サービス(設備・メンテナンス) / 住宅・不動産 /

積村ビル管理株式会社

アクセス数 4475

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

鶴来有里
出身
名古屋女子大学 家政学部 家政経済学科
部署
名古屋支店 賃貸管理センター
勤続
2012年入社
営業に対して抱いていたイメージを一新してもらえた

大学時代に4年間続けた飲食店でのアルバイト経験から、人と接することの楽しさに気づきました。そこで私は、人とのふれあいに満ちた仕事に就くことを目標に掲げて就活をスタート。飲食業での接客、医療機関の受付など、まずはパッと思いついたり、興味の湧いた仕事に対して説明を聞くようにしました。そんな中で知った積村ビル管理の存在。最初はビルの管理業務で、人と接する機会があるのか想像もしませんでしたが、インターンシップに参加させてもらった際に、先入観が払拭されたのです。インターン中は運営管理を担当している先輩社員の方に同行させていただき、賃貸マンションのオーナーさまとの打ち合わせを見学。ほがらかに雑談を楽しむ先輩の姿を見て、積村ビル管理の仕事に対して好感触を抱くことができました。

積村ビル管理の運営管理は、一般的に営業と呼ばれる仕事だと捉えてください。数字と向き合い、あちこちを駆け回る・・・、私は営業に対してそんなイメージを持っていましたが、違いました。運営管理の仕事は、オーナーさまとの関係性を深めることが第一。数字を追うためによい関係を築こうとするのではなく、よい関係を築いたから数字がついてくるという考え方で仕事をしているとうかがいました。その結果、営業に対して抱いていたイメージが一新され、入社意思を固めることができたのです。

オーナーさまの安定的な不動産収入の確保を実現することが目的

積村ビル管理では、さまざまな建物の管理を行っていますが、私の所属先である賃貸管理センターは、賃貸のアパートやマンションのオーナーさまに対する窓口役を担っています。オーナーさまからのご連絡は基本的にフロントの私たちが受けますし、逆に伝えるべきことを連絡するのも私たちです。こちらがご提供している各種管理サービスとしては、入居者の募集に始まり、家賃の管理、設備の点検、退去時の精算や補修などで、最近ではリノベーションのお話もよくさせていただきます。

オーナーさまの安定的な不動産収入の確保を実現することが私の仕事の最大目的。そのためには、まず空室対策が重要になります。提案事例としては、新築マンションでよく取り付けられている最新設備の導入や、リノベーションによるイメージ刷新などあり、実施することで新居を探されている方々の興味を引きつけることができます。もちろん、これらは初期コストがかかるので、無理におすすめすることはありません。また、仲介業者を回って、周辺の家賃相場をリサーチし、ほかの物件に合わせた家賃の再設定をご提案することもあります。物件の立地条件や築年数、入居者の層、トレンド、そしてオーナーさまのご意向などを考慮した上で、ベストな対策提案を持ちかけることが大切です。

焦らず、さまざまな実績を日々積み重ねていくことが大切

空室を埋めることはオーナーさまの収益確保に直結しますから、良好な関係を保っていくためにも、効果的な手段と言えます。しかし、それだけでなく、設備の取り替えや外壁の塗り替え時期などをまめにお伝えして建物の価値を日頃から下げないように努めることで、私たちとオーナーさまをつなぐ絆がより強固になっていくはずです。また、家賃滞納者への対応や近隣からのクレーム、無断駐車といった大小さまざまなトラブルについても迅速に処理していく頼れる対応力も信頼値を高めることに結びつきます。こうして実績を日々積み重ねていくと、お客さまから「管理メニューを増やしたい」「ほかに所有している物件の管理も任せたい」といった新しい仕事をいただけるようになりますので、業務パートナーとして認められている実感が得られますね。

不動産の運営管理はまったくのノーマークでしたが、インターンや説明会、選考会への参加を通じて、いつしか一番気になる仕事として認識していました。ですから、進路に悩まれる皆さんも、動いて情報を集め、そして企業の人と接してリアルを感じてみてください。すると、意外な事実を発掘することができ、それが大きな興味の醸成に発展することがあると思うんです。就活は意外性との出会いを楽しみながら、がんばってください。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
大野貴史
出身
東海学園大学 経営学部 経営学科
部署
クリーンビジネス事業部
勤続
2014年入社
何をするかより、どんな経営者のもとで働くかが重要だと思った

就活では軸を決めずに、アパレル、広告、物流など、いろいろな業界の会社にアプローチ。あげたらキリがないほどです。私は大学生の時が一番客観的な視点を持って会社と接することができると確信していたので、これを活かさない手はないと思い、とにかく多くの会社のリサーチに取り組んだのです。幸い行動力には自信があったので、就活当初は毎日説明会や業界研究に時間を費やしていました。メモ用のノートには、会社情報がびっしり。今思えば後悔したくなかったから懸命だったのだと思います。

就活を進めていくと、地元就職、土日休み、人と関われる仕事というキーワードに自分が惹かれていることがわかってきました。すると、会社の絞り込みも当初に比べてスムーズに。そんな時に就活サイトで見つけたのが積村ビル管理です。正直、説明会や1次面接では気持ちは傾きませんでした。ターニングポイントは最終面接。社長からお話をうかがってから、「この方と一緒に働きたい」と強く思えたのです。

無事内定をいただきましたが、まだ他社の面接が残っていたので、その分はやり切りたいと答え、返答を待っていただきました。いよいよ最終的な決断を下す時、私は何をするかより、どんな経営者のもとで働くかが大事ではないかと考えていました。そこで、一番印象に残っていた当社社長の話を思い出し、積村ビル管理への入社を決意。もちろん今でもこの判断は大正解だったと胸を張れます。

お客さまから仕事ぶりをほめてもらい、自分の存在価値を強く認識

クリーンビジネス事業部に配属されてからは、先輩に同行させていただき、実際に清掃業務を経験。ほかにも、当社のパートスタッフや協力会社の皆さんへの指導方法を先輩の仕事ぶりから学んだりしました。実はクリーンビジネス事業部が管理している建物は約3000棟。そのすべてを自社部隊だけで清掃するのは不可能なので、パートスタッフや協力会社に清掃を依頼しています。そこで私たちが管理者となって清掃指導にあたり、常に快適な環境を整えるようにするのです。

当社と定期清掃契約を結んでいただいているお客さまの中には、商業施設や金融機関などがあります。私は1年目の時に、ある金融機関の担当を任されました。その金融機関がスーパーマーケットなどに設置しているATMを清掃することになったのですが、2年目になった頃に金融機関側からATM清掃について高い評価をいただき、実店舗の清掃も依頼されたのです。仕事ぶりをほめてもらい、それが新たな仕事につながったことで、自分の存在価値を強く認識。このあたりから仕事が一気に楽しくなってきました。ミスを繰り返してはいけないし、言われる前にやるべきことはやっておく。期待値を上回る結果を常に残そうと思えるようにもなって、「やればできる」という自信もどんどんみなぎってきました。

大きな目標があるから、今日も明日もがんばりたいって思える

当社では、清掃だけでなく、入居者の募集や設備の点検、退去時の精算といったさまざまなサービスを提供しています。仮にフロント担当が設備点検の提案をマンションのオーナーさまに行っていた場合、私たちが日々清掃に対する真摯な姿勢を見せることで、オーナーさまが改めて積村ビル管理の能力を認めてくださり、結果的にその提案を受け入れてくださることもあるんです。つまり、清掃がフロント担当の仕事を見えないところから援護していることになります。単に美しい環境を整えるだけが清掃の任務ではないのです。私は自分の仕事の新しい価値を知ってから、さらに楽しさを覚えるようになりました。

平成27年、当社は30周年を迎えました。しかし一般的に企業の寿命は30年という説が唱えられています。しかし私たちは、次の30周年を見据え、60周年を迎えた時に、今以上の会社規模に成長させることを目標しています。私もこの目標を達成するために力になりたい。大きな目標があるから、今日も明日もがんばりたいって思えるんです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

6月29日、30日・7月4日、5日に会社説明会を開催いたしました。
ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。

次回の会社説明会の日程が決まり次第、
こちらの画面にてご案内いたします。