メーカー(機械・工具・部品・金属) /

愛知金属工業株式会社

アクセス数 3036

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

小池 光
出身
名城大学 理工学部 交通科学科(当時の名称)
部署
設計技術部 設計グループ
勤続
2013年入社
公共性と社会貢献度の高い事業内容に心を惹かれた

 大学ではクルマに関連した学びを積み重ねてきたので、就職活動を始めた時はクルマ業界で働こうと考えていました。しかし、会社情報を集める中で、中部電力グループ全体の説明会に参加する機会があり、採用担当の方の話を聞いた時、送電用鉄塔は人々の生活や企業の発展を支える電気を送るために不可欠で、それをつくる事業は公共性と社会貢献度が高いと教わりました。そして私は、その点について強く心を惹かれたのです。説明会に参加するまでは、鉄塔をつくっているメーカーがあるという認識は持っていませんでした。正直ニッチな産業とも感じましたが、そびえる鉄塔は実に凛々しく見え、その製造に携わった者だけが味わえる達成感があるはずだと、話を聞くにつれて、愛知金属工業への入社意志を固めていったのです。

1年目は設計アシスタントとしてゆっくりと業務に親しめる

 私たちの代は、入社後約1カ月は会社全体の業務概要をつかむため、各部署を回ったり、設計の流れの説明を受けたり、図面の見方を教わったりと、ていねいな新人研修を受けさせてもらえました。設計グループに配属されてからは、実際にCADの使い方や設計理論について詳しく教えていただき、それから自分のデスクを与えてもらってから業務開始です。

 最初は先輩がひととおり描き終えた鉄塔の図面を仕様書と照らし合わせて、お客さまが求めている設計がなされているかを確認する仕事を任されました。そこで修正箇所を見つけたら、私が部分的に書き直します。だいたい1年目は、こういった部分的なアシスタント業務が多かったです。「いきなりゼロから設計しなさい」という難題が目の前に立ちはだかるということはなかったので、じっくりとCADに慣れ親しむこともできたと思います。

 1年目で苦労したことは、専門用語の理解です。数が多く本当に聞いたことがなかった単語ばかりで、それらが日常的に業務では使われていますから、会話についていくのも必死になります。また、既設の鉄塔は、建てられた年代によって使われているボルトなどの部材の質が違いますから、部材を見てもそれらがいつのものかということも把握できず、何度も先輩に質問をしていたような気がしますね。

設計業務は、ハードルは多いが、乗り越えた時の達成感は大きい

 設計グループでは、お客さまである中部電力さまからお声をかけていただき、設計をスタートさせています。鉄塔は工業製品のように常に大量生産されるものではありませんので、普段は部分的な改造案件が多いのですが、3年目になって初めて鉄塔全体を設計することになりました。全長60mの大きな鉄塔です。鉄塔は、実際に建てる上でクリアしなければならない規制があり、それを考慮しながらお客さまから提示された仕様を満たして設計しなければなりません。また、大きければ大きいほど、使う部品の数も増え、それらの強度計算が必ず必要ですから、単純に作業量も増えます。越えるべきハードルがたくさんあり、想像以上に難しいと感じましたが、それを成し遂げることができた時の喜びは大きなものでした。

 まだまだ不慣れな仕事にも遭遇しますので、いち早く対応できるようにし、お客さまからの問い合わせに対して、迅速かつ頼りになる設計アドバイスを伝えられる人材になりたいです。愛知金属工業は日々の体験から学ぶことが多い会社。就職活動当初はまったく異なる業界をめざしていましたが、今は電力の安定供給に関わっていることが誇りです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
大竹 歩
出身
愛知工業大学 工学部 都市環境学科 土木工学専攻(当時の名称)
部署
設計技術部 構造設計グループ
勤続
2010年入社
採用担当者と密に話す機会が得られたことがターニングポイントに

 私はインフラ業界に絞り込んでいました。すると、企業数もおのずと限られ、会社探しも周囲に比べるとスムーズに。愛知金属工業は、中部電力のグループ全体の説明会で存在を知りましたが、設計グループの小池と同じく、鉄塔メーカーがあるということをそれまで知らなくて、第一印象は鮮烈ではありませんでした。説明会の場では学生が集まって、そこに向けて会社側が概要を説明していたのですが、その後、採用担当の方と別のスペースで1対1対で話すことができ、そこで改めて深く話を聞いてみたら、いいイメージが湧き上がり、わくわくした気持ちで会場を後にしました。

 帰宅後すぐに愛知金属工業に電話。すると、まだ採用担当者が説明会場から帰社してないとのことでした。それくらいスピーディにアプローチしたのは、心が揺さぶられたということです。結果としてインフラ業界の企業は愛知金属工業しか選考試験を受けていません。「この会社一本で行こう!」とかなりの熱意を持っていました。

実際に鉄塔を製造するにあたって必要となる設計図を描く

 2015年7月に構造設計グループに配属されました。構造設計では、実際に鉄塔を製造するにあたって必要となる設計図を描いています。つまり、私たちが描いた図面にミスがあると生産現場が止まり、場合によっては納期のスケジュールにも影響して、お客さまにご迷惑をかけることになるので、重責と言える仕事です。
 
 設計グループで描かれた平面図面をもとに、私たちが立体図面を作成。立体化したことで、部材と部材の干渉具合も一目瞭然となります。仮に、部材同士の干渉を見つけることができれば、そのタイミングで設計を正すことが可能です。また、構造設計では、部材のサイズアップを検討しなければならない事態が生じた時などは、実際に鉄塔が建っている現地に足を運び、現場スケッチと称して、部材のサイズを測定しに行くこともあります。現地調査を行い、その結果を踏まえて作業に取りかからないと、結果的に問題が発生してしまうのです。

 近年は、設備拡充動向も大きく変化し、リプレースが主体となって、年間相当数の改造鉄塔を担当します。鉄塔はサイズも形もいろいろで少ない部材で済む場合もあれば、逆の場合もあります。いずれにせよ、後工程で製造が控えていますので、確かな製品ができるよう、ミスが許されない緊張感は常にあると言っていいでしょう。

後輩を育成できる態度や言動ができるよう、いっそう成長したい

 以前、ある仕事を上司から任された時、苦戦を強いられながら達成しました。その後、また同じような仕事が回ってきまして、その時私は「試されている」と直感が働き、「前回のようにはならない」と気合十分で取り組んだのです。その仕事は初めの時よりも早く仕上げることができたのですが、そこで上司が「お?終わったのか、早いな」と笑いながら声をかけてくれました。これはとてもうれしかったです。期待に応えられたという実感が持てましたし、スピードを上げて仕事を終わらせたという自分自身の成長も感じられ、その後の仕事へのモチベーションが一気に上がりました。

 私も入社年次を重ねてきたので、そろそろ後輩に頼られる存在になりたいと思っています。上司が私のモチベーションを高めたように、後輩を育成できる態度や言動ができるように自分をいっそう成長させなければと気を引き締めたいです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

会社説明会の予定は全て終了いたしました。
追加開催があれば、このページにてお知らせいたします。

※採用試験には会社説明会への参加が必須です。