メーカー(化学・医療・薬品) /

中部キレスト株式会社

アクセス数 1529

先輩社員の声

山家 大 
出身
中部大学 応用生物学部
部署
製造2課
勤続
2013年4月入社
「一般認知度は低いけど、実は…」という意外性に面白みを感じた

就活を始めたときは、食品関係の会社に興味を持っていました。実際に何社か選考試験を受けましたが、なかなかよい結果に恵まれず、気づけば4年生の秋に。ちょうどその頃、名大社が主催している就活生向けのセミナーの開催を知り、参加してみたのです。セミナーでは多くの会社情報をいただけたのですが、その中に中部キレストが含まれていました。地元から通える場所にあることと、化学薬品製造ということで、大学で学んだ応用生物化学の知識が少しでも生きるかもしれないと思った私は、ひとまずエントリーしてみたのです。
中部キレストは、キレート剤のメーカーですが、これはB to C 製品ではないので、私はその存在を知りませんでした。ですが、採用担当者の話からあらゆる産業界に使用される薬品だと聞き、「名前は知られていないけれど、実は…」という意外性に面白みを感じたのです。

製造は職人的な一面を持つ仕事とも言える

私が所属する製造2課は、その名のとおり、キレート剤をつくるチームです。2課で製造したキレート剤は、1課に引き継がれて、乾燥&充填工程を経て出荷されます。
発注した原料を受け入れたら、製造がスタート。原料をタンクに入れて、加熱(※)、ろ過、濃縮(減圧によって水分を飛ばす)または晶析(冷却)などの工程を経て、スラリー(結晶)をつくります。その後、スラリーを遠心分離機にかけ、ろ液と結晶にわけ、結晶のみを1課に渡すという流れです。私はこの一連の製造工程において、機械のオペレーションを担当していますが、スイッチひとつですべてが終わる機械任せの仕事ではなく、自分たちで原料の様子を見ながら細かな調整を行うなど、シビアな見極めが要求されるシチュエーションが多々あります。そういった一面を持っていることから、製造は職人的な仕事であるようにも感じます。

※加熱しないで使う原料もあります

後輩の成長の後押しに励みたい

仕事に慣れた実感が得られ始めたのは、3年目に入った頃から。それまではやはり先輩から力を借りることが多く、なんとか育ててもらえたという印象です。プライベートでも食事に誘ってもらうなど、公私にわたって先輩は支えとなってくれました。2019年4月から私も入社7年目。仕事にはすっかり慣れたので、今度は後輩の育成に励みたいと思います。成長した今の自分があるのは先輩のおかげ。だから、今度は今の後輩の成長の後押しを私がする番だと思っています。
皆さんが手にする日用品。それをつくる過程ではキレート剤が使われています。「名前は知られていないけれど、実は…」というキレート剤の意外性は、この会社に入ってみて強く実感できました。大げさな言い方になるかもしれませんが、キレート剤があるからつくれる数々の製品があるわけなので、私たちの仕事は陰ながら皆さんの生活に役立っていると言えます。

和田和樹 
出身
島根大学島根大学 総合理工学研究科  
部署
研究部 研究一課
勤続
2016年4月入社
研究だけでなく、幅広い業務を任せてもらえる点に注目

大学院も含めた学生生活では、錯体化学について学んできました。その専攻を生かせる仕事を地元の東海エリアで探したいと思って、地元の就職情報に強い名大社のナビを使って検索していたところ、中部キレストの採用情報を発見。化学薬品の製造会社ということで、まさに学びが生きる大きな可能性を感じました。ですから、「エントリーしたいと思った」のは極めて自然な流れだったと思います。
「中部キレストに入りたい」と思った決め手は大きくわけてふたつあります。
まずひとつ目は、仕事の幅が広いこと。
研究を行うことは当たり前ですが、必要に応じて営業の方と一緒にお客さまを訪問し技術フォローを行ったり、自工場の製造現場にて、現場の方と一緒に問題点の解決や製品の製造を行うとのことでした。研究室での実験だけでなく、色々な現場や場面で経験をつむことにより知識もたくさん吸収できますから、その点を魅力に感じたのです。
ふたつ目は、こちらの思いを受け入れてくれたこと。
私は面接で自分の思いや人柄を全部話しました。いわゆる素の自分を伝えた結果、それでも構わないという返事をいただけたので、安心することができました。

改良がうまく進み、お客さまから評価されるとうれしくなる

キレート剤そのものとキレート剤を繊維に付加させたキレストファイバー、 そしてイオン交換樹脂の新製品開発と改良を行う。これが研究一課の業務概要です。
改良に対する案件が日々多いのですが、これについては営業担当がお客さまから現在の製品に対してのご要望をうかがい、その内容から私たち研究職がどのような改良を加えていくかを考えます。研究者としては、よい製品をつくってお客さまに満足していただきたいと思って仕事に取り組んでいるので、改良がうまく進み、お客さまから評価されると、やはりうれしくなりますね。もちろんお客さまの要望を満たす製品を考え出すことが私の使命ですが、当社の工場の現場で働く方々の負担が軽減できるような開発を同時に実現できるとベストです。
当社のキレート剤は工業用途向けですが、キレート剤の中には医療分野でも使用できるものがあります。そのようなキレート剤を研究し、ゆくゆくは人の命を助けることに役立つ製品を私の手で開発してみたいと思っています。まだ3年目とあって、新製品の開発経験は乏しいですが、できれば早くゼロからの開発を経験し、夢を実現させたいです。

若手の成長をバックアップしてくれる先輩方に囲まれている

仕事内容に満足できるので、その点はこの会社に入ってよかったと思っています。また、自分が勉強したいと思うことに協力してもらえるので、「知識を吸収したい」という意欲的な方にとっては、居心地がいいでしょう。私も興味のある講習会や学会に参加する機会はたくさんいただきました。なお、先輩方からも「この講習会はためになるよ」と情報をいただけます。若手の成長をバックアップしてくれる先輩方に囲まれているから、やる気が自然に醸成されますね。
仕事外では、ソフトボールやバドミントンの同好会活動が盛ん。私はバドミントンの同好会に所属しています。仕事を離れて交流を図ると、皆さんの意外な素顔が垣間見れて楽しいです。
会社は土・日曜が休みなので、趣味の時間もしっかり確保できます。私は大学からダンスを始めており、いろいろな大会やダンスバトルにも出場してきたくらい夢中になってきました。もちろん社会人になってもダンスは続けたいと思っていて、それがきっちり叶っている現在の生活に満足しています。

採用情報
本年度の採用活動は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。