メーカー(電気・電子・半導体) / 設計・研究・開発 /

株式会社テックシステム

アクセス数 1077

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

手がけた制御システムが世界で稼働
私たちは物流や生産の現場を
制御技術を駆使することで支えています

 テックシステムは、生産や物流などの現場に制御システムを提供し、省人化や省力化のサポートを行っています。制御システムとは機械を動かすための頭脳。立派な機械も頭脳からの指令を受けなければ動くことはできません。つまり私たちは、動かぬモノに命を吹き込んでいるのです。

 例えば物流現場においてモノを管理する倉庫では、常にピッキング(荷物を揃えて配送手配を整えること)や保管、搬送などが行われています。これらの作業は今や自動化されている時代。私たちの制御システムは、この自動化を実現するためには不可欠です。また、物流業界以外にでは、製鉄工場の設備の制御システム、製紙工場の制御システムなど、幅広い領域で私たちの制御システムおよび技術が求められ、それを開発から製造、現地調整の一貫体制で受けています。

 意外な事例としては、遊園地にある乗り物にも制御システムもが搭載されています。また、発電事業を展開する企業からも声がかかり、バイオマスや石炭といった発電するための原料を搬送する機器の制御システムも納入。近年は景気が回復傾向で設備投資に力を入れ始めた企業も増加中であることから、当社にも多くのオーダーが入り、大手自動車部品メーカーに納める案件について商社から依頼を受けるケースも増えています。

 テックシステムは東証一部上場企業との取引が大半で、先に述べた実績は一部に過ぎません。では、なぜ多くの指名を受けることができるかと言いますと、それは確かな技術力を持っているからです。

 お客さまより提示される機械の仕様はその都度異なりますから、私たちがつくる制御システムの内容も異なってきます。つまり、オーダーメードの制御システムづくりです。いかに要望通りの制御システムを構築し、お客さまが望む業務の効率化に貢献できるかが私たちに課せられたミッションであり、腕の見せどころ。長年このミッションに対して確実に結果を出してきたことが信頼へと発展していきました。今では様々な業界において制御システムを提供しています。こうして多くの業界との取引が増えていくことで、新たな技術やひらめきを創出することができ、それがまた技術力を高めることにもつながるという理想的なサイクルを生み出しています。

 近年は、IoTやAIといった技術が注目されるようになり、当社としても、これらを導入した制御システムの開発の検討を始めていくべきだと考えるようになりました。最新技術を駆使した製品をお届けすることで、今以上にお客さまの業務効率化に寄与することができ、それが私たちの存在価値向上にも結びつくと信じています。

 私たちが世に送り出した制御システムは、日本だけでなく、海外のあらゆる産業の現場で役立っています。手がけた制御システムによって動く大きな機械やロボット。その姿を目にした時、達成感を覚えない技術者はテックシステムにはいません。

ここがポイント

グローバルな仕事を経験

テックシステムの技術者は、日本国内のみならず、世界各地を飛び待ってグローバル感を肌で感じながら仕事をすることができます。そのワケは、システムのエンドユーザーであるお客さまが海外展開をしているからであり、私たちはお客さまからオーダーを受けたシステムを実際に稼働させるにあたり、現地へ赴き、最終のテストを行っているのです。テストはいつも設計者が自ら行っています。海外でのビジネスは、設計者に新しいビジョンを与え、能力の向上に一役買ってくれます。

複数の工程に携わることで、仕事に新鮮味が感じられる

開発の世界は、いくつかの工程を経て業務が完遂します。一般的には工程ごとに人材を配置しており、そこで決められた業務を行いますが、テックシステムでは複数の工程を担当することができますので、業務に対して常に新鮮味を感じることができます。プログラマはプログラミングのみに従事することはなく、その前工程から絡み、設計内容を自身で決めてからプログラミングを行ったりもできるのです。

マイペースで設計を行える

仕事を覚え、ひとり立ちするようになると、開発者はスケジューリングを自分で行い、自分で設計し、要件を満たしたシステムをつくり上げます。常にマイペースで仕事ができ、ひとつのシステムに対して真摯に向き合うことができるので、大きな負荷がかかりません。また、ひとつの仕事の規模としては数ヶ月が平均ですが、それ以上となると複数年におよび、そういった場合は、少人数体制でチームを組んで業務を行います。

先輩からのメッセージ

『チャレンジャーとしての前向きな意欲を持ってほしい』

 電子系の設計者と言うと、図面が描けたり、C言語が理解できたりするなど、とにかく専門知識を身につけることが優先される世界と思われがちです。もちろん知識や技術を身につけることは間違いではありません。しかし、基本的な知識というのは、研修と実際の業務で身につきます。そこで、その伸び幅をいかに大きくするかは、当人の意欲とチャレンジ精神次第ではないでしょうか。ポジティブなメンタルこそが成長のカギであると私は考えます。

 仕事をしていると、限界点が必ずやってきます。限界まで到達したことで満足していては、その人の開発者としての成長もストップするでしょう。技術の世界は、限界点を乗り越えようとする気概が大切。お客さまの業務も日々動いていますので、当然私たちが手がける制御システムにも変化が求められます。そこでいかに新しさやこれまでにない付加価値を開発段階で取り入れることができるか。限界だからといって挑戦することを諦めず、皆さんにはステージアップしてもらいたいと思います。

 技術者は寡黙なまでに開発に没頭するーー。ひと昔前であれば、そういったスタイルこそがまさに技術者の手本と言われていたかもしれません。しかし今は違います。社内外問わずコミュニケーションを積極的に取っていく姿勢が技術者にも求められる時代です。お客さまが成し遂げたいことをしっかり抽出し、それを解決できる開発案を図面に反映させていく必要があります。抽出、つまり会話によるコミュニケーションがうまくできなければ、お客さまが満足される制御システムはお届けできません。

 果たして皆さんは、就職活動という大きな課題をどう乗り越えるのでしょうか。目標を達成するまで諦めない気持ちは持っていますか。当社を志望する皆さん、チャレンジャーとしての前向きな意欲を面接でぶつけてください。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

募集要綱

採用情報

募集職種
ソフトウェア設計者、ハードウェア設計者
仕事内容
 システムの設計は、web系、オープン系、制御系などに大別されますが、テックシステムでは、制御系のシステムの開発と製造を手がけています。
 制御系システムとは、機械や設備の制御を行うための情報システムで、その設計とは、機械や設備が仕様に基づいた動きをするための制御方法の構築を指します。制御系の設計者は、いわば、機械や設備の頭脳を製作するポジションと言えるでしょう。

<ソフトウェア設計者の仕事の流れ>
 機械や設備の内部に搭載されたコンピュータシステムを稼動させるプログラムを設計するのが、ソフトウェア設計者です。
 仕事の流れとしては、まずお客さまの要望がまとめられ、その内容が設計者に伝えられます。その後プログラム全体の容量を踏まえ、セキュリティや互換性、拡張性などを考慮しながら設計図を作成。次にC言語を用いて、実際にプログラムを記述します(コーディング)。例えば「モノを持ち上げる」という動作を機械が実行するには、そのための指令文書が必要になります。つまり、指令を文書化するのがコーディングという作業です。
 一連の設計とコーディング作業が終わったら、次は社内のシミュレータを使って、実際に正しく稼働するかを検証します。検証結果が合格だと判断されると、システムの導入先に出向いて、実際にシステムを稼働させ、今一度検証を実施。ここで問題なくシステムが稼働すれば、晴れて導入が決定という流れです。


※ソフトウェアに対して、システムに搭載される電子回路や周辺機器などのカタチあるモノがハードウェアです。ハードウェア設計は、それらの設計を指します。基板にどのような電子部品を乗せるかを検討したり、電気の通る道筋を検討するなどして、要件を満たす機能を持った基板をつくり上げるのがハードウェア設計者の役目です。

勤務地
開発センター/〒481-0034 愛知県北名古屋市宇福寺長田41
勤務時間
8:30~17:30
*休憩1時間
初任給
大卒初任給:20万6,000円
*2017年4月予定
待遇・福利厚生
昇給/年1回
賞与/年2回
交通費全額支給
社会保険完備
資格取得制度(費用負担有)
研修制度
休日・休暇
週休2日制(土・日/当社カレンダーに準ずる)、年末年始、有給、慶弔休暇
採用人数
ソフトウェア設計者、ハードウェア設計者ともに2名ずつ
採用実績校
金沢工業大学、愛知工業大学、福井工業大学、中部大学、大同工業大学
愛知大学、福井大学、愛知工科大学、名城大学、豊橋技術科学大学、近畿大学
募集学科
情報工学科、電気電子工学科
入社後のイメージ
入社後は、まずC言語の基礎の習得に臨みます。その後、簡単なプログラミングを行っていただきます。この間はおよそ半年間。もちろん、先輩がマンツーマンで指導しますので、わからないことはいつでも気軽に聞けるようになっています。ある程度の基礎力が身に付いたと判断されたら、いよいよプラグラミング作業も本格化。段階的に技術を身に付けて、仕事の領域を広げましょう。
連絡先
株式会社テックシステム
開発センター住所:〒481-0034 愛知県北名古屋市字福寺長田41
同電話:0568-22-8425(代)
担当者:大高 修(取締役部長)

選考の流れ

選考の流れ
まずは「名大社新卒ナビ」よりエントリー

【会社見学会】
  ↓
【適性試験、面接】
  ↓
【内定】
選考方法
※面接による人物重視
提出書類
履歴書
成績証明書
卒業見込み証明書
健康診断書
(郵送または試験当日持参)
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

企業情報

事業内容
自動搬送システム/FA&DA/産業用ロボット/NC工作機/マシニングセンター/仕分システム/物流システム/立駐システム/テーマパーク関連設備/各種試験装置/計装システム/窯業機械/ネットワークシステム等の制御装置… など
以上のシステムのハードおよびソフトの設計・開発、製造。客先への搬入後の電気工事およびシステムの統合試験
代表者
代表取締役 村松 吉文
設立
昭和58年8月8日
従業員数
125名
資本金
4,800万円
売上高
16億円(2016年3月時点)
主な取引先
(株)ダイフク、日鉄住金テックスエンジ(株)、王子製紙(株)、王子エンジニアリング(株)、(株)LIXIL、(株)アマダマシンツール、三菱電機(株)名古屋製作所、(株)マキノ、泉陽興業(株)、他(順不同)
沿革
昭和53年2月/名古屋市西区にて東海パネコン創業
昭和58年8月/法人化。資本金500万円
昭和60年10月/事業所を西春日井郡西春町鍛冶ヶ一色に移転
昭和61年3月/社名を株式会社テックシステムと改める
昭和61年7月/ソフト開発部門発足
平成元年3月/電気工事部門発足
平成5年 6月/西春日井郡西春町に新社屋完成
平成11年2月/開発センターが現在地にて完成
平成11年3月/資本金4,800万円に増資
平成12年10月/ハーネス工場発足(本社工場内)
平成17年10月/電子技術課発足
平成18年4月/本社工場増築(自動倉庫導入)
平成20年12月/本社工場増築(製造、出荷場)
取引銀行
みずほ銀行名古屋駅前支店、大垣共立銀行師勝支店
本社所在地
〒481-0034 愛知県北名古屋市北野神明前88
本選考で採用された設計職の勤務地は、開発センターとなります
開発センター:愛知県北名古屋市宇福寺長田41
関連サイト
大きな地図で見る
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

説明会メッセージ

会社説明会の日程が決まりました!
電気電子系・情報を専攻されている学生さん、是非ご参加下さい。