サービス(教育・医療・福祉) / ソフトウェア・通信・情報 /

株式会社ホクコウ

アクセス数 3931

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

K・T
出身
朝日大学 経営学部 情報管理学科
部署
システム部 システム2課
勤続
1999年入社
入社当時は学生気分が抜けず、社会人生活に慣れるまでひと苦労

大学では、簿記や会計の勉強のほか、プログラムについても学ぶことができました。そういった学習の成果が生きる仕事につきたいとぼんやりながら考えていたところ、ある日自宅に1通のDMが。内容を読んでみると、ホクコウの事業概要が書かれており、学校向けのシステム開発という仕事に興味を持ちました。実はDMを受け取った時点で、他社からの内定はもらっていなかったので、半ば背水の陣でホクコウの選考試験に挑戦。文系学部出身ですが、「とにかくがんばります」と熱意をしっかりアピールした覚えがあります。

現在の新入社員は、入社後に手厚い研修を受けてもらっていますが、私たちの代は入社前研修でプログラミングの基礎を教えてもらい、入社後は割と早い段階から実際の仕事に取りかかりました。正直を話すと、入社当時はまだ学生気分が抜けておらず、社会人生活に慣れるまでひと苦労。知識も当然先輩に及びませんので、ミスも目立っていたと思います。仕事としてはプログラマとして実装とテストを受け持っていました。システムエンジニア(SE)がまとめた設計に対して、実際にプログラム言語を使ってプログラムを生成していくという内容です。

サブSEになったことは、自分にとってのターニングポイント

プログラマとして数年間仕事をしたのちにサブSEのポジションとしても活動するようになりました。文字通りシステムエンジニアのサブ的なポジションにあたるのですが、実際に客先に出向いて、仕様の打ち合わせに参加します。それまでは内勤でしたが、外に出てシステムのユーザーと話をすることで、ユーザーがどのように業務を進めているかがはっきりわかるようになりました。そして、システム開発に取り組む際にもユーザー目線を心がけ、よりよいシステムの方向性を強く意識できるようになれたので、自分にとってはサブSEを任せられたことは大きなターニングポイントに思えます。

サブSEからシステムエンジニアになった時は、正直「自分に務まるのか!?」という不安はありました。ですが、サブSEとプログラマとして積んだ経験が非常に役立ち、うまく順応できて、お客さまの要望や潜在的なニーズをうまくキャッチできていたと思います。もちろん、自分なりにシステムエンジニアとしてのあるべき姿を追求し、勉強もしました。

システムをつくっていく上では、お客さまの要望やニーズ、そして業務内容をしっかり把握できていないと仕様もまとまらず、その後の工程でも苦労が絶えません。結果的に満足が得られないシステムができ上がってしまいます。だからこそ、最初の要求分析や、それをまとめた上での要件定義が重要なのす。

若手を育成して組織全体のレベルを高めていく。これが直近の目標

システムエンジニアのやりがいは、まずお客さまと一緒の方向を向いてシステムづくりに取り組んでいることが分かった時に感じられます。依頼者とつくり手の意識に乖離があると、システムをつくっていくまでの過程で、ともに大変な思いをしてしまいます。だからこそ同じ方向を向いていることが大事。また、開発部隊にも仕様を理解してもらい、理想通りのプログラムをつくってもらった時も達成感を感じます。システムエンジニアは、実際に開発を行ってくれるプログラマにとっては司令塔的な立場にあるので、狙い通りのプログラムができて、完成度の高いシステムができた時は自分のマネジメント力を活かせた実感が得られるのです。

当社のシステムエンジニアは、お客さまから要求のヒアリングだけをしていればOKというわけではありません。繁忙期には、設計・プログラミング・テストまで自身でやらなければいけない時もあります。上流工程から下流工程までを自分が担当することになったら大変ですが、やりきって「システムをつくった!」時の満足感はかなり大きいです。現在は部下の指導も大きな任務なので、自分がすべてに手を出すのではなく、部下を育てる意味でも後方支援に回ることが多いです。若手を育成して、組織全体のレベルを高めていく。これが直近の目標です。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
F・D
出身
名城大学 都市情報学部 都市情報学科
部署
システム部 システム1課
勤続
2016年入社
面接に参加してみて、抱えていた不安が払拭された

文系出身の私ですが、進みたい業界をある程度絞り込んでおいたので、選考試験を受けた会社の数はそれほど多くありません。勤務地と業界(IT系)を会社探しの大きな条件にしており、サイトで検索したところホクコウを見つけました。

ホクコウは主に小中高、大学、専門学校などに向けた教育関係のシステムをつくっている会社。つまり教育機関がお客さまということになります。就活当時、教育機関は突然激減することがないと思ったので、ホクコウとしても需要の減少に悩まされることがなく、売上を確保していく面では安心できると考えて志望しました。

大学では専門的ではないにしろ、情報分野も勉強しました。とはいえ、文系学部出身なので、やはりエンジニアとして一人前になるには大変ではないかという懸念があったことは否めません。ですが、面接では文系出身者も活躍しているということと、研修が充実していることを教えていたただき、不安は解消されました。また、他社の面接と比べて雰囲気もよく、面接で必ず聞かれる質問以外でも多彩な話題で場が盛り上がり、人間性を評価してくれていると判断できたので、ぜひ入りたいと思いました。

業務レベルの高さに戸惑うも、試行錯誤の末にプログラムを生成

入社後約3カ月は研修社員です。もちろん研修期間中は、お客さまにご利用いただいているシステムのプログラミングをするわけではありません。演習用のプログラミング課題に取り組み、基礎知識を学びました。研修期間を終えてから実際の業務がスタートします。最初に、生徒の出欠管理システムのプログラミングを担当させてもらいました。

演習課題ではなく、実際の仕事としてプログラミングと向き合うと、そのレベルの高さにやや戸惑いました。試行錯誤しつつなんとかプログラミング言語を書き込んでいくことができましたが、テストをしてみると思わぬ結果が。そこで、悪さを引き起こしている原因を自分で調べるのですが、わからないこともあります。まず自分で解決策を探るようにしていましたが、どうしてもお手上げの場合は先輩の力を頼りました。

プログラム生成をしながらバグ潰し(デバッグ)も行います。バグとは演算結果をはじめとする、システムの不具合を引き起こす原因となるプログラムの誤りのこと。開発期間が長く、規模の大きなシステムほどバグが潜んでいる率が高くなります。これをひとつずつ見つけ出し、処置していく作業をバグ潰し(デバッグ)と言います。その場しのぎの対処ではなく、バグの根本的な原因を探って処置することで、バグを撲滅することができます。バグがなくなればお客様に安心して快適にシステムをお使いいただけるので、地道ですが大切な業務です。

お客さまが困っている時こそ、どれだけ誠意を持って対応できるか

2年目に入ったタイミングで名古屋オフィスに異動しました。そこではサポート業務を担当。すでにシステムを導入していただいているお客さまからのお問い合わせを受け、トラブルシューティングを行うことが主な仕事の内容です。お客さまからいただいたご連絡では、「システムの調子がおかしいので、何とかしてほしい」というケースが多いので、直ちに対応に当たらなければなりません。システムが本来の機能を取り戻すまでの期間、場合によってはお客さまの業務に多大なご迷惑をかけることになるので、改修作業は迅速に実施。そして、修正プログラムができたらお客さまのところへ出向き、現地での入れ替え作業を行い、機能回復を目指します。お客さまが本当に困っている時こそ、どれだけ誠意を持って対応できるかがサポート担当としての腕の見せどころではないでしょうか。

名古屋オフィスには半年在籍。本社地区のお客様担当として本社勤務となり、仕事内容は引き続きサポートがメインで、新規システムの開発も担当するようになり、先輩の指導をいただきながらサブSEとしてとしての活動を開始しました。2018年の4月から勤続3年目に入りますが、まだ先輩の力添えなしではひとりですべての業務を進めることができません。そろそろ完全にひとり立ち。先輩に心配されるのではなく、信頼されるエンジニアにならなければと気を引き締めています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

【会社説明会について】

エントリーいただくか下記メールアドレスまでお気軽にメールをお願いします。
infojob@hokukou.co.jp
個別に日程調整をさせていただきます。


※文系・理系問わず、学部学科不問です。
情報システム関連の企画・設計の仕事にご興味のある方、エントリーをお待ちしております!

説明会情報

12
19(水)

新卒向け会社説明会

日程:
2018年12月19日(水)
時間:
10:00 ~ 17:00
場所:
株式会社ホクコウ 名古屋オフィス   名古屋市東区泉2-21-25 高岳院ビル5階
■ 会場地図はこちら
持ち物:
特になし

2018年12月19日(水)
入社説明会を開催いたします。
この度は株式会社ホクコウにご興味を持っていただきまして、
ありがとうございます。
株式会社ホクコウのことをより知っていただく機会に
なればと思います。

<時間>
時間は10:00~17:00までの
ご希望の時間帯をご指定ください。

予約する