商社(機械・工具・部品・金属) /

丸鐵鋼業株式会社

アクセス数 1658

  • ブックマークに追加
  • エントリーする

先輩社員の声

竹下 剛
出身
中京大学 経営学部 経営学科
部署
営業部
勤続
2005年4月入社
本格的な独り立ちまで周囲がしっかりサポートしてくれる

新卒社員として入社したのは、金融業界の会社です。私はその会社を研修期間を終えた後に退職しました。会社の未来が見えなかったからです。その後はアルバイトをしましたが、もちろん「このままではいけない」と前を見据えることだけは忘れていませんでした。年齢的には既卒者と同じ。再び仕事探しを真剣に始めた時、名大社の企業展で丸鐵鋼業と出会いました。ブースでお会いしたのは、社長と常務。とても話しやすい方々で会社の概要を詳しく教えてくださいました。面接では、前社を退社した経緯や思いについて正直に述べました。うわべの話をしても、お互いのためにはなりませんからね。

入社後はまず、倉庫での入出庫作業を任されました。約1年後、今度は工場に配置されて切断加工や商品の配送を担当。徐々に営業としての仕事ももらえるようになり、専任になったのは、20代後半でした。専任になったとはいえ、いきなりすべてを任されるわけではありません。先輩、時には社長が同行してくださり、本格的な独り立ちまでサポートしてくれたので、大きな不安を抱えることはなかったです。

求められたモノを精一杯努力してお届けるすることが使命

当社の営業は基本的にはルートセールスです。以前から取引しているお客さまを巡回訪問して、薄鋼板のご注文がないかをヒアリングします。ご注文いただいたモノが当社の倉庫にあれば、すぐに配送手続きをとり、なければ仕入先に注文。仮にこれまであまり扱ったことのないようなモノをご注文をいただいた場合は、いつもの仕入先でも取り扱いがないことが予想されるので、新しい仕入先を探してお客さまのために確保します。求められたモノを精一杯努力してお届けする。これこそが丸鐵鋼業の営業に課せられた使命です。

正直、入社するまでは鉄鋼製品にこれほどたくさんの種類があるとは思ってなかったです。当社は薄板の鋼材をメインに扱っていますが、それだけでも相当な種類があります。営業としてその顔ぶれを覚えなければいけない大変さは感じますが、裏を返すと奥が深く、突き詰めがいがある世界と言えます。日々の折衝はもちろん、自己研鑽などからも知識を増やしていくと、より頼りがいのある営業へと成長し、お客さまからもさらに信頼されるようになります。営業として独り立ちしましたが、まだまだ勉強段階。もっと知識を積み上げていく必要性を感じています。

自分で仕事を組み立てていく楽しみが味わえる

私の担当客数は30社ほど。多くは中小企業で、折衝相手は社長や役職者なども珍しくありません。人生経験が豊富な方々と話ができるので、人としての成長も叶います。また、付き合いの長い会社も多いので、皆さんからかわいがっていただけるのもうれしい限りです。一方、大手企業にうかがった際は、調達担当と折衝。世界規模で事業を展開するお客さまとなれば、グローバルな視点での話は日常茶飯事で、勢いのある中国市場やトランプ政権のことなども話題に上ります。

この会社は指針を理解していれば、自由に動き回らせてもらえます。最初は営業手法の基本を覚えなければなりませんが、細かな部分においては自分で考えて実行できるので、仕事を組み立てていく楽しみも味わえるのではないでしょうか。また、困った時は先輩方や頼れる後輩がサポートしてくれます。皆さんも大船に乗ったつもりで営業に励めるので、不安を払拭して一緒に働きましょう。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
磯部勇太
出身
中京大学 法学部 法律学科
部署
営業部
勤続
2006年4月
下積み時代があったから、今営業として立ち回ることができている

以前、学生の就職支援会社に勤めていた叔母から、「鉄鋼業界は安定感がある」と聞いており、好感触を抱きました。だからと言って、鉄鋼業界一本で就職活動をしていたわけではありません。木材会社やフードチェーンなど、いろいろな業界の選考試験を受けました。丸鐵鋼業のことは合同会社説明会で知り、ブースで社長と話をした時に「エネルギッシュな方だ!」と驚いた覚えがあります。入社を決めた理由としては、安定感です。私はひとつの会社に長く勤めたいと思っており、まず業界に安定感があることは、大きな安心材料になりました。また、東海圏は自動車産業が盛ん。そこにも多くの鋼材を提供しているということで、さらに安心できました。

入社後は倉庫と工場に配置され、それぞれの現場で下積みを経験。本音を言えば、早く営業に就きたいと思っていましたが、こうして改めて振り返ると下積み経験があってよかったと思います。営業は工場に切断加工の依頼をかけるのですが、自分も加工担当者をしていた分、相手の気持ちがわかるので無理のない頼み方ができるようになります。また、鋼材の名称を覚える上で倉庫での作業はうってつけでした。取扱品目の名称が言えないようでは、営業としての基本も務まりませんからね。

信頼は努力の積み重ねによってつくられるもの

営業部の中ではもっとも担当客数が多いです。私が営業を始めてからずっとお付き合いが続いているお客さまも多く、信頼されていることに喜びを感じています。信頼は努力の積み重ねによってつくられるもの。お客さまからのご要望を適切に満たし、ひとつずつ実績を残してきたからこそ徐々に信頼が築かれ、長いお付き合いに結びついたのだと思っています。
 
ただ言われたままに鋼材を供給するだけでなく、的確なレスポンス、素早い機動力、先を読んだ情報提供など、何か付加価値を添えることで、お客さまにさらなる満足を感じていただくことができます。価格で他社に負けることがあっても付加価値で勝負に挑み、たくさんのお客さまに喜んでいただくことができました。

お客さまの力になるために、自分がすべきこと、できることを考えて実行に移す。これが仕事における私のポリシーです。「言うは易し、行うは難し」ですが、今後、会社を盛り上げていくのは私たち世代なので、これからもお客さまの立場になって仕事を進め、今以上に大きな信頼を獲得していきたいと思います。

仕事外でお客さまと仲良くできるのも、当社の営業の醍醐味

当社では皆でサポートし合いながら仕事を進めています。私は営業部の中で一番の若手ですが、ある程度キャリアも積んだので、特定の分野においては先輩方よりも詳しく、先輩がその分野においてお客さまから質問を受けた場合などは、私が代わって説明を差し上げたりもします。また、私が身動きが取れないタイミングで急ぎの納品を依頼されると、先輩が代行配送を行ってくださることもあり、助け合いの精神が根付いた職場と感じています。

ありがたいことに仕事を超えてお付き合いをさせていただけるお客さまもいまして、食事に釣り、ゴルフなどに時々誘われます。「仕事以外でも一緒に過ごすのは、気遣いが大変なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最低限の節度ある行動や言動さえ心がければ、楽しく過ごせます。4月の末頃には、お客さまと釣りに出かけ、さらに帰る前に温泉にも立ち寄りました。慕っていただけるからこそ、深い付き合いができるのであって、私はこうした時間を過ごせることも、この会社の営業の醍醐味だと思っています。

  • ブックマークに追加
  • エントリーする
採用情報

説明会メッセージ

ただいま説明会情報は計画中です。