松本です。

2年目が終わろうとしています。
あっという間でした。
昨年の3月のブログでも「あっという間でした。」と言っているので、こうして毎年度終わりに「あっという間だった」と言っているうちに70歳くらいになっているのでしょうか。
人生ですね。

 

今年度は、 自分への気付きがありました。

衝撃だったんですけど、
私、自意識の塊だったんですよ。

自分が自意識の塊であるなんて、
人から言われるか、もしくは虎になってからでないと気がつきません。
なぜなら自意識の塊なんですから。

私は言われて気がつきました。
言われて気がついた後、 それでも何回か自意識による自爆を繰り返して、やっと自意識と向き合うことができました。
楽になりました。
ちなみに自爆っていうのは、勝手に、しかも突然目の前で行われるので、巻き添えをくらった人は完全に被害者です。謝罪しかできません。

 

楽になった。と言いましたが、
これまで、私の軽率な言動のせいで、嫌われたかもしれない、評価が下がったに違いない。と勝手に落ち込むことが多々ありました。
これ、そもそも他人はそこまで私のことを気に留めていません。
他人が私のことを気に留めるのは、私が他人のプライドを傷つけてしまった時くらいでしょう。
他人は私に期待もたいしてしていません。自分に期待しているのは自分です。
自分が他人の中で、プラスの位置かマイナスの位置にあるという考え自体が烏滸がましいわけです。

期待が力になるタイプなら自分は他人から期待されているとして良いですが、プレッシャーになってダメになってしまうなら、こう割り切ってしまった方が楽な気がします。
期待が力になるのは、自分に自信がついた時だと思うので、それまでは地道にやっていくしかないんだろうと思います。

 

そもそもですが、自意識の全ては自分の思い込みで行われていることが、何よりも恐ろしいです。
人から言われたわけでもないのに、勝手に思われている、と思い込んでしまうのはなぜでしょうね。
きっと思うに至る原因はあるにしても人それぞれな気がします。

 

自意識って泥沼なので、その中でエンジン全開にしたところでどうしようもないです。
なんなら泥を飛び散らして周りに迷惑をかけます。さらに深みに落ちていきます。
ある程度のところまで落ちたらもう戻れないですし。
泥沼を回避することが望ましいですが、
入ってしまったのなら、半分入りかけた時点で気がついてバックするか、周りに助け求めることが良いというわけです。

 

それが簡単にできればこんなに自意識で苦労してないんですけどね。

色々語ってしまいましたが、自意識でお困りの方は、「あ、今の考え自意識かも」と思うだけでも、少し踏みとどまれますので試してみてください。

 

自分が自意識の塊であった事実と、その自意識と向き合った今年度でした。
思ったことを言われただけだと思いますが、気づきと救いをありがとうございました。