名大社 スタッフブログ

カテゴリ「学生さんや社会人に聞いて欲しいこと」の記事一覧:

まだまだあります!!

こんにちは、今日は冨田が担当します。

 

先日、山田さんのブログにもあった通り、1月31日は名大社が運営する20卒イベントのスタートでした。

 

今までは、営業として関わっていた自分でしたが、

今回からは運営にもガッツリ関わらせてもらって迎えるイベントでした。

当日は、開場前から行列も・・・

当日は、初めてイベントに来た学生や、ジモトで就職したいという学生さんに多く来場いただきました。

 

100社以上が出展頂いたイベントが終えたのもつかの間、

まだまだ名大社では、2020卒の学生さんたちと企業さんの架け橋となるべく、

イベントを開催いたします!

 

まずは、コチラ↓

イベント名:みん就フォーラム in名古屋

日程:2月13日(水)

時間:11:00〜17:30

場所:吹上ホール

 

さらに同時開催として

≪IT Job Festa in名古屋≫も開催します!

 

メーカー・IT・外資ほか、有名企業が多数出展するイベントです。

当日は、なかなか名古屋地区のイベントには参加しない企業様が出展しているので

行く価値間違いなし!です。

 

 

そして、2月の最後を飾る名大社の一大イベント・・・

2月28日(木)に開催!

参加企業数は200社以上!!

『ジモト就職応援フェア』

~全学生対象&理系対象~

 

と名大社が全身全霊を捧げるイベントを開催します。

出展いただく企業様、来場いただく学生さんたちに

有意義な1日

かつ

とても参考になるイベント

になるように準備に勤しんでいます。

 

 

3月1日の就活解禁まで待てない!

もっとジモト企業の情報が欲しい!

早く内定が貰いたい!!

などなど

 

たくさんの学生さんの来場を名大社一同、心よりお待ちしております。

遂に本日!「ジモト発見&インターン」!

おはようございます!

本日は営業の近藤が担当します!よろしくお願いします!

 

本日、1月31日は吹上ホールにて「ジモト発見&インターン」を開催します!

数多くのジモト優良企業様にご出展いただき、これから就職活動を迎える学生の皆様に向け、

就活や働く事のイメージを少しでも掴んでいただけるようなイベントになればと思います。

 

 

イベント当日が近づく一方で、名大社の社内では、準備がバタバタと・・・。

特に、わたしの上司である冨田さんはイベント運営の担当者と営業を兼任している為、

当日の運営や準備、人の配置など、かなーり忙しそうな様子でした(笑)

 

年明けすぐの奥井さんのブログでも触れておりましたが、1月・2月は名大社にとって20卒対象の合説が目白押しです。

1月26日はDEiBA Companyさんと名大社とのコラボイベント「出会いの場東海イベント」の開催。

1月27日はアスリートプランニングさんとのコラボイベント「アスリート就職セミナー」

そして、1月31日は「ジモト発見&インターン」、

2月末には名大社最大規模の「ジモト就職応援フェア」も控えており、

イベント開催がまだまだ目白押しです。

 

その中でも1月26日「出会いの場東海イベント」、1月27日「アスリート就職セミナー」には

イベント当日運営スタッフとして参加したため、来場いただいた学生の皆様と話をする機会もありました。

特に、1月27日「アスリート就職セミナー」では体育会に所属している学生が対象となるイベントで、

運動部に所属している学生ならではの現在の就活事情も聞けました。

インターンに数多く参加している学生や、早期に自分の興味ある企業を見つけ、

3月以降は自信の部活動の試合や大会に集中したいなど、意欲の高さを感じることが出来ました。

中にはまだまだ行きたい業界や興味のある業界など絞り切れていない学生も多かったですが、

少しでもリアルに話を聞ける場として、イベント会場に足を運び、

しっかりと就活への準備をする意識の高さを感じました。

 

そして、明日「ジモト発見&インターン」では、これから就活を始める方、

何から始めればいいかわからない方、色々インターン行ったけど、更に自分に合った会社を見つけたい方など、

本格的に始まる就職活動に向けてより有益な情報を得れる場になればなとおもいます。

 

私は学生さんが入ってくる玄関前でしっかりと大きな声であいさつをするポジションに配置されておりますので、

元気よく学生さんを迎え入れ、就活スタートへのサポートに少しでも携わることができればと思います!

 

それでは、本日1日どうぞよろしくお願いします!!

 

奥井さん、これからも宜しくお願いします。

おはようございます、本日は奥田が担当をさせて頂きます。

本年も宜しくお願いします。

 

1月14日(月)に、チームメンバーの

「奥井さん」が還暦を迎えました。

名大社に入社されたのが25歳、そこから34年間・・・。

本当にお疲れ様でした。

 

表向きは、12月頭に獲得したチーム賞の飲み会。

いつもは「肉を食べたい」という山添が、

日本酒と創作和食で有名な「蔵人厨ねのひ」を予約、そして花束を用意してくれました。

最後で渡す予定の花束を、スタートから渡すはめになり「還暦お祝い」をしました。

ここで「奥井さん」はどういう方か?紹介させて下さい。

容姿は、やや笑みを浮かべていて、心を読ませてくれません。

*写真通り

体格は、アメフトをやっていたため、筋肉の上に脂肪がのっている大柄体系。

何故か、足の毛は1本も生えておらず、ツルツルです。

 

仕事では営業メインで、少し前までは大学担当やイベント運営も兼任されていました。

私が1年目の時には、営業同行の担当をしてもらい、他のスタッフよりも商談はややアッサリでしたが、最初に前回の商談内容を必ず踏まえ話しを進め、最後に核心に触れて締めるスタイルは、今の自分の営業にも活かされています。

また、最短ルート?で次の企業を行くために、ナビがついていない車で細い道ばかり走っている記憶は未だに残っています。その結果、訪問件数は確かに多かったように思います。

 

プライベートでは、

大好きなハンチングをかぶって奥さんと行くバスツアーに行っていますが、

奥井さんの真骨頂は、専用の作業部屋で

時計のメンテナンスや、名刺入れを作ったり、

切り絵をやったり、かいわれ大根やトマトを育てたり、

ユーチューバーとして動画を制作したり

常に何かにはまってやり尽くす!そしてまた別のモノのはまってやり尽くす!

これが、奥井流です。

他にも、美術館好き、かき氷好き、お菓子好きとオールジャンルOKです。

*雑誌のカバーに乗るほどアウトドア好きの若かりし時も。

 

お祝い会の席で、

34年間勤められて、一番思い出に残っていることって何ですか?と聞いたら

→鮒(ふな)ずしで、意見を交わし合ったことと。

仕事のことよりも、仕事を通じて出会った人達との想い出を大切にしているお茶目な人なんです。

 

改めて還暦おめでとうございます。

そして、これからもまだまだ宜しくお願いします。

ゾクゾクした冬

こんにちは!
営業の小倉です。

今年も宜しくお願い致します。

 

本日は、先日行ってきた企画展についてを。

 

私は動物園や水族館などに行くことが好きなのですが
こう見えて実は、爬虫類や両生類などが展示されてる施設なんかに行くことも好きです。

 

 

つい先日もこちらに行ってきました!

 

実際に行かれた方や広告を見た方もいらっしゃるかと思います。

名古屋パルコにて、1月20日まで開催していた『キモい展』!

 

その名の通り、世界中から集められた
見た目が『気持ち悪い』生き物、日常生活では出会いたくない奇妙な生き物が展示されています。

 

爬虫類や両生類のほか、虫も多数展示されてました!

 

今回のキモい展は2年ぶりの開催。
私も2年ぶりに『キモい』生き物を堪能?してきました!

 

 

以下、少し画像掲載!
意外と気持ち悪くないと思います。笑
※爬虫類、両生類のみにします。苦手な方はご注意を

 

 

 

 

●カメ

(首が長すぎて、甲羅にしまえないらしい。)

 

●サラマンダー

(阪神タイガース柄と呼ばれているとか。)

 

●ニシキヘビ

(とにかくデカかった!)

 

 

他にも、グロテスクな見た目の生き物や
出会ったら間違いなく逃げたくなる生き物など
実際に間近で見て、かなり刺激的でした!

 

名古屋の開催は終了してしまいましたが、全国で順次開催予定です。

ご興味ある方は、こちらからご確認ください。→(キモい展HP

 

でわ、このへんで!

 

名大社に入社する方法

 

こんにちは!

 

営業のヤマゾエです。

 

本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

元旦には、地元の海で、ここ数年で一番綺麗な初日の出を拝むことができました。

水平線と知多半島、紀伊半島がくっきりと見える快晴でした。

 

また、美味しいものも食べまくって増量したので、戻す為の運動と制限の日々が始まります。笑

 

 

さて新年を迎え、名大社でも自社の採用が本格的に始まりました。

 

採用は、新卒2年目のコノシマが主に担当します。

私は、今回それのお手伝いです。

少しでもお役に立てるように頑張ります。笑

 

 

中途の募集がスタート!

 

私が、中途で入社したのが約3年前ですので、営業職では約3年ぶりの募集になります。

 

名大社には、30名の社員がいますが、新卒入社の割合が高く、中途入社でも新卒に近い20代前半で入社した方が多く活躍しています。

 

今回の募集では、主に私と同じ営業職に加え、就職イベントの運営等を主に担当する職種もあります。

 

応募方法は
DODAさんのWEBサイトから又は、1月25日(金)にウインクあいちで開催するDODA転職フェアに出展致しますので、当日ブースで直接お話しを聞き、応募する方法があります。

 

私も転職フェアの当日、ブースで説明を担当します。

 

詳しくはこちら!!

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail.action?jid=3002680462

ニムラ兄さんとの会社の前でツーショットは少し恥ずかしい。笑

 

3年前は逆の立場で、求職者として転職フェアに参加していましたが、今では、転職フェアを販売・運営をし、出展までしているので人生何があるかわかりませんね。笑

 

 

例年通り新卒採用もスタート!

 

今週、1月15日(火)には新卒ナビ2020のインターンの掲載と受付を開始しました。

 

2月には名大社でもインターンが始まります。
弊社のインターンは、営業同行がメインになります。
法人向け営業の体験ができたり、企業の人事担当者の裏話が聞けたりなど、就活の役に立つことを学べるチャンスもあると思います。

 

2020卒の学生さんは、名大社 新卒ナビ2020からインターンの応募を受付しています。

 

詳しくはこちら!!
https://www.meidaisha.co.jp/s2020/kigyou_saiyou_message/1927

 

結論として、私もそうですが、新卒でも中途でも、タイミング良く名大社に興味をもって頂き、選考の段階で弊社の個性豊かな役員・社員の魅力や、会社の雰囲気を気に入って頂いた方が入社しているように思います。

 

自社の採用に関わるのは初めてなので、一期一会の出会いを大切にしていきたいと思います。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㉗

 

みなさん、こんにちは。今日の担当はニシダです。

2019年も明けて2週間以上経ちますが、
引き続き、文房具通信をご愛好くださいませ。

懲りずに今年も大スキな文房具を紹介してまいります!

さて、スタッフブログのなかでは、そろそろ…
マスキングテープ収集家として認知されてきた頃かと思いますが

昨年の終わりごろから「付箋収集家」になりつつあります。

絶対とは言いませんが…大抵の学生や社会人の方に
使われていると思われる付箋たち。

大きさの差はあれど、その多くは長方形のカラフルな
あの付箋だと思います。

ちょいと待ってください。

最近のニシダの推し付箋はコチラ↓

「ワタク紙ふせん」と申します。

ワークショップをやる機会が多いニシダ的視点。
そういう視点で見てみると、

自己紹介のときにこういうアイテムがあるのは、
緊張する自己紹介も少し楽しめるきっかけになりそうです。

タスク管理や、忘れたいことをメモする付箋。
違う役割が付箋にも出てきているようです。

コレは、猫好きの社員が猫好きのニシダに
プレゼントしてくれた付箋。

なんと100均だそうです。恐るべし100均。

皆さまもぜひ、おもしろい付箋がありましたら
ニシダに教えてくださいませ。

−−−−−−−−−−

加えまして…

せっかく2019年初のニシダブログですので
今年の抱負を書き残しておきたいなと思います。

1.学ぶことを飽きない

やはりこれは忘れてはならない。
わたしも今年で38歳。いい歳だ。
つい年齢と経験が邪魔をして、つい頼りがちになる。
甘えるという表現のほうが正しいかも。

これ幸いに、就活市場はいま変革期にきている。
常にインプットしてないと、あっという間に置いていかれてしまう。
その話、古くない?聞き飽きた…と言われないように
自分をアップデートし続けなければならない。

2.学んだことを活かす

2018年は、週末大学に通ったり、様々なワークショップの
ファシリテーター講座に参加して、

「いい場をつくる」ために時間を割いた。
でも、実際はまだまだ活かせてない。
せっかく刺激をもらったにも関わらず、これでは駄目だ。

「学んだことの体現」

これも2019年、やらなければいけないことのひとつ。

3.発信する

最後は一番の課題。
有り難いことに2018年はここ数年で一番充実していたかもしれない。
それを言い訳に怠っていたのが発信すること。

自分が忘れないために書き残している密かな個人ブログを
更新することや、twitterで発信することもマメに取り組みたい。

人は忘れる生き物なので、メモすることすら忘れてしまう。

思いついたことをtwitterにパッと残しておくだけでも
あとで見返せるので、クセづけたい。

言語化しておくことは大事。

要は、アウトプットの質に変化を起こしたい。

−−−−−−−−−−

以上でございます。
どうか2019年もニシダを温かく見守ってください。

大学入試センター試験

明けましておめでとうございます!

1年目のイサジです!

本年もよろしくお願いいたします。

 

当社は12月28日から1月6日まで10連休でした。

県外へ行ってしまった大学や高校の友人と久々に再会することができました。(たった9ヶ月振りの再会ですが…笑)

しかしながら9ヶ月振りに再会することができたのは、きっとSNSのおかげでしょう。

SNSがあれば遠くへ離れてしまった友人が何をしているか分かりますし、ガラケーのメールと違って手軽にコメントすることができ、簡単に友人と会う約束をすることができます。

学生時代の話、仕事の話、結婚の話など沢山語りつくしたと思います。

とても充実した年末年始休暇でした。ありがとうございます。

 

さて、1月になって10日が経ちました。僕にとって1月といえば…

大学入試センター試験を思い出します!

朝、ニュースを見ると「センター試験」というワードをよく見ますね。

今年の受験者数のURLを貼り付けましたので、ご覧ください。

https://resemom.jp/article/2018/12/10/48086.html

大学受験生にとっては、あまり見たくないワードですね…

実際、年末年始休暇で会った友人とセンター試験の思い出話もしましたね。

 

センター試験は1990年から始まり、全国一斉に行うマークシート方式テストです。

しかし2020年からは「大学入学共通テスト」へ移行して、廃止されます。

僕は2014年に受験しましたが、緊張しすぎて、休憩がある度にお手洗いに行っていましたね。

他の思い出は会場へ向かう途中に先生からキットカット貰いました。

(写真は北乃きいさんです。)

あの時はめちゃくちゃ嫌でしたが、今は良き思い出で、また廃止されることを聞いて少し寂しいです。

 

センター試験は大学受験生にとって大きな人生の分岐点です。

点数が8割超えていたら、私立大学はセンター利用のみで受験することができ、国公立大学はセンター試験+個別試験の合計で合否判定をされるため個別試験が難しく、点数が悪くてもセンター試験の点数が良ければ、合格できる可能性は十分にあるからです。

センター試験の点数が悪かったら、センター利用を受験できず、更に国公立大学受験はほぼ絶望的でしょう。

センター試験が終了した次の日は、学校で自己採点と大学の判定記入をします。

喜んでいる生徒もいれば、悲しんでいる生徒もいて、教室内はまるで天と地の差のようでした。

僕は良くもなく、悪くもなく、中間くらいでした。

 

さて自分の思い出話はここまでにしといて、ここで皆様に注目していただきたいことがあります。

それは毎年話題になる現代文の文章に出てくるワードです。

5年分のワードを下に記載しましたので、ご覧ください。

 

2014年「あははははおほほほほ」

僕が受験した年でしたが、試験中このワードを見て少しクスッと笑いましたね笑

2015年「Twitterで教えてあげるくん」

2016年「リカちゃんBL」

2017年のワードは伏せときます。詳しくは「センター試験 現代文 話題」と検索してみてください。

2018年「登場人物の名前が草www」

という言葉は今10~20代がよく使いますね笑

さて2019年度はどんなワードが話題になるのでしょうか?笑

 

改めて大学受験を経験して良かったです。

いろんなことがあったからこそ、乗り越えることができました。

センター試験まであと9日!!!!

頑張れ受験生!!!通勤中に受験生が英単語帳や日本史の問題を解いている姿をみて僕はエネルギーをいただきます!!

僕も仕事で目標達成できるように頑張らないと!!今年4月に入社される2人に頼られる先輩になるよう、いろんなことを沢山経験して成長してみせます!!

 

小さな希望を見つける旅は続く!

こんにちは!名大社の梅原です。

会社として年末を締めくくる一大イベントの忘年会も終わり、会社の稼働日も残り数日となりました。

一層気を引き締めていきたいと思います!

 

ーーーーー

最近、ららぽーと名古屋みなとアクルスに行きました。

イチオシは、蔦屋書店!

大規模なカフェ併設型書店で、カフェでコーヒーなどのドリンクを注文すれば、テーブル席やベンチなどに座って、ゆっくり読書が楽しめます。

読書好き、書店好きな方は、ぜひ足を運んでみてください。

<ららぽーと名古屋みなとアクルス公式HPより引用>

 

もともと本を読むのは好きなのですが、ブログ記事を読んだりするのも同じくらい好きです。

時間に余裕のある時は、様々な企業が運営する、Webメディアのブログ記事を読んだりするのですが、だんだんと特定のライターさんの記事に注目するように。

気になるライターさんの中でも際立つ存在が、カツセマサヒコさんという方です。

 

カツセマサヒコさんは、女性向けの雑誌にコラム連載を持つなど、 活動の枠は広いので、ひょっとしたらご存知の方もいるかもしれません。

もともとカツセさんのライターとしての原点はTwitter。

ちょっとここに書くのは恥ずかしい(笑)妄想ツイートが話題を呼び、 10代~20代 の若者からの支持を集めています。

顔もイケメンなので、TL(タイムライン)の王子様との呼び声も高いようです。

カツセ氏の妄想ツイートを知りたい方はコチラ↓

https://matome.naver.jp/odai/2149666587285882301

 

最近読んだカツセさんの記事の中で、イチ社会人として、とても印象に残った記事があったので、ご紹介したいと思います。

カツセさんは、現在フリーライターとして活躍をされていますが、これはフリーになる前の会社員時代のお話。

https://ten-navi.com/dybe/3295/?fbclid=IwAR2TPzcgG6OtMwHEqw9bwH8DJDMB0bXVUsPtR-wfbvGon8hzX5IUACRIchE

 

“就職活動のときに散々「志望動機」とか「入社後のイメージ」とかを聞いてきたくせに、配属希望シートにもなかった「総務部」になった。

この数年で築いてきた「企画力にあふれたクリエイティブな営業として社内外問わず多くの人から頼りにされる存在になる」という曖昧かつ意識の高すぎた星屑のような目標は、どう転んでも実現する可能性がなくなったのである。”

 

当時のカツセさんのように、社会人としての理想像が明確な方は特に、入社してから希望の部署に配属されず絶望したり、仕事のリアルにギャップを感じるケースは少なくないのではないでしょうか?

希望の会社に入ったとしても、自分の希望通りの仕事ができる人というのはほんの一握りなのかもしれません。

それなりにみんな挫折を経験するものだと思います。

 

配属された総務部での仕事の現実について、

“「できて当たり前。できなかったら、怒られる」という減点方式”

カツセさんはこのように表現しています。

評価されにくい、100点が当たり前という部分は、内務の仕事ならではかもしれません。

自分としては、今やっている仕事とつながる部分もあり、同じように感じていた時期も正直あったと思います。

 

“一度「仕事ができない人間」を自覚すると、会社員生活は一気に負のスパイラルに陥る。

・・・<中略>・・・

気持ちを切り替えることができないから、作業効率は落ちるし、またミスを生む。

そして怒られて、さらに大きな「仕事ができない人間」像が膨れ上がる。こうして、「使えない人間」が誕生する。”

 

本当にその通りだと思います。身につまされる話です。

原因はわからないけれど、ただただうまくいかなかったり、そういう時に限ってタイミングが悪かったり、自分って本当に不器用な人間だな・・・何回思ったことか。(笑)

休日に気持ちを切り替えることはできても、平日が始まると小さなことで一喜一憂する毎日。

自分自身も負のスパイラルを少なからず経験しました。

 

この記事の本題とも言える、しんどくても5年務められた理由について、

カツセさんは

「スタッフ部門だけの魅力に気づけたこと」

「どれだけクズで、仕事ができない自分でも、長くやっていると頼ってくれる人が出てきたこと」

だと書いています。

 

自分を頼ってくれる人がいることを自覚し、仕事の励みになったというのは、わたし自身もとても共感しました。

ですが、カツセさんも書いている通り、「あなたがいい」と言われるシーンは本当に稀ですが、小さいことであってもそう言われると頑張れる、単純な生き物なんですよね。^^

 

当時の仕事に少しずつやりがいを感じるようになっていたものの、最終的にカツセさんは、転職の道を選びました。

それは、自分がやりたいことをどうしても捨てきれないという強い想いがあったから。

働く上で大事したい部分は、居場所や雰囲気が合っているか、自分のやりたいことができるかどうかなど人それぞれですが、カツセさんは後者の想いが強かったんだなあと思います。

 

“苦しかった経験から身についたさりげないスキルが、自分を助けてくれるときがくる。

そう考えたら、減点方式だったあの仕事に追われた日々も、なんだか価値ある時間に思えるものなのだ。”

 

今やっている仕事が、なにかの役に立つのだろうか、会社の評価に値するのだろうか、疑問に感じる瞬間も時にはあります。

それでも、あの時あの仕事をやってよかった!そんな風に思える時が来ると信じて、今の仕事を頑張ろう、そうしみじみと思う今日この頃でした。

Dear Drinker

 

こんにちは!
営業の小倉です。

 

さて、早いもので12月。
とうとうこのシーズンがやって来ましたね!

 

え?なにかって?
いやいや、みなさんもきっと参加する予定があるのでは?

 

 

それは、いたるところで行われるクリスマス、忘・新年会などの飲み会です!

 

 

名大社でも毎年この時期は、忘年会や12月の最終営業日に行う納会などがあります。

 

 

みなさんも、12月・1月は様々な場面で、

会社や友人、家族などとお酒を酌み交わすことが多いのではないでしょうか?

(きっと上司のN村さんも今月・来月は夜の予定もかなり忙しいはず!笑)

 

そんなみなさん(N村さん)のために、
飲み会当日「悪酔い」しない方法と「二日酔い」にならない方法を調べてみることに!

 

 

以下、このサイトより引用多数。
https://asqmii.com/jijico/2016/08/07/articles20915.html

 

 

そもそも「悪酔い」する原因は3つあるそうな。

1、アルコールに対して分解酵素を持っている体質か。
2、体内で分解されやすいアルコールの種類なのか。
3、悪酔いする成分がお酒自体に含まれているか。

 

1に関しては、完全に体質に因るものですので、自身ではどうにもならないですね。
「日本人の約6割がアルコールに対して弱い人種」との記載もあるため、
飲む量は適量が一番ですね^^

 

2に関しては、お酒の種類に因るもの。
これなら居酒屋やバーなどで注文するときに気をつけることができますね!

サイトによると、純度の高いエチルアルコールだと悪酔いしないとか。
乙類焼酎よりも甲類焼酎のほうがいいとのこと。
(そもそも「甲類」「乙類」があることすら知らなかったですが。)

 

そして、3に関してはお酒の成分に因るもの。
「コンジナー」と呼ばれるアセトン(除光液に使われている成分)や
タンニン(ワインの渋みになる成分)、フーゼル油(蒸留酒の風味に関わる成分)などが
悪酔い関連する成分が入っていると言われているそうな。

また、日本酒だと、玄米の表面の黒い「糠」の部分に
ワインだと、酸化防止剤の「亜硫酸塩」か、ワインに含まれる「アミン」が原因になっていることも。

 

 

そして二日酔いに関してはこんなサイトが。
二日酔い対策センター(←以下引用あり)

 

サイトには、二日酔いの治し方や予防方法などが記載されています。

 

二日酔いを防止するには、
「空きっ腹にお酒は厳禁」「飲み会の前にチーズ」
「体調を整える」「二日酔いに効くサプリメントやドリンクを飲む」
などでした。

 

 

 

参考になりましたでしょうか?

 

 

 

酒は飲んでも飲まれるな。(自戒も込めて。)

 

なにより、一番は楽しんでお酒を飲むことですね!

 

 

さて本日で、今年の小倉ブログは最後となります。
みなさん、今年も1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします!

 

以上、小倉でした!

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㉖

こんにちは、名大社のメタルスライムことニシダです。
たまにオフィスにいると、大抵「メシ」の話してます。
「メシどうする?」が口癖です。

メタルスライムは
あまり相手が強いとすぐ死んじゃうらしいので、

いつもご愛読いただいている諸先輩方には
優しくしていただきたい次第です。
(ドラクエあまり知らないのにスミマセン)

最初にまずご報告。

わたくしごとで恐縮ですが、
先日11/18に中日新聞さんに掲載いただきました。

日曜日の朝刊でありながら、
「ニシダさん、見ましたよー」と
たくさんの反響をいただきまして…

とてもありがたい限りです。

大学の授業や、講演する機会が増え
学生に伝えたいことが最近一段とハッキリしてきた気がします。

inputとoutput両方を今後もやり続けなければなりませんね。
わたしも学生に負けじと学び続けたいと思います。

———————————————————–

さて、今月の文房具通信。
いただきものをご紹介しまーす!!!!

「?」

「箱でしょ?」

いやいや、確かに箱なんですけどね。
箱でーす。で終わるわけがない。

これ、なんと

磁石が内蔵されいて、くっつくんです。
こんな感じで使えて超便利!!!!

持ち運べば、至るところで役に立つ。
講演会場着いたら、とりあえずくっつけとけば良い。

こんな代物あるなんて知りませんでした!

講演やワークショップが続くと、
意外にペンの置き場に困ったり、無くしそうになるけど
コレがあれば、無くさない!

尊敬する大先輩、P社の吉川さんから
プレゼント頂きました。ありがとうございます泣。

大切に使わせていただきます。

———————————————————–

実は昨日も、名古屋市さんからご依頼いただき、
とあるイベントをファシリテートしておりました。

企業さんと学生さんの繋ぎ役として
ニシダがいる意味があると思っていただけると
うれしいなーと思っていたわけです。

そんなニシダですが…

来月ブログ担当が回ってこないので
年内最後の文房具通信となります。
本年もご愛読ありがとうございました。

12月は、飛騨地域と名古屋を行き来しながら
観光業シゴト体験ツアーがありますので…)
講演したり、ワークショップ開いたりしております。

年を越す前にまだガンガン走り続けますが、
2019年も温かく見守って頂けますと幸いです。

企業の皆さん、2020卒の新卒採用、一緒にがんばりましょう!
学生の皆さん、就活目前!悩む前に会いにおいでね!

ブログでは、また来年お会いしましょう^^

1 / 271234567...最後 »