名大社 スタッフブログ

カテゴリ「自分の仕事のこと」の記事一覧:

今期もあと1週間

こんにちは。小川です。

随分暖かい日も増えましたね。

新型コロナウイルスの対策として、プライベートはもっぱらホームパーティーが増えています。
これがのんびりできて良いのですが、飲食店への打撃、、、対策しながら、自粛ばかりでなく、楽しんでいきたいものです。

 

さて3月も残り1週間ほどとなり、今期も終わりに向かっています。

今年の1年もまたあっというまに終わったなぁという感覚で慌ただしくはありましたが、
大きな刺激を得ながら仕事に取り組めた1年となりました。

私にとって大きかったことは、新たな役割として、初めて、チームを任され、熊谷と一緒に取り組んだこと。
彼女自身、クライアントへの提案の幅も増え、頼りにされることもさらに増え、苦手媒体への自信も見られるようになりました。
申し込みもらいましたよ〜という嬉しそうな顔がとてもかわいい。

私自身、まずは自分からという意識も上がり、一緒に目標に向かい取り組む大きな原動力となりました。
上司と部下という関係を、これまで私がしてもらってきたことを振り返りながら、迷うことも多くありましたし、また、社内での役割として自分に足りないことばかり痛感しました。

来期もまた様々な変化があるでしょうが、
前向きに取り組んでいきます!

それではこのへんで。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊱

 

ニシダです。今月はこんな話題から。

 

お祝いは本人が絶賛募集中!

先日、ウチの桑ちゃんが入籍しました。
桑ちゃんへのお祝いの言葉や物品は
まだまだ受け付けているそうです笑。

というわけで、
みんなでお祝い↓

空中ブランコにゴルフにアクティブな
桑ちゃん。

2020年度は見えない数字との戦いが
待っておりますが、家庭に仕事に
今後も期待しております。

見えない数字を課したのは言うまでもなく
わたくしです。はい。

 

流行りに乗っかってみた。

19年度も決して楽な道では無かったですが
ドタバタドタバタしながら、

毎週ニシダに「執拗に」詰められながら、
みんなで乗り切るどころか
期待以上の数字を叩き出してくれました。

メンバー全員に感謝です。

20年度もくだらない笑いを大切に。
自分たちが仕事を楽しめないと、
求職者/企業に明るい未来を提供できない
と思っているので。

見えない敵と戦いながら
見えない数字を追いかける20年度。

だからこそちゃんと時間を取って
みんなと話したかった。

 

 

ということで、オンラインで使える
ホワイトボードのアプリを駆使しつつ

・今できていること
・やりたいけどできてないこと
・自分たちが大事にしていきたいこと

などを整理。ここに出てきた言葉たちが
20年度を乗り切る鍵になるはずです。

 

定期的な徘徊は大事なんです。

先程のアプリ、本当は手書きで
ガシガシ書きたいとこでしたが
昨今のオンラインブームに乗っかって
みたわけです。

文具から派生して、こういうツールにも
ワクワクします。

もちろん手書きにも対応してるので
直感的に使えてかなり楽しかったです。

直感ってとこがミソですね。

でも、パッとメモしたいときに
アナログなニシダはまだまだスマートに
iPhoneのメモ帳が開けません。

定期的なLOFT徘徊中に見つけました。
『wemo』っていうモノです。

コレは…久々のヒット文具!

パソコンに貼れる。
スマホにも貼れる。
書いても手でこすれば消える。

「後で書こう」はバカヤロウです。
wemoを使えば、後回しにせず書けます。

これは助かる…即購入。
絶賛活躍中です。

 

おまけ→サイトができました。

ブログでも何度かお伝えしてます通り、
最近のニシダは、学生からの
『就活相談1000本ノック』を受けてます。

(まだ1000本はいってないけど)

「名大社 就職エージェント」という名前です。
ようやくサイトもできて、お披露目となりました。

http://www.meidaisha.co.jp/shushoku_agent/

↑ここから無料相談の予約できますので
1000本ノックに協力したい学生は
お気軽にどうぞ。

 

桜も咲いて、もうすぐ4月、新年度ですね。
新入社員が来るのが楽しみです。
名大社も、採用に関わるお客さんのとこも。

ではまた次回!

何事もスポンジのように吸収する日々

こんにちは!
人材紹介の桑山です。

先日、気が付いたら入社1年が経っていました。
時の流れは本当に早いですね。「この1年は」というより
「この1年も」かなりあっという間だった気がします。

 

社会人5年目とはいえ、仕事は1年目。
入社したばかりのときは覚えることが山ほどあって、
取り組む仕事内容や、その楽しさ・苦しさは
これまで経験してきたこととやはり全然違いました。

それでも『大変だったけど、1年充実してたなー。』という満足感と
『まだまだ、もっと頑張らないと!』と思える物足りなさや悔しさもあります。

今年度も「目標達成目指して、頑張るぞ!」とは思っていますが
目の前の数字がなかなか見えてこない…

そんな時こそ大事にしているのは【前を向いて、丁寧にコツコツと!】

めげず、挫けず、気持ちを前向きに頑張っていきたいと思います。

 

 

さて、話は変わりますが、
最近かなり特殊でアクティブな経験をしてきたので
みなさんにも共有したいと思います。

 

高いところは得意ですか?
運動神経に自信はありますか?
命綱って、つけたことありますか?

 

そんな経験をしてきました。まずは動画をご覧ください。

 

 

そうです、空中ブランコです。サーカスでよく見るやつです。

名古屋にはこんなアクティブな施設があることをご存知でしたか?

「フラインフィット トラピーズスタジオ」https://www.fly-n-fit.jp/

全国で唯一、屋内での空中ブランコが体験できる施設です。

 

千葉などにも空中ブランコが体験できる施設はあるようですが
屋内では唯一、名古屋のみだそうです。

東北や四国から2週間に1度練習に訪れる方もいると伺いました。
ちなみに、参加資格があるのは小学校1年生から。
これまでチャレンジした人の中で最高年齢は90歳というから驚きです。

日テレのマツコ会議にも取り上げられていたみたいですね。

 

 

ちなみに先ほどの動画、きちんと私がやってますよ。

ちなみに私の運動神経は普通です。
そしてどちらかというと運動は苦手なタイプです。

7mの高さの飛び降り台に乗って、いざ地面を見たら驚きの高さに
さすがの私も悲鳴をあげていました。
いや、ここから飛び降りろって、無理でしょ…


(画像:https://mg.runtrip.jp/archives/5498より引用)

 

スタッフさんからは、友人同士の軽いノリで参加すると
あまりの怖さに「なんでこんなところに連れてきたんだ!」と
ケンカになる恐れがあると言われました。確かに。

私と友人は、仲間割れはしませんでしたが、
「体動かしたいよね~」と軽い気持ちで参加してしまったことを
2人で激しく後悔していました。

ラウンドワンとか行ったらよかったんだ…
スポッチャでセグウェイとか乗って、キャーキャー言いながら
そこそこ楽しむ感じにしておけばよかったんだ…。

思い返すと、今でも簡単にあの恐怖が蘇ります…。

 

 

そんなこんなで恐怖と戦いながらも
8割くらいの人は「ニー・ハング・キャッチ」という技が
1時間くらいで出来るようになります。

問題は、人の声を素直に聞けるかどうか。
空に飛びだした後は、ちょうどいいタイミングに合わせて
インストラクターが次に行うべきことを教えてくれます。

人のことを信じられないタイプ(私のことです)は苦戦すると思います。

 

それでも、出来なかったことが出来るようになること
目の前の恐怖に打ち勝つ達成感、空中を浮遊する非日常感は素晴らしいです!

終了後、ハーネスからの解放感(身体的にも、メンタル的にも)
がすごいです。いろんな意味で。

 

ちなみに、最後に表彰式もしてくれます。
最後にみんなで記念撮影☆

こんなマッチョなお兄さんたちがサポートしてくれます。
(大量にアドレナリン出て大変テンションが上がっています)

 

詳細については、じゃらんニュースのURL載せておきます。
体験レポートはプロのほうが上手だと思うので。
https://www.jalan.net/news/article/171683/

 

高いところ怖くない!ジェットコースター大好き!って方は
ぜひ挑戦してみてください。きっと後悔します。

でもすごく楽しめると思います。

 

 

なぜ空中ブランコをやってみようと思ったのかというと
振り返って考えたら「何か始めたい!」とか「一生懸命になれるものを見つけたい!」
と考えて自らチャレンジしてきた経験があんまり無かったんですよね。

周りに影響されて、みんながやっているなら自分も…
と考えることが多かったような気がします。

大人になって、仕事してお金稼いで、そこそこ忙しい日々を送る中で
これまでの自分と向き合ってみたいな、と思えたことが要因だったのかな。

 

仕事もプライベートも「スポンジのようにあれこれ吸収したい!」
今大事にして、実行していることです。

 

ずいぶん前に1回しかブログに載せていなかった<チャレンジシリーズ>
今回2回目としてカウントさせていただきます。
ちなみに、前回はゴルフ初ラウンドで117を叩き出して大喜びした記事を書きましたが
残念ながら、最近行ったゴルフのスコアは130くらいでした。
あまりに伸び悩んでいるので、ゴルフスクール入ろうかな、と真剣に考え始めた名大社2年生でした。

自粛モードの中感じること

 

こんにちは。水谷です。

昨日、大相撲中継を見ていました。

先場所、平幕しかも番付が一番下の力士が優勝し、盛り上がっていたのとは大違いの光景でした。

プロ野球のオープン戦も無観客。

普段の中継では、応援の音と実況解説の声しか聞くことはありませんが、

ベンチの控え選手の声が聞こえ、新鮮な感じがしました。

無事開幕して欲しいですが、どうなることやら。

 

今後どうなるかわからない時だからこそ、

情報に振り回されることなく正しく判断し、

今自分にできることに集中し全力で取り組む。

この気持ちを大事にしたいと思っています。

 

仕事でも、つい1ヶ月前までなら、想定していないことが起きることもあります。

最悪の想定はできる限りしておくこと。

それに対応できる選択肢を探っておくことは大事だと思っています。

取り越し苦労で終るのであれば、むしろ良いこと。

 

ピンチをチャンスと捉え、その時に向けて準備を進める。

これも一つの経験、ピンチを楽しむぐらいの気持ちが持っておきたいと思います。

 

このような時だからこそ、逆張りの思考が必要なのかもしれません。

リスクを最小化する努力は当然しなければならないが、許容しなければ利益は出ない。

分岐点を見極め、大きく張る。

大規模に勝負するからこそ、利益が出る可能性が高まる。

無謀な勝負は禁物ですが、均衡縮小しているばかりでは面白くない。

そのバランスをとることは難しいと思いますが、思考を巡らせることに面白みを感じる。

 

この姿勢でこれから何かと慌ただしくなるであろう時期を乗り切りたいと思います。

では。

 

丁寧な仕事をしよう

こんにちは、神谷です。

3月に入り、今年度も残りわずか。
あっという間ですね。
下期はとにかく忙しい!というのは例年のことですが、
個人的にここ数ヶ月は、特にバタバタとしています。

忙しくなると、時間的にも気持ちの面でも、
どうしても余裕がなくなってしまいますよね。
そうすると、ミスが起きたりすれ違いが出てきたり。
なかなか思うように進まないもどかしさも感じます。

そんな状況のなか、改めて大事だなあと思うのが、
「丁寧な仕事をしよう!」ということ。

当たり前すぎて、
今さらそんなこと?と言われそうですが・・・

でもこれ、簡単なことのようで徹底するのは難しい!
というのが最近の気づきです。

丁寧な仕事と聞いてイメージすることは、
人それぞれ違うかもしれません。
私も、これだ!という明確な定義はできないです。

ミスや漏れがない、
資料がきれいに仕上がっている、
文章が整っている・・・
これらも丁寧の一部ではあると思います。

でもそれだけではなくて、
例えば、
相手(関係者)のことを考えている。
そのことについて考え抜いている。

こういうことが伝わってくる時は、
丁寧な仕事の進め方だなあと感じます。

逆に、こういう要素が抜けてしまった時は、
ミスが起きたり、後々大変なことになることが多いな
と、自分自身の経験を振り返ってみて思います。

そう思うと、アウトプットまでのプロセスが丁寧さにつながる。
これは間違いなく言えるのかなと。

タスクに追われていると、
つい自分本位に考えてしまったり、
立ち止まって確認する余裕もなく進んでしまいがち。
知らず知らずのうちにプロセスがおろそかになってしまいます。

あの時、もう少しチェックしておけば…
もう少し話し合っておけば…考えておけば…
後になって思うことはいろいろあります。

余裕がないときこそ、
立ち止まる、チェックする、コミュニケーションを取る。
こうした急がば回れのひと手間が、
丁寧な仕事につながるのかもしれませんね。

今一度、心がけていきたいと思います。

今年の就活はどうなるのでしょうか?

2月24日、当社ではジモト就職応援フェアを開催しました。

おかげさまで160社、2000名以上の来場をいただきました。本当にありがとうございました。

ただ、いつもと違うのは

ということで、マスクを希望者には全員配布。消毒液をいたるところで設置。なので、

という感じで、今までみたことがないのですがスタッフも学生も全員がマスクをつけています。

そして企業も学生もほとんどがマスクをつけて合説を行う、という光景!

長く合説に関わっていますが、こんな合説は初めてです。

そしてこの後、政府の大型イベントの自粛要請、マイナビさん・ディスコさんの合説が中止。

当社も27日の朝には3月の転職フェア中止を決定し、昨日は社員全員で中止の対応に追われました。

出展予定のクライアントや来場予約をしていただいた方々、関係者の方々には大変申し訳ありません。
現在の状況を総合的に考えると中止せざるをえないと判断しました。いろんな意味で苦渋の判断です。

しかしこれだけ合説が中止になっていくと今年の就活はどうなるのでしょうか?

以前から言われていますが「合説はもういらない」「ナビはもう終わった」という言葉が本当かどうか?これが実証されるのか?それともただのスローガンなのか?が今年度で本当に明らかになるような気がします。
合説・学内合説が一番行われるこの時期に、これほど中止になり、(この何年も続けてナビのエントリーがどんどん減っている昨今で)こんな状況でもナビのエントリーが減って、結果今年の就職状況が例年通りであれば、学生や企業にとって従来の合説や従来のナビは、本当にそれだけのものだったと思います。(景気や外部要因がたくさんあるので、そう簡単に言い切れないでしょうが)
ただその代わりに流行始めるといわれているWeb就活的なモノ(Web面接・Web選考や動画での説明会など)がこれをきっかけに学生や企業に広く受け入れられていくことになれば、たぶんこの今こそがちょうど分岐点だったといつか言われることでしょう。

社会の変化の中で当社の提供できる価値も変わっていかないといけない、と改めて強く感じています。
以上、高井でした。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㉟

 

本日はニシダの日です。
最後までよろしくおねがいします!

 

中日新聞で就活コラムはじまりました!

次回は2/12掲載予定。
これを機に、中日新聞をご購読いかがでしょうか笑。

たくさんの方に読んでもらい、
できるだけ長い期間書かせて頂いて
本にして印税生活したいです。はい。

学生はもちろん、親御さんも一緒に読んで頂いて
「社会に出るのが楽しみだ」と一人でも多く
思ってもらえることを心から願います。

 

でも、やっぱり学生は不安。

先日のジモト就職応援フェアで
ニシダの講演に集まってくれた100名以上の
学生に今の悩みを聞いてみたら

「とにかく何から初めて良いか不安」

これが一番多い意見でした。

そんな学生たちが毎日ニシダに会いに
来てくれています。

就活相談の面談は大盛況。
2月は満員御礼です。(白目)


※デザイン一新!名大社では、就活相談をする中で
学生に企業さんを紹介しています。

 

で、文房具のご紹介

学生の相談に乗ったり、企業さんと
インターンシップに取り組んだりと
2月は分刻みのスケジュールですが

ニシダに癒やしを提供してくれる
とても優しい部下がいます。

イシグロ(通称:クロさん)です。

たぶん、ニシダがイライラしないように
ご機嫌を取ってるだけかもですが

先日、上海土産にコレくれました。

どんなタイミングで使うか悩むけど
かわいいイラストのマスキングテープです。

これだけではありません。

英語や日本語で「ありがとう」と書かれたものや
ドラえもんのマステもあります。

(「ありがとう」と言わなきゃダメですよ)

そんなクロさんの声が聞こえてきます。
こんな形でご機嫌を取ってくれます。

ありがとう!クロさん!

なんにせよ、
海外でもマステ市場は広がってます。

 

あえて好きを仕事にしない

「好きなことを仕事にしよう」

そんなことをよく耳にします。
それが本当なら、ニシダはとっくに
文房具に関わっているでしょう。

でも、そんな簡単にはいかないのが
仕事選びの面白いところ。

最近読んだ好きな本です。

この本から引用すると、
一度なんで好きかということを
因数分解してみてほしいです。

そこには、自分のエゴだけだったり
好きだと勘違いしている可能性も。

ちなみに、ニシダの文房具好きは
自己満です笑。

仕事って、自分が他人にプラスを
提供することで、
そこにお金が発生しているもの。

自己満は文字通り、
「自分が満足している」だけなので
誰もプラスにできません。

だからニシダは好きを仕事にしません。
という考えです。

文房具屋が儲かるほど
買えればいいんですが…

 

お読み頂きありがとうございました!

ということで、
就活ビジネスに関わるようになり

「好き嫌い」「合う合わない」
という人間から生まれる感情や

「自分」と「他人」から発生する
人間の関係性に興味津々で

こんな本ばっかり読んでるニシダでした!

明日はジモト就職応援フェア

明日はジモト就職応援フェア(オール岐阜・企業フェスin名古屋も合同開催)です!
イベント準備もひと段落した(はず)の不破です。こんにちは。

明日開催の大型イベント ジモト就職応援フェアをはじめ、
学生さん向けイベント連発で、毎年バタバタしているこの時期。
今年は、4月から入社予定の、内務の新メンバーがアルバイトしにきてくれたことと、
流石に怒涛のスケジュールに慣れてきたこともあったりして、
そしてなにより、協力会社の皆様のお力添えのおかげもあって、
イベントに関する制作自体は、まあまあ予定通りに行けたのではないかと思います。

最初に告知の準備をはじめたのが、昨年の10月頭だったので、
まるっと4ヶ月ほど明日のイベントに向けて動いてきたわけで、
集大成とか言うと大げさですが、良いイベントになると良いなあと思っているところです。

 

同時に進んでいる新卒ナビのリニューアルとアプリのリリースは、若干のドタバタ感。
が、ドタバタしつつも、自社のアプリがリリースされる、というのはワクワクします。
基本的にいろんなアプリを使う側であることが多い中、携わったものがApp Storeに並んでいるというのはちょっと不思議な感覚です。


iOSの方はこちら
Androidの方はこちら

 

日本でiPhoneが発売されたのが2008年なので「スマホアプリ」というものが普及しはじめてすでに10年以上。
そう考えるとアプリなんて今更感もあるんですが、それでも名大社にとってはまだまだ新しい存在なので、
今までとは違う新しいワクワクがある反面、今まで思いもしなかった考えるべきことも多く、
スマホを持って10年経った今になって新しく気づくこともあったりします。
このアプリができることで、学生の皆さんの就活がちょっとでもサクサク行くようになるといいなあと考えながら、刺激の多い毎日を送っています。

…と、そんなことを書きつつ、昨年すでに転職フェアアプリはリリース済みなので、こちらもよろしくお願いします。

転職フェア|アプリについて

 

そんなわけで、ナビとアプリの開発はまだまだ続きますが、明日のイベントについては、準備は万端!(たぶん…)
アプリも稼働予定!
これから就活を頑張る学生のみなさんと、210社の企業のみなさんのご来場をお待ちしています。

私はアプリの様子を心配しに少しだけ会場に行く予定なので、
会場の熱気を受けて、2月のイベントラッシュに向けて気を引き締めていきたいな〜と思います!

仕事・役割について

こんにちは。水谷です。

 

もう1月も終わりです。早いですね。

今年で最後のセンター試験も終わり、各大学の試験が始まっている頃でしょうか。

私もセンター試験は2回受けたので、この時期になるとふと思い出すことが多くあります。

この時期にどこを受けるのかで両親と大喧嘩し、家の緊張感が半端なかったこと。

2回目は後がないぐらい精神的に追い込まれていたこと。

今となっては懐かしいことばかり。いい経験をさせてもらいました。

両親に感謝です。

 

しばらく寒い時期が続きますが、この時期になると陽が少し長くなったと感じます。

(これを書いている時間が4時半過ぎということもありますが・・・)

陽が長くなるのが感じられ、5月くらいまでの時期が個人的には好きです。

これから仕事が繁忙期を迎えるのを除いて。

 

3月期決算なので、期末に向けて締の作業の準備に入る時期になります。

会社としては、イベントが目白押し。

それぞれの収支計算に始まり、決算のスケジュール。

終わりの日は決まっているので、逆算してスケジュールを組む。

期中で消費税率が引き上げられ、処理が間違っていないかなど?

今のうちに見直しておかなくては。

 

翌期の準備もしながら、更に労務のことも考えなくては。

協定書のこと。法改正への対応など。

のほほんと見守っているわけにはいきません。

 

私の役割は、前線(現場)で働いている人達のサポート役。

守りに徹していると言ってしまえば簡単なのですが、

本当に役に立っているのか?

働かないおじさんになっていないか?

時々考えてしまうことがあります。

 

これまで手つかずというか後回しにしている分野も複数あり、

通常業務をこなすだけでは許されなくなっているのが現実。

自己成長などと言っている年齢ではありません。

成果を出すことだけに集中したいと思います。

1月30日開催「ジモト就職応援フェア」

こんにちは、冨田です。

 

タイトルにある通り、残すところあと1週間となりました。

名大社が2021卒向けに開催するイベントとして1番大きな規模になります。

 

参加社数も200社を越える企業様にご出展頂きます。

名大社としては、1番大きな規模になりますが、

同業他社はそれ以上に大きい規模のイベントを開催しています。

ただ、名大社の営業職は老若男女合わせても20名いません。

20名弱の営業で200社以上を集めるって自分の中では結構スゴイことなのではないかと・・・

もちろん、各営業個人の力だけでとは思っておらず、

色んな方々のご協力があったおかげでこれだけの社数を集めれたと思っています。

 

イベント運営に携わる自分は、ここのところ1日の仕事内容のほとんどを

このイベント準備にあてています。

まだまだ、準備万端!!と言える状態になっておらず・・・

漏れなくミスなくイベントが円滑に進むように準備しています!

 

多くの学生さんに来て頂き、自分が働きたい!と思える企業を見つけてもらう

そして、出展頂く企業さまにとって多くの学生と出会える有意義なイベントとなるように・・・

 

イベントの詳細はコチラから↓↓

 

今の新卒市況は売り手市場。

リクルートの調査によると

・企業は採用定数に対して約1.7倍の人数に内定を出し、学生の約65%が内定辞退をしている。

・大卒求人倍率は1.83倍となり、52%の学生が第1志望群の企業に入ることができている。

この状況をみるとリーマンショック直後の就活生だった自分の時とは環境が大きく変わっていると思います。

それでも、就職活動に納得しているかという質問に対して「納得している」と答える学生は25%しかいないそうです。

 

来週のイベントでは、企業にとっても学生さんにとっても

良い出会いがあるイベントにできるように

しっかりと準備していきたいと思います!

1 / 2912345...最後 »