メーカー(機械・工具・部品・金属) / 設計・研究・開発 /

株式会社名機製作所

アクセス数 3610

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

田中伸幸
出身
中部大学 工学部 電気電子システム工学科
部署
技術部 電気技術課
勤続
2015年入社
挑戦できることが増えていく仕事

私は今、電気技術課で産業機械のソフトとハード両方の設計に携わっています。就職活動では、「地元でモノづくりに関わりたい」という思いを持ち、幅広い仕事に挑戦できそうな名機製作所の事業に惹かれて入社しました。主に関わっているのは、プレス機や真空ラミネータです。
お客様からは、新規の機械のご相談だけでなく、既存の機械のアフターフォローやリニューアルなどいろいろな案件をいただきます。オーダーメイドの機械だからこそ、アフターフォローも私たちにしかできない大切な役目です。入社して3年、はじめは分からないことばかりで、先輩に頼りながら対処してきたことも、今では自分ひとりでできることが増えてきたと思います。対処のスピードも上がりました。けれど、やるほどにまだ自分が挑戦できる案件がたくさんあるのも見えてきます。もっといろいろな経験を積みたいですね。

お客様の機械を任せていただく誇り

「不具合を出さない」。当たり前ですが、仕事に臨む上で一番神経を使うところです。というのも、私たちの機械はお客様の現場に合わせて1台1台がオリジナルです。ご要望に合わせて完成させるものの、いざお客様の現場に設置してみると、製造ラインの前後にある別の機械とうまく噛み合わない…なんて事態も実は珍しくないです。トラブルを事前に想定して、不具合の目を潰しておくのが大切ですね。機械が正常に作動しなければ、それだけお客様にとって不利益になってしまいます。なかには、数十万円の製品がプレス機を通っていくこともあります。もしもそれが私たちの機械のせいで台無しになったら…。そんなことは絶対にあってはいけません。モノづくりに欠かせない機械を任せてもらっている責任ある立場に誇りを持ちながら、抜かりのない仕事を心がけています。

タイ、中国…若手でも積極的に海外出張へ

名機製作所では、海外の製造現場へ赴く仕事も少なくありません。私自身も、入社2年目に1週間のタイ出張を経験しました。若手にも海外で働くチャンスが多く与えられる職場です。初めての海外出張は、機械の試運転調整で、言葉も違う環境での仕事は学ぶことも多く、自分自身の成長につながったと思います。タイの後、中国にも出張しました。タイでは先輩に同行して学ぶばかりでしたが、中国では「これは自分ひとりでも対応できる」と自信が持てたこともありました。こうした海外出張も、自分の成長を実感できる機会になっています。「海外で働いてみたい」という興味がある人は、名機製作所ならその願いがはやく叶うかもしれませんよ。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
杉崎桂一郎
出身
中部大学 工学部 機械工学科
部署
技術部 技術課
勤続
2017年入社
設計者として成長できる社内環境とは

私は、真空ラミネータの設計を担当しています。設計職なので、机に座ってCADと向き合っている時間が長いのですが、製造現場から電話がかかってきます。「杉崎くんの設計したところ、ちょっと直しがいるかもなぁ。見にきてみな」って。
「機械の設計がしたい」と思い名機製作所に入社しました。大学でも図面を作成する勉強はしてきました。でも、やっぱり実際に仕事をするとなると、学生時代に学んだ知識だけではなかなか通用しません。自分では「これでよし!」と思った図面も、カタチにしてみると長さが全然合わなかったりする…。頭の中で想定するための経験値不足を感じながら、それでは通用しない仕事の厳しさも実感します。けれどそんな時、名機製作所の働く環境はとってもいいなと思います。

設計したモノがカタチになる過程を見ながら、学べる

「見にきてみな」と電話をもらっていくのは、歩いて数分もない隣の製造現場です。名機製作所では、自分が設計した機械が同じ社内で造られているので、実物をすぐに確認できます。見に行ってみると、確かに自分の設計ではうまく合わない。「あぁ、こういう部分が干渉するんだ」と目にすると納得もできますし、一番の学びです。製造担当の先輩たちも、丁寧に教えてくれます。入社して最初は、この繰り返しです。
名機製作所では、入社1年目から機械の一部の設計を任せられ、どんどん挑戦させてもらえます。失敗もありますが、積極的に仕事に臨めば、知識も技術も伸ばしていける職場です。ベテランの先輩たちからたくさん学びながら、機械の中で扱える部分を増やしていっています。

先輩のように頼れる技術者を目指して

今の目標は、はやくひとりで1台の機械設計を任せてもらえる力をつけることです。そのためにもまずは標準的な仕事が完璧にできるようになる。先輩たちが担当している複雑なニーズに対応する設計に携わるためにも、基本を身につけなくてはいけません。その点、先輩たちと一緒に仕事をしていると、「やっぱりすごい」と感じる時がたくさんあります。お客様が「こういう風にしたいんだけど」と投げかけたことに、「では、こういう仕様はどうでしょう?このくらいの時間で対応できると思いますよ」と具体的な提案がすぐに出てくる。私も、経験を積んで、お客様に信頼できると思ってもらえる技術者になりたいです。ずっと先のことと思わず、1日でもはやく独り立ちするために、努力したいと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

当社に関心を持っていただき誠にありがとうございます。
ぜひ一度当社にお越しいただき、雰囲気を感じ取っていただきたく思います。
当日の選考はありませんので、リラックスしてお越しください。

【本社アクセス】
名鉄前後駅より徒歩30分、タクシーご利用で10分程度となります。

JR共和駅又は大府駅から、タクシーご利用で15分程度となります。
交通事故にお気をつけてお越しください。
自家用車でのご来社も可能です。