マスコミ・広告・出版・印刷 /

株式会社名大社

アクセス数 2964

先輩社員の声

山添 建彦
出身
鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部
部署
営業本部 第一グループ
勤続
2016年入社
この人たちと働いたら面白そう!

名大社を選んだ理由は、ズバリ!『働いている人たち』に魅力を感じたからです。
私は、新卒で入社した地元の自動車ディーラーで営業職を2年間経験し、名大社へは中途で入社しました。

入社前、面談や面接を通じて様々な社員さんとお話しをする機会をいただきました。
中途採用では、通常1~2回の面接で入社が決まりますが、私の場合、面談も合わせると4回も接触機会がありました。
その中で、この仕事の良いところだけではなく、辛いことなども包み隠さずお話していただきました。
また、社長ブログや社員ブログでは、働いている人たちの人柄や思いなどがオープンに語られており、『この人達と働いたら面白そう』と感じました。

私としては、初めての転職で、考える時間や選択肢は他にもありましたが、私のために時間をかけて向き合ってくれた名大社に決めました。
結果として、入社前と入社後のギャップはほとんど無かったように感じます。
仕事ではもちろん、プライベートでも一緒にいて面白いと思える魅力的な社員が、名大社には揃っています。

クライアント企業の『もう一人の採用担当』になる

私たち営業の仕事は、自社のサービスを通して、クライアント企業の『採用』という課題に向き合うことです。
基本的には、一人の営業が新卒・中途採用のサービスを担当します。
また、多くのクライアント企業は東海三県の中小企業です。採用担当=社長という企業さんも多くあり、経営者の方と直接お話する機会もあります。
その中で私が心がけていることは、単に『営業担当』ではなく、その企業にとっての『もう一人の採用担当』になること。
クライアント企業が求めていることだけに応えるのではなく、自分がこの企業の採用担当ならどうするかを考えるようにしています。
例えば、求人原稿を作る際には、採用担当者と「求める人材に響くにはこうしませんか?」「御社の魅力はこのようなところですよね!」など、意見交換をしながら試行錯誤をし、一緒に作り上げていきます。

時間をかけて入念な打ち合わせをしても、残念ながら『採用』の結果が出ない時もありますが、「山添さんのおかけでいい人が採用できました」「転職フェアで採用した方が活躍しています」といった嬉しい報告が聞けた時の達成感は大きいですし、モチベーションにもなっています。
採用という、明確な答えのない課題に対して真剣に向き合うことで、また次も名大社と自分を選んでいただけると思って、日々取り組んでいます。

営業スタイルは『自由』!自ら考えて行動することが求められます

名大社の上司と部下の間で頻繁に交わされるこんな会話があります。
部下「〇〇株式会社さんはこうしたいと言っています」
上司「お前は、それについてどう思う?どうしたい?」
部下「この企業にはこういう背景があるので、こうした方が良いと思います」

上司にアドバイスを求める時も多くありますが、必ず自分の中での答えや意見を持った上で話しをします。
特に、一通り仕事の流れを覚えた2年目以降は、自分で目標を決め、仕事の進め方なども自分で決めていきます。
新規で訪問する企業も、最初は会社からもらえるリストもありますが、ほとんどは自分で探してリストを作成していきます。
対象となる業界や業種の制限もほとんどない為、数ある企業さんの中で自分の得意な分野を見つけターゲットを絞り営業をしたり、地域を絞って集中的に営業をしたり、自由な営業スタイルで『自分らしさ』を出していける環境です。
失敗を恐れず、自分の考えをもって行動に移せるということが名大社では求められます。

重野理絵
出身
名城大学 法学部
部署
営業本部 第2グループ
勤続
2006年入社
プロでありオールラウンダーであること

私は基本的に営業として日々、企業まわりをしているのですが、その他にも新卒商品の企画・販売管理を行っています。どうしたらジモト企業の魅力が学生さんに届くのかを、企業とのやり取りを通してヒントを得たり、就職支援部のメンバーと考えたり…と営業以外にも役割をもらっています。
新人のうちは営業に専念ではありますが、就活生に距離の近い若手だからこそ共感できること、会社に提案できることもあるのではないかと思っています。実際、今までの新卒企画では、若手社員からの案を採用したケースもあります。
名大社に入社したら、営業だけ、制作だけ、内務だけやっていればいい。なんてことはありませんよ!笑
部門のプロを目指し、企画まで携わるオールランダーでなければなりません。
大なり小なり企画に携わることで、自社商品に愛着が湧き、クライアント・ユーザーに自信を持ってオススメできるのです。

「売る営業」ではなく「採用パートナー」

私の所属する営業本部の仕事は、「ジモト企業に名大社の想いを伝え、採用サポートをする」ことです。契約に至るまでの提案が要になりますが、契約後も当社の媒体を活用してもらいながら、採用活動に関わる全てのサポートをしています。
特に新卒採用の市場は、活動時期の変更や景気の動向によって変動していきます。
その中で、自社の媒体でどこまで課題をクリアできるのか、その企業が学生に伝えるべき情報は何なのかを提案します。
私が入社した当初は、採用広報の開始時期が10月でした。それが今では3月解禁。このやり方であれば間違いなく採用が上手くいく!という魔法の法則などなく、外部環境の変化にアンテナを張り、柔軟に対応し、クライアントへ提案していくことが求められます。
この変化が時にプレッシャーにもなりますが、奥が深くてオモシロイ!
「売る営業」ではなく、企業の「採用パートナー」として。プランニングから採用・入社までを見届けることのできる仕事です。

連携プレーが成果を生み出す

仕事は1人で完結できる!そんなことはありません。例えば、名大社の事業の柱である転職フェアやジモト就職フェアといった合同企業説明会では、参画いただく企業、来場いただく求職者や学生はもちろんのこと、様々な人の力を集結して成り立っています。
営業は採用サポートさせてもらう企業を獲得し、内務や制作は縁の下の力持ちとして、営業サポートから告知・運営を行っています。どのセクションが欠けてもダメなんです。
イベントの設営をスタッフ全員で行うこともそうですが、連携プレーが大切。
この連携プレーは、当社の特徴でもあるコミュニケーションの取りやすさに比例しているのではないかと思っています。
名大社スタッフそれぞれが自身の役割を果たし、一丸となった成果が事業を成り立たせているのです。

採用情報

説明会メッセージ

※弊社の説明会は、全日程終了いたしました※
(3月7日、3月11日、3月19日、3月22日)

今後、追加で説明会を開催する場合は、こちらに情報を掲載いたします。