メーカー(自動車関連) /

ヒサダグループ

アクセス数 2708

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

メッセージ

業界トップクラスのロールフォーミング成形技術。世界各国の自動車メーカーに高精度な成形製品を供給。

 当社では、主にクルマのドア周辺パーツをロールフォーミングという工法を用いてつくっています。成形機に取り付けられた複数のコマからなるローラーが、薄い鋼板を徐々に変形させていくこの工法は、プレス機を使った加工では不可能な断面形状を高精度で生産することが可能。また、加工時に傷もつきにくいため、意匠・美観性が求められる外装部品に適しているのです。
 ドア周辺パーツとは、窓枠の一部となるセンターサッシュ、窓の昇降を支えるロアフレームやディビジョンバーを指します。これら以外では、ヘッドレストをはじめとするシートパーツやサンルーフなどのルーフ関連パーツも製造。さらにプレス成形技術も有する当社では、オートマチックトランスミッションのプレートパーツの製造も任されています。

 ロールフォーミングは、とても繊細な加工方法で、高度な技術を駆使しなければなりません。当社のお客さまはアイシン精機、トヨタ紡織、シロキ工業をはじめ、大手自動車メーカーに部品を供給する優良サプライヤーが中心。提示される仕様のレベルは高いですが、常に期待に応えてきたため、今や世界中を走る多くのクルマに当社の部品が搭載されるようになりました。特にドア周辺パーツについては、世界トップクラスのシェアを確保しており、これは社員の誇りになっていると言っても過言ではありません。

 質を追求し続けてきたからこそ、当社はお客さまに選ばれてきましたが、これに加えて供給能力についても高い評価を得ています。工場では省人化が進み、ロボットや自動化設備などを次々に導入。大手自動車メーカーの人気ハイブリッドカーが爆発的に売れた時にも、安定感抜群の供給体制によって、無事に部品を納めることができました。

 生産効率の向上および供給体制の強化については、現場はもちろん、先端技術を生み出す研究部門も積極的に関わるなど、一丸となって取り組んでいます。当社の研究拠点はNVC研究所。ただ依頼を受けて生産を行うだけでなく、当社から顧客のニーズを抽出して、それに合った製品の供給ができるよう、生産技術開発に取り組む。これが設立の大きな目的です。近年は、自動車メーカーの求める製品をつくるため、お客さまと一緒になって先行技術開発に取り組み、特許を取得するなど、持てる力を存分に発揮。また、工場内の自動化ラインの自社開発にもますます力を入れています。研究所の設立から約15年。今や当社は、開発型および提案型のメーカーとして存在感を示すことに成功したと言っても過言ではありません。

 1997年、アメリカのインディアナ州に「HISADA AMERICA INC.」を設立したことで、当社のグローバル展開がスタート。その後、中国の天津と佛山、タイ、インドネシアにもそれぞれ拠点を設立しています。アメリカ進出から20年が経過し、これまで多くの技術者たちが現地に足を運び、国内と同レベルの高品質製品の製造に力を尽くしてきました。もちろん現在も、技術者たちは年間を通じて海外に飛んでいます。ゆえに、今後ご入社される皆さんにもそのようなチャンスは巡ってくるでしょう。
 
 卓越された技術、世界トップクラスのシェア、すぐれた研究開発部門、グローバル化——。
大手メーカーの採用情報でたびたび見られるこれらのキーワードは、ヒサダにおいてもすべて当てはまります。

ここがポイント

ニッチなジャンルで、右肩上がりの成長を実現

自動車部品の要に値するボディ。その部品をロールフォーミングによってつくるには、高度な技術が求められます。ゆえに参入している企業が少なく、数ある自動車部品の中でもニッチなジャンルで実績を残しているのです。その中で当社は、多くの自動車メーカーに部品を納入する大手サプライヤーからの信頼を獲得。安定的な受注をいただくことができ、盤石な財政基盤も築き上げることができました。リーマンショックの時でも、一部のラインはフル稼働。以降も右肩上がりの成長です。

海外でのものづくりに関わりたいという人には最適

現在海外は4カ国に拠点を展開。出張ベースでは常に10人ほどの社員が現地に滞在しています。この20年で当社は海外との関わりが密接になりました。それゆえ、海外業務にチャレンジしたいという社員の拡充にも強化しています。もちろん、今この記事を読んでいる皆さんにも若いうちから海外業務のチャレンジ権を与えたいと思っておりますので、海外でものづくりに取り組んでみたいとい考えを持たれた方には、ベストマッチするはずです。

成長を促進させる新製品製造も控えている段階

当社は、ロールフォーミングの成形品だけでなく、プレス機を使った成形品も製造。現在、2018年8月に量産化予定の新しいプレス成形品の開発に取り組んでいます。この製品は、汎用性も高く、多くの車種に搭載可能。そのため量産するにあたっては、確かな供給能力が求められます。当社のストロングポイントのひとつである供給能力。そこを見込んでいただき、今回新しいプレス成形品の受注が実現しました。この新製品の量産化が始まり、お客さまからの評価が得られれば、さらなる成長が予測できます。

学生へのメッセージ

採用担当 松本修治より、就活生の皆さんへ

 当社は、1997年のアメリカ進出を皮切りにグローバル化を促進させ、近年大きく成長を果たしました。その影には社員の努力があったことは言うまでもありません。つまり、努力を怠らなかったから今日のヒサダの地位があるのです。
 当社の社員は、指示を待って動くのではなく、積極的に仕事に取り組みます。また、目標達成に向けて周囲の人と協働する心構えを確立しています。そして何より挑戦意欲に長けていることが自慢です。よい製品をつくり続けるには、こういった素養は不可欠。特に挑戦意欲は、もっとも重要だと考えます。製品をつくる過程では、数々の障壁を避けては通れません。逃げずに障壁を乗り越えることに挑戦してこそ、高品質を実現できます。敷かれたレールの上を歩くのではなく、自らレールを敷いて道を切り開きたいという方には、ヒサダの環境はきっとマッチするでしょう。

募集要綱

採用情報

募集職種
【技術職】
①研究開発 ②生産技術 ③金型設計製作 ④設備開発設計 ⑤自動車部品製造
仕事内容
①研究開発:例えば今まで人がいた工程にロボットを導入するなど、製造現場の省人化を検討。もちろんロボットの開発にも関わっていただきます。効率的に稼働する工場をつくることに力を尽くしてください。

②生産技術:製品をつくる前段階での各種準備業務。図面通りの製品をつくるために、必要な材料、設備、工具、人員を揃え、テスト生産を行って、量産体制を整えます。

③金型設計製作:国内や天津工場で製造している金型のチューニング。金型に求められる性能を確保するために、さまざまな調整を行います。

④設備開発設計:製造現場で必要な各種設備や道具をつくります。大きな設備を導入する場合は、外部の専門的なメーカーと協働することになるので、窓口となって求める設備の完成までを管理してください。

⑤自動車部品製造:ラインで機械を操作し、実際に製品をつくります。ものづくりの最前線に立つ重要なポジションです。
勤務地
本社工場およびグループ企業の国内工場。
将来的には海外勤務の可能性もあります。
勤務時間
8:00~17:00
初任給
大卒(総合職)/201,000円 ※時間外手当(残業代)は別途有り

昇給は年1回
賞与は年2回(毎7・12月)

※2018年4月予定の金額
待遇・福利厚生
各種社会保険、財形貯蓄、慶弔見舞金制度、独身寮、社宅、提携リゾートホテル、コミュニケーション活動(ボウリング大会、バーベキュー大会、日帰りツアー年2回など)
休日・休暇
週休2日制(土・日曜)※月に数回土曜出社あり
年間休日116日、夏季、年末年始、ゴールデンウィーク、有給(初年度10日)、慶弔、特別休暇
採用人数
6名予定
採用実績校
愛知工業大学、愛知工科大学、金沢工業大学、静岡理工科大学、中部大学、名古屋外国語大学、日本大学、日本文理大学、三重大学、駒沢大学、名城大学 ほか
※順不同
募集学科
理工系学部(機械、化学、電気・電子系は特に歓迎)
連絡先
株式会社ヒサダ
〒446-0001 愛知県安城市里町三郎11
採用担当:松本修治
TEL:0566-97-9281
Email:otoiawase@hisada-g.co.jp

選考の流れ

選考の流れ
名大社新卒ナビ2019からエントリーしてください
 ↓
工場見学会
 ↓
1次選考
 ↓
2次選考
 ↓
内定
選考方法
1次選考では筆記試験、適性検査を実施。2次選考は役員面接です。基本的には、皆さんの人柄と入社意欲の高さを考慮した上で判断させていただきます。
提出書類
履歴書、卒業見込証明書

企業情報

事業内容
クルマの居住性能に直結する部品を製造することが当社の基幹事業。主な製造品目は、ドア回りのパーツとシートの関連パーツです(※)。これらはクルマの快適な居住性能を約束するとともに、ドアの強度を高める構造材としての機能も求められている重要な自動車部品であり、寸法や強度は高い制度を確保しなければなりません。当社は、設立当初から成形事業に取り組み、帯状鋼板を縦方向に折り曲げて成形するロールフォーミングという塑性加工技術を突き詰めてきました。現在は、世界各国を走るクルマに当社の技術を使って製造された部品が使われています。今後も積み上げた独自のノウハウを発展させ、世界中の自動車部品サプライヤーにお届けできるよう、技術力と体制を強化していく考えです。

※トヨタ車、ホンダ車、日産車などのドアフレーム立柱をはじめとするドア回り部品、シートレール、ヘッドレストなどのシート関係部品を製造
代表者
代表取締役 久田英幹
設立
昭和55(1980)年
※創業は昭和35(1960)年
従業員数
グループ総勢1453名(2018年2月現在)
資本金
23億1500万円
売上高
グループ総額約360億円(2017年実績)
グループ企業
丸豊技研株式会社/三重県津市安濃町安濃2528
アサヒ精機株式会社/愛知県安城市東端町西大坪1-1
太平商事株式会社/愛知県安城市里町三郎11
ヒサダ運輸株式会社/愛知県安城市里町三郎11
株式会社HGC/愛知県安城市里町三郎11
海外拠点
アメリカ(インディアナ州)・中国(天津・佛山)・タイ(プラチンブリ)、インドネシア(ブカシ)
主要取引先
アイシン精機株式会社
アイシン化工株式会社
アイシン辰栄株式会社
トヨタ紡織
シロキ工業
三恵技研工業株式会社
株式会社イノアックコーポレーション
東海化成工業株式会社
丸紅株式会社(名古屋支社)
株式会社タイガーサッシュ製作所
本社所在地
愛知県安城市里町三郎11
事業所
【本社工場】愛知県安城市里町三郎11
【作手工場】愛知県新城市作手黒瀬向山17-31
【太平工場】愛知県安城市里町東大道8
【九州工場】熊本県熊本市南区城南町藤山正達885

関連サイト
大きな地図で見る
本年度の採用活動は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。