メーカー(機械・工具・部品・金属) /

株式会社イナテック

アクセス数 1735

先輩社員の声

小屋 秀幸
出身
確認時に情報をいただきたいです
部署
品質保証部 品質保証課 工場品質係
勤続
3年目
お客様と製造現場の間に立ち品質と信頼を守る

私は品質保証課という部署で働いています。お客様から新しい部品の製造をご依頼いただく際、まず精度や外観などどれだけのクオリティで作るかを交渉します。お客様と決めた基準をもとに、測定器の手配をし、生産現場にも不具合が出ないよう事前予防を相談。不具合などが出た場合には、原因をきちんと明らかにし、再発防止の対策なども考える。お客様と製造現場の間をつなぎ、品質とともにイナテックの製品への信頼も保つ重要な役割です。
どんなに綿密に計画を立てても、ものづくりの現場では不測の事態も起こります。お客様から要求される精度や納期に対して、製造現場のスピードやコストが合わない場合もある。そんな時には、お客様と社内双方とコミュニケーションをとりながら、適切な基準を調整していくことが求められます。誰もが納得できるラインに落とし込むのも品質保証の仕事です。滞りなくクオリティの高い製品が作られる環境を整えるために日々頭を働かせています。

自分たちの頭でより一歩先のものづくりを追求する面白さ

私はもともと技術者を派遣する会社で働いていました。イナテックへの転職を決めたのは、製造や試作を他社に依頼する上流工程の仕事でもなく、仕様が決められた製品を作る製造のみの仕事でもなく、自社で生産工程などに工夫をしながらものづくりができることに魅力を感じたからでした。アイシンAWのような大手企業から依頼を受けて、それをどう作るかは自分たちで考えてカタチにしていける。品質保証の立場からも、製造現場に対して改善の意見を出せる機会は多く、より良いものづくりを突き詰めていけるのは面白いと思います。アイシンAWで作られていた自動車部品の製造を当社へ移管するという大きなプロジェクトにも関わりました。求められる水準は高く、製造方法を当社に合わせて改善する必要もあり、一筋縄ではいかない仕事でしたが、大事な部品を任せていただけるだけの信頼と実績あることは当社の誇りです。

社員が同じ方向を向いて働ける職場

イナテックでは、毎日朝に20分間清掃する時間を設けています。全員で職場を綺麗にする。そんな文化に心地よさを感じるんです。清掃に限らず、社員が同じ方向を向いて仕事ができる環境だと思っています。毎月、社長から社員に向けたメッセージが発信され、今何を大切にして欲しいかが伝えられるんです。日常的にも経営層との距離の近さは感じられます。社長の顔を見ることがない会社もあるでしょうが、イナテックではトップをとても身近に感じられるのが足並みを揃えて働ける要因のひとつになっています。
ブラザー・シスター制度も取り入れられ、先輩たちが新入社員の成長をしっかり後押ししてくれます。素直に他者の意見に耳を傾けて、変化は柔軟に受け入れられる。そんな人が活躍できる職場です。

浅岡 大貴
出身
確認時に情報をいただきたいです
部署
購買部 購買課 購買係
勤続
1年目
採用試験で感じた人の良さ

自動車業界は、日本が世界に誇れる仕事。就職活動の時、その業界に飛び込んでみたいと興味を持っていました。イナテックへの入社を決めたのは、アイシンAWという大手企業から精密部品の加工を任されているという実績があったから。信頼できる技術を持っている企業だと感じました。それから、採用試験の際に先輩社員の座談会があったんです。その時、2年目、3年目の先輩たちが、もっとベテランの上司の方ともとても気さくにお話ししていて、雰囲気のいい会社だなと思いました。実際に入社してからも、一緒に働く人の良さはこの会社の魅力のひとつだと思っています。私も自分の部署だけでなく、他部署の方とやりとりすること多いですが、そこに垣根はなく気持ちのいいコミュニケーションがとれる職場です。聞きやすいし、教えてもらいやすい。イナテックに来たら、そんな雰囲気も見てもらいたいですね。

高精度のものづくりに携わる責任感を知る

入社後、まず約1ヶ月かけて社内の各部署の役割などを座学研修で学びます。その後、2ヶ月ほど生産ラインでの実習に入り、実際に機械を動かしながら、どんな製品を作っているのか学びました。さらにその後2ヶ月ほどは、社内の研修施設で、条件を変えた加工を実践するなどして、金属加工についてさらに詳しく学びました。実は私は大学では中国語を学んでおり、ものづくりについては漠然としたイメージしか持っていませんでした。研修後の配属先も製造現場ではなく、購買を担当する間接部門です。ただ、現場実習があったことで、イナテックがどれだけこだわりのある切削加工をしているのか身を持って知ることができました。ほんの少しの違いで求められる精度を実現することはできなくなってしまう。目では判断できない1000分の1ミリの世界を追求する。自分たちの仕事の責任の重さを実感できたと思います。

購買部でもできるものづくりの改善

1年目の9月から配属された購買部は、イナテックが製品の加工を依頼している仕入先とのやりとりをする部署です。仕入先の選定や適正な価格で購入できるように交渉をするなどします。購買というと、いかに安く仕入れて費用を抑えるかということが大切なように思う人もいるかもしれませんが、大事なのは仕入先といかに良好な関係を築くかということ。お仕事をお願いしている立場として、要求することはきちんとする、もしも困っていることがあれば支援もする。例えば、ある仕入先で当社から要求した加工がうまくできず、不良品が大量に出てしまったことがありました。そのまま続けていては相手の損失が大きくなるばかり。なんとか力になれないだろうか。社内で他の部署の先輩にも相談し、イナテックの前例も参照しながら、仕入先に加工のアドバイスをしました。結果、不良を抑えることができ、すごく喜んでいただけました。お客様や社内だけでなく仕入先も一緒にものづくりをする大切なパートナーです。課題を抱えているなら一緒に解決していく。自分が動くことで何かが改善されるのはとてもやりがいを感じます。

採用情報

説明会メッセージ

株式会社イナテック採用担当の田川です。
説明会では、様々な先輩社員から直接仕事の魅力ややりがいを聞くことができる懇親会を企画しております。軽食をつまみながら気軽に先輩社員とお話頂けます。
ぜひ、イナテックの社風を感じて頂きたいと思います。