サービス(設備・メンテナンス) / 建築・土木 /

株式会社トーブ

アクセス数 1383

先輩社員の声

加藤 輝 
出身
名城大学 理工学部 材料機能工学科
部署
設計部 設計課
勤続
2014年4月入社
職場体験によって、仕事内容への理解が深まった

就職と大学院への進学で迷っていたのですが、最終的には就職を選択。そのため、周囲の就活生に比べて遅いスタートとなりました。もともと環境に関わる仕事がしたいと思っていまして、この思いが実現できるような会社を探すことからはじめたわけですが、採用活動を終えている企業が多く、情報集めに四苦八苦。就活サイトを検索し続ける日々が続き、ようやくトーブの採用情報を見つけることができました。
トーブは、環境というキーワードがピタリと当てはまる会社。また、水を浄化させる施設づくりを行うことで、社会の役に立っています。私としては、気になる要素が盛りだくさんの会社でしたので、申し分ないと思っていました。
選考の過程では、先輩社員と話せる場を設けてもらったのですが、物腰が柔らかな方で好印象。さらに、職場体験にも参加させてもらうことができ、実際の仕事内容を自分の目で見て確かめられたのは、理解を深めるいいきっかけになりました。

施設全体の設計や既存施設の改修設計を行うことが設計課の任務

最初に配属されたのは施設管理部という部署で、すでに取引実績のあるお客さまの排水施設に定期的にうかがい、各種設備に不具合が起きていないかを点検する作業を担当していました。とはいえ、配属当初は軽作業と先輩のアシストが中心です。次第に水質や電流値などの測定を行うようになり、どういった数値でどんな不具合が考えられるかが把握できるようになってきました。
施設管理部に2年在籍したら、現在の設計課に異動。施設全体の設計や既存施設の改修設計を行うことが設計課の任務で、基本的には改修案件が多いです。機器の取り替えなどの軽微な作業は、営繕課が行い、処理方式を変更させるといった大きな改修については、設計課の出番になります。
案件は当社の営業担当がお客さまから獲得してくるのですが、設計をはじめる前段階で私たちも客先を訪問して現地調査を行い、改修設計をするにあたっての仕様や方向性を固めていきます。現地調査は、よりよい設計を実現するための第一歩なので、施設の現状をしっかり理解することがとても重要です。

お客さまと建設的な意見の交わし合いをするのが楽しい

排水にもさまざまな処理方式があり、お客さまの要望を満たした上で、どの処理方式が最適なのかを的確に導き出すことが設計職には求められます。最適解を見つけるためには実験も行うのですが、そこで狙った結果が出なかったとしても、めげない気持ちを持つことが重要です。
設計プランが固まったら、お客さまにご確認をしていただきますが、その際は営業だけでなく、私たち設計も同席し、考えたプランをお伝えします。ベストな施設づくりをめざすための建設的な意見の交わし合いは、私がこの仕事を楽しいと思える瞬間です。
プランの承認が得られたからといって、仕事が終わりではありません。その後に図面を作成して、実際に施工が進み、きちんと処理施設が機能してはじめて業務完遂と言えます。排水処理施設は、小さなモノではない分、たとえ改修案件でも設計してからカタチになるまで期間を要します。短いスパンで結果が矢継ぎ早に出るわけではありません。でも、だからこそ最後に得られる達成感は大きくなるのです。

山﨑香奈 
出身
大同大学 情報学部 総合情報学科 かおりデザイン専攻(現在:工学部 建築学科 かおりデザイン専攻)
部署
施設管理事業部 施設営業課
勤続
2017年4月入社
合同説明会場での運命的な出会い

学生時代、私はかおりデザインを専攻。ここでは、化学分野の知識を生かし、生活と密接に関わるかおりについて評価・測定する技術を身につけ、かおりの有効的な活用法や悪臭の対策について考えていました。
就活では環境分野の会社を探していましたが、比較的ニッチであるため、なかなか採用情報と巡り会えず苦戦。そんな中ふと訪れた合同説明会の会場で、偶然トーブの採用担当の方から「話を聞いてみませんか?」と声をかけられたのです。ブースで詳しく会社の説明を聞くと、環境分野で事業をしていることがわかり、私はびっくり。あれは運命的な出会いだったと思っています。また、とてもフレンドリーな対応であったことも印象に残っていて、話を聞き終えた時点で「入りたい」という気持ちがグングン高まっていくのがわかりました。

現場でいろいろな機器を見たりするのが楽しみ

施設管理事業部は、施設を日々適切に稼働させるための点検を行っている部署です。週に一度、月に一度といった定期的なペースで、排水処理施設等にうかがい、異常がないかを細かく確認。建ててから年数が経過している施設に対しては、お客さまに修繕の提案をして、ご承諾いただけた場合、その計画立案と施工を実施します。なお、私が在籍する施設営業課では、他社が管理をしている施設に対して、「当社で管理業務を任せてほしい」という提案を持ちかけ、管理案件を獲得。会社の収益アップにつなげます。
定期点検については、協力会社に依頼することもあり、その管理を担うのも施設営業課で、私の主な業務となっています。点検を終えた協力会社の方々から修繕箇所についての報告を受けたら、お客さまに修繕をご提案。修繕工事がはじまれば、私も現場に出向き、工事の進捗管理や指示を出すなど、監督者としてのアクションを起こします。「女性の監督者は珍しい」とお客さまにも言われますが、私はメカの分解などが好きなので、現場でいろいろな機器を見たりするのは楽しみです。配電についても理解できるよう、専門の講習を受講。ちなみに、入社してから現在まで、有機溶剤作業主任者、酸素欠乏危険作業主任者、低圧電気取扱業務特別教育、感電防止・高所作業特別教育の資格を取りました。

日々の業務からどれだけ知識を吸収するかが成長のカギに

施設に何かあってからでは遅いので、営業としては、予防という意味でお客さまに修繕の必要性を理解してもらわなければなりません。そのための交渉プランを考えているときは、ワクワクします。また、監督者としても振る舞いながら、お客さまとの調整も行うなど、現場では忙しくなりますが、苦しいとは思いません。むしろ楽しいです。無事に工事が終わると、お客さまはひと安心。「山崎さんに任せてよかった」とおっしゃってくださると、私は「手を尽くしたかいがいある」と胸をなでおろします。
時折お客さまに「浄化槽のにおいで困っている」と言われることがあります。大学でにおいについて学んできたので、原因を調べて解決するために「何かできることはないだろうか」と試行錯誤することは今までにありました。私の場合は、大学での知識や経験が多少生きることもありますが、排水処理施設について専門的に学べる大学は、おそらくないと思います。ですから、日々の業務の中で、どれだけ知識を吸収するか、その意欲を持ち続けることが成長のカギだと思うので、就職してからの向上心はとても重要です。

採用情報

説明会メッセージ

ただいま説明会情報は計画中です。