名大社 スタッフブログ

カテゴリ「企業の方に聞いて欲しいこと」の記事一覧:

捕殺&身体メンテ

こんにちは、営業の奥田です。

昨日は、子供に10年前の出来事について少しだけ話をすることができました。

上の子は現在10歳。

記憶になくて当然ですが、自分の生まれた年の大きな出来事としてこれからも覚えていてほしいなと思います。

 

 

先日、この東海地方も解除宣言が出てようやく下の子8歳の野球の練習がスタートと同時に、「6年生を送る会」も同日開催。

解除はされていても練習時間の制限や、食事が禁止されていることもあり、外のグランドで8:30スタート。

これまでの振り返りながら自分で頑張ってきたことを話してくれました。

1年生から始めた子

途中でサッカーにいって野球に戻ってきた子

キャプテンとしてチームをまとめてきた子・・・。

みんな、とても良い顔つきでした。

 

硬式のチームで行く子もいますが、それ以外の子は最後に「多分中学に行っても野球をやるつもりです!」。

 

「多分」「つもり!」の言葉にめちゃくちゃ引っ掛かりましたが、野球を続ける子も違う道に進む子も、親の意見で決めるのではなく、自分でやりたいことを決断する、それこそ成長した証かなと思います。

お疲れ様でした、6年生の皆さん。

最後は、お父さん・お母さんにプレゼントを渡す場面。

言葉少なめ&照れ臭そうにしている姿も可愛らしいですね。

 

ここから6年生は、「4・5年生チーム」と「親チーム」と2試合こなすわけですが、

3年生以下、練習時間3時間の制限があるため、急いで練習スタート。

 

盗塁の練習の際に、

監督:「奥田さん、キャッチャーとして1塁ランナーを刺してもらっても良いですか」と。

奥田:「分かりました、本気でやりますね」

 

1球目、セカンドベースより大きく左側にそれる。

2球目、またセカンドベースより大きく左側にそれる。

3球目、セカンドベースにワンバンドで届くもセーフ

 

見かねた監督が

「奥田さん、キャッチャー交替です」と。

監督のお手本のスローイングを見せてもらい、もう1回やらせてくださいと志願。

結局、その後10回位投げて、3回しか刺せずに終了。

 

小学生の時にキャッチャーとして、ノーバウンドでアウトをとっていた頃が懐かしくなり、穴があったら入りたい気持ちになりました。

 

平日に休みをもらっていたので、身体のメンテナンスのため整体にいき、先生にこの恥ずかしいエピソードを聞いてもらいました。

 

身体のメンテも大事ですが、まずは普段のストレッチに時間をかけた方が良いと先生からアドバイスを頂きました。

いよいよ来週金曜・土曜開催!

こんにちは、冨田です。

 

今日はイベントのご案内をします。

 

名大社の中で1年を通してもっとも大規模な新卒イベントが

いよいよ来週の金曜日・土曜日に開催します!

その名も・・・

 

~ ジモト就職応援フェア ~

 

【開催日時】2021年2月26日(金)・27日(土)11:00~17:00

【開催場所】吹上ホール
◇地下鉄 桜通線「吹上駅」より徒歩約5分

☆入場無料☆.:゜入退場自由☆.:゜服装自由☆.:゜

就活に役立つ様々な企画が盛りだくさん!
▼詳しくは下の画像をクリック▼

 

出展企業数もこの状況下にも関わらず、2日間で100社以上も参加頂くのはとてもありがたいことだと思います。

そんな出展頂く企業様にも来場頂く学生にとっても、素敵な出会いにつながる2日間にするべく準備を進めています。

 

 

そして翌週には転職を希望する人に向けた転職フェアも開催します!

~ 転職フェア ~

 

【開催日時】2021年3月5日(金)・6日(土)11:00~17:00

【開催場所】名古屋国際会議場

 

【開催日時】2021年3月7日(日)13:00~17:00

【開催場所】アスト津

▼詳しくは下の画像をクリック▼

 

 

 

2週続けて、就職・転職を希望される方に向けてイベントを開催します!

来場頂くすべての方に対して、安心・安全にイベントにご参加頂けるように

ウイルス感染対策も可能な限り実施しています!

▼詳しくは下の画像をクリック▼

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

愛をこめて花束を

こんにちはクマガイです。

 

 

名大社で働き始めてもうすぐ4年。

「やりたかった仕事」ではなく

「頑張ればやれそうな仕事」にフォーカスした結果

営業職になった私。

色々ありましたがなんとかここまで走ってきました。

きっとこれから仕事を探す方の中には

営業職なんて絶対に嫌と思っている方もいるかもしれませんね。

営業職は確かに大変かもしれません。

でも必要な仕事だし、自分にとってはすごく意味のある仕事だったと思います。

 

 

 

営業職で自分が変わったと思うこと…

①一言一言に気を遣うようになった。

②相手の性格や状況を踏まえて、先のことまで予測して行動するようになった。

③計画的に活動するようになった。

④細かいところまで気にするようになった。

⑤優しくなった。

⑥興味・知識の幅が増えた。

 

 

 

自分のペースで仕事ができることは私にとってはとてもやりやすかったです。

自分の思った通りに進めるためには、

相手の協力も必要不可欠です。

どうすればお互いが心地よく仕事できるのか。

この人が望んでいることは何なのか。

私は意外とそういうのを考えるのは、嫌いじゃなかったみたいです。

仕事を通していろんなことが見えました。

自分の嫌いなところ、好きなところ、

他人のいいところ、苦手なところ。

仕事って単にお金をもらうだけではなくて、

自分次第では視野が広がるいい活動だと思いました。

ただ、そう思えるのは、自分ができる仕事を選んだからだと思います。

 

 

 

人を大切にしたい。喜んでもらいたい。

でも、単なる仕事ではなくて、

心の通う関係性を作りたい。

 

 

 

…そんな営業でいられたでしょうか。

きっとお客様は答えを知ってくれていると思います。

 

 

 

 

 

自分なりの営業スタイルを見つける、作るというよりも

いい自分のまま営業するというのが、4年間で見つけた私の仕事の姿でした。

 

 

 

 

 

私は本日2月15日をもちまして

名大社の業務を終了いたします。

本当に多くの方にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

最後に温かい言葉を下さった皆様、

お礼が十分にできなくてごめんなさい。

ご挨拶が行き届かなかった皆様には、この場での報告となってしまい

大変申し訳なく思っております。

 

 

 

 

心の優しい方にたくさん出会えて幸せでした。

さまざまな物事にしっかり向き合うことができて

本当に楽しい4年間でした。

 

 

 

 

皆様方の今後の幸せを心から願っています。

どうかお元気で。

 

 

未来を考えること

とうとう2月中旬になった。

名大社は、いま来期の営業目標などを具体的に決める時期が来ている。

4月はまもなくだけれども、これからの市場の状況を考え予測し、

手が届く範囲での現実的な努力と準備をするための来期予測はやっぱり大事だと思う。

仕事の多くの部分は、計画と実行にある。それが集団であれば尚更だ。

しかしとても近い未来でさえ予測することはかなり難しい。

思えば、ちょうど昨年の2月くらいからコロナが深刻な状況になってきたから、

もうすぐコロナが常態化した生活から一年が経とうとしている。

この1年間の変化は誰も予測できなかった。

これは単にコロナ禍の日常で様々な物理的な制限が加わっただけのことでは無い。

それだけではなく、多くのことが変わってしまったような気がするのだ。

例えば、ある方のセミナーの伝え聞きだが、

飲食店経営の常識はコロナ禍で逆転してしまったそうだ。

たとえば、

●人材は、採用強化から省人化へ

●立地戦略は、繁華街から住宅地へ

●KGIは、売上から利益へ

●サービスは、おもてなしから非接触へ

●経営努力は、値下げから値上げへ

●集客は、新規集客から常連施策へ

●経営方針は、成長から持続性へ

この飲食店経営のパラダイムシフトは、コロナ禍だけの特別な状況では無く、近い未来の状況に見える。

そして飲食店業界だけでは無く、全ての業界の常識のパラダイムシフトにも感じる。

別にこの常識に従わないと売上が伸びないと言うわけでは無いが、この新しい常識があった上で

今後自社の戦略・戦術が必要になるだろう。

よく言われるようにコロナは来るべき未来を加速させたことは間違いない。

それは、「これからの変化に対応しなければいけない」という慣用句を言いたいわけでは無く、

あるべきこと、大事なことがはっきりしてきたのではないか?と思っている。

こっちの方が本質的だと考えるから。

例えば、成長は大事だが、持続性の方がもっと大事だと昔から思っている。

そういう意味では、未来予測はマーケティング的な予測では無く、本質的な思考なのかもしれない。

以上、高井でした。

 

 

ご報告

こんにちは!オギウエです。

2月に入ったということで、年明けからあっという間の1カ月でした。
春に向けて寒さも和らいでくれれば嬉しいです!

 

さて、私オギウエは2021年から新しい環境でお仕事をさせていただくことになりました。

企業の担当者の皆様にはすでにお伝えさせていただきましたが、
この度、営業本部から人材紹介事業部に異動をいたしました。

年明けから、企業様にご報告をし引継ぎをさせていただいております。
1年目の時からお世話になっている企業様、先輩から引継ぎをして担当させてもらった企業様、
営業担当として関わらせていただいたすべての皆様、大変お世話になりました。
部署異動のご報告をさせていただいた際に、「これからもよろしくね」というお言葉をいただき
とても嬉しかったです。

現在は少しずつ人材紹介事業本部のお仕事を覚えて、研修をしています。
今まで営業活動が、私にとってとても貴重な経験であり、
その経験を忘れずにこれからも頑張っていきます!

異動してから、面談の同席などはもちろんのこと、
転職フェアの企業ブースに実際に座ってフェアの様子を見学したり、
就活相談コーナーに座って相談を受けたり、新たなお仕事もしています!
今後もイベント会場にはおりますので気軽に声をかけてください☺
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

明日は同期の尾野さんです☺
お楽しみに!

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊷

 

ニシダです。2021年最初の文房具通信です。
今年もよろしくお願いします。

年始には

多くの方に自身25年ぶりの書き初めを
見ていただたようです。

落合陽一さんのおかげで反響大きく、
多くのお言葉をいただきました。
ありがとうございます。

この流れで、

新聞コラムにまつわる裏話。

コラムを書き始めた当初、「新聞」という
ツールに惑わされたというか。

万人受けしそうな内容を書いたほうがいいと
勝手な思い込みがありました。

その勝手な制約のなかでも
書きたいことを書いてきたわけですが

掲載前の仮原稿ができあがると、
言葉を置き換えられていたり、
構成を変えられて伝えたいことが
伝わらないようなこともあり

非常にモヤモヤしていました。
それでも何とか1年やり遂げました。

「もっとニシダさんっぽいものを」

昨年末に、こんな連絡がありました。
ほーう。ほーう。
もっと自由に書いていいのだな。

ニシダっぽいってなんだ!?

自分なりに考えたりしましたが
これもまた多少ズレがあったわけです。

自分の就活相談の経験の中から
感じたこと伝えたいことを発信する

ではなく。

就活相談のリアルを綴ってほしい。
そう捉えました。

つまり、百戦錬磨の就活相談が
ニシダっぽいと思われているのか。

自分っぽいと思ってることと
ニシダっぽいと思われること。

このズレを認識できて新聞コラムは
大変ありがたい機会です。

2021年も百戦錬磨。
就活のリアルをお伝えします。

コラムニストの苦悩、
ちょっとお分かりいただけたら幸いです。

2021年卒の学生も本当にたくさん
相談してくれました。

これがリアルです。

相談を言語化して、整理。
次のアクションへつなげていく。

アタマで考えただけじゃなくて
ちゃんと行動したかもチェックする。

なので、5回も6回も相談にきた学生が
少なくありません。

このノートにその苦悩が詰まってます。

ちなみに、就活相談で使うノートとペンはこれ。

インクと紙の相性が最高です。
インクの裏写り無し。滲まない。
書き心地も文句なしです。

2022年卒の学生の皆さん!

すでに毎日相談を受けてますが

ノートたくさん買い込んだので
もっと遠慮なく申し込んでください!

学生のリアルが知りたい企業の皆さん
お答えできる範囲でお伝えしますので
いつでもご連絡ください。

昨日のランチは牛カツ。
それでは。

名大社「初」&名大社「発」のONLINE

こんにちは、営業の奥田です。

 

先日、毎年お付き合いして頂いているお客様から、

「昨今の社会事情も鑑み、今年度より年賀状によるご挨拶を控えさせていただくことと致しました」というメールを頂きました。

 

一方で、今年の年賀状関連のニュースでは、

フタバ(名古屋調べ)によると、年賀状を送る予定と回答した方が前年比26%増加。

富士フイルム(11月末調べ)も、写真年賀状の印刷が前年比15%増加と発表。

 

企業では、テレワークなどで働き方の変化&業務の見直しでやむなく無くすを選択し、個人では実家に帰れない・友人に会えない理由から需要が高くなっている、そうゆう所でしょうか?

 

話はかわりますが、

先週の土曜日、名大社「初」の「ONLINEジモト就職フェア」の開催しました。

参加して頂いた企業様・視聴して頂いた学生の皆さん、本当にありがとうございました。

 

名大社「発」のONLINEイベントは、

手前味噌ではありませんが、他社のとは一味も二味も違い、

できるだけ沢山の「企業らしさを引き出す」、

視聴する学生には「企業らしさをしっかりと届ける」ことに注力し、

人事担当の方の説明はほんの少しの「5分」。

残りの「15分」は、MCによるインタビュータイムを「徹子の部屋」風な感じで実施させて頂きました。

 

Aルーム:相手の良さを引き出す熟練技術の番長:西田さん

Bルーム:新しいスタイルを確立した努力家:二村

Cルーム:踏んだ場数が数知れず?謎の安定感:柴崎さん

各MCが、それぞれのアプローチで、初対面の企業様の雰囲気を引き出してくれていました。

お疲れ様です!

 

通常のこのようなオンラインのイベントでは、人事の方の「苦悩」をよく聞いておりました。

「対面とは違い、ただカメラに向かって話すことが難しい」

「何を話しているか分からなくなっていく」

「撮った動画は見直したくない」・・・など。

 

これだけ人事担当のネガティブな声があるということは、

視聴している学生も相当負担がかかっていると想像できます。

その点、インタビュータイムメインの今回のONLINEは、

人事担当の負担は極力少なくなっているため、普段通りの担当らしさ=企業の雰囲気が少しでも伝わっていたのではと思っています。

 

 

今回、ONLINEを見逃してしまった方、ご安心ください!

後日、新卒ナビ2022にて視聴できる予定をしております。

 

最後は、MCによる座談会で締めさせて頂きました。

ご興味ある企業様、各営業又は弊社に是非お問い合わせを頂ければと思います。

今年一年、本当にありがとうございました。

チェンジマインド

こんにちは!ニムラです。
先日、「ハッ」とさせられたことがありました。
それはあるスポーツニュースでのこと。

御察しの通り、今回も暑苦しいブログです。
お付き合いいただければ幸いです。

体操の内村航平選手の試合後のスピーチ。

「(コロナの影響で五輪ができないと思っている人が80%を超えている)…しょうがないけど、できないではなく、どうやったらできるかを皆さんで考えて、どうにかできるという方向に考え方を変えてほしいです。でも、これは非常に大変なことは承知の上。それでも、国民の皆さんとアスリートが同じ気持ちじゃないと大会はできないと僕は思う。どうにか、なんとかできるやり方が必ずあると思います。どうか、できないとは思わないでほしい」

「とにかくやりたい」と言うわけでもなく「やれ」と強要するわけでもない。できるように「考え方を変えてほしい」と。

思わずズシっと心に刺さりました。

これっていまの就活生の声でもあるのかなって。

コロナの影響で就活シーンも大きく変わりました。
大規模な合説は中止が相次ぎ、リアルでのインターンは自粛に。
採用計画の見直しにより人気業種でも採用数減少のニュースがでています。

いよいよ社会のドアをノックする就活生にとって当然不安がつきまとう状況です。

大学の授業も後期をすべてオンラインで実施するところも多いと聞きます。リアルが遠い日常を過ごす学生を思うと心が痛みます。

でも、自分たちにできることはないだろうか。
それはきっとあると確信しています。

私たちは、企業と学生が出会い、理解し、共鳴する。
そんな場を提供できると思うのです。

企業にとって、学生と会えないから採用活動を自粛しよう、ではなく。
学生にとって、企業と会えないから就活は難しい、ではないと。

どうしたらステキにできるか考えていきませんか。

この業界において僕らは総合病院ではありません。
一発で効く特効薬も、最新の治療器具も持ち合わせていないです。

ただ、いつでも駆けつけられる距離にいます。
同じ苦しさを味わう企業を数多く知っています。
どうしたら良くなるのか一緒に考え、ずっとともに歩めます。

そんなジモト採用のかかりつけ医に僕らはなります。

まずは「人」に関するあらゆるお困りごとをご相談ください。
現場力のある営業がお伺いいたします。
一度きりの訪問ではなく繰り返しご訪問させてください。
そこでお気づきにならなかった課題や、貴社の魅力を発見させていただきます。

採用活動はメンテナンスが大切です。

唯一絶対の正解がないからこそ、見直し、改善し、実行する。
それを毎年繰り返していくことで貴社らしい採用活動のカタチが見えてくるはずです。

求める人材と出会うこと。
できないではなく、一緒にできる方向に考え方を変えていきませんか。

鈴鹿市緊急雇用サポート事業について

こんにちは!
営業の荻上です。

さて、今回のブログは私が最近携わらせていただいている事業についてお話させていただきます。

その事業とは、こちら!
「鈴鹿市緊急雇用サポート事業」
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急雇用対策事業として、求人サイトや公式LINEの運営、鈴鹿市内でのイベントなどを企画しております。
当事業を通して、鈴鹿市内の企業様と求職者の方のマッチングの機会を提供させていただきます。

求人サイト: 「鈴鹿deはたらこっ!」

求人は、正社員に限らずパート・アルバイトまで幅広く掲載しています!
その他、お役立ち情報なども更新しています。

公式LINE : 「鈴鹿市お仕事ナビ」サイト内からお友達登録お願いします☆

 

昨年は名古屋市と三河地区の担当をしておりましたが、
新たに三重県も担当させていただくことになり、この事業のお手伝いをしています。

企画・運営を通して、少しでも多くの企業様と求職者の方へ情報発信できるよう、
様々なコンテンツをご用意しています。
サイト、公式LINEなどチェックしていただけると嬉しいです☺︎

 

今まであまり三重県に行く機会が無かったのですが、最近では頻繁に三重県にお伺いしたり、
オンラインで企業の方とお話させていただいています。
三重県の方の柔らかい方言だったり、名古屋とはまた違った空気感があり、とても素敵なところだなと感じています。

休日にも三重県に遊びに行ってしまいました☆(笑)
御在所ロープウェイやアクアイグニスなど、とても楽しかったです。

オススメなどあれば教えて頂きたいです☺︎

以上、荻上でした。
明日は同期の尾野さんです⭐︎

転職フェアでの思い出

だいぶ涼しくなってきましたね。

1年で1番好きな季節、秋の到来です!

最近は1日1日過ぎていくのがとても速く感じています。

宇佐見です。

 

先週末、名古屋駅前のウインクあいちで転職フェアを開催いたしました!

お越しいただいた求職者のみなさま、

ご出展いただきました企業様、ありがとうございました!

 

今日は、私が入社してからこれまでの転職フェアの中で、

1番記憶に残っている出来事をお話したいと思います。

 

入社2年目の時の転職フェアでした。

あの時も、ウインクあいちの会場で、夏のイベントだったと思います。

 

名大社のイベントでは、イベント当日、

名大社スタッフが場内を巡回しています。

その中で、求職者の方にお声がけをさせていただき、

出展している企業の裏話や特徴などをお伝えしたり、

ブースへのアテンドを行っています。

 

その時に出会ったのが、初めて転職フェアにいらっしゃった男性の方。

色々と話をしていくうちに、私の担当しているとある企業様がぴったりだと思い、ブースへアテンドしました。

 

転職フェアでは、決して珍しくない光景です。

驚いたのはその後日のことでした・・・

 

翌週、いつものように営業に出ていると、

会社から私宛に1本の電話が入ったと連絡が入りました。

 

この間の転職フェアでアテンドした男性からの連絡でした。

 

もちろん、私の名前はお伝えしていなかったので、

「○○という会社を紹介してくれた名大社の女性スタッフにお礼が言いたくて」

と電話を取った社員に伝えてくださったとのこと。

「自分で探していたら座っていなかったブースだったのに、

進められて話を聞いてみたらとてもいい会社で興味が沸き、選考に進む」とのこと。

 

求職者の方からわざわざお礼を後日言われたことはなかったので、

驚きと同時にとても充実した気持ちになれたことを覚えています。

 

イベントの来場者でわざわざお電話をくださった方は、この方だけです。

 

その後、担当の企業様が、転職フェアから1名採用することになりました。

 

この1名の採用者が、先日お電話をくれた男性でした。

 

当時は、お電話をくれた方と採用した方がリンクしていなかったのですが、

後日、採用した男性とその企業を訪問する際にお話する機会があり、

そこで改めてお礼の言葉をいただきました。

 

偶然かもしれませんが、

この企業様は私が初めて新規で契約をもらい、イベントに出展していただいた企業様です。

今もお付き合いがあり、数年に1回のペースでご出展をいただいています。

現在も、その男性は入社した会社で頑張っており、先日めでたく結婚されたとのこと。

 

私達の仕事が、人と企業をつなぐ架け橋になることを実感できた、

私の思い出深いエピソードでした!

秋の連休が明けた本日は、21卒新卒学生さん向け

ジモト就職フェアを開催します!!!

人と企業の架け橋となるべく、

今日も名大社スタッフが頑張る学生さんをサポートします^^

ぜひご来場ください。