サービス(設備・メンテナンス) / サービス(電気・ガス・エネルギー) /

株式会社エレックス極東

アクセス数 3997

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

池末 知弘
出身
福岡大学 経済学部
部署
CRM部 セールスエンジニアリンググループ
勤続
2年目
電気を扱う業種としての安定感をきっかけに

九州福岡にあるキャリアサポート施設で初めて弊社の募集を見て、生活に欠かすことのできない電気を扱うという面で安定感を感じ、興味を持ちました。
業種として理系の知識が必要になるようなイメージがありましたが、説明を聞くと、文系出身者でも活躍しているということと、勉強会が充実しており、技術に関する知識も学べるということを聞き、自分のスキルアップにもつながる仕事ができるかもしれないという期待感を持ちました。
さらに、当時説明してくださった九州支部の責任者の方も、その方も文系出身者ということを聞いて親近感を感じましたね。
それまでは福岡でずっと実家暮らしだったので、名古屋で一人暮らしをすることに不安はやはりありました。
ただ、同期で九州から来ている人も多く、周辺の情報なども会社の方から教えてもらうなど、フォローしていただいたので安心でした。

新規営業、まずは信用してもらうところから

入社後、4ヶ月くらいは上司と同行し、商談などを行い、その後は一人で仕事のスケジュールを立て、それに基づいて動くという形です。だんだんと上司からの引継ぎも増えていきましたが、最初のお客様は新規の方が多いですね。新規営業は、ある程度の勇気が必要ですね。
お付き合いのない法人のお客様を訪ねるのですが、最初はなかなか話を聞いてもらえなかったり、心が折れそうになることもありました。
業種として認知されていない部分もあるので、まずは信用してもらうことからはじまります。電気設備などの管理業務は必要不可欠な仕事ですので、すでに使っている業者さんがいる場合がほとんど。
設備を管理している同業会社のステッカーなどが貼ってあることも多いので、その名前を出して、同じ業務を行っていることをお伝えすることもありますね。
自分が担当するお客様は工場の責任者の方が多いのですが、その工場の取引先が当社のお客様である場合などは、信用していただけるよう、その名前を出すこともあります。

困った時の相談役を目指す!

お客様から弊社について信用していただいた次の段階としては、既存の取引先からいかに当社に切り替えてもらうかという部分。
まずは、現状の業者さんに対するご意見をいただきます。もし、もっとこうしたいなどの希望があれば、詳しく聞き取りを行い、自社でできることを提案していきます。
例えば、工場も年数が経ってくると電気設備に不具合がでることもあります。そういった不具合の報告を受けたとしても、その工事や見積もりなどの対策まで請負うことまではしないのが一般的。弊社では工事まで一貫して行えるため、その点についてお客様から好印象を持っていただくことも多いと思います。
そういったメリットを説明することをきっかけに、お引き合いをいただくこともあります。
このように、困った時の相談役を目指すというスタンスで営業活動を行っています。
お客様の業務改善のために聞き取りから実装まで行い、実際に改善につながったときは、人の役に立てていると実感する機会も多く、その際に感謝の気持ちを直接いただけることが、仕事のやりがいにつながっています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
鵜飼 孝明
出身
中部大学 工学部
部署
メンテナンスグループ リーダー
勤続
7年目
社会的にも役に立つ、働きがいのある仕事

大学で電気を専攻していたので、電気に関する仕事をしている会社を中心に就職活動を行いました。
会社説明会に参加したときに、自動車工場や病院など大規模な事業場での仕事が多いと聞き、社会的にも役に立つサービスではないかと感じ、興味を持ちました。
また、採用担当者や説明会に同席していた技術系の社員の方が話しやすく、風通しの良い社風を感じたことを覚えています。また技術的なスキルが身につくと、現場で班長や作業責任者といった責任あるポジションを任せられると聞き、働きがいもありそうだと感じました。

365日、安心・安全に電気を使用するためのメンテナンス

私の所属しているメンテナンスグループは、自動車工場や大学病院、公共施設など比較的大きな施設の電気設備の点検業務を行っています。
電気設備に異常がないか精密な試験や測定を行い、お客様に365日24時間、安心・安全に電気を使用していただくメンテナンスを行っています。
電気トラブルが起きてしまうと、製品の生産が止まってしまったり、病院では人命にも関わる事態にもなりかねます。
私の仕事が、そういった会社や人々の役に立てていることが、やりがいの一つでもあります。
入社1年目は、電気に関する知識を徹底的に教え込まれます。電気は目に見えず、一歩間違えば自分が感電してしまう危険性もあるので、知識をつけて安全に作業しなければなりません。
先輩社員に同行し色々な現場に行き、実際に試験器や測定器を使用して技術を身につけました。
2年目には後輩社員への指導も行い、指導スキルも身につけていきました。
3年目に入ると、多くの現場で班長や作業責任者を任せられる様になり、お客様との打合せを一人で行なうことも増えてきました。
4年目にチーフ職に昇格し、5年目にはリーダー職に昇格。現在はメンテナンスグループの責任者の補佐として業務に取り組み、充実した毎日で満足しています。

設備について先輩社員から丁寧な指導を受けた経験が活きている

入社して驚いたのは、毎日現場先が違っていて見たこともない電気設備だったことです。
先輩社員からは、色々な電気設備を経験出来た方が、いざというときに対応出来ると教えてもらいました。
初めのうちは現場に行っても試験器などの持ち運びなどしか自分にできる事がなく、悔しい思いをしました。
このままではいけないと思い、現場作業が終わり会社に戻ってから、電気設備ごとの特徴や緊急時の対応などについて、先輩社員に時間を取ってもらい教えてもらいました。
先輩社員は疲れていても嫌な顔一つせず、こちらが理解するまで教えてくれました。
今では後輩社員から技術的なことを聞かれる立場になり、そのときの経験が大いに役立っています。
大規模な現場では、一度に20~40名の社員がいっせいに作業を行います。
事前に適切な班員の割振りを行い、危険箇所はないかなど入念な下準備が必要です。
作業中も各班の班長と連絡を取り合い、作業の進捗状況を確認し予定時間通りに作業を終わらせる必要があります。
まだまだ大規模な現場での作業責任者経験が不足しているので、経験を積んで人員・工程管理のスキルを身につけていきたいと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

会社説明会については、随時開催致します。
皆さんのご都合の良い時間を教えてください!

お気軽にご参加下さい!
会社概要や仕事の内容などを分かりやすくご説明します。
ご不明点などありましたら、お気軽にご質問下さい。