メーカー(機械・工具・部品・金属) / メーカー(その他) /

イハラ鋼業株式会社

アクセス数 2710

先輩社員の声

山内卓也 
出身
愛知工業大学 経営学部 経営学科
部署
切削グループ
勤続
2014年入社
先輩からのアドバイスをメモに残して、見返しながら知識を磨いた

 私は切削グループに所属しています。このグループは名前からわかると思いますが、“削る”加工を行う部門です。流れとしては、依頼先から製品の図面をいただき、次に図面に描かれた製品をつくるために必要な治具や金型の設計と製作、工具の選定をして、機械を動かすための段取りを行います。そして私たちが切削加工を施し、検査をして出荷します。
 配属されたばかりの頃に任された仕事は、とてもシンプル。先輩に工作機械を動かすためのプログラムを組んでもらい、こちらは材料をセットしてスイッチをオン。加工が終わったら機械から加工後の材料を取り出し、検査をする。それが終わったらまた次の材料をセットして加工、検査という内容でした。
 切削加工を続けていると、工作機械に取りつけられた刃物は次第に磨耗していきます。機械オぺレーターである私は、磨耗具合を常にチェック。その状態がひどければ加工前に取り替える必要がありますが、最初はわからないので、先輩が細かくフォローに入ってくれました。「こうすればいい」と先輩からもらったアドバイスは、その都度メモ。あとで見返しながら地道に知識を磨いていきました。

仕事を通じて自己成長を実感できると、モチベーションも上がる

 基本的に切削加工は工作機械が行いますが、材料を機械にセットする時は、オペレーター自身が固定具合を調整。また、仕上げについてはヤスリを使って手作業で削ります。これらについては理屈よりも感覚で進めるといった方が正しく、職人的な一面を持った仕事と言えるのではないでしょうか。
 2年目になった頃には、機械を動かすためのプログラム作成も徐々に任されるようになってきました。材料を狙った形状に削っていくには、刃物をどのように動かすか、その指示をプログラム化していく必要があります。プログラムと聞くと、IT分野の専門技術をイメージされるかもしれませんが、難解なものではありませんから修得もしやすいです。先輩につくってもらったプログラムで切削をするのとは違い、自分でプログラムをつくって狙い通りに切削できたら達成感も大きく、成長を感じました。仕事を通じて自己成長を実感できると、モチベーションもグングン上がります。仕事が「おもしろくなってきた」と感じたのは、ちょうどこの辺りからでした。

成長した今、社長に恩返しがしたいと思っている

 うまく切削できない時は、プログラムに問題があるのか、材料の固定が甘いのか、刃物を送るスピードを変えるべきか、刃物が磨耗しているからなのか、それとも機械に問題があるのか……、私たちオペレーターは原因を突き止めなければなりません。配属された当初は、「機械が自動的に削ってくれるので、うまく削れないことはない」。そんな気持ちでした。しかし、実際はそうではなく、精度が出せない時の対処はさまざまで、この点において切削加工の仕事の奥深さを感じます。
 私が今まで仕事を続けてこられたのは、仕事が楽しいことはもちろん、社長の人柄のよさに惹かれているから。実は入社当初、諸事情があって、会社を休まなければならない日々が続きました。1日も早く技術を身につけるべき新人なのに、何日も休むことを快く認めてくださった社長には、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。成長した今、当時の恩をぜひ自分の仕事で返したいと思っています。「ここで辞めたら男じゃない」。これは本心です。

廣村友洋 
出身
日本福祉大学 経済学部 経済学科
部署
プレス/板ばねグループ
勤続
2011年入社
文系出身者でも安心。よいスタートを迎えられる

 福祉大学では、やはり福祉関係の仕事をめざす学生が多い傾向ですが、私はせっかくの機会だから幅広く会社探しをしてみることにしました。選考試験を受けてみようと思える基準は、シンプルに「おもしろそう」と感じられるかどうか。イハラ鋼業は、ひとつの加工に特化しない事業を行っているので、いろいろ体験できそうな点が気になり、さらに20・30代の若い社員が多く活躍している点もにも好感が持てました。いざ入社してみると、想像以上に若い人が多かったです。だからすんなりなじめましたし、仕事外でも気軽に付き合うことができました。
 正直製造業と聞くと、理系分野が有利なイメージが強かったのですが、文系出身の私でもよいスタートを切ることができたと思っています。社長も「出身学部は問わない」とおしゃってくれたので、その一言も「イハラ鋼業に行きたい」と思わせる決め手のひとつになりました。

つくるものが異なるから、常に新鮮な気持ちで仕事が楽しめる

 入社後、プレス/板ばねグループに配属された私は、実際に板ばね製品の製造担当になりました。板ばねは、金属の板材を切って、曲げて、プレスしてといった具合にいくつもの工程を経てつくられます。それぞれ機械を使うことになりますが、意外にその扱い方については難解ではありません。むしろひとつの作業に取りかかるまでの段取りで覚えることが多かった印象です。当然知識が乏しいわけですから、段取りを進めるのもとにかく慎重。先輩に比べてスピードが劣るのは仕方がないと思いましたが、「早く追いつきたい」という前向きな気持ちも持つことも忘れていませんでした。
 当社では、小ロット生産ができるので、極端な例を言えば、数個だけ生産するといった案件にも対応します。かと思えば、数百個をつくる場合もあります。それぞれまったく異なるものをつくりますから、「この製品はここに気をつけて加工する」「あの製品はあそこに気をつけて加工する」というように、その都度知恵を絞りながら取り組みます。だから、常に新鮮な気持ちで仕事が楽しめるんです。

頼る側から頼られる側になってきた。後輩世代の手本になりたい

 プレス/板ばねグループに6年在籍し、その後は線ばねグループに異動しました。線ばねは、創業からある部門で、いわゆるばね製品をつくっています。線ばねは、線材をコイリングマシンにセットして、ばねの形状に巻くことができる機械です。前のグループで培った経験があるので、機械の使い方には慣れていましたが、うまく線ばねをつくれないこともたびたびありました。「なぜ良品がつくれないのか?」。その原因を探って次に生かすようにしないと、線ばねオペレーターとしてのレベルは上がりせん。技術者たるもの、やはり研鑽は怠ってはならず、私はイチから学び直す覚悟で気を引き締め直し、線ばね製造に取り組んでいました。
 線ばねグループに3年勤めた後は、再びプレス/板ばねグループに戻ってきまして、現在に至ります。この仕事を始めて10年選手になりましたから、仕事もスムーズに進められますし、何かあった時も自分で対処できるようになりました。また、後輩もたくさんいまして、彼らのヘルプに入るケースも多く珍しくありません。頼る側から頼られる側になってきた実感が芽生えていますので、これからも後輩世代の手本となるような仕事を心がけたいです。

採用情報

説明会メッセージ

5月23日(木)に開催される合同企業説明会に出展します。先輩社員と社長の2名体制でブースにいます。ぜひ、ブースまで来てくださいね。