メーカー(化学・医療・薬品) /

コダマ樹脂工業株式会社

アクセス数 2895

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

出口 尭輝
出身
大同大学
部署
技術本部(製品・企画技術グループ) 
勤続
入社5年目
「大型ブロー成形で全国シェア75%」に惹かれて入社

学生時代から工作など何かを作ったりすることが好きで、モノづくりをしている会社で働きたいという気持ちがありました。
コダマ樹脂工業との出会いは、大学内で行われた 企業説明会。
その時に「大型ブロー成形で全国シェア75%」ということを聞き、得意分野が明確になっているところに惹かれて興味を持ち、入社することとなりました。

試作から量産までの全工程に関われる!

技術本部で仕事をしていますが、現在5年目となり、小型から中型のドラム製品、農業資材の燃料タンク、スタジアムの椅子、簡易トイレなどの設計に一から携わることも増えてきました。製品ができるまでには、お客様から発注依頼から打ち合わせを行い、試作品の作成、金型の設計、工場での試作、量産と様々な段階を踏みますが、この全行程に関わることができるのは、弊社ならではの魅力だと思いますね。自分が1から携わった製品が実際に生産しているところを見た時は、一番やりがいを感じますね。
また、スタジアムの椅子や、簡易トイレなどは、実生活で目にする機会のある製品ですので、自分が関わったものが生かされているのを見ると嬉しいですね。

お客様と工場担当者を調整役を担う役割

取り扱い製品の中でも、特に農業資材などは、納期が短くタイトなスケジュールで進むことも少なくないため、計画づくりは綿密に行う必要があります。取引先や工場の責任者と些細なことでも相談し、試作するまでの計画や調整を行います。
ただ、お客様は納期に間に合わせることが第一ですし、工場の方は安定した稼働が第一。時には両者の言い分が衝突してしまうこともあります。
そういった時には間に入り、踏み込んでお願いしたりすることも技術部で仕事をする者としての役割の一つです。
製品づくりには、多くの人が関わっています。だからこそ、人の気持ちを汲んだ誠意ある対応が必要です。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
高橋 飛鳥
出身
名城大学
部署
営業本部 本社営業部
勤続
入社2年目
知識を身につけるためのコミュニケーションは必要

文系出身ですので、技術面では知らないことも多く、今も勉強している途中です。
最初はわからないことを放置してしまうこともありました。
ただ、営業として成長するためには、主体的に先輩に聞く姿勢が必要です。そういった面では、社内でもコミュニケーション能力が求められると言ってもいいかもしれません。
とはいえ、優しく教えてくれる先輩ばかりなので、心配しないでください。
一歩踏み出して聞く勇気を持つことが大事ではないかと思います。
部門を超えたやりとりも日常茶飯事ですので、聞きやすい環境だと思います。

お客様の周辺情報のリサーチは欠かせない!

お客様に会いにいく準備としては、事前情報の収集とその周辺の情報をリサーチは欠かせません。
例えば、周囲にある飲食店や、今話題のニュースなど、たわいのないことでいいと思うのですが、身近話題から仕事の話題につなげられるように、アイスブレイクで使える話題は意識して集めるようにしていますね。
実際の仕事の話で言えば、ニーズを聞いた上で既存の商品を紹介し、お客様から興味を持っていただいて、採用されるという流れに動くことが一番理想的ですね。要望にマッチした提案を採用してもらえることが営業としての手腕と言えるでしょう。

不明点をその場で答えられるよう、知識を増やす!

現在2年目になり仕事は慣れてきましたが、先輩を見ていると、まだまだ知識不足を感じる面もあります。
お客様の問い合わせを持ち帰り、社内に確認した上で回答することも多いので、どうしても対応が遅くなってしまいます。
今後は知識の範囲を増やし、お客様の不明点をその場で答えられるようにしたいですね。
また質問が出そうな項目を先読みし、事前に調べておくなど、準備も万全にしてお客様との商談に臨みたいと思います。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

会社説明会では、当社について理解を深めて頂ける内容となっております。
<全国シェア75%の秘密>をお伝えします!