メーカー(機械・工具・部品・金属) / メーカー(自動車関連) /

すぎやま工業株式会社

アクセス数 1319

メッセージ

【優良サプライヤー】複数の大手機械メーカーと長年取引。
2018年に工場も新しくなり、心機一転!

金属製品をつくる際には、さまざまな加工が施されます。その中のひとつに切削加工があり、すぎやま工業では、創業以来この技術をビルドアップしてきました。

そもそも切削加工とは、仕入れた金属材料を工業用の特殊な刃物を取り付けた工作機械にセットして、文字通り「切る「削る」といった作業を行うことで、目的の形状をつくり出します。当社が切削加工によってつくり出すモノは、フォークリフトなどの産業用車両に使われるギヤ。具体的には、足廻り用のギヤで、駆動力を車輪に伝達する前車軸に取り付けられます。また、後車軸や制動装置、エンジンパーツ、動力装置の部品としても採用されるなど、産業用車両の駆動には当社のギヤが欠かせません。さらに、ギヤ単体だけでなく、複数の部品によって構成されるギヤボックスなどの組み立ても行っています。

駆動に関わる切削加工製品は、すぐれた品質でなければなりません。ギヤの噛み合わせが悪いと、車両が動かなくなったり、事故につながる可能性も否定できなくなります。サプライヤーとしては、重大な部品の加工を任されていることを肝に銘じ、これまで一貫して高品質にこだわってきました。と同時に、納期も厳守。お客さまの期待に応えられるサプライヤーであることは、全従業員の誇りです。

当社は1948年に杉山歯車製作所として創業しました。その翌年には、現在の大手自動車メーカーの源流とも言える機械メーカーと取引を開始。1970・80年代後半にも、新たな取引先を開拓し、2000年代に入ると、岩倉に工場を立ち上げ、そこに熱処理工場も備えました。同時に生産体制も見直してライン生産を導入し、在庫を減らしながら、より効率的なモノづくりを実現させています。

そして2018年に、岩倉工場から現在の地に工場を移転。新生すぎやま工業として再スタートを切ったばかりのタイミングで、新しい若手を採用します。優良サプライヤーとしてお客さまに寄り添い続けるためにも、若い人材をイチから育てていかねばなりません。すぎやま工業の未来を背負う人材と本採用で出会えることを楽しみにしています。

ここがポイント

お客さまからの高度な要求に応えられる技術力

創業から70年以上も切削加工一筋。そこで培ってきた技術力は大きな自慢です。お客さまからの要求ハードルを超えるのはたやすいことではありませんが、決して諦めず、愚直なまでにできる道を探り続けてきました。モノづくりへの探究心は、どこにも負けていないとの自負があります。

現場業務からスタートして、さまざまな職種を経験できるチャンス

今回、募集職種がたくさん明記されていますが、総合職採用をイメージしてもらえれば幸いです。まず最初は、当社でどのようなモノがどのようにつくられているかを知る・学ぶ意味で加工現場への配属となりますが、以降は適性や社内状況を考慮しながら、別の職種へとローテーションがなされます。もちろん、現場を極めたいという意向であれば、現場でがんばっていただけますし、文系出身者でも生産技術者になることが可能です。

フォークリフトの需要は、まだまだ増加

ネットを使った物品販売が世界的に好調ということもあり、モノを保管しておく倉庫の建設が盛んです。なお、倉庫にフォークリフトはつきものなので、今後もギヤの需要は増加の傾向。また、電動モーターを搭載したフォークリフトのシェアが広がっていますが、それでもギヤは求められる部品なので、受注が落ち込む心配はいりません。さらに、新興国でもフォークリフトはどんどん導入されており、当社としてもまだまだ加工依頼に応えていける体制を強化していかなければならないと気を引き締めています。

学生へのメッセージ

<代表取締役社長 杉山眞康より>

社会人経験のない新卒生の皆さんを採用する際、私たちがもっとも重視するのは「どれだけやる気を秘めているかどうか」。つまり働くことへの情熱です。「だからこの会社で働きたい!」「モノづくりを楽しみたい!」「技術がモノを言う世界で自分の可能性を試してみたい!」など、思いの丈を伝えてください。情熱は仕事を続けていく上で原動力になります。不安な場面に遭遇しても、情熱があれば受け身にならず、現状を打破するべく前を向くようになるはずです。皆さんは若い。若い世代だからこその情熱に、当社は大きな期待を寄せています。

募集要項

採用情報

募集職種
①製造オペレーター
②生産管理
③生産技術
④品質保証
⑤営業
仕事内容
①製造オペレーター
実際に加工作業を行うポジション。材料を工作機械にセットし、機械を動かして加工を進めます。加工が終わったらその製品を取り出し、次の工程へ。モノづくりのフロントラインに立つポジションと言えます。

②生産管理
原材料を発注し、どれだけの加工品をいつまでにつくればお客さまが求める納期に間に合うかを計画します。納期順守は大切ですが、現場に無理が生じないような生産計画を立てることも生産管理には求められます。

③生産技術
現場が円滑に加工作業に取り組めるよう、準備を行うのが生産技術。例えば、工作機械に取り付ける刃物。これをメーカーにつくってもらうため、その担当者と打ち合わせをするのは生産技術者です。また、治具(加工するものの位置を固定するための補助器具)の構想を練り、刃物同様メーカーに製作を依頼。刃物も治具も完成したら、それを現場に導入するまでをコーディネートします。

④品質保証
当社の加工製品の品質を決定づけるために「このように加工を進めるべき」という指針をつくり上げます。また、加工のほか、各工程内で不良を発生させない仕組みも検討しなければなりません。

⑤営業
加工案件を獲得をめざします。当社の営業は飛び込みがなく、基本的にはすでに取引しているお客さまとの折衝がメイン。お客さまのもとにマメに通い、加工需要がないかをリサーチすると同時に、当社の工場の加工能力をPRし、他社に先駆けて案件をいただけるように努めます。
勤務地
本社:岐阜県安八郡輪之内町大藪2627-1
勤務時間
8:00~17:00 うち休憩が計1時間(10分、40分、10分)
初任給
初任給:210,000円(2020年4月予定) 
賞与:年2回(7・12月)
昇給(給与見直し):年1回(6月に実施)
*残業代は全額支給致します。
待遇・福利厚生
健康保険・厚生年金・労働(雇用・労災)保険
退職金共済
国家技能検定取得に向けた支援制度
休日・休暇
土・日曜
春季・夏季・年末年始の連続休暇(各6~9日) 等
年間休日は113日、一斉有休消化日が年に2日あり

※連続休暇等の日程は会社カレンダーによる

採用人数
製造オペレーター:2 生産管理:2 生産技術:2 品質保証:1 営業:1
採用実績校
愛知工業大 愛知学院大 愛知大 名城大 中部大 名古屋工業大 名古屋市立大 名古屋学院大 立命館大 同志社大 大同工業大 金沢工業大 神奈川工科大 名古屋経済大 朝日大 大東文化大 大阪学院大 同朋大 日本福祉大 聖徳学園大 ほか
募集学科
全学部・全学科
連絡先
すぎやま工業
〒503-0202 岐阜県安八郡輪之内町大藪2627-1
TEL:0584-76-5892
採用担当:業務部 総務グループ 近藤まで

選考の流れ

選考の流れ
「名大社 新卒ナビ2020」よりエントリー

会社説明会に参加(選考試験日程の通知)

役員面接および筆記試験(場合によっては二次面接)

内定通知

選考方法
人物重視
提出書類
履歴書 成績証明書 卒業見込証明書 健康診断書

企業情報

事業内容
●産業車輌(フォークリフト)用部品の製造
●各種エンジン部品の製造 
●建設機械用部品の製造
●産業機械用部品の製造
代表者
代表取締役社長 杉山眞康
設立
1952年10月(創業は1948年11月)
従業員数
190名
資本金
4,200万円
売上高
33.75億円(2018年度)
主要取引先
株式会社豊田自動織機、株式会社小松製作所
三菱重工株式会社、三菱ロジスネクスト株式会社
ナブテスコ株式会社、住友重機工業株式会社 など
本社所在地
岐阜県安八郡輪之内町大藪2627-1
関連サイト

説明会メッセージ

説明会申込受付中!

都度、会社説明会を開催いたしております。

製造工場をご案内しながら当社の特徴や
仕事の内容についてご説明いたします。
「まずは工場だけ見てみたい」という方も歓迎です。
お気軽にご連絡ください!