メーカー(機械・工具・部品・金属) /

株式会社日栄機工

アクセス数 1322

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

原田隆佑
出身
豊田工業専門学校
部署
技術部 支援設計グループ
勤続
2008年入社
新しいモノづくりの課題にひとつの答えを

お客様が「こういう製品を作りたい」と、完成品から考えて、それを作るための機械のイメージを聞かせてくださるんですね。そのまだ抽象的なイメージから、「じゃあ、こんな動きができたらいいな」って頭で思い浮かべるんです。そう動かすなら、この部品が必要で、機械の中でこうやって組み合わせて…。頭の中でどんどん具体的な絵を描きながら、設計を進めていきます。考えた通りに動いてくれるとやっぱり嬉しいですね。
同じような製品を作るのにも、作るモノの仕様変更で、それを作る機械は大きなモデルチェンジを求められる場合もあります。例えば、それまで一体成型で作っていた部品を、形状は同様だけど部品を分割する必要ができたケースがありました。部品が分割されると、それらを組み付ける段階で、従来よりも工程が多くなる。けれど、それでは生産スピードが落ち、コストもかかってしまいます。だから、分割した部品を一度に組み付けられるように、機械の動作を考えました。私のアイデアでモノづくりの新しいニーズに応えられた案件です。難しいオーダーも少なくありませんが、解決策を導き出すのは面白い仕事だと思います。

日栄機工のロボットたちに心踊って

中学生の頃から機械に興味があって、豊田高専でも機械工学科でモノづくりについて学んできました。就職先を考える時、ご縁あって足を運んだ日栄機工の製造現場は、すごく魅力的でした。「メカメカしい」というか、多彩な動きを見せるロボットたちにワクワクしたんです!機械に興味のある人なら、「あの機械はどうやって動いているんだろう」「あれはどんな仕組みなんだろう」と、もっと深く知ってみたくなるんじゃないでしょうか。私は一目見たその日に「作ってみたい」と思い、入社を決めました。機械の好きな人は見てみて欲しいです。
入社して最初は、工場で製造を経験しました。まずは自社の製品を知らなくてはいけません、誰でも通る道です。その後、私は3年目から設計をしています。いくつもの専用機を設計してきましたが、同じものはひとつもありません。そもそも、特殊な専用機なので、お客様の必要とする台数は限られています。作られる製品、使われる現場が変われば、機能は同様でも完成形は大きく変わる。同型の機械のご依頼でも、前のものよりも良くなるようカスタマイズを加えます。いつでも、新しい機械、より良い機械を突き詰め続ける仕事です。自社で製造も行っているので、設計して終わりではなく、機械の完成まで見守れるのも日栄機工のいいところですね。

専用機のプロとして成長できる環境

アイデアをカタチにできるとは言うものの、経験や知識が不可欠な仕事でもあります。私も、3、4年は自分自身の基盤を作るために、質問して、調べての繰り返しでした。その点、日栄機工にはお手本になる先輩が何人もいて、参考にできる図面が棚いっぱいにズラリ。難題に悩んでいる時、先輩に聞いてみると「昔のあの案件を見てみな」とアドバイスをもらえたり、先輩自身の経験談からヒントをもらえたり。産業機械の設計・製造を事業としてきた会社で、何十年と培われてきた独自のノウハウを吸収しないのはもったいない。先輩たちの経験からたくさん学ばせてもらううちに、分かることも増え、発想力も磨かれていきました。
次々に新しい機器や部品が登場するこの業界では、最新情報のチェックも欠かせません。設計には、営業と製造、あるいはお客様と日栄機工を専門知識でつなぐ役目もあります。分からないでは許されない。責任の大きさも実感しています。楽な仕事ではないですが、その分任せられる裁量は大きい。無理そうな要望にも負けじと挑戦する。「どうしたらもっと使いやすい機械になるか」と、限界を決めずに考え続ける。そんな姿勢で課題にのめり込める人なら、目の前のタスクを面白がりながら成果を残せるんじゃないでしょうか。学ぼうとする努力を後押ししてくれる仲間はいますよ。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
高松憲司
出身
豊田高等学校
部署
営業部 部長
勤続
2000年
製造の経験が全員の基礎。分かるほどに面白くなる。

日栄機工の製品は一点ものの産業機械や専用機。まさしく、お客様のモノづくりの現場だけにピッタリと合う機械を作っています。その出発点となるのが、私たち営業職のヒアリングです。お客様を訪問して、お困りごとやご要望をお聞きし、技術部や製造部と相談して提案につなげます。お客様のニーズを汲み取るためには、営業職にも技術職や製造職と同じように専門知識が必要です。
日栄機工で、社員全員の基礎となるのは、入社後の製造現場での経験。私も最初の約3年は専用機を組み付ける仕事や設計の勉強をしてきました。自分たちの扱う製品はどのように作られるのか。お客様それぞれの声をカタチにする機械づくりの特徴や強みを体感するからこそ、営業としても語れるようになります。入社して18年、営業として10年。だんだんとひとりでお客様にお応えしたり、提案したりできるようになって、仕事のやりがいや面白さもどんどん大きくなりました。取り扱う機械は幅広く、お客様から求められることも千差万別。どの職種もひとり立ちするまでに時間は必要ですが、積み上げた経験は嘘をつかない仕事だとはっきり言えます。

お客様の現場への出向が成長のきっかけに

私にとって大きな成長の機会となったのは、製造、設計を経験した後の、トヨタ自動車への出向でした。日栄機工では、全員ではありませんが、若手にはお客様である企業への出向のチャンスが与えられます。お客様の製造ラインを、内部の人間としてみる。そこにどんな課題があって、どんな改善が考えられるか、中に入ったからこそ見えてきたニーズがありました。この経験で視野が広がり、営業としてご提案する力の基礎にもなったと思っています。
こうした出向の機会は、日栄機工の実績による信頼や、先輩たちが築いてきた関係性があって、私たちへと巡ってきたもの。企業としての信頼と伝統を私たちも受け継いでいきたいです。

業界が変革する中で、日栄機工の新たな一歩を

自動車の世界は大きな変革の時期を迎えています。例えば、電気自動車市場の発展は、私たちの事業にも大きな変化を求めています。これまでの自動車とは異なる部品が作られるようになる。その中で、日栄機工の手がける専用機は、どう対応していかなければいけないのか。今まさに、社員が一丸となって、自分たちの手で新たな需要に応えるための試行錯誤をしなければならない時期です。
営業としてお客様のニーズをお聞きする立場にあって、新しい市場開拓へのチャレンジに面白さを感じています。自動車の進化はこれからも続いていくでしょう。専用機を得意とする日栄機工独自の技術を、次の時代でどう生かせるか提案していくのが私たちの役目です。自分たちの手で、日栄機工の歴史の次の1ページを作っていく。そんな挑戦を一緒にしてみたいという方をお待ちしています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

先ずはエントリーをお願いします。