名大社 スタッフブログ

カテゴリ「最近、思うこと、感じること」の記事一覧:

10代・学生達の青春

おはようございます!

サッカー小僧のイサジです。

本日もよろしくお願いいたします。

 

先週初めての大学入学共通テストが実施されましたね。

大学受験生の皆さん、まずはお疲れ様でした。

あともう一息。引き続き応援しています。

僕も7年前にセンター試験を受験していたので、毎年この時期は思い出します。

 

さて毎年この時期、YouTubeでトレンドに入るのが、こちらの動画。

カロリーメイトのCM動画です。

<カロリーメイトweb moive「2020年、夏、部活。」編>

たまにカロリーメイトを買って小腹が空いたときに食べています(笑)

 

新型コロナウイルスの影響で10代・学生達の青春が奪われてしまいました。

運動会・球技大会、文化祭、全国総体・コンクールなどが中止。

なんで自分たちの代がこんな事になるんだろう。

何のために部活を頑張ってきたんだろう。

友達に会いたくても会うことができない。

しかしそんな中でも、彼ら彼女達は前へ進んだと感じました。

 

毎日感染拡大防止対策をしながら、10代は勉強や部活をし、

学生は勉強だけではなく、研究・バイト・課外活動などをし、

これらは前例のない環境で生活をしなければなりません。

僕がボランティア活動している大学サッカーリーグは、会場手配や対戦カードの作成や試合進行も全て学生が運営しています。

一部のチームに陽性者が出ると、試合は延期し、学生役員はその試合に関わる関係者にすぐに連絡をしなければなりません。

僕が学生のときは、そのようなことが起きた場合が台風が来るときくらいでしたので、殆どがスムーズに運営することができました。

 

制限された中でも一生懸命頑張ってきた10代・学生達のエネルギーは無限大だと感じました。

今まで当たり前な日々の尊さを実感し、それらに感謝しながら青春に励んでいました

彼ら彼女達のエネルギーは、きっと明るい未来へ導いてくれるでしょう。

未来ある彼ら彼女らのために手助けできる人になりたいと改めて思った、そんな日でした。

 

カロリーメイトのCMは本当に良くて好きです。

子供、先生、親の気持ちが沢山描かれています。

<カロリーメイトCM「見えないもの」編 フルバージョン~森山直太朗 – さくら(二〇二〇合唱)>

 

「見えないものと闘った一年は、見えないものに支えられた一年だと思う。」

今回の出演は生徒役の加藤清史郎さんと教師役の東京03飯塚悟志さん。

こども店長は12年が経ち、すっかり大人です(笑)

曲は森山直太朗さんの「さくら」。

何十年経っても良い曲ですね。

息抜きや通勤中に是非ご覧ください!

 

それでは今日はこのへんで!

ありがとう、Flash!

こんにちは、不破です。

2020年12月31日、かつて動画コンテンツで一世を風靡したFlashが終了しました。

コロナ禍で動画視聴が大幅に増えているなか、ひっそりと終了するかつての動画規格Flashですが、
Flashがなければ、今の自分は無いのでは?と思うので、今回はFlashについて語ってみます。

中高生の頃、最初にFlashで作られた動画を見たときは衝撃的でした。
「楽しい国語」というかなり流行っていた動画で、白黒で、たいして動きのある動画では無いのですが、
「インターネット上のどこかのだれかが趣味で作った動画・アニメーションが見れる」
「カクカクしてるけど、日本語の音声が再生される」
…という、今になっては当たり前のことに、当時めちゃくちゃびっくりしました。

最初は一部のマニア向けっぽかったFlashでしたが、だんだんと参入する人が増え、
Flashを使ったゲームが作られたり、最先端のサイトは全てFlashで構築されていたり、
次第にインターネット上に欠かせないものになっていきます。

 

そうこうしているうちに、私も動画を作ってみたいと思うようになり、
Flash職人になりたいという思い違いをして、情報文化学科に進学。
見る人から作る人になりました。

内輪受けな動画を作ってみたり、ガラケーで動く動画を作ってみたり、本当にいろいろ遊びました。
卒業制作もFlash動画を選択してしまい、泣きながらをタイムラインをいじっていた夜もありました…。

 

そういえば、私が就職した頃の名大社ホームページのトップも、一部Flashが使われていましたね。(小さい画像しか見つけられず…)

何回か修正・更新をした記憶がありますが、数回の更新で終わったのは、そこからFlashという規格自体が衰退してしまったから。

セキュリティ的な問題をずっと抱えていたところに、スマートフォンが登場し、
AppleがiPhoneでのFlashの利用を許可しなかったこともあり、Flashは一気に衰退してしまいました。
取って代わる新しい技術も多く、時代に合わないものになっていたんだと思います。

 

そして、先日、12月上旬、FlashPlayer最後のアップデート。
普通ならアップデート内容が淡々と記載されるはずのリリースノートには、ユーザーと開発者に対するAdobe社からのお礼が書かれていました。

これまで 20 年以上にわたって、魅力的な Flash Player コンテンツを使用および作成していただいたすべてのお客様および開発者に感謝いたします。

ちょっと泣きました。
Flashを見ていた時も、Flashで遊んでいた時も、Flashを作っていた時も、時間も忘れて没頭して、本当に楽しかったです。

好きなものを好きなように作って楽しかったあの頃があったから、いまでも制作をやっていると思うし、
Flash職人になりたいと勘違いしなければ、CGを扱うゼミにも入らず、フォトショやイラレにも触らず、
いまの自分はいなかったんじゃ無いかと思うと、感謝してもしきれないのに、逆に感謝されている!!
これは泣くしか無いですね。

 

ちなみに、サントリークラフトボスがキャンペーンでこんなサイトを作っています。
https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/flash/
正直この動画はターゲットになりすぎていて、素直に見れない自分がいます。

…ま、泣けるんですけどね。

 

さてさて、Adobe社は最後のアップデートで、ユーザーへのお礼以外に二つのことを記載しています。

「デジタルエクスペリエンスの次の時代をリードするのを支援できることを楽しみにしています。」
初心を思い出しながらも、次の時代に向かって進んでいかなければと思わされました。
さしあたって名大社ではONLINEイベントの予定がありますし、もっともっとデジタルエクスペリエンスについて考えていかなければ、と強く思います。

 

そしてもうひとつ。
「システムを保護するために、すべてのユーザーに Flash Player を直ちにアンインストールすることを強く推奨いたします。」
と言うわけで、まだの方はアンインストールしましょう!
私も泣きながらアンインストールします!

ありがとう、Flash!

心を落ち着かせてみよう。

こんにちは、ニムラです。
本年も宜しくお願いいたします!

こんな時だからこそ新しいことを始めよう。
ということで。ジャジャーン(‘ω’)

ダバダーダバダー♪違いの分かる男(古いかw)
まだまだ続くステイホーム。
少しでも楽しもうと思って始めることにしました。

自分で豆を選んで。
自分で豆を挽いて。
味わって飲めたら…ステキやん!

思い立ったら吉日。
近所のイオンにあるカルディさんに行ってきました。

「すいません。これから自分で豆を挽いてコーヒーを始めたいと思ってまして。どの豆がお勧めですか?」

素人丸出しで店員さんに相談してみます。

「苦味と酸味のお好みはいかがですか?」
「ボディは軽めが好きですか?」
「原産地で希望はありますか?」

・・・むむ。

アメリカンがブレンドより薄味!
このレベルの知識しかない状態です。
竹槍のみで戦場へ飛び出したことを若干後悔。
…とりあえず、店員さんのお勧めで。
スペシャルブレンド200gを購入。

調べてみたらこんなに種類があるとは!

どうせやるならハンドドリップ!
あのゴリゴリする感覚を味わってみたい。
雑貨屋で目に留まったミル(焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具)を購入しました。

さっそく豆をミルに投入!

はじめて挽いたときのゴリゴリ感。
何とも言えない快感でした。
調べてみると「粒度が均一であるほど、雑味のない美味しいコーヒーが抽出できる」とのこと。
やさしく丁寧にハンドルを回します。
なぜだか落ち着く動作です。
忙しい朝もこれを日課にしたら心に余裕ができるかも…。

そんなことを考えつつ粉砕完了!

挽いた直後の香りがまた良いんです。
そのまま摘まんで食べてみます。
…よくわかりません。
やはりお湯に溶かすべきでしょう。

沸かしたお湯をゆっくりと投入。
最初は蒸らすだけ。
そして何回かにわけて注いでいきます。

抽出されたコーヒーが少しずつサーバーに溜まっていきます。
ここで急いてはいけません。
ゆっくりと丁寧に注いでいくのです。

1杯分のコーヒーが無事に抽出できました。

あとはカップに注ぐだけです。
前もってカップを温めておくと一層美味しく感じると1杯目の失敗から学びました。

無事にハンドドリップのコーヒーが完成しました。

1回目より2回目が、2回目より3回目の方が美味しい。…気がする。
少しの違いで味が変わるって面白い。
これはハマりそうです。

コーヒーに詳しい方、お勧めの豆がある方など、教えてもらえると嬉しいです。

これから始めてみようかなという方!
参考になるサイトをお伝えしておきます!
UCC美味しいコーヒーの入れ方(動画はこちら
手動コーヒーミルの選び方

ザワザワする世の中。
こんなときだからこそ心を落ち着かせて。
自分たちのやるべきことに集中していきたいです!

気づかされたこと

こんにちは。水谷です。

本年もよろしくお願いしたします。

 

年が明けたからといって特に変わったことはありません。

本年もいつも通り、粛々と業務に励みます。

 

先日、滅多にいかない銀行の窓口に出向いた時のこと。

私より若い(おそらく30代っぽい)男性客が、振込手数料の件で

窓口の方から説明を受けているが、なかなか理解してもらえないご様子。

その次が私の順番になりそうなので、その場から離れるわけにもいかず。

黙ってやり取りを聞くことに。

お昼休みに行ったので、心の中では早く終わってよと念じながら。

 

窓口の方が何度説明しても納得してもらえず堂々巡りしているようだ。

普段から振込とかをしている人であれば、説明不要の内容であるのに大変だなと思いながらも、私が出しゃばってもよくないので黙って待つことに。

当たり前のことだけど、丁寧な説明を繰り返しているのは偉いなと感じた。

私が当事者なら、どう対応するのかな?

終始丁寧な態度をとり続けられるのだろうか?

など考えてしまった。

 

隣の窓口の方が休憩から戻ってこられて、私の番号が呼ばれたので、

処理をしてもらってその場を後にしたので、その後はどうなったのだろうか?

 

普段の業務や打合せについても、

同じ職種やそれに近しい内容の方や常日頃からお話する方々には、

専門用語で話してしまうことがあるが、

会社のメンバー含めて専門外の人たちにも同じように話してしまいがち。

説明する時には、丁寧かつ分かりやすい言葉を選ばなくてはと再認識させられた。

 

今後、自分から全体に説明をしなくてはならない機会が恐らく発生すると思う。

その場合でも、丁寧に言葉を選んで伝えなくてはならないし、

相手はその人が関心のある所だけで質問・主張されると思うので、

それにも丁寧に対応しなくてはと改めて感じた。

 

二度目の緊急事態宣言になりそうですね。

なんとか乗り切りましょう!

では。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
クマガイです。

 


旧年中は皆様に格別のご高配をいただきまして
ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって良い年でありますように。



と!いうことで!

 


1年前に作ったやりたいことリスト(随時更新)いくつ実現したでしょうか。
見直したところ

 


やりたいこと82個中29個実現(^^)
去年もおんなじような感じだったな
※手をつけることができた数をカウントしています

 


一部挙げてみますと

 


やりたいこと(達成済)
・色彩検定
→3級合格しました!
・月に1冊以上読書
→だいたいやれました!平均2冊
・自炊
→たまには料理しないと。余った材料をいかに消費するかを考えるのが楽しい。
・入浴剤をストック
→お風呂の時間が貴重な癒し✨楽しみが増えました!


できなかったこと
・屋久島に行く
→今年のGWに行く予定を立てていたのですが、やむを得ずキャンセル。。
・銀座でお買い物
→GINZA SIXに行ってみたかったけど(以下略
・遺伝子検査
→アレルギーや体質を知りたいのでやってみたいと思いますが、金額面が気になるのと変な業者にあたっては困るので手つかず…


思えば、コロナウイルスの感染拡大のため
日常生活において当たり前にできたことに
規制ができてきました。
自分の意思に関係なく、できないことがたくさんありました。


でもその環境下でも工夫すれば出来るかも。
悲観してたってしょうがないだろ!?
そう思います。


あーできないなって言うよりは
あれもしたいこれもしたいっていう
楽しいことを考えたいです。難しいけど


今年は何しようかな〜
考えるだけでワクワクしてきますよね!


名大社では2021年もイベントが目白押しです。
自分がワクワクすることを探しましょう♪
※人間は心理学的に言えば、基本的にはずっとだらけることってできなくて、働きたいと思うらしいですよ。


どちらも1月開催あり!!
転職フェア 
https://www.meidaisha.co.jp/tenshokufair/



ジモト就職応援フェア
https://students.meidaisha.co.jp/event/20210130

 


行きたい!やりたいこと探したい!って方、是非覗いてください↑


1年後、今年はいい年だったな~って言えるように
みんなで頑張りましょう!
今年もよろしくお願いします☆


2020年の振り返り&2021年の運勢!

こんにちは!

社会人4年目のコノシマです!

 

 

名大社は明日29日~2021年1月4日まで年末年始のお休みをいただきます。

そのため本日が2020年最後のスタッフブログになります!

今年もお取引企業様はじめ、名大社のスタッフ、たくさんの方にお世話になりました。

 

 

今回は私なりに今年を振り返りたいと思います!

【2020年コノシマ振り返り年表】

1月…右腕の骨折から始まり、コロナウイルスの大流行。

日常生活も思い通りにいかない骨折生活では、

名大社の女性スタッフに髪を結ってもらったりと人の温かさが身に沁みました…笑

4月…新入社員の時からお世話になった上司重野さんからの卒業、そして宇佐見さんを上司に2人チームに。

在宅勤務などもあり、宇佐見さんと一緒に試行錯誤しながら営業活動を行いました。

3月~5月…名大社としても初めてのイベント開催の中止。

お申し込みをいただいでいた企業様もあり、

中止の旨を伝えるのが心苦しくもありましたが、

皆さん「仕方ないね」と対応いただき良い企業様に支えられているなと実感しました!

7月…宇佐見さんの妊娠の報告を受ける。

本当にめでたい、嬉しい報告でした!

2021年の2月に出産予定とのこと、楽しみです!

8月9月…宇佐見さんからの企業様を引継ぎ。

宇佐見さんの企業フォローなど学ぶ部分も多く、

このタイミングで同行できたことはとても良い機会だったなと思いました。

10月…重野さんチームに出戻り笑

同じチームに後輩がいることは初めてで、

先輩らしい姿が見せれているといいなと思いつつ、私もいい刺激をもらっています!

12月…同期の退職、社内体制の見直し。

現在、社内での人の動きもあり、様々なことが見直されています。

今までのいいところは残しつつ、新しく名大社も変わっていくのだなと感じています…!

 

コロナの影響で何もできない1年でしたが、

ざっくりと振り返っただけでも、これだけのたくさんの出来事がありました。

一言でいうと「何もできなかったのに色んな出来事があった年!」という感じです笑

楽しみを見つけにくい1年でもありましたが

楽しかったこともたくさんあるなと、今振り返ると思います。

 

 

さて、来年はどんな年になるのでしょうか。

いつもは占いなど見たりはしないのですが、

年末は来年の運勢をついつい見てしまいます笑

私がここ近年見ているのは「しいたけ占い

しいたけ占いとは、全面的にやさしい言葉で肯定してくれる12星座別の占いです。

私はやぎ座なので、やぎ座の運勢を少しお見せします。

(名大社のスタッフはやぎ座の人が多いので、同じ運勢なんだなと占いを見るたびに思います笑)

 

気になる人は是非チェックしてみてください~!

 

 

 

来年は今年よりも、少しでも明るい楽しい年になることを祈って。

よいお年をお迎えください。

以上、コノシマでした~!

 

 

目的や意味づけについて

現代は何をするにも目的や目標、もしくは意味付けがいる時代だ。
生きていくための言葉や目的・意味を昔は、学生時代はずっと探していたように感じる。
大袈裟に言えば自分の生きていく理由や目的を確かな言葉にしたいと望み、読書や、出会い、経験を積むことを繰り返した感じだ。
社会人になって、そういうことも時々考えはしたけど、何より目の前の仕事と生活に追われて、自分自身の生きる目的感や意味づけなどについて思う時間も少なくなっていった。
忙しいから、とか、今が大変だから、とかいうこともあるけれども、次第に自分にとってはそういう意味づけや目的感が重要には感じなくなった。
もちろん今でも何かそれらしいことを恥ずかしげもなく言えば何か言えなくも無いけれども、
どのような言葉もなんだか嘘っぽいし、言った瞬間にそれだけでは無いと感じてしまう。
そんな言葉のリアリティよりも、いま大事な身近な人たちのことや自分自身の健康のこと、些細なリラックスできるひとときの方がとても大事でリアルティを感じるからだ。

ただ仕事を他人と一緒にする場合、様相が大きく変わってくる。
誰かと一緒に仕事をする場合、それこそ分業がしっかりと決まっていて、タスクが決まりきっているような協業なら、あまり言葉の意味づけや目的感は必要ないだろう。
けれど、現代はVUCAの時代。この不確定な時代に、ただタスクが決まりきってそれをこなし続けるだけという仕事は、どんどん代替品にアウトソースされていく。
この変化する時代は現場も経営者も中間マネージャーも若い人もベテランも様々な立ち位置の人が力を合わせアイデアを出し合い素早く現場に投入し、素早くPDCAを回す必要がある。
そう言った時の為に意味づけや目的、目標が必要なのだとすると、全ての意味づけは他人と共有しなければ意味がないかもしれない。

こういうことを考える時マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を思う。
この本が面白いのは、誤解を恐れず簡単に言うとプロテスタントの世俗的な禁欲の精神が内面で転倒された結果、「勤勉の精神」「合理主義」「利益の追求」となり、近代的・合理的な資本主義の「精神」に適合され資本主義が発展したという。そう言う意味では、現代の生産性の向上や、PDCAを高速回転させる昨今の「事業のために人間が存在する」(P 80)ような労働することそのものだけが目的化したような考え方は、個人の幸福の立場からすれば「まったく非合理的」だとウェーバーは言っている。
そうウェーバーは真面目に禁欲的に働くことは美徳だと思わされていることのカラクリを暴いて見せた。
それを知ったからと言って何かが決定的に変わるわけではないけれども、彼の言う通り、個人の幸福は働くことの外に見出すのも十分ありだと思う。

すでに読んでいる人は多いと思うけど、大流行の漫画「鬼滅の刃」は鬼と人間が戦う話だ。
鬼は元人間で、基本首を斬られたり、太陽光を浴びたりしなければ死なない。
人間よりも身体能力も強いし、再生能力もある。
そして鬼は全員人間時代に社会や世の中から見放され、不遇な人生を生きた人が鬼の血を飲み鬼になって、自分の為だけの生を合理的に全うしようとする。人間を食いながら。
そこで描かれている鬼たちは、まるで現在の自分の為だけを合理的に生きる人間にも見える。
物語の中には鬼たちの過去の出自を振り返るシーンが必ずあり、鬼での非道ぶりはなぜか共感を呼ぶほどのところがある。
それはまるで「精神のない専門人、心情のない享楽人。この無のもの」(P366)とウェーバーが言った文化的発展の最後に現れる「末人たち」そのものだ。
一方で人間の代表で戦う人間たちは感動的だ。
彼らは絶えず、鬼とは違い、自分の為ではなく人のために戦う。
特に映画になった炎柱の煉獄さんのセリフはいちいち胸に染みる!

鬼滅の刃を全巻読んで再度思う。
全ての目的や意味づけと言った言葉は、自分のためでは無く、他人と幸せに共存するのためにこそ意味があるものなのかもしれない、と。

以上、高井でした。

自分だけのステージ

気がつけば年末年始が目の前です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。松本です。

今回は、帰りの電車に揺られていた時に見かけた人の話をします。

ノリノリな人がいました。その人はイヤホンから流れる音楽を聴き、リズムに乗って体を揺らし、指を使ってリズムを刻んでいました。

これがコンサートなどの会場なら良かったのですが、ここは電車の中です。1人だけリズムを刻んでいては目立ちます。

さらに、その人は椅子に腰掛ける私の目の前に立っていますから、見たくなくとも視界に入ってリズムを刻んでくるのです。

この人にとって、音楽がかかればそこは自分だけのステージになっているに違いありません。

自分だけのステージといえば、

学生時代にアルバイト先の部長に言われた言葉があります。

「いいか、松本。突き抜けろ。店内は、お前のランウェイだ。」

私は飲食店の接客として働いていましたが、働き始めてすぐに言われた言葉でした。

自信なさそうに接客する私の姿を見て、周りの人、つまりお客さんが自分を見ている中で輝け、自信を持てという意味でその言葉をかけてくれました。

初めはガニ股でズカズカ歩く私をみかねての言葉かと思いましたが、そうではなかったようです。いや、もしかしたらそれもあったのかもしれませんが。

店内はランウェイ、つまり、店内は私のステージとなります。

自分だけのステージと言われると、深く受け止める方もいるかもしれませんが、簡単に、自分が主役!周りは全部ファン!と私は定義します。

すると自信がわいてくる気がします。

電車で見かけたノリノリな人が堂々とリズムに乗って、そこに自分だけのステージをつくりあげていたように、自分に自信がなくなった時にこそステージに上がろう。

そんなことを思う帰りの電車でした。

愛犬紹介

こんにちは!新人の久保田です。

本日は、家で飼っている愛犬を紹介しようと思います。

トイプードルの10歳の女の子です。

名前はマフィと言います。

とても可愛いですよね、毎日癒されています。

私が中学2年生の時に家に来たので今では親友のような兄弟のような存在です!

私は一人っ子なのですが、マフィがいてくれたおかげで

兄弟がいなくても寂しくない時間を過ごせたように感じています。

ところで、今月の初めに両親とマフィで岐阜県の各務原にある学びの森という公園に散歩に行きました。

父が撮ってくれました!!私が訪れた時は紅葉の終わりかけだったのですが、後ろのイチョウの木が非常に綺麗ですよね。

このイチョウの木1本でも圧倒されるような絶景なのですが、紅葉のピークの時期は以下の写真のように、イチョウの並木道が出来上がります。

私が訪れた時は枯れてしまっていました、、

(以下の写真はサイトから引用させて頂きました)

素敵です。来年はこの並木道を歩くことができるように紅葉の時期を逃してはいけませんね。

黄昏ていました。。。

マフィも既に10歳なので、長生きをして欲しいのと同時に一緒に思い出をたくさん作りたいです。

以上、久保田の愛犬紹介でした。これから、ブログでちょくちょく登場させて頂ければと思います!

では皆さん、良い年末をお過ごし下さい!

 

 

しばしのお別れ…

こんにちは!
学生広報グループの柴崎です。
まずは…
12月12日(土)開催<ONLINEジモト就職応援フェア>に参加いただきました企業・学生の皆さんありがとうございました!
ルームCいかがでしたでしょうか?
また感想を教えてください!イベント内容についてはコチラから

そして…
12月13日(日)は出会いの場東海3期。
グループディスカッションを学生の方に解いて頂き、その姿や発言を見て企業の方に評価をしていただくイベント。
1月が東海ラスト開催!大学3年生のみなさんお見逃しなく!
応募はコチラから

12月もそろそろ終わってしまいますね…
年末が近づくにつれて、いつもなら待ち遠しい気持ちでしたが今年は違います。
12月31日は、私の大好きな嵐がグループとして活動する最後の日になります。(一旦)
はい、ということで今日は嵐の話をします!

かれこれ10年ほどFC会員で、コンサートはありがたいことに沢山観に行きました。
最初に行ったのは、2010年のナゴヤドーム。
友人とおそろいのコーデをして席は遠かったですが今でも鮮明に覚えています。

2019年1月27日この日は嵐が活動休止を発表した日。
私はのんきにお風呂に入ってSNSパトロールしていたのですが、友人からのLINEで知りました。
内容はこんな感じ↓

正直自分で情報を見るまではそんなわけあるかい!って思っていましたが、すぐにFC内で発表もありました。
あの5人でいる姿を見れなくなるのか…

高校時代部活で落ち込んだ時に、嵐の曲を聴く。
仕事で疲れて帰ってきた時も、嵐の番組がある日は疲れが吹き飛ぶ。
たくさんエネルギーをもらいました。
だから2020年は嵐に感謝を伝える1年にしようと構えていた矢先…
新型コロナウイルスの影響により様々なイベントが中止。
でもそこで終わらないのが嵐なんですよね~
オンラインでコンサートを開催!
11月3日はTVに繋げて大画面で拝みました。(ライブはもちろん部屋を暗くしてペンライトぶんぶん振り回していました笑)
ちなみにこんな感じに光ります⭐

最近は<嵐を旅する展覧会>というイベントにも参加し、いよいよ自分の中でも最後の日を迎える準備ができました。
とはいえども、来年もFCは継続ですし、まだまだ嵐愛はとまらない!

というわけで個人的な話で年内最後のブログをしめたいと思います。
今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

↑スペシャルメッセージが隠れています。(PCだと見にくいです)

明日は、鈴鹿の事業を頑張っている荻上さんです⭐
お楽しみに!