員旅行
男子独身寮
クラブ活動    など
休日・休暇
日曜日、祝日、臨時休場日、年末年始休日、年次有給休暇など
年間休日100日(2016年実績)

注/市場の予定により変動します
採用人数
営業職4~5名
採用実績校
愛知大学、愛知学院大学、愛知県立農業大学校、朝日大学、岐阜経済大学、岐阜大学、近畿大学、信州大学、中京大学、中部大学、東海学園大学、東京農業大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋商科大学、名古屋文理大学、日本福祉大学、名城大学 など(五十音順) 
募集学科
全学部・全学科
教育
新入社員教育、国内産地研修、安全運転教育、フォークリフト運転講習 など
連絡先
丸進青果株式会社
〒480-0202
愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107(名古屋市中央卸売市場北部市場内)
電話/052-903-3201(代表)※採用担当宛まで

選考の流れ

選考の流れ
名大社新卒ナビ2018からエントリー

会社訪問・会社説明会・市場見学会

一次面接・筆記試験

役員面接

内々定
選考方法
面接重視の選考です
提出書類
履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

企業情報

事業内容
<仲卸事業>
「名古屋市中央卸売市場 北部市場」において、卸売会社から野菜・果物を買い入れ、中部圏を中心として大手スーパー、外食産業、小売店、食品加工メーカーなどに販売。青果物を専門に扱う商社としての事業です。


<企画開発事業 >
小売店の売上アップを目的に、販促支援を実施。
売り方や調理の仕方、販売イベントの提案を行い、消費者の購入につなげます。

<カット野菜事業 >
関連会社の加工工場にて、青果物のカットや包装を行います。こういった加工を施すことで、消費者や飲食店にとっては使いやすく便利な商品として認知していただくことが可能です。

<産地・商品開発事業 >
世の中にまだ流通していない野菜、およびその生産者を見つけ出し、需要と照らし合わせて仕入れ・販売を実施。時には生産者と一緒に新しい青果物をつくることもあります。
代表者
代表取締役社長 西脇正導
設立
1958年2月
従業員数
正社員140名、アルバイト75名(2017年2月現在)
資本金
8,800万円
売上高
203億円(2016年8月期)
施設など
本社:名古屋市中央卸売市場北部市場 青果棟3階
仲卸売場:北部市場内に14店舗
事業所:一宮集荷場

所有設備
・大型定温保冷倉庫12棟(延8,246㎡)
・IBM AS400基幹システム
・社用車16台、軽四輪貨物車71台、フォークリフト52台
関連会社
丸文青果株式会社
株式会社東進
丸進青果株式会社(川崎)
株式会社セントラルフーズ
中央流通センター株式会社
本社所在地
愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107(名古屋市中央卸売市場北部市場内)
事業所
愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107(名古屋市中央卸売市場・北部市場内)
関連サイト
大きな地図で見る
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

説明会メッセージ

会社説明会の日程が決まっています。
当日は、市場見学会も実施しますので、
お気軽にご参加ください。

説明会情報

06
24(土)

6/24 会社説明会

日程:
2017年06月24日(土)
時間:
13:00 ~
場所:
丸進青果株式会社/本社会議室 ◎名古屋市中央卸売市場・北部市場内の青果棟3階の西側になります。
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

●営業職を希望される方向けの説明会です。
・卸売市場と会社の概要
・この仕事の「やりがいとは?」
・今後の選考スケジュール

●開催場所は、名古屋市中央卸売市場・北部市場内の
青果棟3階の西側になります。

受付終了