メーカー(食品) / 商社(食品) /

名古屋バナナ加工株式会社

アクセス数 4225

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

魅力的な品種のフルーツを、独自の加工技術でさらに魅力的に。他社とは違う味わいが支持される理由。

当社の業態を端的に述べると、青果物の仲卸。社名にあるバナナをはじめ、パイナップル、キウイ、グレープフルーツ、オレンジなどの海外産フルーツを輸入商社から仕入れ、スーパーや八百屋といった小売店に販売するのが、業務の概容です。青果物の総合商社と表現すれば、おそらく就活生の皆さんにもわかりやすいのではないでしょうか。実は海外産フルーツ以外にも海外産の野菜、国産のフルーツや野菜、ドライフルーツ、アーモンドなどのナッツ類、天津甘栗やゼリーも取り扱っています。この幅広い商品ラインナップは、「名古屋バナナ加工を通せば、魅力的な売り場づくりができる」と各小売店から評価されている理由のひとつです。

仕入れたモノを小売店に売るだけ。これでは他社との差別化は叶いません。例えば、南国フルーツの代表格、バナナ。これは、原産国(主にフィリピン)から船便で運ばれてきます。収穫時はもちろん、当社に届いた時もまだ表皮は青々しくて、おいしく食べられる状態ではありません。そこで独自の設備を用いて熟成させ、色づきや味をコントロールするのです。この追熟加工技術を有していることが商品ラインナップに続く当社の強み。同じ産地や品種のフルーツでも、追熟次第で「おっ!」と思っていただける魅力的な商品に仕上げることができるのです。

まだまだ当社の強みはご紹介できます。昨今は、昔のように大勢の家族がひとつ屋根の下で暮らすことが少なくなったことで、バナナにおいても一房を丸ごと購入されるお客さまが減りました。そういった消費者の行動や取り巻く環境を参考にしながら、1本ごとの個包装を行い、消費者が購入しやすくするなど、多くの工夫を取り入れています。また、スーパーの売り場を活性化する試食会やキャンペーンの企画も提案。実際に試食会では当社の営業職が店頭に立ち、商品の魅力を自らPRしています。さらに、当社は加工食品をつくるメーカーとしての機能を持ち合わせていますので、仕入れた青果物、ナッツ類などを使い、季節に応じたパッケージ商品を生産。2018年の節分シーズンには、金棒に見立てた袋に落花生を詰め、鬼のお面を添えて節分商品として販売しました。メーカーですから、こうしたプラスアルファの企画を立てて、新しい商品としても売る動きは、どんどん行っていきたい考え。もちろん、アイデアの持ち寄りに年代は関係ありません。若手にもどんどん発案してもらいたいと思っています。

当社の取引先はスーパーや小売店が主体ですが、今後は飲食チェーンや食品メーカーなどに対して食材を供給していく事業を強化します。そのままの状態でお届けするのはもちろん、加工技術を用い、厨房や生産現場ですぐに使えるような状態にしてお届けすることも可能ですから、飲食チェーンや食品メーカーにとって当社は頼もしいパートナーになれるはず。新しい収益の柱を打ち立てて、より安定した企業に進化しようとしています。

ここがポイント

ひとつの事業の売上に依存していない

当社には、バナナ、輸入フルーツ&野菜、ドライフルーツ&ナッツ、国産フルーツ&野菜といった4つの事業フィールドがあります。主力はやはりバナナ事業ですが、売上は全体の35%。そのほかの事業の売上もバランスよく確保できているので、ひとつの事業の売上に依存していません。売上バランスをうまく調整していくことは、経営の安定性を保つ上では重要。今後は、外食チェーンや食品メーカーへの食材供給を強化していくことで、いっそう安定した基盤を築き上げます。

海外を訪問し、生産地のリアルを知ることができる

生産地と直接やりとりしているのは、当社の仕入れ先である商社ですが、不定期で産地を訪問し、自分たちが取り扱っている食材の情報を仕入れています。例えば、グレープフルーツを担当している営業職は、フロリダへ。キウイ担当ならニュージーランドへ。もちろん国産の食材についても産地訪問は実施。現地現物で食材の生育環境や出荷までの過程を観察することで、お客さまにも説得力ある提案ができるようになり、ますます頼られる営業として認知されます。

仕事の後のプライベートタイムもたっぷり確保できる

市場でも商売をしている分、仲卸会社の朝は早いです。しかしその分退勤時刻も早いので、夕方になる前からプライベートの時間を確保できます。定時通りに仕事が終われば15時半で退勤(休前日は15時)。一般企業であれば、まだまだビジネスアワーです。ゆっくり過ごすもよし、アクティブに過ごすもよし。当社には、平日の仕事の後に釣りや雪山に出かける社員もいます(※)。また、働き方改革においても力を入れ始めたので、よりメリハリのついた生活が送れるはずです。

※「先輩社員の声」ページで退勤後に余暇を楽しむ社員のエピソードを公開中

学生へのメッセージ

『採用担当者・浅井から就活生の皆さんにお伝えしたいこと』

青果・市場などの業界は、長らく続いた商慣習を大切にする傾向があります。言い換えると保守的。しかし、当社はそこに一石を投じ、挑戦を奨励し、会社を成長させてきました。これからも挑戦する姿勢は崩したくありません。どんどん殻を破って、新しいサムシングを生み出す。そんな意気込みで事業を強化していきたいので、入社を望まれる若いみなさんも、「新しいコトを成し遂げたい」という前向きな気持ちを持ち合わせていただけるとうれしく思います。提案、要望はどんどん述べてください。思いを内に秘めておく必要はありません。経営層にも若手の声は届きます。

当社は設立から60余年、創立から数えると100年を超えた老舗です。100周年を迎えた際、記念誌を製作しましたが、その際も社長は「挑戦する心が100年の歴史を支えてきた。だからこそ、その心を受け継ぎ、果敢に挑戦を続けたい」というコメントを発信しています。進化し続ける老舗。名古屋バナナ加工は挑戦をおそれない会社です。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

募集要綱

採用情報

募集職種
■営業
仕事内容
■営業
輸入商社から青果物を調達する「仕入れ」、それをスーパーや八百屋などの小売店に「販売」。さらに、新たな商材や催事を「企画」する。以上が営業職のメインの仕事です。

<仕入れ>
小売店の需要に合わせて、輸入商社に青果物を注文。その際価格の交渉も行います。小売店が特売を開催する時は、大量に仕入れなければならないので、通常よりも安い値段で仕入れられるような交渉を実施。また、青果物だけでなく、産地・商品の情報の抽出にも努めます。

<販売>
仕入れた青果物を市場にある店舗で毎朝販売。市場にやって来るスーパーや八百屋の担当者と、その場で値段交渉をして青果物を売ります。また、スーパーを訪問し、バイヤーと商談。加えて、当社のメーカー機能を生かした独自の品を企画して売り込むといった提案型の販売にも取り組むことができます。

<商品企画・販売企画>
新たな商材をイチから考えたり、既存の商材を組み合わせて魅力的な新商材として売り出すなど、商品の企画全般も担当。また、パッケージや内容量など、商品の細かなスペックについても考えます。
販売企画では、スーパー店頭での試食販売、特売、各種催事の実施を提案。その際、内容を考えるのはもちろん、自らが売り場に立って消費者と関わり合いながら、商品を販売します。
勤務地
本社および北部市場
勤務時間
6:00~15:30(休日前は6:00~15:00)
初任給
4大卒:223,331円 固定残業代40,380円(30時間分)含む 超過分は別途支給 
短大卒:210,814円 固定残業代38,100円(30時間分)含む 超過分は別途支給

※2019年4月予定

賞与については1年目の最初の夏はなし、冬はあり(原資1.5カ月)
待遇・福利厚生
エクシブ(リゾートホテル)法人会員
休日・休暇
年間103日
日曜・祝、水曜休み(ただし、祝日のある週の水曜は稼働日となる)
採用人数
1〜2名
採用実績校
愛知大学、朝日大学、相愛大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋大学、名城大学(五十音順掲載)
募集学科
全学部・全学科
連絡先
〒481-0037 愛知県北名古屋市鍜治ケ一色高塚24-1
名古屋バナナ加工株式会社
TEL:0120-877-910
メール:akinori-asai@nagoya-banana.co.jp
人事担当 浅井まで

選考の流れ

選考の流れ
名大社 新卒ナビ2019からエントリー

会社説明に参加(選考試験を受ける方は説明会後に一次選考会を予約してください)

一次選考(応募書類提出、グループディスカッション)

二次選考(当社・市場見学、集団面接、適性検査)

三次選考(役員面接)

内々定
選考方法
面接やグループディスカッションでの対応力や人柄をはじめ、各選考科目での結果を総合的に判断して合否を決定。
提出書類
履歴書、成績証明書、卒業見込書、健康診断書
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

企業情報

事業内容
<輸入青果物を中心とした卸売業、流通業>
商社から仕入れた青果物をスーパーや八百屋などの小売店に販売。取り扱い品目は、輸入フルーツ&野菜、国産フルーツ&野菜、ドライフルーツ&ナッツ類など。スーパーへの試食会やイベント提案も行っています。また、青果物を食べ頃の状態で供給することを目的に、入荷後専用の設備を使って追熟加工を施すほか、お客さまの要望に応じた包装加工も実施。さらに、取り扱い品目を活用して新商品として製造するメーカー機能も持っています。
代表者
森瀬康之
設立
昭和27年7月8日
従業員数
85名
資本金
2,000万円
売上高
39億6,000万円(2018年5月期)
営業ブログ&Facebook
営業ブログ→ http://nagoyabanana1.blog59.fc2.com/
facebook→ 名古屋バナナ加工株式会社、ハピネスバナナで検索
本社所在地
愛知県北名古屋市鍜治ケ一色高塚24-1
事業所
本社:愛知県北名古屋市鍜治ケ一色高塚24-1
北部市場店舗:愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107
ハピネスバナナ(アンテナショップ):本社敷地内
関連サイト
大きな地図で見る
  • ブックマークに追加
  • エントリーする

説明会メッセージ

名古屋バナナ加工という社名が気になった人!
もう少し詳しくしりたいぞっという方!
以下の会社説明会に参加ください。
またどうしても日程が合わない方は個別に対応しますので、気軽に連絡ください。
E-mail info@nagoya-banana.co.jp
TEL   0120-877-910(浅井宛)

説明会情報

08
23(木)

会社説明会 8/23

日程:
2018年08月23日(木)
時間:
10:30 ~ 12:30
場所:
名古屋バナナ加工株式会社 会議室
■ 会場地図はこちら
持ち物:
履歴書、成績証明書、卒業見込書、健康診断書、筆記用具

●以下のような方にお勧めです
・フルーツが好き
・食品売り場が好き
・人と話すのが好き
・企画/提案することが好き
・夕方以降、プライベートの時間を充実させたい
・内定はあるけどもう少し他社を見てみたい

上記のひとつでもあてはまれば話を聞く価値はあると思います。

※名鉄犬山線の西春駅からコミュニティーバスをご利用いただけます
※お車での来社も可能です
※当日はクールビズスタイルでOKです

予約する
08
24(金)

会社説明会 8/24

日程:
2018年08月24日(金)
時間:
14:00 ~ 16:00
場所:
名古屋バナナ加工株式会社 会議室
■ 会場地図はこちら
持ち物:
履歴書、成績証明書、卒業見込書、健康診断書、筆記用具

●以下のような方にお勧めです
・フルーツが好き
・食品売り場が好き
・人と話すのが好き
・企画/提案することが好き
・夕方以降、プライベートの時間を充実させたい
・内定はあるけどもう少し他社を見てみたい

上記のひとつでもあてはまれば話を聞く価値はあると思います。

※名鉄犬山線の西春駅からコミュニティーバスをご利用いただけます
※お車での来社も可能です
※当日はクールビズスタイルでOKです

予約する