名大社 スタッフブログ

カテゴリ「自分の仕事のこと」の記事一覧:

MY就活宣言

ついに名古屋は梅雨が明けないまま7月が終わってしまいました。

今年は雨が本当に多かったので、洗濯を回す日をいつにするか、

何度も悩んだ記憶があります。

1日の中でも雨が降ったり晴れたりするので、庭の草が伸び放題。

草刈りするにも、1日晴れの日がなかなかなくて困っています、宇佐見です。

 

4月の新卒イベントから、イベント開始時間の30分前を利用して、

来場学生さん向けのセミナーを開催しています。

せっかく担当するのならば、何か新しいことを取り入れたい!と思い、

4月・6月・7月と、こんな取り組みを実施しました!

 

 

「MY就活宣言」と命名し、イベントに参加する学生さんに、

「今日の合説での目標」を記入してもらい、

ネックストラップに入れ、首から下げてイベントを回ってもらう、というもの。

セミナーの開始時刻に来てくれた学生さんだけに、特別にお渡しし、

簡単なレクチャーをして記入してもらいました。

 

せっかくイベントに来てくれたのだから、

ただ、企業の説明を聞くだけで終わってほしくない。

自分なりの目標を設定して、それを達成するための行動をしてもらう。

目標を自分で立てることで、自分の課題やできなかったことが見えてくるし、よりイベントを有効活用してもらいたいと思ったからです。

ブース訪問する際に、挨拶と合わせて「こんなことを頑張ります!」と宣言してもらってもよし。

企業さんとのコミュニケーションツールとして使ってもらうことで、

より心の距離が近くなるような補助ツールとしての役割も狙いました。

 

実際に参加してくれた学生さんが立てた目標は様々。

●気になることは積極的に質問する

●今まで知らなかった業界も積極的に訪問する

●1社1社必ず採用担当者と会話をする

●目線を意識して話をする

●7社以上のブースを回る!

などなど・・・

 

内容の良し悪しについて、こちらで特に評価はしませんが、

会場内や退場する際や「この目標、クリアできたかな?」と

私達スタッフも、場内で出会う学生には声掛けの際に聞いてみたり、

退場する際に、受付で今日の達成度チェックも行いました。

 

まだまだ運用方法に課題は残りますが、

自分で意思を持って考え、自発的な就活をしてもらう。

そんな活動の後押しが少しでもできたら幸いです。

 

あと5日でお盆休み。

今年はコロナの影響で、遠出もできなさそうな休暇となりそうです。

今のところ、夫と自分の実家に顔を出すことと、リモート飲み会くらいしか予定がありません。。。

(ちなみに、お盆中に誕生日を迎えます)

おうちでの夏の過ごし方、おすすめがあればぜひ教えてください!

イベント前の恒例

こんにちは。小川です。

最近はおうち時間による体重増加に、まだ食べ物でなんとかしようと、ビネガードリンクにハマっています。

炭酸水で割るのですが、いちいち買うのがめんどくさくなり、炭酸水メーカーを買うか検討中です。

さて。

 

今月は、7/17.18.19にジモト就職フェア、転職フェア、オンラインフェアとイベント目白押しです!

 

ここ1週間くらいで、社内でよく見るイベント前の恒例行事。

読み合わせ。

営業同士で担当企業様の原稿を読み合わせしています。

 

2人ペアで、担当営業側が声を出して一言一句読みながら、もうひとりに原稿を見ながらチェックしてもらっています。

(綺麗な机に移動してくれてありがとうございます)

※お礼に美肌加工しましたよ

 

誤字脱字、電話番号が間違っていないか?

わかりづらい表現はないか?

改行したほうがいいのではないか?

誤解を与える表現はないか?

親切な原稿になっているか?

 

間違いがあってはいけないという想いと、魅力が伝わる、理解してもらえる原稿に、という想いで取り組んでいます。

 

また、読み合わせに付き合うことで、人の原稿を読み、この表現はいいなという気づきや、新規や久しぶりのご出展など、おもしろい会社があるなと気づきが得られます。

 

ブログなに書こうかなーとぶつぶつ言っていたら目に入った光景でしたが、

当たり前に身についたことも、ひとつひとつの仕事に想いを込めて、取り組んで行こうと改めて思いました。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊳

 

本日はニシダです。

先ほど終えたばかりの授業で提出された
学生120人分のレポートを読み、
質問事項をすべて文字起こしする。

(昨日の授業、相方テツさんは大事な用事とかで
途中でいなくなったなぁ…ボソ)

新聞コラムの原稿〆切にも追われている。
そんな中、このブログを書いております。

最近の仕事は、もっぱら物書きです。
トマトの勢いに負けず書き進めたいと思います。

 

サイトが新しくなりました

先日WEBサイトを完全リニューアルしました!

サービス名も「ジモト転職エージェント」から
「名大社転職エージェント」にプチ改名。

リニューアルしてから事業部メンバーの中で
最初のブログ担当ということで、宣伝を命ぜられました。

「ニシダさん、コラムニストなんですから」
「コラムニストはブログ賞とれますよね?」
「ブログ賞!ブログ賞!」

こんな有様です。

このおめでたいタイミングで今回こそブログ賞を取らないと、
もれなくメンバーに睨まれます。

皆さまからの温かい「いいね」ください!

事業部メンバーでちょっといいランチ、
食べにいきたいです!うふふ。

 

エージェントのこれから

と、呑気なことばかり言ってられません。

今回、リニューアルにあたっては

・自分たちの強み(こだわり)
・サービスのキャッチコピー
・サイトのイメージカラー
・ターゲットのペルソナ
・サイトメニュー

を、メンバー全員で話し合いました。

そして、認知度を高めていくために
広告会社を在宅勤務期間中に全員血眼で探しました。

全員が「自分ごと」として捉え、
自分たちで決めたことです。

よって、「外部環境が…」と
言い訳できない状況を自分たちで作っています。

今まで以上に、企業/求職者のために「正直に丁寧に」
名大社転職エージェントはサポートさせて頂きます。

そのために言い訳はしません!

あ、散々宣伝しておいてなんですが、まだ未公開の
メニューがこれから加わっていきます。

求職者向けのコラムや適職診断など…
今までなかったメニューに挑戦です!
(また書く仕事が増える…)

個人的には、責任者として、コロナ禍ではありますが
覚悟を決めてこの方向へ舵をきりました。

ゾクゾクしてます。
ワクワクしてます。

「名大社=合同企業説明会」のブランディングに
一石を投じる存在になります。お楽しみに。

 

文房具は紹介しないのか

自分のnoteにも書いたんですが、最近筆記具を
使わなくなりました。

それでも、好きなのには変わりなく。
最近一番買ってよかったのはLAMYの万年筆。

私は真ん中の「mango」を買いましたが
黄色は元気が出るし、万年筆を使っていると
ちょっとできる人風を味わえます。

 

元気といえば、、、

オクダさんも元気です。
いただき物のマステと一緒に📷

 

それでは、最後にもう1回。

皆さまからの温かい「いいね」ください!
↓↓↓↓

採用メンテ

こんにちは!
最近、たまたまyoutubeで見つけた瑛人さんの香水という曲にハマっているニムラです。

いや、厳密に言うと瑛肩が歌う方でした…

よく分からないことを言っていると思った方
是非こちらをご覧ください。

全力でバカなことをやるって一周回ってカッコいいですよね!(チョコプラほんと大好きです)

 

さて今日は、名大社で新たに力を入れて取り組む
「採用メンテ」についてお伝えさせていただきます!

採用メンテとは、
自社の魅力の伝え方に課題を持つ企業の採用広報をサポートする」という事業です。

どうして、こんなに魅力のある企業に応募が集まらなんだろう…
営業活動の中で個人的にこんな思いを抱くことが何度もありました。

せっかくの魅力が上手くアウトプットされていない。
多くの場合、それが理由でした。
出会いのきっかけが失われているかもしれない。

だからこそ、僕らにできることがきっとある。
そんな想いでこの事業を練り上げてきました。

 

そもそも、なぜ「採用メンテ」なのか?
実はネーミングにはこんな想いがこもっています。

営業は、商品の売り込みのためだけに繰り返しお伺いをするんじゃなくて、採用活動を改善していくために課題を伺い、提案を行っていく。
ある意味、メンテナンス訪問のように、定期的にお伺いしてご様子を伺いたい。
それは、名大社がいつでも駆け付けられるジモト企業であり、ホームドクターのような距離感で1社1社と向き合えるからこそできることじゃないかと。

クライアントは、私たちと一緒に採用活動を振り返り
しっかりとPDCAを回しながら改善を行っていただけると。

そして、求職者には自身に合った魅力的な企業に出会える機会へと繋げると。

すこし、油臭い表現かもしれません。
でも、それが私たちらしいとも感じています。

 

採用活動を大きく段階分けするとこんな感じです。
「計画」→「募集」→「選抜」→「フォロー」

そこで私たちが特に強みを発揮できるのが
「計画」→「募集」の部分だと考えています。

出会う、伝わる、繋がる。
これが私たちにできる価値提供です。

具体的に言えばこの2つの取り組みとなります。

母集団形成については、
私たちが実施をする合同企業説明会やナビサイトなどのツールを指しています。

では採用広報って何か?企業広報と何が違うのか?

採用広報:
求職者の動機形成に繋がる情報を整理して効果的に伝える手段

企業広報:
自社の伝えたいことを相手の理解に関わらず一方的に伝える手段

シンプルに言うと、採用広報が上手くいけば出会いの可能性が広がります!

求職者の志望度に繋がる情報をいかに伝えられるかが鍵となるわけです。
図にするとこんなイメージ↓

ここで大事にしたいのは、素晴らしいデザインやツールで伝えることではなく、「求職者目線」が含まれているかということです。
採用広報で最も大切なのは、そこではないかと思うわけです。

この求職者目線こそ、私たちが50年間培ってきた武器でもあります。
採用メンテでは、この求職者目線で企業の魅力をアウトプットする方法を一緒に考えていきます。

 

現在、扱っている一例としては、こんな感じ。

これらは、出来上がった商品をご提供するのではなく
その企業オリジナルの1点ものを一緒に作り上げていくという商材です。

「採用メンテ」気になった方は、是非名大社の営業スタッフまでお声掛けください(^^)/

変化が求められる時代。
私たちも様々なことを学びながら必要とされる存在を目指して邁進していきます!

仕事について感じたこと

こんにちは。水谷です。

 

5月某日。早朝3時のこと。

腰に急な激痛が走る。寝返りをした時に捻ったと思い、ストレッチを行うも、

痛みが和らぐことはなく、むしろ増すばかり。

朝まで耐えるつもりでいたが、耐えきれず救急車を呼び、病院へ担ぎ込まれる。

症状、年齢などから結石の可能性がありますねと言われる。

看護師さんに大きければ入院だからね。この痛み覚えておいてね。軽く言われる。

検査の結果、結石と判明する。

初めてのことなので、どうなるのか戸惑いながらも処置を受け帰宅し安静に過ごす。

幸い、入院することもなく、その日の夜には結石も出て痛みも解消した。

 

その日は休みの日で、予定をキャンセルするだけで済んだ。

その日から3連休でしっかり休養し、翌週月曜日から何事もなく出勤できた。

業務の支障をきたすことがなかったことが不幸中の幸いだったかもしれない。

今となっては笑い話でしかないのだが・・・

 

もし支払日やどうしても休めない日と重なっていたらどうしたのかと考えてしまった。

その時は痛みを我慢してその時間だけ出勤することになるのだろう。

 

それで良いのだろうか?と疑問を感じた。

小さな組織で、業務が属人的になるのは仕方がないと割り切っているつもり。

これを機に、業務の進め方や仕組みを見直すいいきっかけにしなければならないと感じた。

 

激痛で苦しみ、治ってよかっただけで終わらせるのではもったいないですから。

課題がたくさんあるのはありがたいと感じながらも、

どの分野から始めようかと考えている今日この頃です。

 

 

 

 

今、感じていること

こんにちは、神谷です。

普段の生活では徐々に日常が戻ってきて、
外の様子にも活気を感じるようになりました。
コロナ対策を前提とした新たな日常ではありますが、
名大社の業務も通常稼働になり、
社内にも慌ただしさが戻りつつあります。

そして、本日・明日は「ジモト就職フェア」を開催。
開催にあたっては、ウイルス感染防止対策として、
マスク、消毒液、飛沫防止ビニールの設置、
ブースの配置の工夫など、
できる限りの準備をしてきました。

しばらくイベントを開催できない時期が続き、
今回約2か月ぶりの開催となりますが、
就職・転職・採用に対して真剣に向き合う
学生さんや求職者の方、企業様。
イベントをはじめ名大社の事業は、
そうしたみなさまの思いに支えられているのだと、
改めて感じています。

そしてこれからもその思いにお応えできるように、
これからのイベントの在り方や新たな商品企画を
模索しているところです。

7月に初めて開催する「オンライン転職フェア」。
この企画もその一つで、
この春入社した松本さんも運営メンバーに入り、
稼働に向けて準備を進めています。

オンラインの分野に関しては、
知識や経験はみんなほぼ同じ。
社歴や経験は関係なく、
みんなで知恵を出し合える企画だと思います。
私自身も、もっと勉強しないと!と痛感。
まだまだ手探りですが、新しい取り組みとして、
これからもっとブラッシュアップしていきたいです。

この他にも、7月以降はいろんな企画が目白押し。
タスクやスケジュールも詰まってきています。
忙しいのはありがたいですが、
業務に忙殺されて、
この数ヶ月で感じたことを忘れてしまわないように。

一つ一つ丁寧に、
みんなでいいものにしていけたらと思っています。

暑い季節がやってくる

おはようございます!
本日は営業の近藤が担当します!!

前回のブログ担当が、4月中旬頃だったのでお久しぶりの登場でございます。
先日、高井さんのブログで触れられていた、リクコミ。
なんと、主人公が近藤君なのです!!(笑)
http://www.meidaisha.co.jp/comic/

訪問先の企業担当者様に、リクコミを紹介するとき、
主人公が近藤君という事もあり、「本物はこんなに痩せてないですけどね~笑」
と言って、ひと笑いお誘いするのが最近の定番となっております。

 

さて、本日のテーマは「宇佐見さん・山添君」。

営業メンバーとして一番距離が近いのが、
約同年齢のこの2名。

宇佐見さん。

山添君。

(山添君は、左側)

 

宇佐見さんは、年齢が1個下ですが、クレバーなスタイルでどんなケースでも落ち着き、安定感があるのが彼女の強みだと感じています。
それでいて、いい意味で飾りっ気のない性格なので誰からも愛されるキャラで社内で存在感を放っています(笑)

 

山添君は、中途で入社しましたが年齢は僕と一緒。
名大社の営業メンバーは比較的新卒入社が多い中で、中途で入社した彼ならではの意見は、
会議や打ち合わせなどで新しい風を吹かせてくれます(笑)。
堂々としている姿勢は、見習うべき点です。

僕を入れて3名は、社歴・年齢はバラバラですが、
今年4月から初めて部下の教育・指導を任せていただくことになり、
新しい業務領域にチャレンジしている仲間です。

在宅期間中。
家で仕事をしていると、名大社のメンバーの顔が見えない事もあり、1人で仕事をしているような感覚になりましたが、
社内での業務に戻り、名大社メンバーで顔を合わせながら仕事をするとやっぱりこっちのほうがいいなぁと感じてしまいます。

 

とりわけ、名大社メンバーの中でも宇佐見さん、山添君が担当企業様にどんな提案をしているだろう?
とか、営業の成果をあげていたり等、彼・彼女が頑張っているから自分も頑張らなくては!!と奮い立っています。

これから本格的に暑い夏がやってきますが、
徐々に名大社も通常モードへ戻っております。
そして、7月からにかけては、新しい取り組みや数多くの企画が目白押しなので文字通り、暑い季節が名大社にもやってきます・・・

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、感染対策・暑さ対策に気をつけながら、これからやってくる暑い季節を乗り越えましょう!

最近の仕事のはなし

こんにちは、高井です。今日は最近の名大社の仕事の取り組みの紹介です。

ここ何ヶ月間、僕の仕事はコロナとリモートとオンラインがテーマでした。
直接面談を売りにしているサービス上、5月は全く何もできませんでした。
しかしやっと6月から通常のイベントを開催します。
社内にいてもこの何日間でクライアントの問い合わせも確実に増えてきました(4月はほんと全くなかったけど)
おかげさまで6月のジモト就職フェアは目標数字を超えた売上げになり初日のブースは売り切れ状態。
学生の予約も伸びてきていて、なかなか順調です。
社内もやっと名大社らしい活気も蘇ってきました。嬉しい限りです。
もちろん非常事態宣言が解除されたとはいえ6月開催でコロナ対応での緊張感もあり
感染者を出さないイベントの準備を目下進めています。

こういうのは当然として、さらにウイルス感染拡大防止の為、
全てのブース内で飛沫防止ビニールと吊り下げスタ ンドを用意。
そしてブースの場内の作り方も社数を減らし、密接した状況を改善することになりました。


そのほか、換気も含めいろんなコロナ対策の施策を冨田を中心に社内で準備中です。

またオンラインへの取り組みとして、まずは7月の転職フェアは通常のイベントと同時開催として、
試験的にオンラインフェアを開催し企業動画とWeb面談の仕組みを取り入れます。

https://www.meidaisha.co.jp/online_tenshokufair/

今回はオンラインフェアを試験的に開催して、この経験を元にいろいろな検証とシステム開発を経て、
名大社では10月以降の全ての中途フェアを全てオンライン&オフラインのハイブリッドイベントとして開催する予定です。
オン・オフの両方の良いところを踏まえた求職者と企業の出会いの場を、現在準備中。
そしてそれはもちろん22卒から本格的に新卒用のオンライン合説も開催します。

また7月にはこれも当社としては初めての取り組みとして、高校生対象の仕事研究イベントとして「JOBエール」を開催します。

https://www.meidaisha.co.jp/job_yell/

高校生対象は初めてですので、当社スタッフも勉強することはたくさんあり、これもなかなか大変ですが、
社会的な意味もあり、大変やりがいのある仕事だと感じています。

そして、新たに久しぶりに僕の直属になった二村を中心として、4月から様々な採用ツールの営業を強化しています。
おかげさまで少しずつクライアントから受注を頂き、形になってきました。
その中でも特に引き合いが多いのがこれ!

名大社×トレンド・プロ×新東通信の3社で「リクコミ」というブランドを作り
リクルーティングの為の学生に響く採用ツールとしての商品化を進めています。
ちなみに名大社自身の採用の為のリクコミも作成しましたので、ここで初公開します。
http://www.meidaisha.co.jp/comic/
(これはスマホで見る方が見やすいです)
なかなかの大作になりました。これを見て興味がありましたら、是非当社の二村までご連絡ください!

そのほか、転職エージェントのサイトリニューアルも控えていて、今後様々な取り組みを予定しています。

ニュースやネットでは、世の中不安でいっぱいですね。
コロナ第二波の不安や、世界的な景気後退、新卒採用の急激な変化などなど。
様々な不確定要素はありますが、とにかく僕らはただ立ち止まらず慌てず焦らず、仕事をするだけ。
とにかく「深刻にならずに真剣に」「この状況だからこそ見えてきた課題を」「今だからできること」を
https://toyotatimes.jp/insidetoyota/058.html

全社一丸で、笑顔で、ただ仕事を頑張るだけです。

 

楽しめるかは自分次第

  1. こんにちは!

営業のヤマゾエです。

4月に新しい期がスタートしてから初のブログになります。

社会人7年目、名大社入社5年目になりました。

また、2年間お世話になったオクダさんチームを卒業し、新生チームとして4年目のクマガイと組むことなりました。

4月に入ったと同時に訪問活動が自粛になり、予定していたスタートはできませんでした。

6月からは通常営業に戻り、本格なスタートになります。

就職イベントも再開し、新しい商材や企画も盛り沢山なので、今までと違う提案をクライアントにできるのは楽しみです。

 

定番ですが、自粛期間中のテレワークや休業にあった変化について書きたいと思います。

 

①料理をするようになった
栄養バランスを考えて料理するのが楽しくて案外苦もなく継続できています。

②筋肉がついた
自粛期間に太ってはなるものかと思い、ほぼ毎日筋トレするようになりました。
久しぶりに履いた夏用スーツのズボンが緩くなったのを感じました。

③会社が恋しくなった
今までの自分では考えられなかったですが、環境は人を変えてしまいました。(笑)

④ビデオ通話が普通になった
仕事でもプライベートでもビデオ通話使わない日のが珍しいくらいになりました。
オンラインでまとまる商談に業務効率UPを感じながらも、非効率でも直接面談の重要性を再認識しました。

⑤バイクに乗る頻度が増えた
単純に趣味に費やす時間が増えました。
ツーリングは県内で我慢しました。

他にも色々ありましたが、オチもなくあまり面白くないのでこの辺にしておきます。

 

想定外の事態が起り、窮地に立たされた時こそ成長するチャンスと捉え、逆に楽しんでやろうと思います。

ピンチを乗り越えて、今までの自分も超えて進化できる1年にしたいと思っています。

それでまた7月のブログで!

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊲

 

もうタイトルでおわかりかと思いますが、ニシダです。

どうでもいい話ですが、来週誕生日を迎えます。
30代最後。39歳になります。

そこでみなさん!
おめでとうの気持ちをページ最下部の
「いいね」で頂きたいわけです。

そしてブログ賞をもらい、そのお金で
少しいいランチを食べに行くのです。
この姑息なニシダのためによろしくお願いします。
(目指せ100いいね)

さて、今日のブログは「コミュニケーション」が
テーマであるということを先にお伝えします。

あと、たぶん長くなります。
離脱せず最後まで読んで下さい。
結構いいこと書くつもりです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

コミュニケーションその①

まずは文房具通信なので、文房具の話から。
文房具通信37回目にして衝撃なこと言います。

「ニシダの手元から文房具が無くなろうとしています。」

きっかけは、まだコロナ前。
部のメンバーとのミーティング(オフライン)。

20年度の事業部のあり方をみんなで考えるときに
オンラインのホワイトボード使ってみよう!
意見出しを個人が気軽にできるし、残せるし。

オフラインの場での円滑なコミュニケーションを
考えたときにいわゆるホワイトボードの存在が消えました。

そのミーティングから1ヶ月ほどでコロナ時代突入。
あれよあれよと、何もかもがオンライン。
対面で学生と求職者と会う機会がなくなりました。

zoom zoom zoom
徳光さんに「ズームイン!」って
叫んでほしいくらいです。
※読者の皆様の世代はわかって下さるはず。

そしたらですね、ES添削や学生のアウトプットなど
彼らの目の前でアナログにメモしていたことが
相手と共有できなくなったんです。

はい、いわゆるノートとペン、付箋が
目の前からいなくなりました。

代わりにiPadとApple pencilが大活躍です。

「いかにオンライン生活を不自由なく過ごすか。」
それを楽しんでおります結果、
今月お伝えしたい代物の開封動画を御覧ください。
(1分半くらいです)お時間無い方は飛ばしてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

コミュニケーションその②

皆さん、社内会議はzoomですか。
もしくはそれに準ずるものですか。

カメラ疲れませんか。
仕事中、ずっと画面見てるってしんどい。

ウチのメンバーは<いい意味で>おしゃべりです。
コロナ前は、オフィスで企業のことや求職者のことを
あーでもないこーでもないと共有してました。

在宅になり、当然ビデオONで会話する…
あれ?大事な雑談減ってない?

ニシダはオフィスにいる皆を想像しました。

!!!!!!!!

そう、雑談してるとき皆それぞれの
顔を見ずに会話して、手元は仕事してる。
(あ、いや雑談も仕事のことです)

これはカメラいらんな。
映ってることを意識すると話さないのだな。

ということで、音声だけにしました。

ただ音声だけという仕組みではないのですが
もったいないのでここには書きません。笑

相変わらずみんなおしゃべりです。
よかった。

顔と声が一致していて、関係性ができていれば
音声だけのほうがコミュニケーションが円滑です。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

コミュニケーションその③

前述したzoomのこと。

予測していたことですが、
大学の授業もオンラインが決定しました。

2(テツandチカ)対95(学生)の構図。

自分が違和感に感じることを知るために
まず自分がオンライン受講生となり、体験しました。

思ったのは2つ。
・冒頭でブレイクアウトルームにぶち込まれたくない。
(参加者同士の関係性ができていれば別の話)
・話者が静止画のようになり、原稿を朗読している。
(マジで何も頭に残りませんでした)

そして、わたしが課題に思って考えていることは1つ。
授業前後の雑談って、意外と関係性をつくるもの。
学生同士や、私たちと学生。

つまり、n×nの関係性です。

そのお菓子美味しいよね〜。そうそう!とか、
どした?疲れてんのー?まじかー。とか、
バイト大変ー?おい、寝るな!とか。

90分以外のところで重要な授業づくりが
あるし、学生生活があると思うんです。

だから、いいかどうか…授業15分前くらいから
ミーティングルームを開放し、雑談しようかなと
今は考えています。さて、うまくいくかどうか。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

コミュニケーションその④

社内にしろ社外にしろ、コロナ禍であぶり出されたもの。

それはまさに今回のテーマである
「コミュニケーション」だと思います。

とくに社内において、コロナ前から意識し、
オンライン生活に突入していたら、
「会えなくて不安」みたなことになってませんし
社員監視ツールなんて生まれません。

先ほど、わたしのチームの話をしましたが、
周りからうるさいと言われることもあります。

それだけ、求職者側と企業側の立場になって
こうだ!いや違う!違くありません!と
納得いくまで話すことで、コミュニケーションし、
お互いを理解し合っているように思います。

ニシダはメンバーとくだらない会話しか
してないですが、接する時間が少ない分
メリハリもってコミュニケーションとっています。

それがいろいろ重なって、信頼関係が構築され
チームワークの向上につながっているんです。

本当にひどい話ですが、ニシダは
なにも管理していません。数字だけです。
正しく言うと、管理しようとしていません。

メンバーを信頼しているので、サボるなんて
微塵も思ってないですし、

毎日みんなが時間通りに仕事スタートできるか
そんなこと気にしたくありません。
(めんどくさい笑)

管理されたいとも思ってないはずなのに
勝手に朝礼と夕礼が在宅になって始まったのは
ちょっといい意外性でした。

紐解くと、コミュニケーションなんですね。
これに尽きる。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

最後に

初めにお伝えしました通り、長くなりました。
いいこと書いてました?

ニシダは、企業と企業/企業と人/人と人をつなぐために
話す・伝える・発信する・整理する…
つまり、様々なコミュニケーションを
同時並行で仕事としているので、こんなテーマで書いてみました。

次はもうこんな書かない!それでは!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

宣伝

★中日新聞で毎月コラム書いています。
次回は6/3(水)!お楽しみに!
ちなみに5月は…

★転職エージェント/就職エージェント
LINE公式アカウントできました!

転職エージェント→ https://lin.ee/QJsAvZdi
就職エージェント→ https://lin.ee/4g2CkuJLY

お友だち募集中です!

 

★もっとニシダのことを知りたい奇特な方はこちらもどうぞ。

1 / 3012345...最後 »