前向きに行こう!名大社社長ブログ

食べ物のはなし 特別編 黒豚しゃぶしゃぶ

人気食べ物ブロガーも旅に出ます。
って、昨日までの続きじゃないの?と思われた方も多いと思います。
そう、正解です。
使えるネタは全て使うのも人気食べ物ブロガーとして大切なことです。

この日はフルマラソン前日。
禁酒が求められます。
前日に飲まないのが正しいランナー。
そんな正しい人がマラソンを征するのです。

そして、栄養価の高い食べ物を食べなければなりません。
東京のライバルと一緒に繁華街を歩きながら、スタミナのつくお店を探します。
時々食べログでチェックをするという禁じ手を使いながらもあちこち回ります。
いくつかのお店が満員でした。

そして、辿り着いたのがこちら。
熊本市中央区のアーケード街にある「雲母(KIRARA)」さんにやってきました。

こちらの看板にはこんなことが書かれています。

「熊本一のしゃぶしゃぶ老舗店?なかなかやるじゃないか・・・」
頷きながらお店に入ります。

メニューを眺めながら、どうするか悩みます。
ここはやはり豚で勝負です。
マラソンといえば豚肉。
昔から相場は決まっています。
ホントかな?(笑)。

「すいません、六白黒豚しゃぶしゃぶコースを2つお願いします。」
調べてみると黒豚の中では一番人気のある鹿児島の六白黒豚のようですね。

人「今日はお酒は止めておきましょうか?」
ラ「そうだな。明日マラソンだし。今日は止めておこう。」
※人=人気食べ物ブロガー ラ=東京のライバル

人「そうですね。飲みたい気持ちもあるけど、止めておきましょう。」
ラ「でも、少しだけ飲みたくない?しゃぶしゃぶだぞ。」
人「う~ん、でも・・・」
ラ「少しだけだったら、全く影響ないよ。」
人「そうですかね・・・」
ラ「すいませ~ん、ビール1本」
軽く乾杯をして食事がスタートします。

六白黒豚しゃぶしゃぶコース 3400円

人「なんだか、上品ですね。」
ラ「これは飲んじゃう料理だよな・・・」

まずは野菜から入ります。

そして、黒豚が登場します。
この美しさ。食が進みます。

ラ「もう少しだけ飲むか?」
人「もう止めといた方が・・・」
ラ「すいませ~ん。ビールもう1本!」
しゃぶしゃぶを食べながら、飲まない方が無理なようです。
こんなことならどっかの定食屋さんに入るべきだったのかもしれません。
しかし、さすがの六白黒豚。
甘く歯ごたえがあり、美味しく頂きました。

最後はデザート。

こちらも絶妙な味わい。
ずらりと並ぶお酒群。

そんな誘惑に負ける我々ではありません。

すでに負けている?
そんな声も聞こえてきません。

果たしてこの食事の成果はあったのでしょうか?
今となっては何も言えません。

ごちそうさまでした。

熊本城マラソン2018 翌日の巻

フルマラソン明けの昨日、熊本は雨。
これが当日じゃなくて本当に良かった。
雨の中でフルマラソンを走ることを想像するだけで恐ろしくなる。

うん、我々は運がいい。
一日違うだけで環境は大きく違う。
これは運しかないね(笑)。

せっかく熊本に来たので、翌日は休みをもらって観光することを当初目的としていた。
しかし、雨。
そして悲しいくらいの筋肉痛。

水前寺公園あたりに行こうと思っていたが、早々に諦め近場を散策することに・・・。
アーケード街もくまもんが迎えてくれる。

こちらは地元のお店もあれば全国チェーン店もひしめく。
なんと「世界の山ちゃん」もある。

ココ壱番屋もある。
さすがにここで行こうとは思わない(笑)。

向かったのは熊本市現代美術館。

時間の都合でたまたま寄っただけだが結構面白かった。
入った瞬間、ウルトラマンを思い出した。
それもそう。
ここは特撮の世界を描いている。
現在、復興中の熊本城を特撮美術でまずは復活させようというもの。

ひとつひとつ眺めるとそれは精巧なミニチュア。

大人が近くにいるとそのサイズ感がよくわかる。
くまモンも何気に登場。

しかし、こんなふうにカメラのアングルを変えるとなかなかの光景。

こんな景色を待ち望んでいるのだ。

ちなみにこの美術館はフラッシュさえたかなければ、撮影OK。
SNSへの投稿も推奨している。

同時に熊本城の歴史も学ぶことができた。
大河ドラマの西郷どんも登場。

美術館を出て、熊本空港行きバス停へ。
ここで昨日、一緒に走り、夜に訳のわからない投稿を沢山した釘崎さんと合流。
「釘さん日記」で自らその恥ずかしい姿を露にしているので、
文句のつけようはないけど・・・。
僕はちょっとした被害者かな?(笑)。

空港では昼食といいながら、ただの飲み。
フライト時間までビールと焼酎。
最後は熊本ラーメン。

これで今回の熊本城マラソンの旅は終了。
釘崎さんともここでお別れ。
3日間、お疲れ様でした。

マラソンがメインであるのは間違いないが、熊本自体を楽しむことができた。
とてもいい街。
何より女性が美しい。
昨日のフルマラソンでも沿道で声援を送る女性を眺めながら、
みんなキレイだと見惚れていた。
もっと真剣に走れ!と叱られるかもしれない・・・。

やはりフルマラソンは辛いばかりだけど、
こうして今まで行ったことのない地域に行けるのはこういう機会があるからこそ。
そこで新しい出会いもあったり。

とってもいい3日間でした。
ありがとうございました。

熊本城マラソン2018 当日の巻

そして、昨日がフルマラソン本番。

まずはこの大会について。
いやあ~、素晴らしい大会であった。
雰囲気、運営、ボランティアのみなさん、沿道の声援、どこからみても大満足。
結果はともかく、感謝すべき大会。
ありがとうございました。

当日はホテルで朝食。
3時間後に走るのにどれだけの食事をとるかは難しい。

こんな軽い感じで済ませておく。
釘崎さんを迎えに行きスタート地へ。
なんとこれまた偶然、まったく同じシューズ。

そして、被るのは名大社キャップ。

僕はすっかり忘れていた(笑)。

熊本市長、石川さゆりさん、丘みつ子さん、
猫ひろしさんなどの挨拶がありスタート。

この日の僕の目標は5時間で走り切ること。
僕の周りの優秀なランナーに比べれば小さな目標だが、僕のレベルではこれくらい妥当。
決めていたのはキロ6分30秒で走り続けること。
そうすれば途中でタイムを落としても余裕で目標をクリアできる。

最初の20キロはそれより少し早いペース。
街ぐるみの声援が嬉しい。これだけで感動もの。
僕も調子に乗って手を振ったり・・・。

そのあとの10キロはペースは落ちたが何とかなっていた。
この頃は声援も静かになった。
そこからが問題。
33キロあたりから足が動かなくなってきた。
気持ちに足がついていかない。

歩いちゃダメだと言い聞かせつつ、とうとう歩き始めてしまった。
そこからは歩いたり走ったりの繰り返し。
歩いている方が多かったかな?

どんどんランナーに抜かれ、40キロ付近で5時間のペースランナーが過ぎ去っていった。
なんとかついていこうと思ったが、その力は残っていなかった。
この辺りから再び声援も多くなったが、僕はトボトボと歩き申し訳なく感じていた。

それでも最後の上り坂はRUN。
何とかゴール。
タイムはネットで5時間10分44秒。

目標には届かず。
フルマラソンをしっかりと走り切るのは難しいですね。
改めて3時間台あたりで走る仲間を尊敬する。

ゴールの会場では熊本市長と石川さゆりさんの対談。
会場は大いに盛り上がっていた。
痛い足を引きずりながらホテルへ戻る。

そして、この日の夜は別の目的へ・・・。
こんな限定記念ボトルを頂いてしまった。

このあたりのことは今日の「釘さん日記」で報告があるだろう(笑)。
本当にマラソンが目的だったのだろうか?

最後は〆のラーメン。

あれだけ体力を使ったのだから許されるだろう。
課題点は残ったとして無事に完走。
なんとか名古屋へも帰れそう。

それでも素晴らしい大会。
ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

熊本城マラソン2018 前日の巻

今日はこのあと「熊本城マラソン」。
果たしてフルマラソンを走り切れるだろうか。
ちゃんとブログで報告できるだろうか。
不安と共に緊張感が付きまとう。

こういった都市型の大型マラソンの受付は基本、前日、前々日。
昨日のHPもこんな表示がされている。

当然前入りしなければならない。
昨日は「エンジニアフェア」。
会社のメンバーには申し訳ないが、早々に会場を出てセントレアに向かう。
時間もないのでラウンジでコンビニで買ったパンをランチ代わりに。

いつもであればラウンジではビールを飲むがここは我慢。
熊本行きはボンバルディア。

30人乗りじゃないかと思わせる機体。
揺れながらも無事に到着。
ここの景色は阿蘇なのだろうか・・・。

空港につきすぐにバスでホテルに移動。
今回のマラソンのアクセスは最高といえる。
バス停の近くにホテルもあればマラソン会場の受付もすぐ。
かつ一緒に走る東京のライバル釘崎さんは偶然にも隣のホテル。

なにかと便利。
繁華街も徒歩数分。
チェックイン後、受付会場へ。

混雑することなくスムーズに進行し、オペレーションもさすがと思わせる。
ランネットの評価が高いことも前日の段階で納得。

時間的な余裕があったので、釘崎さんとアーケード街や熊本城周辺を散策。

大変失礼な話だが、熊本市街がこんなに賑やかだとは思わなかった。
ランナーも沢山いたが、街の活気を感じる。
熊本城はマラソン翌日に行こうと思っていたが、歩ける自信もないので前日にお邪魔した。

まだ地震の爪痕が残っていた。
そう、今回の目的は復興支援。
大袈裟に言えばそのために走るのだ。
僕が走ることで街が少しでも明るくなればいい。
何の影響力もないけど・・・(笑)。

いつもであればそのまま飲み会に突入するが、それは許されない。
軽~く一杯はあったかもしれないが、清く正しく晩飯を食べ前日は終了。
何を食べたかは、人気食べ物ブロガーが紹介してくれるだろう。

こうしてマラソン前日は終了。
そして、今の時間に至る。
どんな一日になるかは分からないが、楽しんで42.195kmを走りたい。
それでは元気に朝食を食べて、行ってきます!!

映画「ダンケルク」

昨年話題になったが見逃した作品。
最近、Amazonプライムにアップされたので299円を支払って観た。
最新作はタダではない。
しかし、この価格ならメチャ魅力的ではないだろうか。
Amazon恐るべし・・・。

戦争映画だと知ってはいるが、それ以外の知識はない。
監督は「ダークナイト」のクリストファー・ノーランとは知っていたが、
何を得意とする監督なのかは何も知らない。

映画によっては予備知識。すなわち予習が必要。
特に歴史ものはそう。
少なくとも本作はある程度予習をしていた方が、楽しめる作品だと思う。

ダンケルクとはフランスの海岸のこと。
そんなことも全然知らなかった。
世界史ももっと勉強しないと・・・。

ドンパチと激しい戦闘シーンがメインの映画だと思っていたが、その欠片もない。
確かに闘うシーンはあるが、燃え上がる炎や自らを省みず闘う姿は少ない。
一人ひとりの葛藤や逃げ惑う姿がこの映画の象徴。
国目線でもなく、勝利を導く強烈なリーダーシップが存在するわけではない。
一人ひとりは弱くてネガティブで、それでも立ち向かう姿を描く。
前線に立つ連中も使命感は強い。
そのためか一人ひとりは黙々と自分の任務をこなす。
必要以外な会話はない。
主役であるフィオン・ホワイトヘッドも台詞はあまりなかった。

戦争映画ではあるが静かに流れるシーンも多いので、
デスクトップパソコンで観るには少し厳しい。
いい緊張感を持たせるにもでかいスクリーンで観るのが最適。
時々、寝落ちしそうになったのは作品の出来の良し悪しではなく、
僕の置かれた環境であろう。
いい映画は体調も万全に臨まねばならない(笑)。

映画を通して歴史を学ぶことは可能。
僕は知らない世界が多すぎる。
無知を露呈するつもりはないが、書籍だけでなく映画を通して歴史、
文化を知ることはもっと行うべき。
そんな点も含め、もっと歴史や文化を学ぶために映画を観ていこう。

いい人間関係はいい議論を生む

一昨日は月に一度の「名古屋ファミリービジネス研究会」。
同族企業の経営者及び候補の方を対象にしている勉強会ですでに5回目。
いつもは4人掛けのテーブルで進行しているのだが、
今回はロの字型にして全体で議論を進めるスタイル。

特に写真をボカす必要はないかとも思うが、ここは最善の注意を払っておく(笑)。
今回のテーマは「ファミリービジネスの採用と育成」。
まずは僕が現在の採用状況について30分程度話す。
その後、1社事の発表。
各社の課題を共有しながら全員で意見を述べあっていく。

通常、このような場では形式的に進められることが多く本音をぶつけ合うことは少ない。
通り一遍の話で終始し、盛り上がりにも欠け中途半端に終わるケースが多い。
しかし、この場はそれとは真逆。
すべての会社が自社のネガティブな情報もオープンにし、
お互いが思うことを遠慮せずに話す場となった。

グランドルールの一つとして守秘義務があり、
この場に留めておくことが浸透していることもあるが、
それにも増して信頼関係がきっちりできあがっている点が大きい。
過去4回の場で自分をさらけ出し、毎回懇親会を行い親しくなっているので、
いつの間にか打ち解けた仲間になっている状態。

業種も規模も世代も異なる。
ファミリービジネスという共通点しかないが、その共通点だけで
お互いがこのような信頼関係を作れるのは主催者としても嬉しいこと。
僕の巧みな話術もあるが、
(ウソです)
いい雰囲気の場となっている。

他の運営スタッフのおかげですね。
感謝!

今回の「採用と育成」はタイミング的にもハマった。
各社の状況に対しアドバイスを含めながら、活発な議論が行われた。
3時間では全く時間が足りないくらい。
話足りず終わってしまった方も多かった。
内容を披露することができないが、
僕自身も各社の取り組みや実態を知ることができたいい学びの場だった。

今回のアンケートも全員満足で、この状況がずっと続いている。
気を遣ってもらう点もあるだろうが、運営側も満足度は高い。

この「名古屋ファミリービジネス研究会」も残すところあと1回。
最後は経営者仲間で愚か者活動を共にする株式会社サンコーの櫻山社長
「中小企業のブランディング」について語ってもらう。

最初はちょっと面倒だったが(笑)、このような場を作れたことに改めて感謝。
また、次回もよろしくお願いします。

食べ物のはなし 番外編 やっぱりビフテキ

少し羽を伸ばします。
東京・九段下です。
いや、この場所では羽を伸ばすとは言わないかもしれませんが、
お上りさんなので許してください。

以前、銀座で食べた「いきなりステーキ」は迫力がありました。
その頃から人材業界内では「肉部」とやらが設立されました。
人気食べ物ブロガーもいつの間にかその肉部に所属しています。
時々、迫力あるステーキを食べることを強要されます。
この日も部長を筆頭にお邪魔することになりました。

最近オープンした「やっぱりあさくま」さんです。
「あさくま」といえば名古屋の老舗ステーキハウス「ステーキのあさくま」さんです。
その新業態が九段下にオープンしたようです。

何か似たような匂いを感じます(笑)。
いきなりか?やっぱりなのか?そんな感じです。
メニューを眺めます。

人気商法を真似たのは間違いないようです。
ただの偶然であるなら、すみません。僕の勘違いです・・・。
雰囲気も似ています。
立って食べるか、座って食べるかの違いに思えます。

肉部の一員として勝負をしなければなりません。
「やっぱりビフテキ450gをお願いします。あっ、ライスはなしで・・・」
男らしく勝負をしたつもりでしたが、肝心なところで弱気の虫が表れました。

あさくまといえばコーンスープ。
定番の品です。

そして、ステーキ皿に乗せられ登場しました。
やっぱりビフテキ450g 1800円

この迫力です。
わさびや辛子もありますが、ここはあさくまオリジナルソースです。

ジュージューという音と共に香ばしさが伝わってきます。
ミディアムレアで注文しましたが、レア状態。

ペレットを使って焼き加減をつけるのもあさくま風です。

さすがに450gを食べるのは大変です。
完食しましたが、しばらく動きたくない気持ちになりました。
肉部の部員としても使命を果たしたようです。
そうはいっても300gあたりが妥当ですね。

それでも美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

映画「祈りの幕が下りる時」

「新参者」シリーズはドラマ、映画を含め一度も観たことがなかった。
本作も予告編には惹かれたものの、
本シリーズを観ていない理由で観るつもりはなかった。

しかし、映画評論仲間のBush解説員がベタ褒めをしていた。
そして、彼もこれまでの作品は観ていないという。
以前の作品を知らなくても影響がないと言われるので、
その言葉を素直に受け止め観ることにした。

結論から言おう。
その言葉は本当だった。
犯罪ミステリーというよりは上質な人間ドラマ。
号泣した観客も多いだろう。

予告編で流れるシーンに名作「砂の器」をダブらせていたが、
あながち間違いではないようだ。
僕の感性もまだまだいけるということ(笑)。

80年代半ばにあの田んぼ道を歩くのは正直違和感を感じたが、
演出的には気持ちを盛り上げてくれる。
ちょうど僕が大学に進学する頃なので、
もう少し時代は進んでいたはずだと・・・。
まあ、そんな話はどうでもいい。
感情が重なり合う時に生まれる行動は誰もが共通するのかもしれない。

僕は阿部寛氏扮する加賀恭一郎という人物を知らない。
どんな事件を解決し、どんな性格かも分からない。
だが、これを観ただけで人間的な魅力とその明晰さは理解できる。

高揚した今の気分でいけば、全シリーズを観てしまうかもしれない。
それだけ引き込まれた。

それと同時に思うのは、「最近、作品多過ぎじゃね?」ということ。
本作を観ていた時に流れた予告編「空海」にも「北の桜守」にも出演している。
毎年のように主演作が上映されている。
日本映画界はこの人に頼りすぎじゃないかと思ってしまう。
もちろん映画映えするタイプではあるんだろうけど、
もっと他の男優さんにも活躍して欲しいものだ(笑)。

本作は東京・日本橋がカギ。その周辺の橋がたくさん登場する。
きっと僕もいくつかの橋は渡っているはず。
茅場町のあの橋もそうなのかな?とふと考えてみたり・・・。

日本映画のいい点はいろんなロケ地が自分とオーバーラップさせられるところ。
そんな意識をしながら映画を観るのもいい。

親子の大切さを感じる感動する作品だった。

もっと映画を観ないと・・・。

自称「映画コラムニスト」であるワタクシ。
自称は自傷という話も・・・(笑)。
映画コラムニストを名乗っていながら、
それに相応しい本数を観ているかというとそうでもない。

2017年、映画館で観たのは26本。
そのうち日本映画は17本。
圧倒的に日本映画の割合が高いわけだが、優秀作品は見逃しているケースが多い。

先日、発売されたキネマ旬報の日本映画ベストテンは、
1位 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
2位 花筐/HANAGATAMI
3位 あゝ、荒野(前篇)(後篇)
4位 幼な子われらに生まれ
5位 散歩する侵略者
6位 バンコクナイツ
7位 彼女の人生は間違いじゃない
8位 三度目の殺人
9位 彼女がその名を知らない鳥たち
10位 彼らが本気で編むときは、

結構、小粒で男女関係を描いた映画が多い。
そのうち僕が観たのは「幼な子われらに生まれ」「彼女の人生は間違いじゃない」
「三度目の殺人」の3作品のみ。
これでは映画コラムニストとして失格。
読者選出ベストテンにおいてはたった2作品のみ。
中には名古屋で上映されていない作品もあるが、これでは何も語ることができない。

外国映画もベストテンに入った作品は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」と
「ムーンライト」を観ただけ。

それにしても知らない作品が多い。
予告編が気になったとか、話題性が高いとかだけで観ているので、
肝心な作品を見落としてしまう。
もっと情報を仕入れて映画館に向かわないといけない。

将来を考えるとこれではダメだ。
映画コラムニストととしてのポジションを確保するためにも気合を入れ直す。
1月は2本しか観れなかったが、気持ちも新たにこのブログでも紹介していきたい。
最低でも月に3本は観ておくべきか。
こちらの仕事をメインにする覚悟が必要。
よしっ、映画を観てから出勤するぞ(笑)。

あっ、そうそう、昨年の作品では「あゝ、荒野」を今すぐにでも観たい。
早くAmazonプライムに追加されないかな・・・。

アマゾンが描く2022年の世界

初めて電子書籍で読んだ。
これまでも何度かkindleに落としたものの、その行為に満足し未読のままで終わっていた。
マンガは何冊か読んだが、書籍としては今回が初めて。

まだまだ印刷された書籍の方が頭に残る感じはするのはアナログ人間だからだろうか。
もっと積み重ねることが必要か。
線の引き方とかそれの出し方とかイマイチ要領を得ないし・・・。

本書を読み、自分自身がアマゾンに取り込まれているのが再確認できた。
はっきりいってこれは危険な兆候。
簡単に巻き込まれてはいけないと思いつつ、思うツボ状態。
アマゾンは利益を薄くすることで参入障壁を高くする戦略。
ある意味、徹底的な安売り戦略。
ポーター的に言えば圧倒的なコストリーダーシップ戦略。

Amazonプライムなんてみれば一目瞭然。
一年間で3900円の料金で映画が見放題。
一年前の公開作品が続々と追加される。
これではレンタルビデオのビジネスモデルが成り立つわけはない。
電子書籍も同様。
宅配の必要がない分、コンテンツを揃えれば圧倒的な競争優位に立つ。
そして、アマゾンエコーやアマゾンゴーの存在。
ビックデータを基に世界を牛耳ってしまう。

ソフトバンクとヤフー、イオンの3社が共同でインターネット通販事業を始めると
昨日のニュースで流れていたが、本当に対抗できるのだろうか。
もう少し早ければ市場を取ることはできたと思うが、
今の状況の中で強敵な存在としてなり得るのだろうか。
日本企業として応援したいと思いつつも、
自らの行動を変えることができるかは何とも言えない。
Amazonはその先を行っているようにも思えてくる。

ベゾス氏が常に口にしているのは
「顧客第一主義」「超長期思考」「イノベーションへの情熱」という3つのバリュー。
生半可なこだわりではなく、その徹底ぶりをみるとちょっと恐ろしくもなったり。
カスタマーエクスペリエンスという耳障りのいい言葉に振り回されないようにしないと・・・。
すでに手遅れかもしれないけど(笑)。

本書でアリババの脅威を初めて知った。
Amazonとは全く違う戦略で中国全土を制覇している。
こんなに力がある企業とは知らなかった。
無知は罪ですね・・・。

マーケティングの知識はある程度持っていたつもりだが、
4CとかP2Pとか新しい概念に追いついていなかったり・・・。
こういった書籍を読むと自分の頭の古さを痛感してしまう。
気をつけないと・・・。

それでも電子書籍ばかりに頼ることなく、
紙の質感や匂いを忘れない感性も持っていたい。

1 / 1961234567...最後 »