もっと中小企業を知ってほしい。魅力を感じてほしい。そんな想いから、学生が企業を取材する新しいインターンをはじめました。

ジモトメディアである中日新聞と名大社に代わり、ジモト企業を学生自ら取材体験することで"シゴト"のリアルにふれられる新感覚のインターンシップ。

インターン中は、取材や企業PRの準備を行うホームルームを実施。

就職活動が本格化する前に、実際に働く現場を取材しながら、同時にスキルアップも叶う特別な1ヶ月間。

新しい自分とジモト企業の魅力を発見しましょう!

人事担当者とのコミュニケーションを通じて「シゴトとは何?」「働くってどういうこと?」を考える機会となり、社会にある様々な生き方や働き方を知ることができます。

...

ホームルーム

ビジネスマナーから求人情報の読み方、プレゼンテーションのコツまで、就活のプロが教えます。

企業を取材

自分でアポイントを取って企業を訪問。取材を通して企業の魅力を引き出してください。実際に社会人が働く姿を見て、働くイメージが強まります。

プレゼンテーション

取材で引き出した企業の魅力を存分にPRしてください。あなたの発表が、企業の採用活動で活かされるかも!?

前年参加企業

浜乙女、永楽堂、リネットジャパングループ、名古屋港木材倉庫、ブラザー販売、
エイベックス、新日本コーポレーション など

概要・スケジュール

定員
30名/1クール
対象
大学1年生~3年生
HR会場
名大社セミナールーム(伏見駅より徒歩約3分)
期間
9月~1月まで3クール開催(1クール1ヶ月間)
内容
大学別のチーム制でジモト企業を取材します。最終成果発表として、プレゼンテーション発表会を開催。どのチームが、最も企業の魅力をPRできるか競います。
参加方法
まずは事前ガイダンスにご参加ください。プログラムの詳しい説明はもちろん、ワークショップでインタビューの擬似体験も行います。