前向きに行こう!名大社社長ブログ

映画「復讐するは我にあり」

この時期に相応しい映画ではないが、なぜか観たくなった。
この感覚は明らかにおかしいが、
この先に何か示す感覚が体内に存在しているのだろう。
(このが続くね・・・笑)

本作は今から40年前の映画で、当時はかなり高い評価。
キネマ旬報でもベストワン。
名匠今村昌平監督の代表的な1本。

もちろん監督も亡くなっているし、主演の緒形拳も同様。
この当時は若かった。
ネタバレもへったくれもないので、流れを説明すると連続殺人犯の逃亡劇を描くもの。

昭和38年に実際に起きた事件を題材にしており、当時は世間を怯えさせていたようだ。
確かにあんな殺人犯が全国各地をウロチョロしていたら、慄くのは当然。
今とは違い情報が限られていた時代。

現代だったら、あっという間に逮捕される。
あんな堂々と行動してたらね。
逆に見つかりにくいかもしれないが・・・。

それにしても70年代の日本映画は艶めかしい。
演出も時代と共に変化していく。
R15でもR18でもない。

思い返せば僕が中高時代のドラマはエッチなシーンが当たり前のようにあり、
興奮しながら見ていた記憶がある。
21時以降のドラマだけどね・・・。
今はそんなシーンはないはず。

映画でもそう。
若かりし倍書美津子も小川真由美も艶めかしい。
この時代、男女の描き方って、まあまあダイレクト。

倍賞美津子があんなに色っぽい女優さんだとは知らなかった。
役どころは不幸な奥さん役だけどね。
ドキッとしてしまった・・・。

それが映画の言いたいことではない。
人間の残忍さであり、何をキッカケに生き方が変わるのか。
正しい親だとしても子供がそれを素直に反映させるわけではない。

それは50年前も今でも同じ。
育て方を間違えたとは言い切れないが、どこかで愛情の注ぎ方がズレてたのだろう。
当時の方がサバサバしていると思うけど・・・。

不幸な残酷なニュースは常に僕らの周りに存在する。
今の時代に増えている気がするがそうではない。
生活の背景や環境は違えど、大きくは変わらない。
それが分かっただけでもいいかもしれない。

本作のタイトル。
映画を観終わってしばらくしてから、その意味の深さを知ることになる。
生きるも殺すも何に向かっているのかな。

Appleウオッチで十分なんだけど

これでも時計には結構こだわりを持っている。
誰も気づかないかもしれないが、TPOに合わせて毎日調整している。
東海地区トップの時計商社のツンツル社長からもいい時計をいくつも買わされた。

資産価値はあるか?
高く売れるか?
これからの生活を考えるとそんな考えも必要。
というのも最近、めっきりTPOに時計を合わすことがなくなった。

フォーマルな場も減り、キチンした会合も減り、人の前に立つことも少ない。
もうツンツル社長に買わされた時計も要らないと思う今日この頃。
Appleウオッチさえあれば、何の不自由もない。

ITの連中を中心としたとイマドキの社長はほとんどAppleウオッチ。
それしかしていない。
もうそれで十分。
そんな時代だと感じたりもする。

それが理由ではないが、最近はもっぱらAppleウオッチばかり。
たまには他の時計をつけることはあるが、8割方Appleウオッチ。
何が便利かといえば、まずは電話を漏らすことがない。
基本、スマホはサイレントモード。
電話が鳴ったも気づかないことがあるが、Appleウオッチがブルブル震え教えてくれる。

かなり面倒だが、メールもメッセンジャーもLINEも教えてくれる。
会議や映画館では邪魔なので、最近は外しているけど・・・。

そして、何よりランニングには必須。
これがなければ走ることができない。
このために愛用しているといっても過言ではない。
それは間違いではない。

ところがである。
ここ最近、ランニングアプリがなぜか不調。
気分かどうかは不明だが好不調の波が激しい。
スタートボタンが1回で作動しないのは今までにあったが、表示される色もその時で違う。
青色だったり、黄色だったり。

表示の基本はタイム、距離、ラップだが違う表示だったり・・・。
スマホへの同期もできたりできなかったり。

今週はなんと音声が英語に変わった。
いつもなら「5キロ、タイム28分30秒、平均ペース5分45秒」
と1キロごとのラップのアナウンスが英語になったのだ。
えっ、勝手に変わるの?

一体、なんなんだろうか。
他の機能は全く不都合がないのに、このランニングアプリだけ自分勝手に動いている。
誰かその原因を教えて欲しい。
リセットした方がいいのかな。

不要不急の行動を控えたお盆らしいネタ不足的なブログだが、
最近の悩みはこれ。

Appleウオッチで十分なんだけど、これだけがちょっとね・・・。

食べ物のはなし 番外編 台湾ベトコンラーメン

夏休みです。ちょっと伏見を離れます。
暑い日が続くので、それだけで体力が消耗します。
大した予定がなかったとしてもスタミナは必要です。

相応しいお店を探さねばなりません。
向かったのは自宅から北西に向かったあま市。
車で15分程度の場所。

なんと娘がこの春からお世話になっている会社のすぐそば。
会社見学に行ったわけではありません。
名古屋津島線沿いにある「赤もやしらぁ麺 国士無双 」さんに行ってきました。

オーナーは変わりませんが、少し前まで「ベトコンラーメンかとう」という屋号でした。
ベトコンラーメンから距離を置こうと思っているのでしょうか。
理由は分かりませんが、店名は変わりました。

どうやら地元の繁盛店。
12時前だというのに少し待ちます。
ジ~っとメニューを眺め、何にするかを悩みます。

定番はベトコンラーメン。
それでは人気食べ物ブロガーとして工夫がなさすぎ。
世間一般にあまり馴染みのない、それでも自慢の作品を頼むべきです。

「お~、ここはそうだな。これで勝負だ!」
強く頷き、自販機のボタンを押します。
忙しいお店、テキパキ動く女将さんを眺めながら、しばし待ちます。
「おまちどうさまです~。どうぞ!」

台湾ベトコンラーメン 850円

台湾ラーメンとベトコンラーメンのコラボレーション。
掛け合わせです。
名古屋にはベトコンラーメンのお店はいくつもありますが、これは初めて。

おそるおそる食べ始めます。
「いいぞ、いいぞ、このパンチ。グッとくるじゃないか。」
同時に汗がボタボタと流れ始めます。
ニンニクパワーだけでなく唐辛子の辛さも体を覆います。
辛いだけではなく深いコクもあります。
ご飯ものも食べたくなります。

チャーハン 600円

こちらも負けず劣らずの美味さ。
ラーメンメインのお店はチャーハンがイマイチだったりしますが、ここはイケます。
台湾ベトコンラーメンとチャーハンを交互に頂きます。

翌日は休み。
何も気にすることはありません。
テーブルにあるにんにく醤油も投入。

もう怖いもの知らず。
汗だく状態は続きますが、体が火照ってくるのは別の力でしょう。
この夏は何があろうと乗り越えられます。
お店を出る時はマスクをするので何も問題はありません。

ごちそうさまでした。
絶大パワーを頂きました。

ならずもの 井上雅博伝-ヤフーを作った男

多分、僕はどんなビジネス書よりも、自己啓発本よりも、哲学書よりも、
(それはそもそもないけど・・・)
こういった人を描いた書籍が一番夢中になれる。

その生き様を見て、自分と照らし合わすことが一番落とし込める。
そんな意味では本書も自分と照らし合わせながら読んだ一冊。
もちろん格の違いや社会への影響度の違いは認識しています(笑)。

何をキッカケに本書を選んだかは曖昧だが、週刊誌の書評で響いた部分があったのだろう。
本書を読むことでソフトバンクの孫氏やヤフーの井上氏の関係性を知ることができた。

孫氏は言うまでもない。
毎日のようにメディアに登場するし、多くの書籍でも描かれている。
まあ、今さら何を語るもない。

一方で井上氏はヤフーの社長であったことは誰もが知ることだが、
その半生や引退後の生活は知られていない。
3年前の死去のニュースは僕も知っていたが、その背景は全然。
ヤフー引退後の生活は知る由もない。
亡くなった本人は死後にこんなに調べられるとは思ってもみないはず。

井上氏が潔くヤフーを退いたのは、ほぼ今の僕の年齢。
そこから数年、有り余るお金を大いに無駄に使いながら、交通事故で最後を迎える。
やり切った人生だったか、中途半端に終わった人生かは本人にしか分からない。

想像するに満足する人生だったと思う。
そう思いたいと思う。
しかし、引退後のお金の使い方は正直共感しないし、その生活を真似たいとも思わない。
本音でいえばメチャクチャ羨ましいが、そこに僕の幸せがあるとは思わない。

ただサラリーマンから日本有数の企業のトップとなり、
莫大な資産を築いたことは成功者の証だし、憧れの存在、
目指すべき存在であるのは間違いない。
それは多くのサラリーマンに夢を与える生き方。
普通のサラリーマンではムリで、かなり尖ったサラリーマンでなきゃ、あんなふうにはならないけど。

思いつくままこのブログを書いているので、読み返すと本書のことは何も理解できない(汗)。

一体、何をいいたいか。
自分を貫く生き方を本当にできているか。
金持ちであろうと貧乏であろうとそれができていれば人生の成功者。
でも、貧乏に終わってしまうと世間は認めてくれない。

井上氏はすべてクリアしたことになる。
事故死する瞬間、何を思っただろう。
走馬灯のように過去が思い出され、最先端を走ってきた自分の功績に満足したのだろうか。
晩節は時代のギャップを感じていたのだろうか。

比較対象にはならないが、いい年齢になると同じような感覚に陥るのか。
これからの僕の人生はどうなるか。
真似はできないし、真似はしないけど、いい勉強になった。
これからの僕の決断に対しては・・・。

ありがとうございました。

映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

前作を観たのが昨年5月。
その時のブログがこちら
まあまあ騙されながら楽しませてもらった。

その時にも書いたが本作も長澤まさみに始まり、長澤まさみで終わる。
彼女の魅力が満載。
間違いなくこれからの日本映画を引っ張ていく女優。
やはり「MOTHER マザー」を観るべきだろうか。

同時期に公開された作品を見比べることで本当の演技力が理解できるかも。
愚かさも色気も出せる数少ない女優であるのは間違いないけど・・・。

本作を観たのが8月1日「映画の日」。
久々にお邪魔した近所の中川コロナ。
本来なら満席に近い状態でもいいかとは思うが、客席は半分しか使用できない。
それにしても話題の映画がお得な日にあんな観客数とは・・・。

映画業界の厳しさをリアルに感じた瞬間。
まだまだ映画館に通う人は少ない。
映画コラムニストというよりは個人的な感覚でいえば、
映画館は会話もないし、一方方向で鑑賞するのみ。
密室とはいえ、コロナ感染リスクは極めて少ないと思うのだが、そうじゃないだろうか・・・。
この状態に屈することなく応援はしていきたい。

そして本作。
この感染リスクをあざ笑うかのような愉快で痛快な作品。
観る者全てがシアワセな気分になれる。
自分がすっかり騙されていたとしても・・・。

まあ、あれだけよく裏をかいた描き方をできるもんだ。
後で振り返れば「なるほど!」と思うが、それは後で振り返った時の話。
シーン、シーンでは「え~っ」と作品に引きずり込まれる。
いいお客さんですね(笑)。

東出昌大や三浦春馬など巷を騒がした役者陣も個性を発揮しているが、
僕はその世界の中で観るだけで十分じゃないかと思う。
余計なことで騒ぎすぎだ。
彼らがこの世界だけで活躍するのなら、もっといい味を出せると思うのに・・・。

長澤まさみの娘役として映画をリードするコックリ役の関水渚の存在が大きい。
僕は本作で初めて知った。
魅力的な女優さんだが、広瀬すずとソックリと思ったのは僕だけだろうか。
コックリとソックリ。
どうでもいいですね。

どちらにしてもこの夏休みに楽しめる一本。
抱えているストレスを発散してもらいたい。

柴田恭兵のことも書きたかったが、止めておこう。
それはまた次回。
まあまあ良かったけどね。

インターンとインターンイベント

名大社では今日から夏季休暇。16日までの9連休。
しかし、僕は今日のみ出社。
ニシダと一緒に先日まで行った授業の評価を行わなければならない。

ただ予定があるのは今日だけで、明日以降は予定がない。
実家に帰る計画も見送りとなり、本当に予定がない。
毎日、草むしりするかな・・・。
待ってましたの如く庭はボウボウ状態だし。
まあ、明日から頑張ります。

それはそうとして今週はインターンシップ学生を8名受け入れ。
大学経由の5日間のインターン。
コロナ感染拡大もあるので、前週に各大学に確認を取ったところ、問題ないという判断。
何でもかんでも中止にしてしまってもね(笑)。

僕の担当は初日月曜の講義。
例年と違いスクール形式でソーシャルディスタンス。

ちょっとやりづらさはあるが、「働くこと」を学んでもらう。

2日目は営業同行。
3日目はインターンシップイベントの運営。
「ジモト発見&インターン」で各々の役割を担いながら、イベントにも参加。

ここも細心の注意を払いながら開催。
講演もソーシャルディスタンス。

ブースも飛沫防止ビニールと吊り下げスタンドで対応。
中には無人ブースでオンライン対応のクライアントも・・・。

リアルのイベントが少なくなる中、企業、学生ともいい機会となったはず。
おかげさまで満足度も高かった。

インターンの後半はオンライン。
4日目は社員との座談会とプレゼン準備。
最終日はプレゼンに向けての準備とワーク。
そして、自己PRプレゼン大会。

8名の学生が5分の持ち時間で、自分を名大社に売り込む。
会社の特徴と自分の強みを絡ませアピール。
これがなかなか良かった。

既にオンラインに慣れているのか、パワポもわずかな時間のプレゼンも予想以上の出来。
全員の個性も感じ、参加したメンバーも異口同音に感心していた。

僕も総評と一人ひとりにフィードバック。
ちょっと厳しい話もしたが、それは学生を想う親心(笑)。
十分、満足するPR。

今後はオンラインリテラシーも求められる。
基本的にはリアルと変わらないが、相手を意識しながら対応も必要。
就活を成功させるボールペンもプレゼントするからね(笑)。

これからもインターンや就職活動はオンラインが標準になるのか。
そればかりでは寂しいと思うのが本音だが、対応できるスキルは身に付けてもらいたい。

この5日間もいい機会だと捉えて欲しい。
これからを期待しているよ。
お疲れ様でした。

車で何かを学べるのか

最近、コロナの影響で車を運転することが多くなった。
ドライブが趣味ではない僕はあまり運転が好きではない。
電車に乗って移動する方が都合がいい。

自分にとって自由な時間であり、読書したり瞑想したり、時に寝ちゃったり・・・。
貧乏性の身としてはそんな時間も大切。
車の運転だとそんなわけにはいかない。
瞑想に耽ることはできても読書はできない。
ましてや寝ることは論外。
時間を吸い取られているような気もする。

しかし、最近、考え方が変わってきた。
というよりも車での時間の過ごし方も変わってきた。
運転しながらも学べることが分かってきたのだ。

少し前までは日経トップリーダーのオマケのCDをよく聴いていた。
1度聴くだけでは頭には入らない。
何度も何度も聴くことで理解できることもある。

先月のメガネスーパー星崎社長の講演もよかった。
外資系企業のトップを何社も経験されているのでロジカルでクールな方かと思っていたが、
情熱でグイグイ引っ張っていくタイプ。

なんと僕とは同い年。
倒産寸前だったメガネスーパーをV字回復させた手腕はさすがだが、特別なことを行ったわけではない。
ここでは詳しく書かないが、気持ちを一つにすることが大切なのは改めて痛感。
言いたいことはそれだけではない。

車では最近、Voicyを聴いている。
スマホアプリからBluetoothに繋げて・・・。
これは何か。
知らない人もいるかもしれないので、簡単に説明すると短いラジオ番組のようなもの。
大体5~10分が一つのコンテンツ。

僕の中では順番があり、グロービス経営大学院、ながら日経、
西野亮廣エンタメ研究所と移っていく。
グロービス経営大学院はビジネスネタ、ながら日経は日本経済新聞朝刊の紹介。

そして、西野亮廣エンタメ研究所。
これが最近のお気に入り。
彼の活躍は知っていたが、興味を持ったのはほんの最近。
このエンタメ研究所を聴くだけでかなり勉強になる。

彼の有能ぶりがこのわずかな時間だけでも発揮されているし、先を読む力に納得させられる。
「なるほど、これからはこんな時代なんだ・・・」
と単純な僕は車の中で頷いてしまう。
YouTubeで流れていた近畿大学の卒業式も良かったが、この番組も面白い。

今週の「顧客」と「ファン」の違いも納得してしまったので、
思わずインターシップの学生にも喋ってしまった。
オンラインサロンや書籍も知らなきゃいけないのかも・・・。
これから彼のような人物が新しい時代を切り開いていくのかな。

そんな時間を車のなかで過ごしていくと運転もまんざらでもない。
理想は運転手さんがいて、僕は後ろの座席でゆったりとそんな時間を過ごすことだが、
それは一生ない(笑)。

車で学べることが分かっただけでも十分。
もっといい車での学び方があれば教えて欲しいけどね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その147

伏見界隈にはいろんなお店が存在します。
個人店から名古屋地区中心のチェーン店。
そして、全国展開するチェーン店。

普段、あまりお邪魔することはないですが、
たまには全国展開するお店も行ってみるのもいいでしょう。
マーケティングも必要です。
それも話題性の高いお店が理想です。

行ってきました。
白川公園近くにある「大戸屋 ポーラ名古屋ビル店」さんです。
シンプルに伏見店にすればいいと思うのですが、
何らかのこだわりがあるんでしょうね。

そう、何かと話題のこちら。
果たしてTOBは成立するのでしょうか。
コロナショックの中、コロワイドも決して安泰とは言い切れません。
ここは三島由香のように動向を見守るしかないのかもしれません(笑)。

人気食べ物ブロガーとしてはどちらの味方につくつもりもないですが、
食事はバーンと勢いよくいきたいです。
伏見を応援する者として攻めるのみです。

この日は会社の若手男子と一緒。
同じメニューをお願いすることにします。

「すいません、大戸屋風チキン南蛮定食の1.5倍とミニ野菜黒酢あん、
ご飯は五穀米でお願いします。」
なんだか迫力ある注文です。

大戸屋風チキン南蛮定食1.5倍 1100円+ミニ野菜黒酢あん 400円

なかなかの迫力ですが、テーブルに置かれた瞬間、後悔の念に駆られました。
チキン南蛮が3枚・・・。

これで一人分です。
一人前が2枚ですから、1.5倍は3枚。
小学生でもできる計算なので、何の不思議もありません。

ミニ野菜といっても結構なボリュームです。
唯一の救いはご飯を大盛にしなかったこと。
人気食べ物ブロガーはどんな料理でもすべて食べ切るのがモットー。
残すことは許されません。

必死に食べます。
周りに目をくれることなくワシワシと頂きます。
20代であれば満足と共に喜びが身体を覆ったでしょう。

もう54歳です。
食べ終えた時はフラフラでした。
それでも大戸屋さんらしい手作りの丁寧さが伝わってきました。

会社は一体これからどうなるのでしょうか?
僕の体もどうなるのでしょうか?
どうでもいいことを考えながら、お店を出ました。
いずれにせよ健康体を維持せねばなりませんね。

ごちそうさまでした。

雨のせいなのか、ランニング日記2007

ようやく愛知県も梅雨明けになった。
今年は例年以上に雨が多い年。
雨が続くと気持ちまでふさぎ込んでしまうが、この地区はましだと思うしかない。
九州や東北の災害をニュースで確認する度に自然の脅威を感じると共に
被害にあわれた方には一日も早い復旧を願うしかない。

愛知県も名古屋市もコロナ感染者が増え、今、日本国内、
いやそうじゃない、全世界で起きているこの事態を真摯に向き合うしかない。
人間が犯してきた行為に神様が怒っているのかな・・・。

一体、何を話そうとしているのか。
今日のブログはあくまでも月1回のランニング報告ブログ。
30万人の読者を誇る食べ物ブログとは違い、3人のライバルしか喜ばないが、
せっせと先月のランニング模様を書かねばならない。

社会現象や人間の愚かな行動を語る場ではない。
しかし、僕のランニング距離がそこを原因とするなら、愚痴っぽくなるもの理解してもらいたい。
優しいみなさんは分かってくれますよね?

4月5月はノルマを達成。
6月は達成しなかったものの、まずまずの成績。
では7月はどうだったか。

え~っと、70km。
かつての栄光を打ち消してしまうような結果。
やはりあれはまぐれだったのだろうか。

だが、ここで断固として言いたいのは走った日数の違い。
ノルマを達成した5月は16日間走った。
それに対して7月は11日。
単純に5日間の差。
1回10km走っていたら50kmの差。
5kmでも25kmの差が出たのだ。

それはなぜか?
すべては雨のせい。
何度、朝起きて諦めた日があっただろうか。
「それでも走れよ!」と言われると言い返せないが、いや言い返す。

こちらは責任のある立場。
安易な自分の行動で会社や世間に迷惑を掛けるわけにはいかない。
苦渋の決断として走るのを諦めた。
本当は走らない理由ができホッとしてたかも。
真相は不明だ(笑)。

そして、この8月。
ランナーにとっては一番ツラい時期。
どんなに早朝に走ろうと暑いものは暑い。

5km走っただけでも汗だく。
冷たいシャワーを浴びても、なかなか汗は引かない。
嫁や娘に露骨に嫌な顔をされる。
頑張るお父さんを応援はしてくれない。
声援に変わればモチベーションも上がるのに・・・。

まあ、そんなことはいい。
今週末から夏季休暇に入り9連休。
全く予定がない。
厳密にいえば、学生の成績をつけるとか実家に顔を出す予定はあるが、GoToなんとかはない。

その期間になんとか距離は稼ぎたい。
ノルマ達成は難しいとは思うが、それに向かって黙々と走りたい。
重たい気持ちを切り替え、この8月を乗り越えていこう。

映画「劇場」

僕が中高生の頃、角川映画がブームを巻き起こしていた。
当時、薬師丸ひろ子や原田知世等、アイドルを生み出し、
「戦国自衛隊」「復活の日」などスケールのデカい作品を送り出してきた。

画期的なシステムも作り上げていた。
書籍との連動だけではない。
映画の公開日に合わせビデオも同時発売という新たなビジネスを生み出していた。

当時、ビデオは確か15000円くらい。
(間違っていたら、ごめんなさい)
僕のリッチな親友はビデオも購入していた。
まだ街にレンタルビデオ屋さんも少なかった時代。
かなり売上を上げたんじゃないのかな。

なぜ、そんな昔の話をするかというと本作もそれに近い上映のあり方。
映画館と同時にAmazonプライムでも公開されている。
公開前は映画館に行く予定だったが、あっさりとAmazonプライムに変更。
自分勝手に観れるからね。
本当はセコイだけかもしれないけど(笑)。

本作はとても文学的な作品。
原作は読んでいないので分からないが、又吉氏の表現をストレートに反映しているようだ。
絶妙な切なさはその文学的な表現に寄るところ。

昔好きだった青春映画を思わせてくれる。
心の葛藤や揺れ動く感情に胸が押し付けられる。
それだけみれば甘酸っぱさも残る。

だが、僕は酸いも甘いも乗り越えた54歳のオジサン。
気持ちは分かる。
もがく主人公永田(山崎賢人)の自分への歯がゆさも理解できる。

しかし、しかし、なのだ。
あまりにも永田はダメ男。
世の中にダメ男は無数に存在するが、そのダメさ加減はハンパない。
それでも一部、共感するのは、ダメさ加減を本人が一番分かっているところ。
もっと突っぱねることができたのなら、この作品をこき下ろせた。

しかし、このダメ男をどこかで許す僕がいる。
それが何とも苦しい。

その苦しさの大きな理由は彼女役の松岡茉優の存在。
彼女のせいで僕は苦しくなる。

僕は若手の女優さんでは彼女が一番好きだ。
その愛くるしい笑顔にグラっとくる。

そしてダメ男を想う彼女が可愛くて仕方ない。
僕ならもっと笑顔を作れるし、涙なんか流させない。
30歳若ければ、僕はダメ男から奪う行動にも出たはず(笑)。

グダグダな山崎賢人も悪くないが、本作はやっぱり松岡茉優。
ファンの中にはAmazonプライムで観た後に劇場に向かう人もいるだろう。
また、その反対の人も多いだろう。

だから「劇場」。
全く関係ないけどね。

1 / 2591234567...最後 »