前向きに行こう!名大社社長ブログ

ネット興亡記 敗れざる者たち

タイトルを見て沢木耕太郎氏の名著「敗れざる者たち」を思い出した。
本書のあとがきにもそのことに触れられているが、
著者はそれを意識したわけでもなく、結果的に同じタイトルになっただけ。

沢木氏の著書は敗者が取り上げられているが、本書は必ずしもそうではない。
むしろここに登場する起業家や経営者は敗れた瞬間はあるものの、
見事に復活している場合がほとんど。
本書の「敗れざる者たち」は登場人物の背後でのたうち回っていた者だろう。

本書を読むきっかけとなったのはテレビ愛知「モーニングサテライト」。
その流れで5月に「ネット興亡記トークLIVE」も視聴。
内容もある程度は理解しているので、敢えて手に取る必要もなかったが、つい(笑)。

本書では藤田晋、堀江貴文、孫正義、三木谷浩史、
宇野康秀ら12名を中心にネットベンチャー起業家を描いている。
彼らの書籍もまあまあ読んでいるので、敢えて読む必要もないと思うのだが・・・。
なんで読んじゃったのかな、こんなに分厚いのを・・・。
kindleじゃ分からないけどね(笑)。

これはやはり勉強。
”人の振り見て我が振り直せ”でしかない。

ここで描かれる世界を僕は同時進行で歩いてきた。
もちろん違う業界でエリアも異なり接点はないが、
当時の状況は一人のビジネスマンとして時に羨望し、特に落胆し、
無責任に喜んだり悲しんだりしていた。

当時は一介のサラリーマンだが、今は同じ経営者。
スケールの違いや能力に違いは棚に上げても、彼らの心境は理解できる。
その判断が正しかったかどうかは、何年後しか分からないが、ピリピリした環境下での決断の連続。
そんな経験が経営者としての面の皮を厚くし、判断能力を高めていく。
今のホリエモンを見てれば、何も怖いものはないと感じるし・・・。

それにしても感じるのは全てが繋がっているということ。
ソフトバンクであろうと楽天であろうとLINEであろうとメルカリであろうと
関係者はどこかで必ず接点があり、状況次第で味方になり敵になっている。
お金の動きを含めその駆け引きは実に面白い。
正直、当事者にはなりたくないが・・・。

どんなに成功した経営者でも多くの失敗を経験し、孤独に重圧と戦っている。
本書に登場するのは現役の代表選手。
そう考えると日本にはそんな人が200万人も300万人もいるわけね。
僕なんてまだまだなんだろうね・・・。

一人の壮大な想いや創造力やワガママが企業を大きくし、業界を育てていく。
この20年で時代が大きく変化したのもこの人たちが生み出したサービスのおかげ。
どんな環境に身を置くかも重要な要素。

理解している世界とはいえ、改めて学ぶ点も多かった。
また、自分を戒めるいい機会にもなった。

“個を活かす”マネジメント改革

先週、カオナビ主催の「“個を活かす”マネジメント改革2020 ~組織と人事のDXを知る1日~」
というオンラインイベントに参加。
facebook広告に乗っかって参加したが、かなり面白いイベント。

一般的にオンラインイベントは60分や90分が多いが、こちらは3時間。
「新しい働き方」「組織と人事のDX」「“個”を活かす」
と3つのテーマに分かれ長丁場だったが、飽きることはなかった。

登壇者は時代を象徴する方ばかりで、
それに惹かれて参加された方も多いはず。
僕もミーハー的な気持ちがなかったといえばウソ。

中でも最初の山口周氏のセッションは大変参考になった。
先日、kindleで購入した「仮想空間シフト」は手付かずのまま。
早く読まないといけない。

彼の著作は「ニュータイプの時代」を始め、唸らされることは多い。
その考えについていかないと完全に時代に置いてきぼりになる。
信者でも何でもないが、
僕と同世代のオジサンは理解しないと気づいた時に手遅れ。
大袈裟な表現だが、できるできないはともかくせめて知っておくべき。

今回の講演もそれを痛烈に感じた。
今や“No normal”の時代。
これまで常識と思っていたリーダーシップやマネジメントはリセットされる。

山口氏の表現を借りれば常識の連鎖破綻。
知識や経験は不良資産化し、足かせにしかならないという。
これまで僕が信じてやってきたことはもう通用しないということか。

こんなふうにいうと完全否定をされているようだが、決してそうではない。
過去の資産に頼るのではなく、
常に学び続けアップデートを繰り返していくこと。
過去の成功体験は何の意味も持たない。

これからのリーダーシップは年齢も経験も関係ない。
これまで僕らは組織の中で人を変えようとしてきたが、
それは所詮無理な話で互いにとって不幸。
個を組織に染める時代じゃないのだ。

役員もフォロワーとしての役割が求められる。
企業に所属することは過去の遺産になりえる。
副業や兼業が当たり前になれば、それは当然、時間の問題。
より個々の自発性が求められる。

山口氏は今はやりのジョブ型雇用は合わないと明言される。
ジョブ型は環境変化に合わないというのだ。
確かに今の専門性が10年後あり得るとは限らない。

その職種が世の中から消えることも考えられる。
それは歴史を勉強すれば分かるということ。
なるほどね・・・。

本当にそうなるかは分からないが、
話しぶりは説得力があるので、つい引き込まれてしまう。
これをチャンスとみるかピンチとみるか。

世代間でも大きく分かれるだろう。
いや違うな。
年齢ではなく頭の柔らかさだろうな・・・。

とりとめない話になったが、常にそんな意識は持っていたい。
そこをビジネスチャンスに繋げる賢い企業もあるんだろうね。
見習いたいけどね・・・。

満足、満足!ハイブリットセミナー終了!

一昨日21日は名古屋ファミリービジネス研究会主催のセミナー。
名古屋ファミリービジネス研究会とは僕が事務局を務める同族企業経営者向けの勉強会。
毎年半年の講座を行うのだが、コロナリスクを考え今年は中止。

その代わりという訳ではないが、単発のセミナーを3回シリーズで行うこととした。
その第1回目が一昨日。
事務局メンバーの一人である株式会社サンコーの櫻山社長によるブランディング講座。

8月下旬に初の書籍を出された記念でもある。
「ファミリービジネスだからこそできる! コロナ禍をチャンスに変えるブランディングのチカラ!」
と題して、経営者向けに名大社のセミナールームでおこなった。

定員40名のセミナールームだが今回は20名の定員としコロナ対策も万全。
同時にオンラインでも配信しハイブリットでの実施。
おかげさまでリアルは満席。
オンラインも15名近い方に参加頂いた。

会社でハイブリットなセミナーは初めて。
先週と当日に綿密なリハーサルを行い、万が一にも備えた。
それでも本番で1本のマイクが不調となり、
最初の方はオンラインの方に聞きづらい状況を作ってしまった。
申し訳ありません。

それでも新人マツモトが懸命に対応をしてくれ、
全体としてはまとまりのあるセミナーを提供できた。

僕はオープニングで名ファシリの西やんと漫才のような掛け合いを行っただけ。
僕の出来としてはイマイチだったが、評価は悪くなかった(笑)。
あとは櫻山さんにすべてを任せ、セミナーはスタート。

このコロナ禍で多くの企業が厳しい状況に陥っている。
それを僕たち中小企業はどう捉えていくか。
withコロナだからこそ、
自分たちの「あり方」<ありたい姿、あるべき姿>を再定義することが求められる。

どうしてもブランディングというとカッコよく魅せようとか、
ハイセンスでなきゃいけないイメージがあるがそうではない。
まずは自社のVISION MISSION VALUEを確認すること。
何事も基本が大事だし、その想いを明確に伝えることが重要。

櫻山さんはそのために必要な考え方やフレームワークを使い、
参加者に分かりやすく教えてくれた。
僕自身は付き合いも長く何度もご一緒しているが、改めて気づくことも多かった。

出版もされ注目度が上がっていることもあるが、確実に内容もアップデート。
時に笑いを取り、時に熱く語りかけ、あっという間の2時間。
最近はユーチューバーだしね(笑)。

参加者の満足度も高かったが、少しでも未来に繋がればいい。
ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。
また、櫻山さん、いや、今は櫻山先生ですね・・・。
お疲れ様でした。

次回は12月16日。
講師は株式会社フェリタスジャパン代表の丸山祥子さん。
詳細はまた改めてお知らせするが、こちらも楽しみにしてもらいたい。

引き続き名古屋ファミリービジネス研究会をよろしくお願いします。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その156

過ごしやすい季節になってきました。
一年を通じて外をブラブラするには一番いい季節といえるのではないでしょうか。

最近、社内が多い人気食べ物ブロガーとしては昼食はちょっと遠出をしたいものです。
しかし、あまり遠いと1時間で戻ってくることができないので、そこは考えもの。
時間のやりくりも考えねばなりません。

心配はご無用。
早食いを得意とする人気食べ物ブロガーは食事時間は10分もあれば十分。
注文から提供までが5分程度で済めば、15分で完結するわけです。
そうなると余裕をみても往復40分は確保できます。

ここは散歩気分で出掛けるべきではないでしょうか。
会社から広小路通りを名古屋駅方面に向かいます。
名古屋観光ホテルを通り、ATビルを越えた先にある「いちご伏見ビル」に入ります。

なんとも可愛らしいビル名。
ここは誰がどんな理由で名付けたのでしょうか。
一度聞いてみたいですね。

こちらのビルは地下が食堂街。
地下の中央に構える「味一」さんに行ってきました。

こちらは魚をメインにした大衆居酒屋。
このように店内所狭しとメニューが貼り出されています。

美味しそうな刺身メニューが並びますが、ここは敢えて豚キムチ鍋。
そんな注文をしたら叱られるでしょうか。
それは夜の部ですね・・・。

そうではありません。
ランチメニューは4種類。
ここはお店の特徴が理解できるランチを注文せねばなりません。

ねぎとろサーモン丼 700円

今回は写真一点勝負。
他にも味噌汁、日替わり小鉢2点が並びますが、ここは写さず丼のみ。
見た目だけでも新鮮さは伝わってきます。

この手の丼は刺身を醤油につけて食べるか、醤油を丼にかけるかどちらか。
人気食べ物ブロガーは後者。
わさびを醤油に溶かし丼にかけ、一気に頂きます。
丼物に上品さは必要なく豪快に食せねばなりません。
ねぎとろとサーモンのシンクロは意外とマッチし美味しく頂きました。

注文から食べ終わりまで12分。
お店までの往復時間は20分少々。
これでもトータル35分掛かりません。
まだまだ余裕。

「もっと遠出もできるじゃないか・・・」
ひとり呟きながら会社に戻るのでした。

ごちそうさまでした。

映画「望み」

家族を持つ親が観たら、自分の家族と思わずダブらせて観てしまうだろう。
うちのように一姫二太郎だと設定は少々異なるが、
子を持つ親としては同じ。

父親の心境、母親の心境、これは男女の差なのか、
普段の生活での関り度の違いなのか、
やはり根本的に息子の対しての視点は異なる。

父親である堤真一(ここはあえて役者名で・・・)は常に真っ当な回答へ向かう。
一方で母親である石田ゆり子は自分の感情が意志とは関係なく先立つ。
山田家を冷静に見てもきっと同じ。

僕は正しさを求め、カミさんは気持ちを求めていくだろう。
そのあたりが実にリアル。
と勝手に判断する。

舞台となる石川家は理想的な家族。
父親も母親も仕事は充実し、子供への愛情や教育は申し分ない。
子供は自分の夢を追いかけ、それを支援する環境は揃っている。

子供が犯罪に巻き込まれる映画は大体の場合、家庭が崩壊している。
ねじれが負の連鎖を生み、救いようのない場へ進むことが多い。

本作は真逆だ。
真っ当な教育が却って仇になることもある。
正義感や責任感は持つべきだが、それが強すぎると結果的に不幸を招く。
正しさを貫くことは自分たちを傷つけることに繋がったり・・・。

愛情が強すぎるのも同じ。
ちょっとテキトーであり、ちょっと希薄な方が幸せな人生を歩めるのではないか。
映画を観ながら、そんなどうでもいいことを考えてしまった。
それは自分に照らし合わせて観てるだけだね(汗)。
でも、それくらいでちょうどいい。

本作では家族にとって生きることが不幸か、死ぬことが幸せか、
それを問うているようにも思える。
まさに何が「望み」なのか・・・。
ラストシーンの会話で感じちゃったりするけど。
冷静になればなるほど自分を苦しめてしまうし・・・。

映画の題材としてはオーソドックス。
先週書いた「TENET テネット」のような全く分からない世界ではない。
同じようなテーマの作品も多い。

しかし、今の社会を上手く表現している。
それはLINEであったり、SNSの書き込みであったり・・・。
やはり映画が時代を反映させるべき。
それが歴史となり、後世に伝える。
20年後、この作品を観たら、違う視点が生まれるんだろうな。

しまった。
本作もキャリアの視点で評論することを忘れてしまった。
大いに語れる点はあったけど。

それにしても母親は美しい。
僕だったらギュッと抱きしめるかもしれない。
そんな点も含め、今年観るべき1本ですね(笑)。

ふらっと京都へ

昨日はふらっと京都へ。
go to travelでもgo to eatでもない。
京都に下宿する息子に秋冬物や寝具などを届けに行ったのだ。

そんなの自分でやれよと父親は思うのだが、母親は世話をしたいらしい。
甘いよね。
まあ、元気そうな姿を見れたのはよかったけど。

後期に入り、対面授業も徐々に始まり、ようやく友達もできた。
クラブ、サークル活動の勧誘もあり、大学生らしさがスタートしたといえよう。
せっかくの一人暮らし、気をつけながらも充実させてもらいたい。

息子と一緒にいたのは数時間。
わざわざ京都に来て、すぐに帰るのももったいない。
とはいえ、観光地は人が戻り混雑する。

あまり人がおらず楽しめるところはないか・・・。
京都通のサンコー櫻山社長に聞くと、
(ちなみに明後日のセミナーの講師。オンラインは今日まで受付します。
申し込みはこちらから
オススメをいくつも教えてくれた。
さすがですね。
感謝!

向かったのは北山。
京都府立植物園。

こんな街のど真ん中に広大な公園があったとは・・・。
早い時間だったので駐車場もスムーズ。
200円の入場料もPaypay決済で、なんのストレスもない。
そしてこちらは再入場もOK。
なんやかんやで2度再入場(笑)。

京都人なら年何回も来たくなる公園だろう。

昨日は薔薇が華やかに咲いていたが、春は桜、秋は紅葉と楽しめる。
来月はこの場所もかなり見応えになるだろう。

沈床花壇

竹笹園

ワイルドガーデン

半木神社

針葉樹林

ここは何だっけ?

大芝生地

くすのきの並木

写生する人、散策する老夫婦、小さな子を連れた家族など温かな雰囲気も良かった。
ここなら一日中ボーッとしていられる。
ここで読書もいいね。

お昼はここから歩き、蕎麦の名店。
なんと一番客だった(笑)。

そして、賀茂川沿いもぶらぶら。

名所もいいが、市民が集う場に顔を出しそこでの時間もいい。
改めて京都の魅力を感じた一日。

息子をダシに使い、これからもふらっとお邪魔したいね。

発信すること

昨日、グロービスの村尾さんのvoicyを聞きながら改めて感じたことがあった。
村尾さんは「コンテンツ力がある人」というテーマで、
発信の重要性について分かりやすく語られていた。
それは僕がいつも感じていることであり、気をつけていること。

このブログも気づけは10年以上、続けている。
その内容はともかくとして(汗)、
通常月であれば21本をノルマとし定期的に配信。
文字数も800~1000を基本としている。
そのことに驚かれることもあるが、自分で決めたルールなので仕方ない。
ルールがある以上、やり続けるしかない。

しかし、これが案外難しい。
世の中にはブログを始めたが続かない人、
twitterの定期ツイートも諦めた人も多数いるだろう。

何が困るか。
やはりネタ。
僕も何を書けばいいか全く思い浮かばず悶絶苦しむ日も多い。
一昨日もネタに困っていた。
いいタイミングでドラゴンズが2位に上がり、
一昨日はそれをネタにできたが困ることは多い。

村尾さんの話はそのあたりの核心をついていた。
何を発信するかが大切で、そのための情報収集も重要かと・・・。
僕のブログも拡散傾向で仕事以外のネタも多いが、
そうしないとコンテンツとしてはもたない。

その中で映画、食べ物、本、RUNと鉄板ネタを決め、他のコンテンツでグルグル回す。
でも、これは簡単そうにみえて意外と難しく、悶絶苦しむことも多い(笑)。

いつ書くかも問題。
理想は毎日書ければいいのだが、うまく調整できないこともある。
「来週、書いてるヒマないじゃん・・・」
なんて時は、週末に一気に3本書いてストックすることも・・・。
そうすることで何とか継続はできているわけだけど。

実際、このブログが何かの役に立っているかといえば、果てしなく疑問。
ただ1日のPVが2000~3000あることも励みになり、
(誰が読んでるかはチェックしてないが)
変わった仕事が舞い込んだりするので、それなりでもあるのだろう。

いろんなツールがある中でこのスタイルがいいかは分からないが、
僕が名大社の社長であるうちは続けていく。
重要な発信材料なのだ。
いつも絡んでくれる人もありがたいし・・・。

そういえばブログの師匠ともいうべきブロガーが先月末でブログを終了した。
それはとても残念。

でも、こんなことを考える。
発信力のある人は一度止めても戻ってくるのかと。
ブログが続かない人はネタが持たず止めてしまうが、
ずっと続けてきた人は体がうずき我慢できなくなるのではと・・・。

いずれにせよ、発信すること。
こんな内容で申し訳ないが、続けていきたい。

どうしちゃったの?

どうしちゃったの?と思った昨日。
何かといえば中日ドラゴンズと名古屋グランパスの勝利。
気づけばドラゴンズはリーグ2位。

ここでブログを書いておかないと夜にはまた3位になるかもしれないので、
しっかりと記録に取っておく(笑)。

昨日は今やプロ野球で一番信頼のおける投手といっていい大野雄大が投げたので、
結果は予想できたが、2位までの順位になるとは・・・。
それにしても5度目の完封なんて凄いね。
熱烈なドラゴンズファン以外はこの順位を予測しなかっただろう。

しかし、素直にうれしいのは事実。
何とかAクラスに入ってほしいと思っていたが、まさか2位とは・・・。
今年の優勝はあり得ないが、
来年はもしかしたらもしかするかもしれない。

それはドラゴンズだけではない。
我が名古屋グランパスも好調。
昨日も3対0で快勝。
順位も4位に上がった。

すっかり選手が分からなくなったとはいえ(汗)、こちらも嬉しい。
名大社のサッカー小僧イサジは出来すぎだといっていたけど。
ここ数年、降格争いをしていたチームとは思えない。
昨年、風間監督が更迭された時はどうかと思ったが、結果としては良かったのか。

名古屋の経済が低迷する中、
野球もサッカーも上位で戦ってくれるのは元気が出るというもの。
そういえば、この両チームが強い時期があったと思い返してみれば10年前。
2010年はドラゴンズも優勝し、グランパスも初優勝を飾った年。
当時のブログにも書いていた。

感じたのは名古屋のチームは不景気に強いということ。
10年前はリーマンショックの影響で名古屋経済はどん底。
そんな中、この両チームの活躍が数少ない盛り上がる材料。
勇気が持てる活力のネタ。

今年もそんな状況に近い。
いや、そうじゃない。
来年もしかしたら再びアベック優勝なんてあるかもしれない。
そんなことを思わせてくれた昨日。

今年はこれ以上のことは望まない。
全ては来年に賭ける。
どうしちゃったの?と思いながらも、嬉しいスポーツネタを提供してくれた。

今日も週末も期待してるぞ!
ブログはもっといいタイトルにすべきだったな(笑)。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その155

そろそろカツカレーシリーズにも飽きてきたかと思います。
人気食べ物ブロガーがカツを追っかけているうちに伏見周辺も変化が見られました。
そろそろそちらにも目を向けなければなりません。
気づけば新しいお店がオープンしていることもあるのです。

人気店がひしめく伏見ダイヤパレス。
こちらのビルには馴染みのお店もあり、頻繁に顔を出します。
最近はインスタグラマーとしても活躍する身。

こちらのビルのお店の大将がフォローもしてくれます。
それはとてもありがたいことですが、他店をアップし、
「いいね!」を押されるとなんだか神妙な気持ちになったり・・・。

ここはどちらのお店を贔屓にすることなく、公平に接しなければなりません。
地下1階に先月新たなお店がオープンしました。

「鶏そば 啜る 伏見はなれ」さんです。

本店は丸の内にあり行列店のようですが、その存在は知りませんでした。
ラーメンは2種類しかありません。
基本メニューにトッピングのみで勝負をしています。
その潔さが気持ちいいです。
その気持ちよさに応えるために、2種類のラーメンを食べるべきでしょう。

鶏そば 850円

こちらが看板メニューといえるでしょう。
コラーゲンたっぷりの鶏白湯スープ。

そしてもう1種類。
鶏中華そば 850円

こちらは鶏清湯スープとはまぐりの出汁とのダブルスープ。
どちらも麺は自家製で讃岐うどんに使用する小麦粉を使っています。

そして、こちらの自慢はレアチャーシュー。
国産豚の肩ロースを真空低温調理法で長時間過熱しています。

なんだか解説を読み上げているだけのようですね。
たまにはいいでしょう(笑)。

ランチタイムにはライスがサービスになりますが、ここは必要ありません。
ひたすら麺を啜り、ボリュームのあるメンマを頂き、レアチャーシューを楽しむだけ。
レアチャーシューはスープにしばらく浸して食べるのもオツですね。

多くの若者は鶏そばの方を好むでしょうが、
54歳の人気食べ物ブロガーは鶏中華そばの方が合いますね。
どちらも美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。
こちらのビルの競争も激しいですね。

中田英寿に学ぶ日本酒

暇を見つけては楽天マガジンを覗く。

先週末は結構時間があったので、いくつかの雑誌をパラパラとめくった。
これだけいろんな雑誌が並んでいても見ないものは見ない。
ゴルフ雑誌も相当数読めるが一度も読んだことがない。
そのあたりが問題か(笑)。

贔屓にしているのが「Pen」。
そのセンスに惹かれるのが単純な理由だが、今月は”WORK AT HOME”というテレワークの特集。
ビジネス誌が掲載するテレワークとは一線を画する。
まあ、それはそれとして、興味深く読んだのが前回号。

“中田英寿のニッポン文化特別講義”
僕は現役時代から彼のファン。
ペルージャへの移籍を描いた「鼓動」は好きな1冊でもある。
しかし、どうだろうか。
今、中田氏がサッカー選手だったと覚えている人はどれだけいるだろう。
すっかり別の分野の人になってしまった。

最近の彼の活躍を見れば、
(といっても多くは知らないけど)
そう感じる人は多いはず。

特集では中田氏が特別講義として日本酒、発酵、工芸、日本茶、農業を紹介。
中田氏が日本酒に造詣が深いのは以前から知っていたが、
ここでも彼のこだわりを感じることができた。

単に日本酒を楽しむだけではない。
今や日本酒を世界に売り込む、
それに限らず日本文化を売り込む橋渡し的な役割も担っているといえる。

詳しく紹介するとPenの編集者から叱られるので止めておくが(笑)、
「十四代」蔵元の高木社長との対談は面白く、中田氏の貢献度は高い。
美味しい日本酒はこう作られるわけね。

日本酒の市況や輸出状況も学ぶことができた。
十四代の他にも紹介されていたり・・・。
そういえば先日の日本酒の会で頂いた黒龍の「無二」も紹介されていた。

値段を聞くとビックリ。

僕の周りにも日本酒好きが多いので、そこから学ぶことも多い。
「菊正宗」一辺倒の名誉本部長はともかく、
副本部長はかなりの通なので教えてもらうことも多い。
飲んですぐ忘れちゃうんだけど・・・。

これからの季節、日本酒が益々美味しくなる。
いろんな飲み方も楽しめる。
冷やもいいが熱燗もいい。

コンパクト酒燗器を買おうと思ったが、家人に却下された。
ついつい飲みすぎちゃうからね。

飲むばっかりじゃなく、僕ももう少しうんちくを語れるようにならなければ・・・。
この特集で日本酒の魅力を改めて知ることできた。
中田氏に感謝ですね。

1 / 2641234567...最後 »