名大社 スタッフブログ

カテゴリ「自分の趣味のこと」の記事一覧:

久しぶりのバスケ観戦🏀

こんにちは!

人材紹介事業部の石黒です。

 

先日久しぶりにBリーグの試合を観に行きました^^

昨年はコロナの年で観戦を控えていた為、1年半振りくらいですかね??

座席は1個飛ばし、マスク着用、大声を出さないという中での観戦でした。

以前よりも静かになったのかと思いきや、元々音楽爆音、MCが入った中での試合だったので

声を出さなくなっても変わらないなという印象でした。

レッドルもマスク着用www

観に行ったのは「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 広島ドラゴンフライズ」

ちなみに私はドルフィンズのファンクラブに入っています🏀

 

前日の広島ドラゴンフライズとの試合は負けていたので、これはどうかな~と思っていましたがホーム初勝利を飾れました✨

リードしていた時間が圧倒的に長かったので、比較的安心感のある試合でした。

やっぱり生観戦は良い😆

試合一部公開!!画像をクリック🏀

 

 

 

 

 

 

ちなみに↑の動画でスリーポイントシュートを決めたのは日本代表の張本天傑選手です。

ホントにちなみにですが、私は11番の須田侑太郎選手を推しています笑

 

今年はB1リーグに愛知県のチームが3つも入っているので愛知vs愛知の戦いも観に行きたいな~なんて思っています^^

 

以上、石黒でした!

最近の休日の話(150Y飛ばす編)

こんにちは。
桑山です。

先日、このブログを読んでいたら
大好きな栗きんとんの記事がタイムリーに出てきて(※近藤さんの記事)
嬉しくなったので私も栗きんとんの話をします。

栗きんとん大好きです。
この時期、恵那まで行って栗きんとん買ったり
恵那川上屋のカフェ行って栗スイーツ食べたり…

「あぁ・・・そろそろ栗きんとん食べたいな・・・」

と思っていたら、三越でポップアップ店舗を発見しました。
毎年なんだかんだ、ポップアップ店舗でも購入している気がする…。

 

三越だと2つ入りのサイズもあるんですね。ラッキー。

久しぶりにお抹茶立てて、一緒にいただきました。
栗きんとんを味わいつつ、久しぶりにお点前をやりたくなりました。
(高校時代は茶道部に所属していました)

 

話は変わりますが、
栗きんとんで有名な中津川ICから降りて車で40分。
先日、下呂のゴルフ場(下呂カントリークラブ)へ行ってきました。

名大社に入社した当初(約2年半前ですね)、
「ドライバーで150y飛ばす」ことを目標に掲げていました。
ぶっちゃけ飛距離はそんなに変わっていません…が
スイートスポットに当たる感覚はだんだんつかめてきた気がします。

私のクラブセットは新品2万円で購入した激安ハーフセットなので
本音は「そろそろ良いやつ使ってみたいな…」。

調子に乗って、
ヤマハ・インプレスのドライバー(※キャッチコピー:200Yな私へ)
買っちゃう??とか考えましたが、値段を見て頭が正常になり辞めました。

 

下呂カントリークラブはコースのアップダウンが激しく
コースによっては落差35yという打ち下ろしもあります。(たしか)

わかりにくいですが、1ホール目はこの登り坂。
激坂な上にグリーン見えません…。

 

打っても打っても転がって落ちてくるので
1ホール目から何打したのか数えるのを辞めました(笑)

ちなみにここのゴルフクラブ、各ホールに名前がついており
1ホール目は「出陣」。

他にも「飛騨山脈」「武者震い」などユニークな名前がついています。

「○○ヶ丘」「○○谷」などもあり、さすが山間コースという感じもします。

 

この日はだんだんと調子よくなり、後半は150y以上飛んでいたのではないかと思います。
練習では上手くいかなくても、なぜか本番のほうが飛距離が出るタイプ(?)のようです。

結果としてはOKパー(もしくはボギー、ダボ)などを入れて、110前後くらいでしょうか。
100切りとは言わないので、せめて正確なショットが出来るようになりたい!
そして200Yなワタシになりたい!
が、最近の目標です。

栗きんとん

おはようございます!
本日は営業の近藤が担当します!

気が付いたら、10月突入してる・・・( ゚Д゚)
9月は祝日が多かったり、夏休みを取っていた関係で、あっという間に終わってしまった感じです。
まだまだ暑いな~と感じることもありますが、
季節はゆっくり秋に近づいています。

 

秋といえば、「食欲の秋」ですよね!!
私の生まれ故郷岐阜県恵那市では、「栗きんとん」がこの時期の定番です。

先日ネットサーフィンをしていましたら、こんな記事を見かけました。

「栗きんとん目当て「直行直帰」中津川市、特産館に客足も周辺観光は減」
(岐阜新聞Web)

岐阜県恵那市のお隣、中津川市でも「栗きんとん」は有名で、この時期中津川駅そばの特産館では、
多くの観光客が「栗きんとん」を買い求めにいらっしゃるみたいです。

それでも、わざわざ中津川まで足を運んでも周辺観光地をぶらぶらされるという方はまだコロナの影響で少なく、
お目当ての「栗きんとん」を購入して、いわゆる「直行直帰」をされる方が多いとのこと。

自分自身、地元にいる頃は「栗きんとん」というか「栗」自体が身近にありすぎて、、
あまりありがたみが沸かなかったですが、名古屋で暮らすようになり、あのホクホクとした食感で甘い「栗きんとん」の味を恋しくなる時もあります。

思い返せば、小学校の時家庭科の授業で栗きんとんを作る機会があり、作った栗きんとんをランドセルにしまって、
家に帰って食べたら、めちゃくちゃまずくて・・・。
それから「栗」自体、あまり自分から好んで手に取ることが少なくなりましたが、社会人になり地元を離れ故郷の名産品を久しぶりに買いに行きたいなーと思いました。

とりわけ、岐阜県恵那市に本社を置く「恵那川上屋」さんの本社店舗が私の実家から車で3~4分のところにあり、
先日実家に帰った際、たくさんの車で駐車場が大変賑わっていました。混んでいたので、同じ恵那市内の恵那中央店で栗菓子を購入。

その時買ったのが、オーソドックスな栗きんとんではなく、「栗風」というお菓子。

子どもの握りこぶしくらいある大きさで、栗きんとんの生地の中にたっぷり生クリームが包んであるお菓子です。

栗のいい香りと、生クリームも甘すぎず軽い感じで食べられるので、人気の高い商品だと思います!

10月に入り、緊急事態宣言が明けたとはいえ、まだまだ予断を許しませんが、
是非恵那・中津川の秋の味覚「栗」を味わいに遊びに行ってみてください~~。

2017年アメリカの旅

こんにちは、安田です。

 

新型コロナウィルスが猛威を振るい始めて1年半。

海外旅行に行けなくなって久しいので…以前の旅を振り返りたいと思います。

 

2017年にアメリカ(ワシントンD.C.とロサンゼルス)に行きました。

 

行きは世界最大の航空会社の一つ、デルタ航空です。

ANAも検討したのですが、「デルタの往復運賃 < ANA片道運賃」だったので、デルタにしました。

これがのちに悲劇を生みます。

 

とはいえ道中は至って普通。

夕方出発の便だったので、出発してしばらくしたら夜ご飯が出てきました。

アメリカンな料理ですがまずいとは思いません。美味しいかって言われると…うーん、ふつう?

機内食1回目

 

2回目

深夜にチーズたっぷりの包みが出てきて、さすがアメリカの航空会社…と思いました。

 

3回目

三回目の機内食は着陸直前でした。

ベトナム旅行の片道4~5時間程度は経験あるのですが、初めての12時間越えフライトで変に緊張してあまり寝られず。

食欲もなかったのでフルーツのみいただきました。アメリカ人こんなに食べるの?!

 

デトロイト空港に着陸。ここでワシントンD.C.行きに乗り変えます。

デルタの拠点港なだけあってデルタ航空だらけでした。

というかデルタ航空だけでターミナル1つ独占していました。すごい。

 

 

入国直後、「は~い、ランダムだからね~、君ちょっと来てね~」とセキュリティーのお兄さん&朗らかなおばちゃんに言われて壁際のブースに呼ばれました。

「ランダムだからね~ちょっとカバン借りて良いかな~」といって、表面をガーゼのようなもので拭われます。

何かと聞いたら、テロを防ぐために、爆発物の残渣がないかチェックしているのだと。

もちろん心当たりはないのですぐに無罪放免となりました。

 

 

デトロイトは自動車産業の中心地として有名で、日系メーカーも多数進出しています。

看板は基本的に英語+日本語。たまに中国語、その他。

 

ターミナル間を移動するためのモノレールも走っていました。

無料なので無駄に乗って遊びました。

 

あまり寝ていなかったため体調がよくなく、かといっておなかは空いたのでレストランで「一番軽くて食べやすいやつ!」と言ったら、

これが出てきました。なんでやねん。

この時点で帰りたくなりました。

 

さて、乗継便の出発までは2時間程度なので、そろそろ搭乗口へ…と思ったら、デルタからSMSが。

「30分遅延します。」(理由は書かれていません)

30分後。

「もう30分遅延します。」(もちろん理由は書かれていない)

30分後……

搭乗口には乗客があふれかえり、みんなぐったりの様子。

熱も出てきたようでやたら寒い。

ゲートに詰めているデルタのスタッフに「遅れている理由はなんですか?天候?機材トラブル?見通しは立っているのですか?」と聞いても「知らない。私だって知りたい。」

「寒いので、ブランケットをお借りできませんか」と聞いても「そんなものはない」と一蹴。代わりに水をくれました。なんでやねん。

「そろそろ30分経つな~」「どうせ今度もダメだろ…」SMSが届くたび、みんな乾いた笑いを発していました。

 

 

一応ホテルに連絡しました。

「21時頃チェックインで予約したのですが。飛行機の遅延で何時につきそうか分かりません。遅れるってことだけ一応連絡を。」

「分かりました。えっと、キャンセルします?」なんでやねん!

「空港とのシャトルバスは23時(?)までだから、それ以降はタクシーで来てね」とのこと。

 

寒すぎて途中でフリースを買いました。お値段99ドル。さすがに高すぎる!!!

 

そんなこんなで、記憶が正しければ5~6時間ぐらい待ったと思います。

(この時点ですっかりデルタが嫌になり、この間にANAのHPを開いて帰国便を取りました)

午前1時30分、首都ワシントンD.C.に到着。

左の塔がワシントンメモリアル、真ん中あたりの粒がキャピトルヒル=連邦議会議事堂だと思います。

 

空港で拾ったタクシーの運ちゃんは「アメリカ観光は初めてかい?だったらせっかくだからペンタゴンが良く見える道で走ってあげるよ!」と親切にも(遠回りしても料金変わらないシステムなのに)ちょっと遠回りをしてきれいな景色を見せてくれました。ありがとう…でも今は早くベッドで寝たいんだ……。

 

その日はホテルに直行して爆睡。

ホテルの人に「お気の毒様…」と同情されました。

 

 

翌日は午後起床。ホテル近くのスーパーで買い出し。

 

夜はルームサービスで、「軽めに」と思ってサンドイッチを注文。

…全然軽くなかった。半分いただいて限界。

体調が戻らないのですぐに寝ました。翌日に議会議事堂の見学ツアーを予約してあるので、出来れば回復していてほしいのですが。

 

 

結局、翌朝には随分元気になっていたので、無事に議事堂見学ツアーへ出かけられました。

バスは怖い(日本ですら目的地に着かない)ので地下鉄で行きます。

時刻表はなく、「何分後にどこ行きが来るよ」という案内表示だけがありました。

昼間の鶴舞線ぐらいの頻度では出ていたので、特に支障はないように感じました。

ホームはどこも、圧迫感の少ない、カッコイイデザインでした。

マナカ的なICカードがあります。1日乗車券的な機能もここに入れられました。

ワシントンD.C.とお隣のバージニア州を走る地下鉄・一部バスで有効です。

小学校の時に「電車で安心して寝られるのなんて日本だけ。海外で寝ていたら窃盗か強盗に遭う」と先生から言われたのを覚えていて、びくびくしながら乗ったのですが、極めて安全で清潔な空間でした。通勤途中と思しき現地のサラリーマンも普通にイヤホンして寝ていました。

 

 

↑お土産店はアメリカ製の物のみ扱っているんだそうです。当時はトランプ政権下で、保護主義丸出しだな~と思っていたら、それとは関係なく以前からそういう方針なんだとか。

 

トンネルをくぐって議会図書館にも行けます。

見にくいのですが、下が閲覧スペース?作業スペース?なんだとか(本来の議会図書館としての機能)

 

観光客用のスペースには普通にグーテンベルク聖書が展示されていました。すごっ。

↑この日のお昼ご飯。普通に割りばしがあったのがなんだかおもしろかったです。

 

 

翌日はスミソニアン博物館巡りでした(スミソニアン協会がやっている博物館はたくさんあります)。

……ここでも「はーい、ランダムだからね~。ちょっとカバン貸してもらえるかな~」と爆発物残渣のチェック。

直後に呼び止められていたのは黒人。これランダムじゃないな?と思い始めました。

 

まずは歴史から。

戦争中の日系人を特集した企画もありました。

↑太平洋戦争開戦当日の日系人の日記

 

これで25ドルってすごいですね。笑

 

お次は航空宇宙博物館

↑エンタープライズもありました(笑)

ラテンアメリカの博物館も行って、この日の最後の博物館、ホロコースト・メモリアル・ミュージアムです(ここはスミソニアンではありません)。

 

入館するとまずスタッフのおばあちゃんから「英語できる?館内ツアーは英語なんだけど」と英語で話しかけられます。

自信はないけど、多分大丈夫だと思います、といったようなことを返したところ「まあ英語の質問にそのまま答えようとしている時点で大丈夫だわワハハハ」と返ってきました。他の人にもやっていたのでおばあちゃんの持ちネタなんでしょう。

「リスクを負ってまで助けるべきか」(意訳)

 

「なぜ、と問うのをやめないで」

 

 

まだ日も高かったので、ワシントンメモリアルに寄っていきました。

ワシントンメモリアルって、これです。映画とかでよく見るやつです。

 

↑この景色!よく映画とかで出てきません?

(道中、大統領の長~い車列に遭遇したので動画を撮ったのですが、サイズオーバーでビデオをアップロードできず)

 

もう一個、ついでにホワイトハウスへ。

ワシントンメモリアルからちょっと北に歩くとホワイトハウスです。

この国の首都はどこへ行ってもライフルやマシンガンを持った警官がいました。

戦争している国の首都ってこんな感じなのかなと、ぼんやり思いました(そうは言っても、一度も危険な目に遭わず、実感はありませんでしたが)。

この日はこれでおしまい。

 

 

 

そんなこんなでワシントンD.C.最終日。

夕方にはロサンゼルスへ移動するため、午前中だけ出掛けました。

 

 

ホテルのすぐそばにあるアーリントン墓地です。アメリカの映画で軍人の埋葬シーンがあれば、大体ここです。

ここに行きやすいよう、すぐ近くのホテルを取ったのでした。

 

グーグルマップを見ながら、入り口とおぼしきゲートから入っていこうとしたところ、不愛想な警官に呼び止められました。

警「どこから来た」

「日本です」

警「どこへ行くの」

「アーリントン墓地です」

警「IDを」

「パスポートでOK?」

警「(怪訝な顔)他には?立ち入りには許可証が必要だぞ」

「え、墓地行くのに?!」

警「他のIDも出せ」

「日本の免許証しかないよ?」

警「ちょっとカバンの中身見せろ」

「?!」

 

ここで、後ろでじっと見ていた軍人が「ヘイ、キミは日本から来たのか」と僕に呼びかけて警官と交代しました。

2週間前まで沖縄に駐留していたという軍人と「きみは沖縄行ったことあるのかい?」「1回だけね~」なんてひとしきり話し、

「で、キミどこ行きたかったの?観光でアーリントン墓地行くなら、そこ出て、左にずっと歩いてくと見えてくるゲートだよ。こっちは軍事基地だからね」

ありがとう…最初から助けに来てくれたら、もっとありがとうだったんだけど……。

 

というわけで無事に到着。

……入り口で「グッモーニン!これ全員だから。全員にやってるから、荷物検査させて。鞄そこ置いて、開けてみせて!」とまたやたら朗らかな警官に検査されました。

「いいよ~。でも僕テロリストじゃないよ~」

警「もちろんわかってるよ~」

後続の白人観光客は検査されずに入場していったように見えますが。いいよもう、慣れたよ。

 

 

 

母方の高祖父(たぶん)が第二次世界大戦時、ガダルカナル島で亡くなっており、両国の戦没者に敬意を…というと高尚そうですが、本音は映画でよく見る場所を見に来たかったというのがほとんどです。

 

硫黄島の摺鉢山頂上で兵士たちが星条旗を立てようとしている有名な彫像はメンテナンス中でした。

 

 

別の場所では、ちょうど式典をやっていました。映画で見るやつ!(静かにしてさえいれば撮影は構わないようです。結構みんなスマホを掲げていました)

 

十分満足して、この日はそのまま空港→ロサンゼルスへ。

 

随分長くなってしまったので、ロサンゼルス編はまたいずれ!

今まで行った良かったカフェ紹介①

こんにちは!営業のクボタです。

本日は題目通り、今までに訪れたカフェで良かったなぁと思うところを

ご紹介します。

まず1つ目、

岐阜県大垣市 「DUOMO CAFE」

イタリアの歴史的建造物ドゥオーモの名前にちなんでいるのでしょうか。

店内の雰囲気は以下のよう。テーブル横の壁にお洒落なランプが置いてあり

暗めの店内を落ち着いたオレンジの光で暖かく照らしてくれています。

この日はケーキセットを注文しました。

結構前なので、味を覚えていませんがこの写真を見ると美味しかったに違いないです!

 

 

2つ目、

岐阜県岐阜市 「cafe &gallery 川原町屋」

岐阜駅からバスに乗ること数分、

京都によく似た風情のある古い町並みが出てきます。

その通りにあるカフェの中でも、入口から一際目立つレトロなお店がこちら。

店内は、2階建て。

1階にはグランドピアノが置いてあり、上品な昔レトロな雰囲気ですが、

2階は少し山小屋の様なくだけた感じです!

お料理も、美味しかったです。クリームメロンソーダがレトロな雰囲気を醸し出しています!

 

3つ目、

名古屋駅 「THE GATEHOUSE」

名古屋駅の直上にあるこちらのカフェレストラン。

JRゲートタワーホテルのレストランのようです。

ホテルに泊まらなくても、カフェのようにふらっと入れますよ♪

この日はランチをしました。

1枚目の写真のメイン料理を選んだら、(私:魚 友人:パスタ)

2枚目の写真のサラダとスープ、ドリンクはバイキング方式で食べ放題!

名古屋の街並みも一望できます。夜の夜景も観てみたいです。

今日はここまでとさせて頂きます。

また、カフェ紹介させて頂きます!

行ってみたいカフェはありましたでしょうか。

気になったところがあれば是非一度行ってみてください。

 

世界一周旅行🏁

こんにちは!
学生広報グループの柴崎です。
まずは…
本日ウインクあいち6階にて「ジモト就職フェア」を開催します。
最後まで諦めない学生の皆さんを名大社は応援します!
イベントは今回が最後になりますので迷っている方はぜひ会場へお越しくださいね。
もちろん感染対策もしっかり整えておりますのでご安心ください!
詳細はコチラ

――――――――――――――――――
緊急事態宣言も延長され、旅行好きな私も家に籠って土日を過ごしております。
ディズニーに行きたい!ユニバに行きたい!

でもやっぱり海外旅行に行きたい!

まだまだ終息しなさそうなのでこの欲をなんとかどこかで…

あ!そういえば愛知県に叶えられる場所あった!
その名も…「リトルワールド」
何度かブログにも登場してる場所なので、すでにご存じの方も多いと思いますが今一度ご紹介します。

まずはコチラをご覧ください。
リトルワールド
見て頂いた方、私が伝えたいことが全部まとまっていたのでこの辺で!
と言いたいところですが…
もう少しだけお伝えさせていただきます。

リトルワールドは、愛知県犬山市に所在していまして
私自身民族衣装を試着できるというのが目的で何度か訪れていましたが、
今は世界各国のフード(個人的にはお酒)を味わえることが魅力的だなあと感じてます。
※宣言中は提供していないみたいなのでご注意ください。

ちなみに園内1周2.5km。ダイエットにも最適?!
大学生の時はひたすら民族衣装を着ては写真、着ては写真の繰り返しでした。(懐かしい…)
入り口を抜けて園内に入ると沖縄が迎えてくれます。
サーターアンダギーやオリオンビールなどすでに誘惑いっぱい…
とりあえずドイツまでは!と意思を固め、ようやくたどり着いたドイツでの1杯。

写真は無いのですがソーセージも注文!やっぱビールにあう~

少しほろ酔いで、次の目的地。それは山形!

またビール。そして玉こんにゃく(また写真はございません)
大変申し訳ないのですが今まで何度かリトルワールドに訪れてますが、
山形横目で見て出口に向かってました…
でもこの日で変わりました山形最高!
新たな発見があるのも面白いですよね。

まだまだ他にも美味しいフードや珍しいフード(ワニ・ラクダ・ダチョウの串焼き)、
美味しいお酒などもあるので皆さんも機会があれば訪れてみて下さいね。
そして民族衣装もぜひお試しください。
私も最後に行ったのは2年前…早く世界一周旅行したいところです。

明日は…同期の荻上さんです⭐
前回のホットサンド美味しそうでしたね~☺

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊾

 

ニシダです。

昨日ホリグチさんのブログにあった
1964年東京オリンピックの記念硬貨。

そういえば…

祖父の遺品整理をしていたときに
色褪せないデザインに感動して
手元に残してあったのを思い出しました。

今見ても洒落てませんか。
1964年東京オリンピックの記念切手。
どうぞご堪能ください。↓

ちなみに、今回のはコレです。↓


※©Tokyo 2020

 

好き好きあるでしょうが、
個人的にはリアルさ、躍動感がある今回より
断然1964年のほうが好きです。

時代に左右されない線と色使いの表現力に
惚れ惚れしたわけです。

読者の皆さんはいかがでしょうか。

——————-

話題は変わり。
皆さんはどんな夏休みでしたでしょうか。

いかんせん天気が悪く、
コロナで地元(横浜)にも帰れない。

なので、小説を読み漁ることにしました。
本は読むけど、小説は読むことが少なく
創造力(想像力?)が鍛えられるかなと淡い期待。

結局1日2冊ペースで読んでました。
その中で印象的だったのは「コンビニ人間」。

学校生活も就活も家族関係もうまくいかなかった
主人公が、なぜかコンビニでは自分らしく
働けて割とそれなりに幸せを感じれた話。

居場所はコンビニだった的な。

「自分に合う仕事・会社がわからない」
「自分らしさとはなにか」

そんな悩みを抱える学生や社会人と
関わる機会が多いからか
すごく考えさせられる内容でした。

読んだ人がいれば、ぜひ語りたい。

 

あと、

「自分らしさとは」
この疑問が解決しそうな本にも出会いました。

それはスタッフブログに書くにはもったいないので
新聞コラムに書きたいと思います。

 

ということで、今月の文房具通信は
紙ジャンルでお送りしました。

see you.

守山のニュースポット

こんにちは。
人材紹介の桑山です。

守山区民としては話題にしないわけにはいきません。

 

コストコ守山倉庫店がオープンしました!

人の多さが落ち着くまでは控えておこうと
しばらく様子を見ていましたが、
そろそろ行ってみる??と先日行ってきました。

 

実は、初めてコストコに行きます。

これまで、積極的に行く機会がなかったんですよね。
あと、「コストコ=大量買いするファミリー層向け」
だと思っていたので…。
なので気になるけど、それほどでもないな…。みたいな。

 

今回はレジャー的な気持ちで
とりあえず行ってみる?と思い立ちまして
夏休み中にコストコデビューしてきました。

 

【どうやら会員登録が必須らしい】

行くことが決まったのはいいとして、
会員登録が要るらしい…。
ということで事前にWEBから仮会員登録。
あとは店舗に行って手続きです。

わけもわからず、とりあえず会員登録の列に並び
現地で写真撮ってもらってカード作ったのですが
白黒写真のせいか、謎の緊張感のせいか、
夫婦そろって犯罪者みたいな顔つきに…(笑)

なんだか、これはこれで記念になって面白いなと思いました。

あと、年会費は安い方で登録しました。
だって20数万円も買わないだろうし…(盛大な伏線の予感)。

 

【渋滞がすごい】
守山IC近くにコストコ守山倉庫店はオープンしたことから
周辺エリアの道路は、コストコに入る車と出る車で
常時渋滞が発生しております。
ちなみに、平日夜もまぁまぁ混んでます(実体験)。

車で周辺を通りかかると
「あーこれコストコ行くんだろうな」ということが
わかるくらいにはコストコ渋滞になっているので
車で周辺を通る際には、車線にご注意ください!

 

【オートウォークがある】
コストコ守山倉庫店は1階が店舗、2~3階が駐車場になっていて
車を停めたら、買い物用カートを受け取り
オートウォークのエスカレーターで1階へ移動します。

オートウォークのエスカレーターって大変珍しいと思うのですが
これ、他の店舗にも導入されているのでしょうか?

あと、これは豆知識でもなんでもないのですが
実は名東区にあるイオン名古屋東店にも
オートウォークのエスカレーターがあります。

 

【コストコ初心者が買ったもの一覧】

夏休み中にコストコデビューして、約3~4週間経ったところですが
もう既に数回は訪問しており、日常の買い物がコストコ中心になり始めたので
行くたびによく買うもの一覧を並べてみました。

 

・クロワッサン(20個入り)
最近の在宅中のお昼ごはんは大概クロワッサンです。
そのまま焼いて食べても美味しいし、何かを挟んで食べても美味しい!
この前はタマゴ&キュウリ(実家産)のサンドを作りました。

 

・リンゴのベーコン
友人から、リンゴベーコンとチーズを挟んで
食べたら美味しいと教えられて早速購入!
探していたチーズは無かったのですが、
ベーコンは普通に焼いて食べるだけで
めちゃくちゃ美味しい…

リンゴの味はしませんが、
ちょっと甘味がある(ような気がする)ので、
よりしょっぱさが引き立ちます。

 

・オイコス ストロベリー味
これはみんな同意見だと思うのですが、
オイコスはコンビニやスーパーで買うと高いんですよね…。
(1個あたり160~180円程度。)

ちなみにコストコで買うと12個入り1000円ちょっとくらい。
めちゃくちゃ安くてありがたいです。

あとオイコスが置いてあるエリア、冷房が寒すぎて1分以上いられません。
むしろ冷凍庫レベルの冷蔵機能。一体あの部屋、何℃くらいなんでしょうか…。

 

・鶏肉2㎏
鶏もも肉、鶏むね肉もありますが
特におすすめは鶏ひき肉(これも2㎏。結構重量あります)。

先日、豆腐ハンバーグにして大葉を巻いてみました。

まだまだ大量に余っているので、今日の晩御飯も鶏ひき肉になりそうです。

 

ちなみに、まだチャレンジしてないですが、ガソリンも安いです。
ただ、ガソリン購入もそれなりに並ぶんですよね…。
あの行列を見ていると、さすがにガソリンはガソスタで入れようかな、と思えてしまいます(笑)

様子を見てまた今度行ってみようと思います!

 

 

コストコデビューの感想としては
とにかく取り扱う商材が多いので、端から順番に見て回ると疲れる(笑)
いろいろあるので楽しいのですが、全部見るのは疲れてしまうので
ある程度買うものを決めて、あとは宝探し的に行くといいかなと思います。

 

あと、コストコ守山倉庫店で個人的に一番オススメな場所は屋上駐車場

 

高台にあるので、目の前に広がる庄内川と、工場群や民家も併せて
大変眺めがいいポイントなのです。周りに高い建物もないので、空が広く見えます!

この日は夕焼けがきれいだったんですよね。
夕方ごろ行ってみるのも、オススメです!

夏の風物詩

こんにちは、不破です。
今回は最近読んだ小説について書いてみます。

夏といえばホラー

というわけで、ジャケ買い(?)した「異端の祝祭」と、同じ作者の前作「ほねがらみ」です。

ジャケ買いといってもKindleなので、手元にはありません。
私は知らなかったんですが、もともと小説投稿サイトに投稿されていたお話で、ネットでバズって書籍化されたもののようです。

先に読んだのが「異端の祝祭」

ホラーというよりは、カルト宗教ファンタジーホラー(?)という感じでしたが、
気持ち悪い!不気味!…と思いながらも、なぜ?どうして?が勝って、先が読みたくなり、サクサクと読み進んでしまいます。
やっぱり人間が一番怖い…いわゆる「ひとこわ」な要素もあり。
後半ファンタジー色が強くなってきて、若干期待したものと違いましたが、引き込まれてしまい面白く読み終えました。
ストーリーの本質ではないんですが、諏訪大社の過去のお祭りとイサクの燔祭の共通点の話は、
トンデモネタだな〜と思いつつ、興味出て検索しちゃいました。

作者の芦花公園さんは、「異端の祝祭」が二作目ということで、一作目も気になる〜!…と、
「異端の祝祭」を読み終えた翌日にKindleでポチったのが
一作目の「ほねがらみ」

「異端の祝祭」よりも断然怖い!!
ホラー好きの人が、短い怪談話を集めていくうちに、だんだんと繋がりが出てきて、
最後には自分の生活にまで侵食してくる…という話で、
読んでいるうちに、ついつい「これを読んでいる自分は大丈夫なのか!?」と思ってしまうお話でした。

結構複雑でわかりづらいな〜と思うところや、
あれ?あの伏線回収されてなくない??と思う部分もありました。ちょっとネット怪談に似た読み心地。
でも、とにかく怖い。続きを読むのが怖い。でも、気になるから読んでしまう。
その辺りは二作目と同じで面白かったです。

二作とも、もうひとつ盛り上がりに欠ける感は否めないんですが、それを凌ぐ怖さ。
ホラーなんだから、怖いのが一番です。

今年はの夏はひとつも心霊番組を見かけず、ヤラセでも加工でもいいから心霊番組が見たい私としてはちょっと寂しい夏でした。
心霊もオカルトもネットに移行しちゃって、怖い話もネット怪談がタダでいくらでも読めるんだからそれでいいじゃん、と思っていましたが、
久々にちゃんとホラー読むとページをめくるのが怖い感覚にドキドキしました(電子書籍ですが…)。

次は、「ほねがらみ」の話の中でも言及されていた、三津田信三さんの作品を読んでみようかな〜と思っています。
ホラーのお勧めがあれば、ぜひ教えてください!

 

習い事について!

こんにちは!

社会人5年目のコノシマです。

 

 

今年の夏は猛暑から大雨まで、不安定なお天気が続いたり

開催までに色々あったオリンピック・パラリンピックや

ワクチン接種から緊急事態宣言まで、話題が尽きない夏だなと感じました…!

皆さんにとって今年はどんな夏でしたでしょうか?

 

 

さて今回は私が通っている習い事について。

私は学生の頃

「習い事してる大人ってかっこいい!(偏見)」「社会人になったら何か習い事をしたい!」

と思っていました。笑

習字教室や料理教室、社交ダンスから乗馬まで…

興味のあるものはたくさんありましたが、

「着物が綺麗に着れるって、いいよね…!」「郡上踊りでゆかたも着るし、母の着物もあるから始めやすいかも!」

という単純な動機から着付け教室に通い始めました。

 

私が通っている教室は中日着付け教室というところです。

詳しくはコチラ

週に1回のペースで通い始め、早4年目。

とうとうあと半年で卒業試験というところまで来ました!

 

少し恥ずかしいですが始めたころからの成長具合を少し紹介します。

before

after

着物のしわや裾合わせ、襟幅など…

パッと見ただけでも成長しているのがなんとなく分かるのではないでしょうか笑

 

ちなみにこの黒の着物は今年の検定試験の時の写真です。

この教室では資格を認定してもらいながら、自分で着れるようになるため

着物に対しての知識から他者に対して着付けることも学びます。

そのため年に1回検定試験があるのですが、

筆記のテストと実技があり、

実技では鏡を使わず自分の感覚だけで綺麗に着ることが求められます。

 

現在は高等師範科検定に合格し一級を取得しています!

今までの認定書の中に卒業認定も入れるよう、

最後まで頑張りたいと思います!!

 

 

 

着付け教室を卒業したら、次は何を始めようか今から少しワクワクしています笑

以上、コノシマでした~!