メーカー(機械・工具・部品・金属) / メーカー(自動車関連) /

株式会社吉田SKT

アクセス数 2967

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

ふっ素樹脂コーティング技術のパイオニア
顧客数は大手の自動車メーカーを含め、2000社以上

 ふっ素樹脂コーティングを手がける当社。実はふっ素樹脂コーティングには、テフロン™加工が含まれています。一般的には鍋やフライパンなどの調理器具に用いられるふっ素樹脂コーティングですが、当社では自動車部品や金型、各種生産設備といった工業分野に技術を提供しているのです。
 ふっ素樹脂コーティング技術をシンプルに言い換えると、塗装です。特殊な液体や粉体を自動車部品や生産設備などに塗装することで、それらの表面に膜が形成されます。すると、ものがくっつきにくくなる、ものがすべりやすくなる、腐食防止、撥水撥油、電気を通さないといった機能を持つようになるのです。
 例えば、ある生産設備に塗料が付着し、設備の劣化を促進させる原因となっていた場合に、ふっ素樹脂コーティングを設備に施せば、塗料の付着を防止し、設備の劣化を食い止めることが可能。すると、設備を使うお客さまにとっては、塗料を取り除く手間も省けるというメリットも生まれます。こうした機能特性を生かし、単に塗装することだけをPRしていくのではなく、お客さまの生産現場での困りごとを解決するコンサルタントとしての立ち位置で、多様なアプローチを試みています。

 ものづくりの現場では、作業を進める上で部材と設備や塗料と機械を剥離しなければならない事象が多数。ですから当社は、あらゆるものづくりの分野に顧客獲得のための提案活動を行うことができます。現在、自動車・航空機産業、食品、化学、半導体など、多彩な業界に顧客を有し、その数は2000社以上。リピートのご注文も多く、そういったお客さまの中には “ふっ素樹脂コーティング=吉田SKT”という方程式が成立している企業も少なくありません。
 当社はふっ素樹脂コーティング技術を国内でいち早く開拓してきたパイオニアであると自負。お客さまから提示される条件や仕様が常に移り変わる中でも、要望をきっちり実現するために、私たちも技術を磨き、新しい開発を重ね続けてきました。実際、新規開発案件は常に複数抱えており、極秘裏に進行中です。
 近年は海外を舞台にした事業展開にも積極的です。従業員数は、130人ほどの中堅企業ですが、ふっ素樹脂コーティング事業を行う国内の企業の中では売り上げ規模がトップクラス。大手からも頼られる技術力と提案力を駆使して「生産現場の困った」の声に応えていきたいと思っています。

ここがポイント

グローバルな展開を、次々と

当社は先々代社長の代から海外志向を持っていました。近年は、ドイツのアデルヘルム(シュツットガルト市)と、台湾の上品綜合工業股彬有限公司(台北市)に技術供与を行い、当社のふっ素樹脂コーティング技術を提供。ヨーロッパ、アジアにおける化学プラントに対し、シェアを拡大することが狙いです。また、日本のOA機器メーカーが中国の深圳市に工場を展開し始めたことに合わせて、当社は同市に近い香港に現地営業所を開設しました。今後もこうしたグローバルな企業活動は推進していく考えであり、皆さんも世界を相手に仕事に取り組めるチャンスがやってきます。

多彩な業界とおつき合いすることで得られるメリット

ふっ素樹脂コーティングは、アルミやステンレスといった金属はもちろん、プラスチック、陶器、ウレタンなどにも加工を施せます。金属においては、愛知県の主要産業である自動車関係がその多くを扱っていますので、まずはそこに徹底アプローチ。そしてプラスチックは食品メーカーにアプローチできます。以上のように、あらゆる母材にコーティング加工を施せる分、当社にお声かけいただく企業も多彩となり、収益基盤も安定するのです。また、当社の営業職にとっては、ひとつの業界に限らず、多くの販路を開拓できるので、営業が行いやすいというアドバンテージが得られます。さらに、ひとつの業界で得た知識をほかの業界に応用することも可能です。

挑戦への道を選び続ける匠の技術者集団

お客さまから提示される課題は、ハードルが高いことが多いです。しかし当社は、いつでも真っ向から対峙し、乗り越え続けてきました。この積み重ねが「吉田SKTならやってくれる」との期待を生むことにつながったのです。「できません」と言うのは至極簡単ですが、これはどうしても避けたい回答。「どうしたら実現できるのか」という挑戦への道を選ぶことが当社のポリシーであり、匠の技術者集団としてのプライドなのです。

先輩からのメッセージ

<代表取締役社長 加藤裕世より>
 今やビジネスの世界は、既存のフォーマットや理屈が通用しづらくなっています。当然、古きから続く技術はなくすべきものではありませんが、それだけでは企業活動を続けていくことが困難。そこで、新たな発想を注入した仕事がどの職種にも求められます。「こんなことを仕掛けてみると、道が開くかもしれない」という探究心や挑戦欲は、当社社員に求められる重要な資質です。これについては、営業、事務、技術、製造のどの職種についても言えることだと思っています。
 探究心や挑戦欲は、日頃から情報を集めなければ生まれません。ゆえに、興味を持ったことに対して「なぜ?」「なに?」を突き詰めていく姿勢も重要だと考えています。疑問に対して自ら解決のための行動を起こすことで、個の成長がいち早く叶うことでしょう。そして、個の成長は社の成長へと発展していきます。

 少し難しいお話をしましたが、面接や説明会では、皆さんと楽しく過ごしたいと思っています。私は代表になるまで長い間営業職として活動してきました。ですから現場のリアルをお伝えできます。また、営業は聞き上手でなければ務まりませんでしたから、皆さんの思いをうまく引き出せるように心がけて面接や説明会に臨みたいと思います。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

募集要綱

採用情報

募集職種
①営業
②製造 
③生産技術 
④研究開発
⑤品質管理 

すべての職種において文系理系は問いません。
仕事内容
①営業
ふっ素樹脂コーティング技術ををはじめとした、表面処理を提案し、お客さま先の生産設備の機能向上や利便性を高めます。既存のお客さまをサポートしながら、新規顧客の開拓も行っています。

②製造 
当社工場にて、ふっ素樹脂コーティングのための塗装を行います。塗装はムラなく仕上げるために高い技術力が必要ですが、先輩が指導を受けることで、段階的に高めることができます。

③生産技術 
ものをつくっていく上で不可欠な工程の設計を担当。どこにどんな設備を配置するかを検討し、工数計算なども行って、効率的に高品質のものが完成していく仕組みをつくり出します。

④研究開発
移り変わっていくお客さまのニーズに合わせたふっ素樹脂コーティング技術を開発。試験やデータ採取、分析などを積み重ね、新技術を創造します。また、ニーズを先取りした先行開発も実施。

⑤品質管理 
製品を出荷する際、実際につくられたものがお客さまが求める要件を満たしているかをチェック。不良品の出荷を食い止める砦的ポジションです。
勤務地
すべての職種において名古屋事業所勤務。
ただし、営業、製造は年次を経て本人の希望と適正、社内状況などを加味した上で、各地の営業所への転勤も可能。
生産技術は、新規工場の立ち上げに伴い、海外出張もあります。
また、営業職希望者でも、東京や山口など、他県での勤務希望があれば、随時検討いたします。
勤務時間
8:15~17:00
初任給
4年制大学卒者/200,000円(2017年4月実績)
短大卒者/190,000円(2017年4月実績)

※上記金額に幅が記されているのは、職種によって異なるため。休日・残業・通勤手当などは含んでおりません。
詳しくは面接時にお気軽におたずねください。
待遇・福利厚生
●各種保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)完備
●有給制度あり(初年度から)
●精勤、免許、住宅、資格、家族、役職、通勤などの手当あり
●昇給は年1回、賞与は年2回(7・12月に支給)
●退職金制度あり
休日・休暇
日曜・祝、盆、年末・年始休、月2回土曜休
ほか、誕生日休暇3日分あり (本人と両親)
採用人数
各職種若干名
採用実績校
愛知学院大、愛知教育大、愛知県立大、愛知工業大、愛知淑徳大、愛知大、茨城大、岡山大、関西学院大、岐阜大、大同大、千葉工業大、千葉商科大、中部大、長浜バイオ大、名古屋外国語大、名古屋学院大、名古屋工業大、名古屋商科大、名古屋大、新潟大、日本大、日本福祉大、福岡大、三重大、名城大、山口東京理科大、立命館大、龍谷大
(掲載はアイウエオ順)

募集学科
全職種において学科・学部は問いません。文系卒者も開発職への応募を受け付けています
連絡先
〒451-0062
株式会社 吉田SKT 本社
名古屋市西区花の木1-12-20
TEL/052-524-5211(代表)
採用担当:武藤、中西

選考の流れ

選考の流れ
STEP1:「新卒ナビ2018」よりエントリー
  ↓
STEP2:会社説明会
  ↓     
STEP3:一次選考(適性検査)
  ↓
STEP4:二次選考(社長、会長による面接)
  ↓
FINAL STEP:内定
選考方法
適性検査を実施しますが、その人の資質や人柄を重視した選考となっています。
提出書類
成績証明書、健康診断書、履歴書、卒業見込証明書
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

企業情報

事業内容
ふっ素樹脂加工をはじめとした表面処理及びその関連資材の販売
代表者
代表取締役社長 加藤裕世
設立
昭和25年4月
従業員数
約150人
資本金
5,000万円
品質方針「顧客第一主義」
1/お客様の意向にそった商品(製品)づくり
2/お客様の意向を120%理解できる販売及び情報収集
3/お客様の未来の要求を満たせる製品づくり
本社所在地
〒451-0062
名古屋市西区花の木1-12-20
名古屋市営地下鉄鶴舞線「浅間町」駅下車、4番出口より徒歩約8分
・市バス「押切町」から徒歩約3分
事業所
本社:名古屋市西区花の木1-12-20
名古屋事業所:名古屋市港区新茶屋3-1238
東京事業所:東京都荒川区町屋5-4-6
横浜営業所:横浜市神奈川区神奈川本町3-1弘中ビル302
大阪営業所:大阪市城東区成育4-9-14
広島営業所:広島県東広島市西条町下見4343-10
      フィリア下見101号
山口事業所:山口県美祢市大嶺町東分池尻3058-45

以上のほか、香港に吉田香港有限公司あり
関連サイト
大きな地図で見る
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

説明会メッセージ

吉田SKTへの応募を希望される方は、説明会への参加をお願いします。
説明会当日は、工場見学をします。
普段、非公開しておりますが、学生さん限定で案内をしておりますので、是非ご参加ください!



<内容>
職務内容等の説明、工場見学、選考スケジュールの案内

<交通機関>
地下鉄東山線「高畑駅」より、
名古屋市営バスへ乗車し「両茶橋北」下車後、徒歩8分

※無料駐車場がございますので、車でお越しいただいても構いません。