商社(その他) / サービス(教育・医療・福祉) /

中日本信和株式会社【ファーストケア】

アクセス数 3205

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

山口 将史
出身
中部学院大学 人間福祉学部卒
部署
福祉事業部 ファーストケア 大垣営業所 所長
勤続
2013年入社
まだまだ若い会社を成長させていく楽しみが感じられると思った

大学で福祉を学び、卒業後は介護福祉士として介護施設に就職。6年間お世話になった以前の職場には、介護ベッド、車いすをはじめ、多種多様な福祉用具がありました。新製品にふれるたび、同僚たちと「こんな便利なものが開発されたんだ!」と話していたことを思い出します。そんな驚きや感動を利用者様に直接届けることができ、かつ自分のがんばりが数字として明確に表れる福祉用具専門相談員の仕事に興味を抱いたことが転職のきっかけです。また、在学中に福祉住環境コーディネーターの資格をしており、これを本格的に生かしてみたいと思ったことも転職理由のひとつでした。

私は転職での会社探しの際に、成熟した会社ではなく「これから」に期待が持てる伸びしろの大きな会社に入りたいと思っていました。そういう意味でファーストケアは、当時設立2年でしたので理想通り。若手中心の人材で会社を成長させていく余地があることから、ぜひ自分の可能性を試してみたいと思って、入社を決意しました。

福祉用具と住宅改修のご提案によって、安楽を感じていただきたい

福祉用具専門相談員として、地域のケアマネージャー様と連携し、日常生活に困難を抱えた高齢の利用者様をサポートするのが私の仕事です。具体的には、お一人おひとりの身体状況、生活環境などをうかがい、最適な福祉用具や住宅改修のご提案・ご提供を行っています。たとえば車いすひとつをとっても、体格や用途によってご提案する製品は変わるため、用具の専門知識とフィッティング技術は不可欠です。さらに、メーカーからは次々に新製品がリリースされるので、それらのスペックを学ばなければ、最適提案には結びつきません。もちろん製品情報を自らアップデートしていく必要がありますが、そうすることで提案の幅も広がり、より頼られる人材へと成長できます。

私はどうしたら利用者様に喜んでいただけるか、どうしたらケアマネージャー様からの信頼を得られるかを念頭に置きつつ、常に相手の立場になって要望を抽出する努力を怠らないようにしています。また、利用者様やケアマネージャー様にとって、私たちはどんな存在であるかを意識しておくことで、自分の行動や言動も大きく変わると考えています。福祉用具と住宅改修のご提案によって、利用者様や介護をされるご家族が安楽を感じて暮らせることが理想です。そのために私たちは寄り添い、ささえ続けなければなりません。

今の勢いを加速させてもっと会社を大きくしたい

昨秋、大垣営業所の所長に任命していただきました。これまではひとりの営業として、自分が担当するケアマネージャー様や利用者様と向き合うことに集中してきましたが、今後は拠点を束ねる責任者として、メンバーの動向にも気を配り、大垣営業所を盛り上げていかねばなりません。当然、全体の数字管理も任されますから、戦略を考えて大垣エリアでのシェアを拡大し、ファーストケアの認知度向上にも努めていきたいです。責任は大きくなりましたが、その分やりがいを感じられるので、仕事はいっそう楽しくなったと言えます。

当社の福祉事業は今後営業拠点も増え、いっそう大きくなります。私が入社してからも営業所と社員数が増えました。正直、よい勢いを感じています。今いるメンバー、そして新たに入って来るメンバーと手を取り合って、この勢いを加速させてもっと会社を大きくしたい。そんな目標を掲げています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
豊嶋 優介 2017年4月入社
出身
愛知大学 文学部卒
部署
福祉事業部 ファーストケア 大垣営業所
勤続
2017年入社
先輩の仕事を見学したら、自分の働く姿をイメージできた

「人と関わり合って、人のために力を発揮したい」。そんな思いを実現できる仕事として、医療・福祉業界での営業職に注目していました。就職活動を始めた当初は医薬品会社の説明会などに参加していました。話を聞いてみると、医薬品会社はドクターをはじめ、基本的には医療関係者との折衝が主体ということがわかりました。しかし就職活動を続けて行く中で、お客様と直接ふれ合いたいという気持ちが強くなり、医薬品会社ではない企業に目を向けるようになりました。

ファーストケアのことは就活サイトで見つけたのですが、社員の皆さんが笑顔で仕事に取り組んでいる様子がわかり、楽しそうな会社だと感じました。選考試験では、採用担当者の方がとても若かったので話がしやすく、自分の気持ちをさらけ出せたと思います。また、一次選考の後に営業職の先輩に同行させてもえたのですが、これが非常に印象深く、見学することで自分が働いた時の姿をしっかりイメージできました。

人に尽くして、感謝される。まさにこれこそが私の求めていた仕事

入社後は1カ月半ほど研修期間があり、その間に社会人マナーや福祉用具のメーカーによる製品説明を受けることができました。5月の半ばになってから現在勤務する大垣営業所に配属され、先輩に同行して仕事の概要を理解することに努めました。営業としてひとり立ちしたのは9月でした。同月中に新規のご依頼をいただき、実績をあげることができました。ご利用者様は、ご自身のことをたくさん話してくださる方でした。商品納品の際のうれしそうな顔は今でも忘れられません。

11月にもなると、定期的に新規のご依頼をいただけるようになりました。中には、使っていただけた期間は短かった案件もありました。それでもご家族様からは「快適に介護ができました、ありがとう」という温かな言葉をいただけ、まさにこれこそが私の求めていた仕事だと感じました。「人に尽くして、感謝される」。ファーストケアでの仕事の醍醐味だと思います。

福利厚生の充実は、心のゆとりにつながる

ファーストケアは、福利厚生面が充実していると思います。私は大学進学の時点で実家を出ましたので、就職の際にひとり暮らしになることはさほど苦にしてはいませんでした。現在は配属先の大垣市内でひとり暮らしをしていますが、会社から家賃の補助もあり、社会人としての生活は想像以上に順調です。毎月まとまった金額を貯金できるので、今後のライフプランも描きやすいです。福利厚生の充実は、心のゆとりにつながると思います。

2018年の4月から、いよいよ社会人2年目になります。会社の成長とともに後輩も増えるので、頼られる先輩になっていたいと思います。今後は、大垣営業所を支えるキーパーソンのひとりになることを目標に、福祉用具の専門知識だけでなく、コミュニケーション能力、発想力、課題解決力などの底上げを行い、営業職としてレベルアップできるように頑張りたいと考えています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

皆さん、こんにちは!!
是非、「先輩社員の声」のバナーより弊社社員の考え方や日々の取り組みを感じ取って下さい。

得るものがあると感じた方はエントリーをお願いいたします。
順次、採用担当より会社説明会のご案内をいたします。

【会社説明会内容】
・会社説明(約40分)4年目の社員がお伝えします。
・社内見学(約20分)岐阜営業所の見学会を行います。
・座談会 (約20分)営業の先輩の生の声が聴けます。
・質疑応答(10分)