前向きに行こう!名大社社長ブログ

映画「さびしんぼう」

先週、大林信彦監督の追悼ブログを書いた。
大林監督、逝く

その際、映画「さびしんぼう」のことにも触れた。
このブログをきっかけに本作を観てくれた奇特の方がいるのだが、
感想を聞くうちに僕も急に観たくなった。
そこでAmazonプライムでポチ。
本作は400円の有料版だったが、ためらうことはない。
やはり観ておくべきなのだ。

この「さびしんぼう」に夢中になったのは大学生の頃。
働くようになっても何度かはビデオで観た。
せいぜい20代半ばまでのこと。

その当時の感性が今の僕に持ち合わせているかは甚だ疑問。
若い頃は感動した作品でも年齢を重ねることでその感動が薄らいでいくことは多い。
正直なところ、今の僕には当時の感性を持ち合わせる自信はなかった。

いい意味でも悪い意味でも擦れた大人になってしまった。
特にこのジャンルの好きとか嫌いとかの青春映画はそう。
50歳を過ぎて青春映画を観ないのは、とても小さな世界だと感じてしまうからだ。

そんな気持ちでこの作品に臨んだ。
観終わって実際どうだったか。
僕の感性はまだまだ衰えていない。
やはり「さびしんぼう」は僕にとっての名作だった。

10代の頃の感動は何ら薄れていない。
一瞬にして僕はあの頃に戻ってしまった。
百合子さんの富田靖子もさびしんぼうの富田靖子も、どう表現すればいいのか・・・。
胸が苦しくなった。

プレゼントのリボンを落としながら駆け足で立ち去る百合子も、
目を擦りメイクが剥がれるさびしんぼうも最高だった。
改めて僕にとってかけがえのない作品だと感じた。

当時と違うのは母親役の藤田弓子さんを可愛らしく感じたこと。
それは今の年齢になったからで、10代の頃は微塵もなかったと思う(笑)。
その点では僕も確実に年を取っている。

そして懐かしい面々も。
大林組と言われる峰岸徹、根岸季衣、入江若葉、岸部一徳、小林聡美などなど。
大林作品に欠かせない役者陣。
みんな、若かったな・・・。

セピア色の尾道の風景も美しい。
今もあんな感じなのかな。
仕事が落ち着いたらカミさんとゆっくり行ってみるのもいい。

お~い、さびしんぼう~。

大林監督、改めてありがとうございました。

オンラインでの合同研修もいいね!

昨日は「名大社×パフ合同研修」。
うちのクボタ、マツモトとパフの山下さんと3人で研修を行った。
いずれも今年の新入社員。
当初は東京と名古屋を行き来し、
お互いの会社を学ぶ研修を企画していたが、今の状況ではそれはできない。

現在、名大社もパフも在宅勤務なので、研修方法も大きく変えることに。
あと2日残ってはいるが、初日の昨日はZoomを使っての研修。
僕はほんの少し覗いただけのお任せ状態たが、振り返りを聞く限り充実した1日のよう。

それは講師を務めてくれたパフの田代さんの力量によるもの。
まずは田代さんに感謝。
素晴らしい研修をありがとうございました。
本日もよろしくお願いします。
オブザーバーのパフ吉川副社長、名大社ニムラのサポートも良かったのかな・・・。

僕は実際の研修内容はよく知らない(笑)。
そうではなく自社の採用課題を導き出す、そんな研修。
多分・・・。

課題の仮説設定からヒアリングのためのロープレ、実際のヒアリングまでを行った。
それもすべてWebで・・・。

こんな感じでパワポの資料を見せながら、双方向で進行。
もちろん研修を受ける新人は初めての体験だが、
講師のタシロさんもこんな研修は初めて。

僕は無責任に途中に侵入し様子を見ていただけだが、
とてもスムーズに進行していたように思う。
パフの商材としても完璧じゃないの?と思ってしまう。

うちの新人も同業とはいえ、強みもやり方も違うパートナーとの交流は相当な学び。
まだ落ち着いて感じる余裕はないとは思うが、その感覚は大切にしてもらいたい。

今回の研修は僕も加わると7人。
誰一人、一緒の場所にはいない。
それでも身近に感じられたのは、最初のアイスブレイクもよかったのだろう。
ニムラは脱いでないよね?(笑)。

今回、コロナの問題があったからこのような研修にはなったが、
それはそれで得るものは大きかったと思う。

その合同研修は今日も続く。
どうやら僕にもヒアリングがあるみたい。
昨日もドキッとするような質問があったが、そのあたり今日ツッコまれるのかな・・・。
恐れながら楽しみにしていたい(笑)。

今回は人材採用を学ぶ研修であり、
同時にコミュニケーションも学ぶ研修。
そんな感じがした。

新人諸君、今日もがんばりたまえ!

私たちは困難なことにも前向きに取り組み・・・

私たちは困難なことにも前向きに取り組み、それをやり遂げることに楽しみを見出します。

どれだけ厳しい状況や困難な仕事であっても、私たちは真摯に向き合い、工夫を積み重ね、
前向きに取り組み、それをやり遂げることに楽しみを見出します。

この言葉は名大社のクレドである「名大社way 7つの約束」の一節。
我々の7つの行動指針の一つでカードの5番目に書かれている。
今週の朝礼でタカイが語ったことでもあり、
今、このクレドの中でも最も重視しなければならないこと。

行動指針はいずれも重要だが、この環境下においてはこのフレーズをより体に刻み、
より日々の行動に落とし込まなければならない。

僕も決して強い人間ではない。
時には逃げ出したくなる時もある。
それは誰でもそうだろう。
安倍首相でも小池知事でも吉村知事でも同じ。

トップとして常に責任はついてくる。
当然のことだ。
しかし、思うように上手くいかない時、理解されない時は弱気にもなる。
本人に聞いても「そんなことはありません!」と断言するだろうが、人はそんなに強くないはず。
それでも逃げずに立ち向かう。
理由なんてどうでもいい。
それが仕事だから、責任だから逃げない。
その姿には素直に感銘を受ける。

大袈裟にいえば、このクレドもそれに近いのかもしれない。
大袈裟にいえばだけど・・・。

今は過去にないほどの厳しい状況。
リーマンショックよりもその厳しさは増す可能性がある。
確かにリーマン時は、真摯に向き合い、工夫を積み重ね、
前向きに取り組み、それをやり遂げることに楽しみを見出してきた。

それで何とかなってきた。
当時はこのクレドはなかったが、乗り越えてきたから今がある。

今もそんな時だ。
先行きが見えない環境下で不安ばかりがよぎるのも事実。
だからこそ、楽しみを見出す必要がある。

やり遂げることに楽しみを見出すには時間がかかるだろう。
上手くいかないことも多いだろう。
しかし、諦めず取り組んでいく。
楽しむ姿勢で取り組んでいく。

今の状況とクレドを照らし合わせながら、改めてそんなことを感じた。
一人では越えられない困難も力を結束すれば越えられる。
それを信じて今は過ごすべき。

まずはコロナが収束するまで。
そして、収束してからも。
道のりは長いかもしれないが、力を合わせ臨んでいきたい。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その129

会社は在宅勤務になり、不要不急の外出はしてはなりません。
これからも伏見のお店は継続的に応援していきますが、しばらくは辛抱です。
食べ物ブログも別の形で伝える必要があるようです。

ちなみに今日紹介するお店は先週にお邪魔しました。
そこは理解をしてください。
これからの参考にして欲しいのです。

会社から北に向かい、長者町繊維街を歩きます。

しばらくすると看板が見え、そのビルを地下に入ります。
「オキナワAサインバーKOZA」に行ってきました。

ご記憶がある方もあるかとは思いますが、
こちらのお店は名大社の忘年会でお世話になってるライブハウス。
昨年は50周年記念祝賀会を行ったので使用していませんが、
それまでの3年間はこちらでお世話になりました。

毎年幹事を行う若手メンバーはオーナーの秋吉さんに親切にしてもらい、
おかげさまで好評な忘年会。
今年はまたお願いしたいですね。

今までは夜中心でしたが最近はランチにも力を入れています。
沖縄そばランチは500円と大変お値打ちです。
ワンコインで食べられるのは魅力的ですが、
ここは読者の皆さんにもオーナーさんにも見栄を張らなければなりません。

「すいません、ソーキそばランチをお願いします!」
カウンターで力強く注文します。
待つ間、ステージを眺めます。
忘年会時はここで歌ったり踊ったりクイズを行ったりといろんな催しをします。

この時は何故か「キャプテン翼」が流れていました。
ちょうど転校してきた時でした。
これからチームは強くなりますね。
そうこうするうちにお呼びが掛かりました。

ソーキそばランチ 800円

沖縄好きとしてはモーレツに食べたくなる時があります。
沖縄旅行の際は必ず食べますが、今年2月の訪問時はタイミングを逃してしまいました。
柔らかいソーキ肉がそばと上手くマッチします。
島とうがらしを少し垂らし味をピリッとさせます。

せっかくのなのでアップにしましょう。

伏見界隈には沖縄そばを食べさせるお店がないので、こちらの存在はありがたいです。
愛知県も非常事態宣言が発せられていますので、
しばらくは我慢の時期でしょうが頑張って欲しいですね。
アイデアマンなので、問題ないとは思いますが・・・。
応援もしていきます。

ごちそうさまでした。

しばらくスタッフブログを休みます

先週10日に愛知県の大村知事は非常事態宣言を発した。
それ以前から名古屋の街も人は少なかったが、この宣言により状態がよりはっきりした。
ニュースを見ると名古屋駅周辺も栄周辺も人はまばら。
少し前からすると信じられない光景。
この光景を早く終わらせなきゃいけない。

そのため名大社も今週より在宅勤務を実施。
セキュリティの問題で一部のメンバーは交代になるが、基本は自宅での勤務。
会社で顔を合わせながら仕事をするのが普通だった者は却って不安を感じるのかも。

しかし、今は実施していくことが大切。
気持ちを切り替え、新しい働き方に挑戦するつもりで臨んでもらいたい。
意外と効率的に仕事がはかどり、
アフターコロナの状況でも在宅勤務の方がよかったりして・・・。
そうだとしたらそう変化させるだけだね。

タイトルにあるようにスタッフブログを休むと書くと、
会社は大丈夫か?
スタッフは大丈夫か?
と思われる方も多いだろう。

きっぱりと言っておく。
会社は大丈夫です!

確かに僕らのようにリアルのイベントをメインで行う事業者が被る被害は大きい。
5月も転職フェアを中止にした。
これで2回連続の中止。
先日のコンドウのブログでもあったようにこれまで懸命に準備したことが無くなるのは大変辛い。
時間をかけて提案してきたことが無駄になってしまった。

トップとして責任を感じるし申し訳なくも思う。
やりきれないメンバーも多いだろう。
しかし、今は耐えなければならない。

この在宅勤務の時間を有効的に使うことが重要。
人材紹介のメンバーはこの機会をチャンスにしようと意気込んでいるし、
営業も新たな企画を生むための時間が十分に確保できるとプラスの見方もある。
やはり前向きにいこう!なのだ。
僕もちょこちょこオンラインでいろんなところに顔を出そうかな。

それでも当面は戸惑いもあるだろう。
これまでのスタッフブログは遊びネタやイベントのPRが多く、
どんな情報を出せばいいのかと悩んでしまうことも・・・。
変に誤解を生んでもいけないし。

そこで在宅勤務の期間はスタッフブロブを休むことにした。
再開はGW明けの予定。
楽しみにしていた方には申し訳ないが、ご理解いただきたい。

それに便乗して僕も休みたいところだが、そこはサボらず書いていく予定。
えっ、書くの?
ええ、まあ、今のところは・・・。

どうぞよろしくお願いします。

大林監督、逝く

映画界は悲しいニュースが続く。
昨日のブログは映画館のことだったが、今日は映画監督のこと。

昨日、亡くなられた大林宣彦監督は好きな監督だった。
僕ら世代で影響を受けた人は多い。
ちょうど高校、大学時代に「尾道三部作」が製作されたため、当時の映画ファンは引き込まれていった。
僕もその一人で、「時をかける少女」の原田知世や「さびしんぼう」の富田靖子には惚れた。
尾美としのりは今や土岐頼芸だしね(笑)。

「さびしんぼう」は僕の中では生涯作品ベスト5に入る映画。
何度観たか分からないくらい。
もう20数年は観てないけど・・・。

大学時代には彼女と尾道にも旅行に行き、オタクっぽくロケ地も回った。
きっと彼女は迷惑だっただろう(笑)。

当時は映画研究会に属しており、県内大学の映画研究会を集めて映画祭を開催。
僕は事務局の一人で映画祭の運営も担当していた。
その時にゲストとして招いたのも大林監督。

名古屋駅の新幹線の乗り場まで迎えに行き、一緒にタクシーに乗り会場まで向かった。
いつも奥さんが一緒でこの時も仲睦まじい姿を見せていた。
自主映画出身である大林監督は僕らの取り組みにも賛同してくれ、
格安な謝礼でこの映画祭にも協力してくれた。
一度しかお会いしていないが、TVで観るのと同じで優しい語り口で、とても温厚な方。
翌年招いた大島渚監督とは随分と印象が違った。
すいません・・・。

その時にいただいたサインは今でも大事に持っている。
今となっては大切な思い出。
未だに何が書いてるのかわからないけど・・・笑。

その後も「新・尾道三部作」など話題作を作り、学生時代ほどの熱はなかったが楽しませてもらった。
一昨年公開された「花筐/HANAGATAMI」は観よう観ようと思いながら、
168分という時間に恐れをなし観ていない。
最近はすっかりご無沙汰だし、これを機会に観なきゃいけない。

ある意味、僕の青春時代に大きな影響を与えてくれた一人。
大林監督のおかげで日本映画の魅力にはまっていったのも事実だし、
昔は作品をネタに飲みながら熱く語らせてもらった。

それも懐かしい。
また、作品を振り返りながら飲み会をやるのもいい。
今ならオンライン飲み会かな・・・。

これまで素晴らしい作品を残して頂き、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

映画館を守れ!

コロナの影響は様々な業界に影響を及ぼしている。
加えて先日の緊急事態宣言。
それによりさらに影響は大。

よそのことを心配している余裕はない。
我々、人材業界も状況は厳しく、明日、どうなるかは分からない。
内定取り消しであるとか解雇であるとか、
半年前には考えられなかったニュースが飛び込んでくる毎日。
この2ヶ月間で雇用環境は一気に変わった。
売り手市場という言葉がすでに懐かしいのかも・・・。

今日は自分たちの業界を嘆くのではなく、
タイトルにある通り、映画館の今後の行方。
映画コラムニストとして、そして一人の映画ファンとして、この状況は悲しい限り。

それは自分に対してもそう。
3月半ばにお邪魔して以来、映画館には行っていない。
守るとか守らないとかいう前に僕自身が行っていない。
映画館で映画を観ていないのだ。
最低でも月2本のノルマを課しているにも関わらず、今月はゼロ。
映画を語る会!の集いも延期になってしまったし・・・。

僕がよく通うミッドランドスクエアシネマはまだいい。
中日本興業は上場企業。
(学生時代、バイトしてたしね。)
そうでもないかな・・・。

一方で、一昨日の中日新聞に掲載されたシネマスコーレや
シネマテークらの名古屋のミニシアターの存在はどうか。
そもそも全然行っていないので何の説得力も持たないが、
瀕死の重傷をなんとかしてもらいたい。

こういった映画館が有望な映画監督を生み、目立たないが歴史に残る名作を上映してきた。
そうは言っても、ある意味、不要不急。
長い目で見ればかけがえのない存在だが、生活に影響は与えない。
では、放っておいてそれでいいのか。

そうじゃない。
不要不急の積み重ねが大きな財産となる。
だからこそ守らなければならない。

そんな時に映画研究会の先輩経営者が教えてくれた。
それがこちら
「ミニシアターを救え!」プロジェクト

「火口のふたり」の荒井晴彦監督や「万引き家族」の是枝裕和監督が呼びかけ人になっている。
映画コラムニストの端くれとして、少しばかり協力させてもらった。

僕の生活において映画は大切な存在。
シネコンを中心とした大手企業も大事だが、中小企業であるミニシアターも大事。
名大社も中小企業。

今こそ踏ん張らねばならない。
お互いに。

応援していこう。
そして、生き抜いていこう。
映画館も守っていきたい。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その128

そろそろ食べ物ブログも週1回に戻したいところですが、そんなわけにはいかないようです。

最近はすっかり飲み会が減りました。
今週は一度も飲みに行く予定はありません。来週もありません。
これまでの生活では考えにくいですが、心苦しいと思うのも正直なところ。

僕が飲みに行くからといって、伏見のお店が潤うわけではありませんが、
少しばかりは協力したい。
しかし、極力我慢もしないと・・・。

そんな日々を送っています。
その分、昼食は周りに気をつけながら、できるだけ外で食べるようにしています。
人気食べ物ブロガーは基本ひとりで食べています。

いつのまにか木曜日は麺類シリーズになってしまいました。
会社から栄方面に向かいます。
以前、あった百貨店丸栄も最早懐かしい。
その近くにある「長崎ちゃんぽん たなべ」さんに行ってきました。

学生時代、丸栄でのバイトが終わるとちょくちょくお邪魔していました。
その時はちゃんぽんだけでは足らず、必ずライスも注文。
その記憶は何故か残っています。

ここ最近はこちらではなくウインクあいちの地下にあるお店にお邪魔することがほとんど。
その場合、ほぼ100%の割合で皿うどんを注文します。

このように置いてあるチューブのからしをたっぷりつけて食べると皿うどんは絶品です。

しかし、今回は新たな分野にチャレンジ。
ジャーン!
カレー皿うどん 850円

あまりよく分からない?
見た目は普通の皿うどんとそんなには変わりません。
しかし、味はしっかりとカレー味。
からしをたっぷりつける必要はありません。

「お~、いいぞ、この感じ。なかなかやるじゃないか!」
その味を堪能します。

以前から知った顔をしていますが、
な、な、なんと、人気食べ物ブロガーは初めてカレー皿うどんを食べるのでした。
それは某新聞に紹介されたのがキッカケではありません。
昔から関心はあったのです。

でも、頼むのはいつも皿うどんかちゃんぽん。
大きな理由は・・・。

とってもセコイですが、その金額。
カレー皿うどんは50円高いのです。
その料金差にいつも悩んでしまうのでした。

しかし、これからはもう迷いません。
カレー皿うどんの魅力もよく分かりました。
皿うどんと交互に注文する技を多用します。

野菜もたっぷりでいいですね。
ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その127

ここ最近、毎週水曜日は豪華路線で攻めてきました。
自ら無理を強いることで街が少しでも元気になればと懸命に頑張ってきました。
それは継続しなければなりません。

人気食べ物ブロガーとして、その路線を貫くのです。
だから、今週も勝負、
お邪魔したのはお寿司屋さん。

いいでしょう、このそれらしい感じ。

伏見駅から西に向かったすぐにある「田中寿し 本店」さんに行ってきました。
お昼からお寿司なんて中々行くことはできません。
余裕な表情でお店に入りたいところですが、
実はお店の前にはこんな看板があるのです。

お邪魔した日は、金曜日です。
じっと看板を見つめてください。

サービスデーで全品820円なのです。
それも税込みです。
ランチメニューは10種類。

何を注文するかは迷います。
いやいや、全然、迷いません。
寿司やちらし寿司や唐揚げ定食は頼みません。

それはなぜか・・・。
理由は簡単、全て850円だからです。
金曜日は全品820円。

確かにお値打ちですが、それは30円のお徳。
賢いお客さんはしっかりと考えます。

人気食べ物ブロガーはじっくりと店内を見渡します。
しばらくすると傾向が分かってきました。
注文はほぼ3種類に分かれます。

7割が寿司大盛り、2割が海鮮丼、残りの1割をヒレカツ巻きと他のメニュー諸々になります。
誰もが納得できる割合です。

普段は寿司大盛り1050円、海鮮丼1000円、ヒレカツ巻き1050円。
よ~く、お店の看板を見てください。
お客さんは理解しているのです。
ということはお店も理解しています。

お寿司大盛りはあっという間で出されます。
一定量は握ってあるのでしょう。
人気食べ物ブロガーは見逃しません。

海鮮丼 1000円⇒820円

この素晴らしい選択を褒めてもらえないでしょうか?

味噌汁も小鉢?も漬物も付いてきます。

このお値打ち感はなかなかいいじゃないですか。
まぐろ、サーモン、海老、ホタテ、いか、
見えないでしょうがホタルイカも入っています。
時折とろろをまぶしながら食べるのも乙なものです。

これも豪華なランチ。
ごちそうさまでした。
次回はやっぱりお寿司大盛りですね。

映画「復活の日」

Amazonプライムをチェックしていたら、いきなりドーンと表示された。

この作品を観たのは、確か中学生?高校生?の頃。
映画館ではなくTVで。
当時の土曜ロードショーあたりじゃないかな・・・。

ほとんど記憶はない。
最後は感動的に終わったというくらい。

公開は今から40年前。
映像や題字からは歴史を感じるが、その壮大さは当時の角川映画の勢いを感じさせる。
莫大な費用がかかったことも。
無駄に全世界ロケをしている気もするが、昨今の恐ろしさを思うと納得感は強い。

本作は盗まれた新種のウイルスが事故により拡散することから始まる。
当初はイタリア風邪として対処していたが、
(ウイルス発祥と関係ないイタリアは災難だな・・・)
全世界に広がり猛威を振るう。
まるで連日放送される新型コロナウイルスの感染拡大のニュースのように。

死者は増え続け病院も機能せず、瞬く間に国が滅んでいく。
映画では数か月単位で進んでいったが、
それは現実問題として今年の3月を断片的に描いていると思うのは大袈裟か。
映画を観ながら現実とオーバーラップさせてしまう。
それがAmazonプライムの狙い?

当時はただのSF映画ぐらいに捉えていたが、
いや、本作を半年前に観ても同じ感想を持っただろう。
緒形拳扮する医者が激務の中、
自らも倒れていくシーンは今まさに世界のどこかで起きている。

人間の無力さを感じるところ。
情報技術も医療技術も現代とは違いはあれど、
根本的なことは変わらないのかもしれない。

映画では経済が破綻するとか、政府の支援がどうという余裕なく、
南極を除く全人類が滅亡。
それはあくまでも映画の世界。
あくまでも映画の世界だが、映画目線で生活することが求められるのかもしれない。

いかん、何だか暗い話ばかりになってしまった。
そうはいっても本作はSF娯楽作品。
かなり無理な設定であり得ない描き方もあるが、そこも楽しむことができる。

監督は今は亡き深作欣二氏。
そして、主役は草刈正雄氏。
若くてカッコいい。
昔はただの二枚目俳優。
今は味のある役者さんだけど・・・。
こんな変化はいい。

たまには昔の映画を観るのもいい。
案外、今の社会を予測して描いている作品が多かったり。
身につまされる作品だった。

4 / 2531234567...最後 »