メーカー(その他) /

山田工業株式会社

アクセス数 5410

先輩社員の声

白石純士
出身
中部大学 工学部 機械工学科
部署
技術部 主任
勤続
2012年4月入社
オフィス家具の製造という事業は、あまり類を見ない

 大学の就職課に届いていた山田工業の求人案内。私はそれを見て、「オフィス家具の製造」という事業内容に興味を持ちました。東海エリアではクルマ関連の製造業の会社情報はよく見かけましたが、オフィス家具メーカーについては、なかなかレア。だからこそ興味を持つことができたのです。また、私の住まいは岐阜県の西濃地方で、求人案内には関ヶ原工場勤務の記載があり、家から通える場所であることも志望理由のひとつになりました。
 エントリーを決めたら就職課から山田工業に連絡してもらうことができ、後日一次面接と工場見学に参加。大きな建屋の中でたくさんの機械が稼働し、テーブルがつくられていく様子は、かなり好奇心をくすぐられ、「ここでものづくりを堪能したい」という気持ちがどんどん膨らんでいきました。

製造現場から寄せられる要望に素早く対応する

 入社してからの約1カ月間は、加工工程でプレス機や溶接ロボットのオペレーターの仕事を担当したり、組み立てに関わらせてもらったりして、関ヶ原工場でのオフィス家具づくりのアウトラインをつかませてもらいました。その後は技術部に配属。座学で現場の仕事についておさらいをし、上司に帯同して、生産技術者の基礎をOJTで学びました。
 生産技術は、既存の設備でいかに効率的かつ不具合のないよう、製品をつくっていくことができるかを考える仕事です。私は入社後3カ月ほどした時に、溶接用の治具(工作物を固定し、工具の制御や誘導を行う生産補助具)の設計・製作を担当しました。完成した治具が機能を発揮し、溶接がうまく進んだ時は、自分の仕事が役立った実感が得られ、今でもよい思い出として心に残っています。
 現場からは設備の改善や部品交換の要望が依頼書として度々寄せられるので、それに対してスピーディに対処し、現場を助けることが生産技術には求められます。実際にモノをつくるのは現場の皆さんです。彼らを助けることで、安定した品質が実現し、最終的にはお客さまやユーザーに喜ばれることにつながります。

思いの具現化に対して寛容な会社なので、消極的になる必要はない

 普段は関ヶ原工場にいることがほとんどですが、新製品が立ち上がる前は、本社の開発部に出向き、設計担当者とこれから製造する製品の仕様や加工条件について意見を交わします。新製品の立ち上げは、量産体制を整えるまでが大変。ですが、これから新しいオフィス家具が生まれようとしている夜明けのようなタイミングなので、とてもやりがいがあります。
 現場から上がってきた改善要望に対応するだけでなく、自分から「こうしたら現場の人は助かるのではないか」と考えて、設備改善に臨むことができます。だから、仕事の自由度は高いと言えますし、私はその点がお気に入りです。思いの具現化に対して寛容な会社なので、消極的になる必要はありません。むしろ、具現化するべく積極的に動く人材が輝けるのではないでしょうか。これから入ってくる皆さんにも積極性を期待したいですね。
 

加藤 翔
出身
名古屋デザイナー学院 インテリアデザイン学科
部署
開発部
勤続
2017年6月入社
家具づくりに携わる夢が捨てきれなかった

 私は専門学校でインテリアデザインを学び、卒業後に店舗の内装設計会社に入社ましました。しかし実は子どもの頃からずっと家具が好きで、内装設計会社で働いてからも家具づくりに携わる夢が捨てきれない状態。結果、2年ほど勤務して転職に踏み切りました。
 次に選ぼうと考えていた仕事は、もちろん家具づくり。地元が名古屋圏なので、できれば圏内で働きたいと思っていました。転職サイトを検索していたところ、偶然山田工業の採用情報を発見。「オフィス家具の製造」という事業内容に「ピン!」ときまして、さらに開発部のメンバーが楽しげに働いている写真を見て志望意欲が強くなりました。その後に山田工業の自社サイトを見ていると、前職で見たことのある家具の写真が掲載されており、つくるモノが具体的に理解できたので、「選考試験を受けるしかない」と意志が固まったのです。

お客さまの期待を超える発想を盛り込んだ設計を提案する

 前職で設計経験があったとはいえ、空間と家具ではやや勝手が違います。また、山田工業の図面作成としてのルールもありますので、それをいち早く覚えるためにも先輩のサポート的な立場で仕事をさせてもらいました。
 半年ほど経った頃、あるオフィス家具に取り付ける装置の設計案件において、お客さまから仕様を提示され、私が形状を考えることになりました。モノをイチからつくることへのワクワク感は感じていたのですが、一方で「自分にできるだろうか」という不安を抱えていたのも事実です。
 まずは手書きでラフスケッチを描き、デザインを考えます。ある程度デザインの方向性が決まったら機能や強度、製造現場でのつくりやすさなどを考慮した上で3D化。仕上がった3D図面をお客さまに提出し、了承をいただいたら2D図面の作成に進みます。提示された仕様をすべてクリアし、さらにお客さまの期待を超える発想を盛り込んだ設計を提案できると、山田工業の設計力をしっかりアピールできるので、諦めずによりよい設計を突き詰めていくことが大切です。

若いメンバーにも挑戦する機会がどんどん巡ってくる

 設計者は図面を描くだけが仕事ではありません。工場で量産する前段階では試作品を製作するのですが、その際は自ら工場に足を運び、出来栄えを検討。そこで改善が必要になれば、再度設計案を見直し、とにかく精度を高めていきます。そして、量産ができることが決まったら、ようやくひと安心です。 
 ずっと家具づくりをしたいと思っていたので、その夢に大きく近づくことができたのは、素直にうれしいです。また、若いメンバーにも挑戦する機会をたくさんくださるのは、この会社のいいところ。もちろん先輩がサポートしてくださるので、頼もしいです。
 これまで多くのオフィス家具案件に関わらせてもらいましたが、イスやテーブルといった家具を代表するプロダクトを自分が形状から考えてカタチにする経験はまだないので、ぜひ一度設計を手がけてみたいと思っています。

採用情報

説明会メッセージ

\2020新卒エントリー受付中/

名古屋本社で会社説明会を行います。
ここだけしか聞けない山田工業の魅力や事業内容についてをたっぷりお話いたします。
また、社員への質問会もご用意してますので気になる事はどんどん聞いてみてください!

●モノづくりが好きな方
●新しいことにもチャレンジしていける方
●常識にとらわれることなく物事を考えられる方
●ヒトと会話することが好きな方
●設計開発に興味のある方

文系・理系は問いません!
皆さんのご応募ぜひお待ちしております!