メーカー(機械・工具・部品・金属) / メーカー(自動車関連) /

東陽精機株式会社

アクセス数 3097

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

渡邉奎介
出身
大同大学
部署
製造部
勤続
5年
超高精度の世界に魅せられた

大学では機械工学科に所属し、鋳造技術についての卒業研究をしていましたが、4年生のときに切削に触れる機会があり、その技術に心を奪われました。鋳造にはない1/1000mmという世界は、新鮮でとても魅力的でした。その経験が元になり、切削加工の業界で仕事をしていきたいと思い、東陽精機を志望しました。オートマチックトランスミッションの世界的な企業である「アイシン・エイ・ダブリュ」に部品を収めていることも決め手となりました。
現在は製造部の工場技術課 技術係で製造ラインの改善活動や設備改造などを行っています。製造部でオペレーターをしていたこともあり、現場のことはよく分かっています。そのときの経験を活かし、オペレーターの皆さんが働きやすい作業環境を構築していくことが私のミッションです。

厳しさの先にある喜び

当然のことですが、超高精度・高品質の製品を生み出しつづける仕事は、とても厳しいです。ただ、その厳しさは「挑戦しがいのある厳しさ」とも言えます。東陽精機は、新人であってもまず体験させ、その体験から学んでいく伝統的な社風があります。私もそうでした。経験が浅くても「古い設備をオーバーホールしてリフレッシュさせる」という使命を与えられ、驚いたことを憶えています。そのときはとにかく無我夢中、必死で仕事に打ち込みました。失敗もしたし、叱られもしました。しかし、それをやりきったとき、自分の手で完成させたという大きな達成感を味わうことができました。人から指示をもらって動くのではなく、自ら考え、判断し、手を動かして実践する。いまでは、それがものづくりをする会社の社員として、いちばん大切なことなんだと思っています。

自分自身が大きく成長できる会社

上司から「考えろ!」と言われたことも印象に残っています。「考えろ!」に込められた想いは、いま目の前にある仕事を考えるだけでなく、その先を想像し、思いをめぐらせろ、という意味も含んでいます。常に仕事の一歩先を考え、先手を打ちながら仕事をしてほしい。それが真意だったのです。その姿勢はいまの仕事にも活かされています。「いまはいいけど1ヶ月先、1年先にはこの設備はどうなっているだろう……」。そう考えることが、より良い改善にもつながると思っています。
「会社に入って楽をしたい」と思っている人には、この会社は向いていません。常に向上心を持ち続け、現状に満足しない人でないと東陽精機で活躍することは難しいでしょう。その代わり、東陽精機で仕事をすれば、確実に大きな成長が見込めると思います。チャレンジし、試行錯誤を繰り返し、その結果得られる満足感、達成感はお金には換えられない価値があると思います。そんな熱い経験をしたいと思っている人、ぜひ一緒に働きたいですね。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
花北仁美
出身
名古屋学院大学
部署
事業企画部
勤続
2年
技術系の企業でも文系が活躍できる場があります

大学では外国語学部だったので、英語力を活かせる仕事でなおかつ地元の企業を探していました。東陽精機はアメリカにも拠点があるので、将来は海外で働くことも夢ではないと思い、入社しました。入社後は新入社員研修として、社会人として必要な基礎的な知識やマナーを学び、ものづくりの基本となる品質トレーニング、保全トレーニングなども受けます。その後、現場実習としていろいろな部署を経験しました。総合職の女性先輩は、男性と同じくらいバリバリ働いている方もいらっしゃり、とても頼もしく感じたのを憶えています。
私は現在、生産管理課で働いています。技術職には理系の社員が多いのですが、営業や品質保証、生産管理には文系の社員もいらっしゃいます。東陽精機は技術系のモノづくり企業ですが、文系でも活躍できる場は充分にあると思います。

生産管理の仕事はコミュニケーション能力がモノをいう!

生産管理の仕事は、簡単に言ってしまうと段取り役、調整役となることが多いです。そのため、いろいろな部署にお願いにあがることも多く、コミュニケーション能力が必要とされます。課内に社交的で明るい人が多いのは、きっと仕事で鍛えられた能力だと思います。暗い人からモノを頼まれるより、明るい人から頼まれたほうが気持ちいいですからね。
私はまだまだ新人でやりがいを語れるほどではないのですが、入社当初よりも、社員の皆さんの会話がずいぶん分かってきたと思います。技術系の会話は専門用語も多くて難しいのですが、分からないことはどんどん周りの人に聞いて憶えるようにしています。ときには分からない単語を聞いたことをきっかけに、30分くらい講義が始まることも。親切な社員の皆さんに、日々成長を助けてもらっています。

若い社員が活き活きと働ける会社

生産管理の仕事は奥が深く、まだまだ憶えることがたくさん。この分野を極めていきたいという想いがあると同時に、最近は営業職にも興味が出てきました。仕事を知れば知るほど、いろんな分野に挑戦したいと思うようになりました。そして最終的にはやはりアメリカの拠点で仕事をしたいですね。
東陽精機には、若手からベテランまで幅広い年齢層の方が働いていますが、全体的に見ると若い方ほど大事な仕事を任され、主役となって動いているように感じます。若い社員ほど新しい仕事に挑戦し、成長してもらいたいという社風がそうさせるのでしょう。仕事は厳しいですが、活き活きとしている社員が多い。それが東陽精機らしさだと思います。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

こんにちは!東陽精機株式会社です。
弊社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

この度、弊社会社説明会の開催が決定いたしました。

当日は、弊社のすべてをお伝えいたしますので、
お気軽に何でも質問してください!

少しでもご興味・関心がありましたら、是非ご参加ください。