建築・土木 /

アキラ耕機株式会社

アクセス数 2194

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

横山亮平
出身
技術部 技術第一課
部署
金沢工業大学 工学部 機械工学科
勤続
2017年4月入社
面接を受けてみると、受ける前に感じた人柄への印象度がアップ

昱耕機との出会いは、大学内で開かれた説明会がきっかけです。当初説明会の出展企業として参加していたのは、グループ会社の昱株式会社。私は、「水と空気に関連する技術による社会への貢献」という理念に惹かれて話を聞くことにしました。
説明会後、男性から声をかけられたのですが、その方が昱耕機の採用担当者でした。昱耕機の採用担当者も、学生との接点を持ちたいとの思いからグループ会社の昱株式会社の説明会に参加していたのです。改めて話をさせていただいた時、柔和な話し方が好印象で、「人柄のよい方だな」と思いました。また、私の実家は静岡県にありますが、名古屋にある昱耕機に勤めた方が東京にある昱株式会社に勤めるよりも何かと都合がいいかもしれないと思い、選考試験を受けることに。
面接を受けてみると、受ける前に感じた人柄への印象度はますますアップ。終盤での質疑応答では、雑談で盛り上がりました。終わって会社をあとにする時、「ここに入りたい!」と自然に思えたので、内定の連絡をもらった時はかなりうれしかったです。

「自分たちの仕事は、社会生活を支えている」という実感

入社後の研修では、そもそも「ポンプとは?」を少しでも早く理解するため、浄水場や排水機場など、当社が施工を担当する現場に同行する機会をいただきました。浄水場は上水道へ水を供給するための施設で、排水機場は、輪中に溜まった水を流し出す施設です。いずれも人々の生活には不可欠であり、現地に足を運んだ時に、改めて「自分たちの仕事は、社会生活を支えている価値ある仕事なのだ」と思いました。
担当している仕事は、施工図面の作成。と言っても、まだ1年目なのでそのすべてを手がけているわけではなく、先輩の指示のもと図面の修正を行うことが大半です。施工図を作成するという大きな枠の中で担っている部分は小さいですが、修正がうまくいき、OKサインをもらった時はうれしくなります。当然ゆくゆくはイチから図面を描き上げることになると思いますが、今の時点でも楽しいと思えるので、丸ごと作成した時はとても大きな達成感が味わえるのではないでしょうか。
現在は、施工図すべてを描き上げるための知識がなく、作業スピードも早くありません。施工現場を知ることでそういった部分は補えるようになりますから、研修時と同じように今も施工現場に同行し、工事の流れや職人さんへの指示内容などを学ばせてもらっています。

いい人に囲まれているから、仕事を続けていきたいと思える

私はこの会社の仕事内容も気に入りましたが、それ以上に皆さんの人柄を気に入って入社しました。今、仕事ができる人材になっているとは胸を張って言えませんが、先輩方は私が仕事のできる人材になるよう手厚くサポートをしてくださいます。やさしい方々ばかりで、入社後社員に対してギャップを感じたことはありません。いい人に囲まれているから、仕事を続けていきたいと思える。そんな心境です。
仕事では知識が乏しい分、質問をしながら進めていくことがほとんど。わからないことは、極力自分で調べて答えを出すようにしていますが、時間との勝負になったり、どうしても答えが見つからない場合は、質問してしまいます。少しずつ質問をする回数を減らして、先輩の負荷を軽減できるようになりたいですね。でも先輩方は「気にするな」と言ってくださるので、つい頼ってしまいます。
いずれは施工管理職も経験することになります。施工管理職となって密に現場と関わり、施工知識を深めると、図面作成の大部分はもちろん、精度の高い図面も描けるようになるので、早く施工管理を経験して、自分のスキルアップにつなげてみたいです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
竹内直人
出身
愛知工業大学 工学部 都市環境学科 土木工学専攻
部署
技術部 技術第三課
勤続
2014年4月入社
業務概要を聞いた時、人に尽くせる仕事だと思った

大学の研究室では、キャンパスのある豊田市の河川にはどんな貝が生息しているかを調査。そういった背景があることから、水に関係する仕事には興味が持ちやすく、学内のキャリアセンターからこの会社の採用情報を教えてもらった時も、割とすんなりエントリーしてみようという気になれました。また、募集職種だった施工管理職については、細かな仕事内容はわかりませんでしたが、自分が現場の指揮者となって工事を完遂させるということは、うっすらと理解していると同時に、「楽しそうな仕事」というイメージも持っていました。
説明会では、この会社が社会的意義のある業務を行っていることを教えられ、私は仕事を通じて人に尽くすことができるのではないかと感じました。また、採用担当者の人柄がとてもよく、業務内容以上に印象に残っていたようにも思います。他社の選考試験では、採用担当者の人当たりでほろ苦い思いをしたこともあったので、私にとっては採用担当者の人柄は、会社選びの条件としては優先順位が高かったです。

職人さんがいかに作業しやすい環境を整えておけるかがポイント

私が在籍する技術第三課では、電気工事の施工管理業務がメインです。技術第二課がポンプなどの機器類の施工管理を行っていますから、第三課としては、それらの稼働に必要な電気設備およびケーブルなどの電気系統を整えていくことになります。
施工において指揮者となるのが、私たち。実際の施工業務は、外部の協力会社の職人さん方になるので、皆さんがいかに作業しやすい環境を整えておけるかがポイントです。施工に必要な部材を手配しておくことはもちろん、その日職人さん方にどんな作業をどこまで進めていただくかを明確にしておく必要があります。指揮に問題が起こると、それに従ってくださる皆さんも困ってしまい、作業が円滑に進まず結果的に施工品質を落とすことになりかねません。私たちの施工現場は浄水場や排水機場といった社会生活において重要な役を担う施設になっていますから、施工品質の低下はなんとしも避けるべきだと思っています。
いつも施工をお願いしている協力会社の方々と仕事をする時、初めの頃はベテランの職人さんに自分が出した指示が正しいか自信が持てず、戸惑わせてしまうこともありました。ですが、ここぞという時はいつも先輩が助けに来てくださったので、難所も切り抜けることができました。今となってはいい思い出です。

達成感と頼れる仲間。これらは仕事を続けるための原動力

2017年度のある案件でのこと。私たちの施工現場のすぐ隣で別の会社の方々が機械の取り付け工事を行っていました。その会社の方々が大きな機械を据え付ける時、私たちが先に取り付けたケーブルの中継ボックスが干渉してしまったのです。すると、中継ボックスをほかの場所に取り付けてもらえないかとの相談を持ちかけられました。私は、一度取り付け作業をしていただいたこちらの職人さんにお願いし、いったん取り外してほかの場所に移設する決定を下しました。事前に図面をしっかり見ておくと同時に、機械側の施工会社と連携を図っていれば、この事態は避けられたはず。結果として余分な仕事をお願いすることになってしまい、職人さん方にご迷惑をかけてしまいました。
振り返ると、苦労の数が多かった現場でしたが、試運転では無事に設備が稼働し、ひと安心。職人さん方とも笑顔で握手を交わすことができ、「食事でも!」とうれしいお誘いもいただきました。
ひと筋縄ではいかない仕事だからこそ、ゴールに到達した時の喜びは大きいです。また、先輩のバックアップがあるので、若手も臆することなく仕事に打ち込めます。やりがいと頼れる仲間。この2点が充実しているからこそ、私は今までがんばってこれたと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

こんにちは
昱耕機(あきらこうき)株式会社
採用担当の【古井】です。

説明会では当社の事業や仕事について
より分かりやすく
お伝えできる内容としたいと思っています。
疑問点などたくさんぶつけてください。

開催日については随時更新予定です。
是非一度当社までお越し下さい。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

説明会情報

07
25(水)

会社説明会

日程:
2018年07月25日(水)
時間:
9:30 ~ 10:30
場所:
昱耕機名古屋本社
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

説明会内容
1.会社概要のご説明
2.事業内容のご説明
3.仕事内容について
4.質疑応答

予約する
07
25(水)

適性検査

日程:
2018年07月25日(水)
時間:
10:30 ~ 13:00
場所:
昱耕機名古屋本社
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具・履歴書(必須)・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書(後日提出可)

適性検査

予約する