サービス(教育・医療・福祉) /

社会福祉法人青山里会

アクセス数 1417

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

伊藤三奈 
出身
四日市福祉専門学校
部署
介護総合センターかんざき 介護職員(ケアワーカー)
勤続
2016年4月入職
利用者を楽しませる工夫を積極的に取り入れている点が好印象

祖母が介護を受けていた、親族に介護職が多かった。私にはそんな背景があるので、自然と介護の仕事に興味を持つようになりました。青山里会に勤める前は四日市福祉専門学校で介護について勉強。この学校の運営母体が、青山里会だということは知っていました。青山里会は、施設介護サービス、居宅介護サービス、相談窓口、地域貢献など、多彩な事業を四日市で展開している社会福祉法人なので、系列の専門学校でもいろいろな施設で実習ができるのではないかと思って選ばせてもらいました。
いざ就職先を探すことになった時も、やはりまずは青山里会をチェック。四日市福祉専門学校に入ったことで青山里会の情報は比較的入手しやすかったです。中でも気になったのは、青山里会は施設でイベントを頻繁に開いていること。利用者を楽しませる工夫を積極的に取り入れている点が好印象でした。また、規模が大きく、様々な形態の施設を運営していることから、自分もいろいろな施設で働くことができ、より多くの知識を吸収できて介護のプロフェッショナルになれるのではないかと思って決めました。

コミュニケーションの大切さを肝に銘じながら仕事に取り組む

入職後は、まず1ヶ月の新人研修を受けました。青山里会の概要や介護職員としての具体的な業務内容、入所者さまへの接し方などを座学で教えていただくほか、施設の見学にも参加。研修後に今の勤め先となる「介護総合センターかんざき」に配属されました。すぐに現場で介護業務に取りかかりましたが、単独で仕事をするのではなく、先輩についていただけたので心強かったです。その都度指導役の先輩からアドバイスをいただけるだけでなく、周囲の先輩方も声をかけてくださるので、仕事と職場環境にうまく馴染めたと思っています。
現場に立って印象深かったのは、職員の利用者さん思いの姿勢です。皆利用者さんのことを第一に考えて行動しているところに、介護のプロならではのこだわりを感じました。また、利用者さんだけでなく、ナースや理学療法士など、ほかの職種の方々とコミュニケーションを多く取っていることにも驚きました。全員体制で利用者さんが安心できる環境を守っていこうする気持ちが感じられ、「青山里会に入ってよかった」と安堵感を覚えたのは今でもはっきり記憶に残っています。以来、コミュニケーションの大切さを肝に銘じながら仕事に取り組むようになりました。

博識な先輩方と仕事をしていると、自分を奮い立たせられる

配属された当初は、利用さんも遠慮がちで、私自身もどこまでお世話をしていいか手探りだった分、互いの意思疎通に苦労することもありましたが、親しむ時間を多く持つようになると、笑顔を見せてくださることも増えました。すると、「ありがとう」と言ってもらえる機会も増えます。やはり利用者さんから「ありがとう」と言ってもらえると、とてもうれしくなりますし、この時に仕事のやりがいを感じるんです。
勤め先を探している時、私はイベントを頻繁に開いて利用者さんを楽しませることに力を入れている青山里会を気に入っていました。実際働いてみると、イベントは満載です。楽しみにしている利用者さんも多く、子どものように無邪気な笑顔を見せてもらえると、こちらの心も温まります。
私はまだ「介護総合センターかんざき」での仕事経験しかありませんが、先輩の中にはいくつかの施設を回ってきた方もいらっしゃいます。そんな先輩方は博識です。一緒に仕事をしていると感心させられることが多々あり、そのたびに「がんばらなくては」と自らを奮い立たせることができます。私も2018年の4月から3年目。通常業務には慣れてきたので、今後は今よりも質の高い介護サービスの追求を心がけながら、仕事に取り組みたいです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
松田拓也
出身
日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科
部署
小山田ケアハウス 生活相談員・社会福祉士(ソーシャルワーカー)
勤続
2013年4月入職
時代の動きやニーズを読み取る力がすぐれていると感じた

高校時代、家族や友人から「介護の仕事が向いている」とすすめられたのがきっかけで、業界に興味を持ちました。大学に入ると、介護の世界で仕事をするには厳しい面があることも知ったので、就職活動では介護業界以外にも少し目を向けてみました。ありがたいことにいくつかの一般企業から内定を獲得。しかしそこで「本当に介護の道に進まなくていいのか」と改めて進路について考えてみたのです。そんな時に青山里会の採用情報を学内で見つけました。就職サポートをしてくださる職員さんに相談を持ちかけてみると「青山里会は、とてもためになる社会福祉法人」という情報を教えてもらったので、私はもう一度就職活動を再開し、選考試験を受けることにしました。
説明会で特に印象に残ったのは、多彩な事業所を運営している社会福祉法人としての規模の大きさ。そこからいろいろな職種の人が活躍していることがうかがえ、介護や福祉についてかなり深い知識を習得できるのではないかと思いました。また、新しい取り組みを次々に行ってきた点も興味深く、時代の動きやニーズを読み取る力もすぐれていると感じたのもここで働きたいと思った理由のひとつです。

福祉に対する困りごとを抱えている方の力となるのが、社会福祉士

もともと入職時から社会福祉士になりたいと思っていました。ですが、さすがにいきなり社会福祉士として働くことはできません。まずは介護の現場から仕事が始まります。高校のボランティアや大学の実習で介護施設での現場仕事は経験済みですから、大きなギャップを感じることもありませんでした。むしろ利用者さんたちとのふれ合いを楽しませてもらった思いです。自分が手を差し伸べた時に、返ってくるお礼の言葉。仕事の評価がすぐに得られることは、介護の現場の醍醐味ではないでしょうか。
私は一年間の現場勤務の間に、社会福祉士の資格を取得しました。2年目からは四日市市南地域包括支援センターに異動。いよいよ社会福祉士としてのキャリアがスタートしました。社会福祉士とは、障がいを抱えている方や高齢者とそのご家族などに対して、福祉に関する相談役となり、安定した生活が送れるようサポートや指導を行うのが仕事です。介護保険制度や自治体特有の支援サービスなどを提案していくことで、相談者の力にならなければなりません。
私は社会福祉士として働き始めた頃は、知識に乏しかった分、歯がゆい思いをしたことが多かったです。しかし、ひとつの相談事例から吸収できることは多いので、その都度知識と情報の蓄積は怠ることなく、焦らずレベルを高めていきました。

青山里会ならではの特別な仕事に携われる喜びがある

いろいろな相談事例に関わっていると、困りごとを解決するために私が提案できる選択肢が増えていきました。自分の成長によって相談者の笑顔がたくさん見られるようになると、やりがいも大きくなって、社会福祉士の仕事の楽しさもしっかり噛み締められるようになり、俄然やる気が芽生えます。
四日市市南地域包括支援センターには計3年間勤めました。振り返ると、とても濃密な時間を過ごすことができ、忘れられない思い出がいっぱいです。現在は、小山田ケアハウスに在籍し、主にはこの施設を利用されている方々の生活相談員として働いています。生活相談員とは、利用さんの日々の生活での困りごとに対して解決役として立ち回るのが仕事です。社会福祉士としての経験が存分に生かせていますから、適切なアドバイスをスピーディに提案し、利用者さんからの信頼を得られているようにも思います。また、当法人が地域貢献の一環として運営している四日市駅前の交流施設で講座を開き、高齢者の健康管理や認知症についてなど、毎回テーマを設けて講話をする機会もいただけるようになりました。このような特別な仕事に携われるのは、多様な事業を展開している青山里会ならではだと思っています。これからも新しい経験ができることを楽しみにしながら、仕事に邁進したいです。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

説明会申込受付中!
下記日程にて見学・説明会を開催します。
職員と気軽に個別にゆっくり話ができる時間があります!
お気軽にご参加ください。
ご不明な点等ございましたら、お気軽に何でもご質問ください。

説明会情報

06
27(水)

名古屋 びわじま介護センター 説明会

日程:
2018年06月27日(水)
時間:
14:00 ~ 16:00
場所:
びわじま介護センター 【住所】愛知県名古屋市西区枇杷島2-19-18
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

当日は、施設のトップ・先輩職員が福祉の仕事についてお伝えします!
ふくしのしごとについて理解を深めるチャンスです。職場の雰囲気を感じてみませんか?

予約する
06
28(木)

四日市会場 福祉施設見学・説明会

日程:
2018年06月28日(木)
時間:
14:00 ~ 16:00
場所:
青山里会(法人本部) 【住所】三重県四日市市山田町5500-1
■ 会場地図はこちら
持ち物:
筆記用具

当日は、施設のトップ・先輩職員が福祉の仕事についてお伝えします!
ふくしのしごとについて理解を深めるチャンスです。職場の雰囲気を感じてみませんか?

予約する