官公庁・公団・公社、他 /

岡崎市役所

アクセス数 2148

  • ブックマークに追加

メッセージ

あなたの住みたいまちってどんなまち?
誰もが住みたくなるまちづくりの実践が岡崎市役所の仕事です。

あなたはどんなまちに住みたいですか?

 賑わいと活力にあふれたまち
 快適で魅力あるまち
 環境にやさしいまち
 安全・安心に暮らせるまち、、、

 誰もが訪れたい、住んでみたいと思えるまちづくりを実践するのが岡崎市の仕事です。
 岡崎市のため、岡崎市民のために『よりよいまちをつくる』。
 他にはないやりがいがここ、岡崎市にあります☆

 岡崎市は、愛知県の中央部、西三河の中心都市として、また徳川家康公の生誕地として、悠久の歴史と伝統に育まれた美しい都市です。
 平成28年には市制100周年を迎えた現在、歴史文化資産を活かした「観光産業都市」を目指し、まちの活性化と市民生活の向上を図るとともに、対話と信頼の市政を通じて、「夢ある新しい岡崎」のまちづくりを目指しています!

 私たちとともに、岡崎市民とともに未来の岡崎づくりに挑戦しませんか。


◎公務員試験対策不要の自己PR試験も実施しています!

  • ブックマークに追加

募集要綱

採用情報

募集職種
2019年卒対象の採用情報は現在調整中です。

【採用実績(過去3年)】
①事務職(一般事務・学芸員)
②技術職(土木・建築・化学・機械・電気・獣医)
③保育職  ④消防職  ⑤医療職(保健師)等
仕事内容
岡崎市役所の仕事は非常に多岐にわたります。いわば、仕事のデパートです。
地域の方向性やグランドデザインを描くようなスケールの大きな仕事から、直接市民に関わり、困っている人に寄り添う仕事まで、様々な分野、あらゆる角度から市民の生活を支え、市民とともに未来のまちをつくっていくやりがいのある仕事です!

また、おそらく皆さんが思っているよりずっとアクティブで、刺激の多い仕事です。
もちろん、地味でカタイ仕事も少なくありません。
ただ、どんな仕事にも意味があり、そのひとつひとつが、岡崎という「まち」の発展、岡崎市民という「ひと」の幸せを創る、かけがえのないパーツです。

人のため、地域のため、自分の力を発揮したいという意欲ある人が活躍できる、そんな仕事です!
勤務地
市役所本庁舎(岡崎市十王町二丁目9番地)及び岡崎市内公共施設等
勤務時間
午前8時30分~午後5時15分
*勤務場所により異なります。
初任給
初任給(H30.4.1時点の見込み。地域手当を含む。)は次のとおりです。

【事務職員、技術職員、保育職員】
 大学卒      205,309円
 短大・高専卒   179,783円
【消防職員】
 大学卒      212,933円
 短大・高専卒   186,303円
【保健師】
 大学卒      240,337円
 短3卒      234,149円

※金額はすべて月額です。
※勤務時間外手当は別途支給(全額)。
待遇・福利厚生
1 昇給
  年1回
2 期末・勤勉手当(ボーナス)
  年2回
3 職員手当
  扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
4 健康保険・年金等
  愛知県都市職員共済組合に加入し、健康診断や病気・けが等に対する給付や年金制度、生活資金の貸付など各種制度あり。
休日・休暇
【休日】
 土・日曜日、祝日、年末年始  年間110日以上
 ※勤務場所により異なります。

【休暇等】
 年次有給休暇、特別休暇(夏季厚生休暇、結婚休暇など)
採用人数
 2019年卒対象の採用情報は現在調整中です。決定次第更新します。
採用実績校
名古屋大学、愛知教育大学、愛知大学、南山大学、名城大学、中京大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、愛知工業大学、静岡大学、岐阜大学、三重大学 他
募集学科
 全学部全学科
連絡先
 岡崎市十王町二丁目9番地
 総務部人事課
 0564-23-6092

選考の流れ

選考の流れ
主な流れは以下のとおり。
※試験科目は受験職種や試験区分により異なります。
 
◎自己PR試験
【申込】
 受付期間に申込書を提出(郵送・持参)

【第1次試験】
 ・基礎能力試験
 ・性格検査
 ・面接試験

【第2次試験】
 ・自己PR面接試験
 ・論文試験
 ・グループワーク試験

◎A試験
【申込】
 受付期間に申込書を提出(郵送・持参)

【第1次試験】
 ・教養(専門)試験
 ・性格検査
 ・適性試験
 ・面接試験

【第2次試験】
 ・面接試験
 ・論文試験
 ・集団討論試験
選考方法
筆記試験、論文試験、面接試験、集団討論試験等
提出書類
所定の受験申込書を提出してください。
  • ブックマークに追加

企業情報

事業内容
『人・水・緑が輝く 活気に満ちた 美しい都市 岡崎』の実現に向けて、市民生活・地域社会の充実、保健・医療・福祉の充実、環境共生都市の実現、経済の振興、都市基盤・生活基盤の整備、教育・文化の振興、自立した都市経営を行っていきます。
代表者
岡崎市長 内田 康宏
設立
1916(大正5)年7月1日(市制施行日)
職員数
3,684名(平成29年4月1日現在)
本社所在地
岡崎市十王町二丁目9番地
関連サイト
  • ブックマークに追加

説明会メッセージ

ただいま説明会情報は計画中です。