前向きに行こう!名大社社長ブログ

2021年10月の記事一覧:

仕事と人生に効く教養としての映画

なかなかいいタイトルである。
このようは書籍が発行されると僕の普段の行いも肯定的に見られるんじゃないかな。
映画コラムニストは実際の仕事にも役に立っているんだと。
それも人生にいい影響を与えているんだと。

僕は近い将来、映画とキャリアを結びつけるような役割も担っていきたいと考えるが、
本書の存在が後押ししてくれることにもなるかもね。
いろんな視点で捉えることで映画は人生に役立つ重要なコンテンツ。
それも証明できるだろう。

自ら映画コラムニストを名乗りエラそうなブログを書いているが、
本書を読むと、まだ映画に関する知識も見方も足りないのがよく分かる。
所詮、自称に過ぎず、所詮、素人。
もっと深い視点で映画を観ないと作品の持つ本来の魅力を理解することはできない。

一つの作品を1回観るだけでは理解不足。
何度か観ることにより、ようやく納得の範囲内に収まる。
もしくは集中力を3倍にして、すべてのセリフ、すべてのカット、
その繋がりの意味を理解しないといけない。

映画は楽しむものであると同時に考えを深めるものでもある。
そこで初めて教養が身につくといえるのだろう。
そう考えると映画のハードルが一気に上がってしまうので、それを中和するのが僕の役割。
ほんまかいな・・・。

本書には映画の効用、映画の歴史、日本の古典映画の評価の高さ、絵画としての視点など、
僕が思いもつかないような切り口で迫ってくる。
だからこそ新しい発見と驚きがあり、未熟さを痛感することにもなった。

例えば小津安二郎監督の描く世界について。
世界的に評価の高い小津監督が何を真実として訴えかけようとしているのか、
ぼーっと観るだけでは何一つ理解できない。
ローアングルでカメラを固定した撮影法は僕でも語れることではあるが、
そこに秘められたメッセージは何か。
似たようなカットをワザと前後で映す意味とは何か。
そんなことを考え観たことはない。

「東京物語」が「史上最も偉大な映画」歴代ランキングに常にランクインしているのは
海外の批評家がそこを読み切っているせいもあるのだろう。
アマゾンプライムのウオッチリストに入ったままの状態から出すいいキッカケかもしれない。

いずれ小津作品には向き合おうと思っているし。
学生時代観た時はあまり面白いとも感じなかったし。
それなりに年齢を重ね教養も身につき、
(えっ、身についてない?)
鑑賞能力も上がっているはず。

最近でいえば「ボヘミアン・ラプソディー」の噓のテクニックを言及していたり。
観る側は上手くコントロールされているんだと・・・。

著者は観た映画のアウトプットの重要性も語っている。
僕がその都度、ブログにまとめるのも間違ってはいない。
むしろいい人生を送るために必要なこと。

本書を読んでちょっと自信はついたね。
まだまだ足りない点は大いに認めるけど。
個人的に十分楽しめる書籍でした。

食べ物のはなし 番外編 カレーうどん

今回は伏見を離れます。
かといって遠出するわけではありません。
伏見から地下鉄鶴舞線で3区間、鶴舞駅になります。

駅名は「つるまい」ですが隣接する鶴舞公園は「つるまこうえん」と呼びます。
名古屋人にとっては当たり前かもしれませんが、まだ「つるまいこうえん」と呼ぶ方は多いでしょう。
近くの鶴舞小学校も「つるましょうがっこう」と呼ぶようです。
歴史的観点がありますが、どっちかに統一した方がいいと思うのは人気食べ物ブロガーだけでしょうか。

その鶴舞駅から徒歩5分ほどの場所に昔から有名なうどん屋さんがあります。
そうです。
「つる岡」さんに行ってきました。

つる岡さんのつるは鶴舞と関係あるのでしょうか。
人気ブロガー調べでは何も判明できませんでした。

こちらは食べログが一般的になる前からも人気店として名が知れ渡っています。
近くのエフエム愛知がありタレントやミュージシャンが美味さを伝えた影響もあるでしょう。
店内には多くのサインも飾ってあります。

以前、FM番組を持っていた時には局に頻繁にお邪魔していましたが、
こちらのお店に連れてきてもらった経験は一度もありません。
ひがんでいるのではありません。
何しろ朝の収録でしたので・・・。
決してひがんでいるわけではありません。

お邪魔したのは13時。
ピークを越えた時間でもまだ待ち客は数名あり、人気の高さが伺えます。
しばらく待ち、親切な接客を受け席に着きます。
ここは一番人気メニューを注文すべきでしょう。

磯あげカレーうどん 1160円

濃厚なカレーの上に揚げたての磯あげが4個乗っています。
アップにしてみましょう。

さほど変わりませんでした。

こちらのカレーうどんはかなり濃厚でうまい具合にうどんに絡みます。
通常、カレーうどんを注文する時はご飯も欲しくなります。
こちらもそんな気になりますが、かなりのボリューム。
初心者は止めておいたほうがいいのかもしれません。

カレーうどんを食べる際に心配になるのが、つゆが飛びシャツにつくこと。
人に会う場合はかなり気を付けなければなりません。
最近は紙エプロンを用紙してくれるお店も増えました。

紙エプロンをお願いしようかと思い、ふと壁を見るとこんな張り紙が・・・。

小心者の食べ物ブロガーは注文することができませんでした。
いずれ50円玉を差し出し「釣りは要らねーぜ」と大きく見栄を張れる人物になりたいものです。

やはり長年、名古屋で人気店の名を守り続ける存在感は十分に窺えます。
驕った態度も一切ありません。
またの機会にお邪魔したいですね。

ごちそうさまでした。
次は紙エプロンも注文します。

採用エンゲージメントカンファレンス 無事終了!

先週、金曜日は株式会社パフと名大社の共同セミナー「採用エンゲージメントカンファレンス」を開催。
正式には採用エンゲージメント® カンファレンス。
我々で採用エンゲージメントというワードの商標を取得している。

エンゲージメントの取り組みは浸透し言葉も一般化してきた。
それは入社後の組織と人の関係性を表したものだが、我々はそれを採用の現場にも適応させ、
採用エンゲージメントとして新しい指標を作ることとした。

まだ、完璧ではないが、その考え方を知ってもらう目的と
「定着と活躍」のためにどう採用を行うかをテーマに3部構成での開催。
当日は人事担当中心に70名を超える方に参加頂いた。

パフと名大社共同のオンラインセミナーは初めてのため、開始前は程よい緊張感。

司会はシバサキ。
オープニングはニムラの「採用エンゲージメント」の説明。

ニムラは最近セミナー慣れしてきているが、今回はいつものノリに比べると少々固かった。
それでもスライドは格段に腕を上げ、分かりやすい説明。
ジョブスタイルとカルチャーに関して求職者と企業がどう価値観を擦り合わせていくか。
あえてお互い合わないことを事前に理解することでフィット感を高めていく。
データを活用しながら、そんな話をしてくれた。

参考になったが、ニムラはあくまでも前座。
株式会社ビジネスリサーチラボ代表の伊達洋駆氏の講演と
その後のスペシャルゲストAlmoha LLC 共同創業者唐澤俊輔氏とのパネルディスカッションがメイン。
そのためにニムラは場を温める係だったが、期待以上の成果だった。

伊達さんは我々のプロジェクトに当初から加わって頂き、
データを活用しながら学術的な視点で採用エンゲージメントの重要性がテーマ。
「オンライン採用」という著書は以前のブログでも紹介している。

第2部は伊達さんの講演。

内容はスライドにある通り。
ニムラの内容をより深堀し、カルチャー、ジョブスタイルの7モデルについて詳しく説明してもらった。
ブログでは明かすことはできないが、これが双方にとって重要。
事前に学生と企業にアンケートを取り、その結果からも双方のギャップや
フィット感を理解する重要なキーワードも見えてきた。
ある程度の段階になったら、大々的にリリースするかな・・・。

第3部のパネルディスカッションも盛り上がった。
共同プロジェクトの重要な役割を担うマッピーも登場。

パフの吉川社長がモデレーターとなり、特別参加の唐澤さんと伊達さんとのセッション。
唐澤さんが昨年出版した「カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方」
僕も大いに参考になった書籍で、採用エンゲージメントの参考になる面が多い。
最近はデジタル庁での仕事もあり、苦労されながら関係性をよくするための取り組みをされている。

何をトップダウンで行い、何を全員で作っていくか。
そのためにどう定義を言語化させるか。
フィットとという耳障りのいい言葉をどこまで具体化していくか。
ここでの話も共有できないことが多いが、参加された方はかなり参考になったと思う。
僕自身も自社の課題と過去の反省がはっきりと分かったり・・・。

全ての質問に答えられなかったのは申し訳ないが、初めての取り組みとして大きな手応えを感じた。
採用の現場は今後、益々、混とんとしてくるだろう。
そんな時に採用エンゲージメントの果たす役割は間違いなく大きくなる。
これからを期待してもらいたい。

まずはお疲れ様でした。
また、ご参加頂いた方、ご協力頂いた方、ありがとうございました。

ちなみに僕は主催者ぶっていただけで何もしてません。
すいません(汗)。

映画「コレクティブ 国家の嘘」

まるで映画だ。
出演者はなんて上手いんだ・・・。
観終わった後、そんなことを感じてしまった。
いや、厳密にいえば映画が進行中にそんなことを感じてしまった。

一体、何わけ分からないこと言ってるの?
と思う方が大半だろう。

本作はドキュメンタリー作品。
演出された作品ではない。
しかし、僕がこれまで観てきたドキュメンタリーとは一線を画すというか、
全く違う世界を見ているよう。

一般的にドキュメンタリーは撮影は同時進行でありながらも、それを補足するナレーションが入る。
時にそのナレーションがドキュメンタリーの出来を左右する。
何を語るか、どんなメッセージを送るかが作品の力となる。

本作はそれが一切ない。
ナレーションが一切ないのだ。

当事者を正面から捉え、そこに何かを加えることなく真摯に映し出している。
観る者は映画のシーンと錯覚する。
その表情、その言葉、その動き、完璧な演出と感じたのは僕だけではないはず。

出演者が上手いというのはカメラを意識することなく、
(多少は意識しているだろうが)
ありのままを語っているからだ。

ここに描かれている世界は現実。
とてつもなく恐ろしい現実。
テロ集団が誰かを攻撃しようとしているのではない。
小さな殺人事件を追っかけているのではない。

ルーマニアという国の暗部を真正面からあぶり出している。
思わず息をつく。
思わず唖然とする。
これが現実か・・・。

これが映画なら、「何やってんだ!!」と客観的に怒りがこみ上げる。
しかし、同時進行で進むある種のストーリーは恐ろしさがつきまとう。
このままスポイルされてしまうのではないか。
それを匂わせるシーンもある。

同時に感動が身を包む。
恐れをなさない新聞記者、自らの行動を信じる新大臣、大きな敵に立ち向かう医師。
彼らの動きが感動を生み、勇気ある行動を促す。

その正義で正すことができればハッピーエンドで終わるが、簡単に国が変わることはない。
やはり映画とは異なる。
こんな深刻な国があるんだと悲観的になるが、極端なケースといえるだけ。

果たして自分たちはどうなんだろう。
ルーマニアは若者の投票率は5~10%。
国に何も期待していないのかもしれない。

さて、我が国は・・・。
新政権発足、総選挙の時期にこの作品が公開されるのは大きな意味があるのかもしれない。

どちらも地域を盛り上げる

緊急事態宣言が解除され、徐々に以前のような生活に戻りつつある。
外に出て勝負するタイプとしては、そんな日常がありがたいし喜ばしい。
このままコロナが収束してくれるといいのだが・・・。
それは甘いかな?

僕が所属する団体の行事も感染対策を取りながらも通常通りになってきた。
今週火曜はクラブ愛知例会、水曜は那古野塾が開催された。
共に出席し会員と情報交換を図るとともに勉強もさせてもらった。

クラブ愛知例会の講師は愛知大学地域政策学部教授の戸田敏行氏。

僕のことも覚えて頂いており光栄。
やっぱ活躍するOBなんだ(笑)。

それはさておき、今回のテーマは大学のブランディング。
今後、私立大学は独自色を大きく打ち出し、そのための研究も行わなければならない。
取り組みの一つに「越境地域マネジメント研究」というものがあり、
地域の自治体、商工会議所、信用金庫等と連携を取り活性化を図ることがあげられる。

現在、大学では三遠南信地域と名古屋都市圏を結びつけるための様々な試みを行う。
三遠南信地域とは東三河、遠州、南信州で愛知、静岡、長野の県をまたぐもの。
越境地域政策は地域空間の越境、地域システムの越境、地域主体の越境から構成され、
縮小する地域社会を発展させようという。
これも大学のブランディングに一環であり、愛知大学だから対応できる研究があるようだ。

これも果たすべき役割なんだね。
これはスケール大きい話だが、それ以外にも様々な地域連携の話を聞かせて頂いた。
母校とはいえ知らないことばかりで、う~んと唸ってしまった。

那古野塾では名古屋の老舗料亭つたも会長深田正雄氏の講話。

深田会長は名古屋では知らない人がいないくらいの方。
特に栄地域に関して造詣が深く、「住吉の語りべ」を最近発刊された。
今回はその記念講演でもあり、栄地区、住吉地区の歴史を語られた。

それは紫式部の頃から江戸時代の博徒の活動、バブル期、最近の再開発まで長きにわたる内容。
詳しい内容は著書に書かれているが、今回は本には書けないマル秘の話を数多く聞かせて頂いた。
そのためブログでも披露はできないが、会社から歩いて数分の地域について理解が深まった。
すごい歴史が詰まっている街なんですね。
深田さんの話しぶりはさすがで、2時間でも3時間でも伺っていたい。

講演の途中からはつたもさんの美味しい料理とお酒を頂きながら伺うことに。
幼少の頃からこんな食事をされていたなんて・・・。
こんな街のど真ん中で育つと培われる人間性も僕とは全く異なるね。

とりとめのないブログになってしまったが、
今週はこの中部エリア活性化の取り組みから栄の歴史まで学ぶ機会を頂いた。
これも日常が戻りつつある証。

朝も夜もいい勉強になりました。
ありがとうございました。

タイムズ 「未来の分岐点」をどう生きるか

少し前にfacebookでも話題になっていたので、手に取った一冊。
真山氏といえば今年やたら分厚い「ロッキード」を読み、ノンフィクション作家としての力量を知った。
ただ僕の中にあるには「ハゲタカ」。
ドラマ「ハゲタカ」を観てから原作を読んだのだが、こちらはすこぶる面白かった。
ファンドに関しての拙い知識はドラマと小説で身に付けたといっていい。

水戸の師匠を真似るわけではないが、僕が好きな小説家も真山氏と池井戸潤氏くらい。
そろそろもう少し人間的幅を広げたいが、まだまだ時間は掛かりそう。
真山氏もかなり積読状態だし・・・。

本書は2019年から朝日新聞に連載された記事をまとめたもの。
全19章で構成され約2年近い連載。
「へ~、新聞記事も書くんだ・・・」
と一瞬、愚かな発言をしそうになったが、真山氏は元々、読売新聞の記者。

当たり前の話。
それも中部読売新聞に在籍されていたので名古屋周辺の取材も多かったのだろう。
どっかでお会いしてたりして(笑)。

テーマは年号の改元からゴーン問題、働き方改革、東京五輪、新型コロナと時代と共に移っていく。
過去の話ではなく同時進行でその時々の事象に関して著者の考えが披露されるわけだが、
それぞれの章で執筆後記が書かれ、その比較が興味深い。

特に東京五輪については開催される前の著者の意見と延期になった時の意見、
そして延期後迎えた時の意見と環境が大きく変化する中で世の在り方を問うている。
コロナ禍での開催であろうとなかろうと真山氏の意見は概ね一貫している。

意見を聞いたことはないが、沢木耕太郎氏に近いのではないだろうか。
ノンフィクション作家と小説家の違いはあるにせよ、世の中の見方は共通しているように思える。
「正しさ」を暴走させない視点に同じ価値観を感じたり・・・。
僕が勝手に思っているだけだが、その分、ストンと腹落ちすることが多かった。

個人的には第11章の「タワマンの未来」が胸に迫ってきた。
数年前まで首都圏のタワーマンションのセールスが僕の元にもやってきた。
住まいを構えるよりは投機に近いと思うが、これも考えもの。
数年で転売するならともかく長い所有は禁物かも。
マンション販売者は自分では絶対に購入しないというし、リスクが相当高いようだ。

「いまニュータウンで起きている問題は、タワーマンションがいずれ辿る道かもしれない」
と専門家はいう。
極端にいえば「スラム化」へ向かう。
修繕だとか管理だとか考えれば、誰が住んでいるのかも知っておかなきゃいけない。
分かりようはないが・・・。

これは一つの例だが、真山氏は様々は事象に対し問題提起をする。
すべて身近な問題であり、自分の未来に繋がる話。
知らぬ存ぜぬでは許されないし、逃げることもできない。

そう思うとやはり「言葉」は重要。
何を発するかでこちら側の問題意識も変わる。
小説を読んで一喜一憂するだけではいけない。

現実をもっと視る必要性を教えてもらった気がした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その197

緊急事態宣言は解除されましたが、先週は静かな一週間でした。
今週からぼちぼち予定が入り、来週はめまぐるしい日々になりそうです。
体が素直に反応しているのでしょう。

先週は静かに過ごしましたが、どうやら体は正直なようです。
昼間ではありますが、気が付くと錦三丁目にたどり着いていました。

ふと目を横にやると気になる看板があります。
誘われるまま新錦ビルの地下に向かいます。
夜にはこのあたりのお店も賑わいを見せていくのでしょう。

ちなみに行ったことあるお店はありません。
奥に構える「美波」さんに入りました。

美波と聞いて、ピーンときた方も多いでしょう。
映画「MINAMATA」でジョニー・デップの相手アイリーン役の女優さんです。
これからきっと日本でもブレイクするんじゃないでしょうか。
これも運命的な出会いのような気がしてなりません。

メニューを眺めます。
この場所にしてはかなりお値打ち。
かしわ御膳580円、豚汁御膳630円とビジネスマンが喜びそうな価格帯です。

しかし、ここは人気食べ物ブロガー、美波さんを前にいい格好をしなければなりません。
「すいません、おまかせ御膳をお願いします!」
オーダーに来られた方は美波さんに似ても似つかないおばさんでした・・・。
まあ、物事にはステップが必要です。

おまかせ御膳 880円

メインは豚天。
そしてマグロ山かけ、小鉢が並びます。
みそ汁もいい出汁が出ています。

豚天にはからし醤油。

久しぶりに味わいます。
「いいぞ、いいぞ、この感じ」
一人で納得し平らげます。

店内を見渡すとあちこちに張り紙が貼っています。

日本酒の種類が多く、それもお値打ちに飲ませてくれるようです。
「まいったなあ~、美波さんはオレを誘っているのか」
またまた一人で勝手に納得します。

いいお店を発見しました。
やはり嗅覚は大切ですね。

ごちそうさまでした。
夜には美波さんのような女将さんが相手してくれるのでしょうか。
近々、お邪魔しなきゃいけませんね。

名大社のミライを考えるカイギ

先週火曜日は午後の時間を丸っと使って「名大社のミライを考えるカイギ」。
例年であれば幹部研修会と称し、半期に一度、役職者が集まり会議を行っていた。
半期、通期を振り返り、今後の計画について喧々諤々と行っていた。
土曜日を一日使って行うことも多かったが、
働き方改革もあるので、ここ1~2年は平日にシフトし話し合い。

山田体制になって12年目。
そろそろこのやり方も見直した方がいい。
いつまでもこちら主導でやっても、あまり未来は感じない。
4月から組織を大きく変え、役職に変わるグレードも浸透してきたため、この会議も大幅に変更。

それが「名大社のミライを考えるカイギ」。
G3以上のグレードが集まって、ビジネスモデル論と組織のつくり方論を話し合う。
G3というのは一般企業にあてはめるとサブリーダー。

事前にこんな案内を提供し、全社員にも意見を求めた。
これはニシダが作成し、当日のファシリテーターも彼女が行った。
まあまあ大変だったね。
お疲れ様でした。

この会議では基本的に経営陣は発言しない。
冒頭に僕が10分、タカイが15分、歴史や業績の推移、今後の計画を話をしただけ。
あとはマスクに×マークを付けられ、意見を求められた時しか発言してはならない。
タカイは我慢しきれずに喋っちゃったけどね(笑)。

その方が各自意見も出しやすいし、その中でまとまる内容も多い。
主体性を求めながらそれを塞いでいたのはむしろ経営陣かもしれないと反省。

G3からG5までが未来の名大社について語り合った。
現在のビジネスモデルをどう変えていくか、
ベテラン、中堅、若手のコミュニケーションをどう図っていくか、
部門間の相互理解をどこまで進めるか、
そもそも名大社スタンダードとは何か?
など現状の課題を再定義しながら、話し合いは進んでいった。

あくまで僕は見ているだけ。
行ったり来たりする場面もあるがそれでいい。

ある意味、新しい幹部会議はこの日がスタート。
最初から全てスムーズいくことなんて稀。
どんな意見を言ってもいい。
それについて否定はしない。

お互いの考えを素直に語り、名大社を自分事として捉えていく。
誰しも会社をよくしたいと思っているのは事実。
それを待っているのではなく、自分たちの力でよくしていく。
建設的な意見が中心で、いくつかのNextStepが明確になったのも良かった。
そして、手を挙げたメンバーがそれをまとめることに・・・。

この4時間だけでいい流れができたんじゃないのかな。
僕は後方席に陣取りながら温かく見守っていただけだが、それでも結構疲れるもの。
それはそれだけ集中していたから。
適度な緊張感の中で有意義な議論ができた。

名大社のミライを作ることは同時に業績も上げていくこと。
価値がなければ業績もあがらない。
そのために事業と組織を上手く回す。

これからを期待していきたいね。

映画「空白」

冒頭の漁のシーン。
どこの海だろう?と考えながら映画は始まった。
しばらくして主役古田新太が運転する車は豊橋ナンバー。
そこが蒲郡であるのが後で分かった。

娘が通学で歩いていたのも三河湾。
注目していた映画だが、全編蒲郡ロケとは知らなかった。
実在するスーパーは浜松みたいだけど・・・。

最近、蒲郡ロケの映画って多いよね。
あんなふうに漁港が取り上げられるのもいい。
いいぞ、愛知県!

と気軽なノリでスタートしたブログだが、
映画はとことん重い。そして辛い。

ここに悪人は誰も登場しないが、全員が悪人にも思える。
誰にも希望が見えない。
どうしよもなく救いようがない気持ちになるが、そこは吉田監督の人間性か。
園子温監督とは違う。
いい意味で裏切られるんじゃないかな。

ここ最近、観た映画やドラマは全て正しさがつきまとう。
今秋は「正しさ強化月間」でも敷いているのだろうか。
そんなふうに思ってしまう。

「しんがり」「由宇子の天秤」「MINAMATA」も正しさとは何かを求めていた。
そして、本作も見せ方は違うにせよ、正しさとは何かを求めている。
実に面倒な時代だと感じると共に、
目の前で起き得る可能性の中でどう判断するか?を突きつけられる。

どんな状況であれ、逃げられない状況に追い込まれて。
自分が原因ではない。
巻き込まれている人物に過ぎない。
被害者といっても間違いではない。
しかし、加害者として捉えるのが一般的な見方。

どちらの立場に立っても自分を維持することができるか。
自分の中の正しさを貫くことができるか。
吉田監督は観る者に答えを委ねる。
決して楽しい映画ではないが、どんどん深みにはまる。

目を背くことなく観なきゃいけない。
そんな作品なんだろうね。
いかん、こんなブログではお客さんを増やせないな・・・。

それにしてもマスコミの描き方は酷い。
少なからず事実を含んでいると思うが、これが本当だとすればマスゴミだ。
無責任な人間が一番強いというのはやはりおかしい。
吉田監督はマスコミに恨みがあるのかもしれないけど。

本作は役者陣も光る。
モンスター親父の古田新太はそのまんまだが、スーパー店長松坂桃李もはまり役。
「孤狼の血LEVEL2」と比較すると彼の今後はより楽しみ。
寺島しのぶの嫌みな正義感も良かった。

あとは個人的には野村麻純の動揺と懸命さ。
彼女は可哀そうだった。
あんなふうにしちゃダメだね。
と、またまた映画を理解できないブログになってしまった。

こちらもこの秋、観るべき一本。
そろそろ「正しさ強化月間」は終わりにしたいけど。

酒と作家と銀座

ただタイトルに惹かれて買った書籍。
街で飲み歩く日が無くなったので体が勝手に反応した。
(これからは違うけど・・・)
そんな読者も多いんじゃないかな。
いやいや、そんな読者はいません(笑)。

銀座で43年間、文壇バーを経営するママが書いたエッセイ。
たまにはこんな分野を読むのも普段飲まない酒を飲むようでいい。

文壇バーといっても要はクラブ。
そこに集まるお客さんが著名な作家なのでそんな呼び方が相応しい。
銀座の文壇バーで飲むことには憧れるので、銀座を制覇するT社長に連れてってもらいたい(笑)。

リリーフランキーがパーソナリティを務めるラジオ番組とは装いは違うだろうね。
僕はあれくらいの敷居で十分だけど・・・。

多少なりとも憧れがあるが、その分野が得意かといえばそうではない。
名古屋でいえば錦三丁目がそれにあたると思うが、もう1年ほど行っていない。
あれっ、4月に行ったかな・・・。
いや、先々週?
ただ行っていないに等しい。

社長になり付き合う方の幅が広がり、一時期は頻繁に錦のクラブにもお邪魔したが、
いつまで経っても慣れないのが正直なところ。
かなり見栄を張るし、反対にこちらが気を遣ってしまうので、
それなりに楽しんでも後で結構疲れたりする。
懐も痛むし・・・。
そんな嗜みも経営者として必要だろうが、むしろ静かなBARでゆったりと飲む方がいい。
隣に女性が座る必要はない。

しかし、本書を読む限り著名人は華やかな雰囲気の方がいいようだ。
ゴージャスな高級クラブではなく、落ち着きを保ち華やかさも残しながら。
それが本書に登場する文壇バー「ザボン」。
写真だけでは分かりにくいがそんな派手さはないし。

ここに来られるのが業界で認められた証にもなるんだろう。
錦にもそんな店があるような・・・。

本書には多くの作家の振る舞いを紹介している。
ママとの付き合いで了解を得てはいるだろうが、きわどい話も多い。
まあ、酔った勢いでOKを出したケースもあるだろう・・・。

破天荒な作家ならまだしも、半藤一利氏のような硬派な作家もここでは乱れる。
乱れるという表現は適切ではないが、柔軟な人間性を示す。
そんな寛げる場なんだろうね。

常連作家が本書で特別寄稿を贈るくらいだがら、
水口ママは本当に愛されているキャラ。
店を続ける苦労もさらりと書いているが、
銀座で40年以上この世界で生きるのは並大抵の努力ではないはず。
切った張ったで乗り越えた経験も多いと思う。

それだけでも尊敬に値する。
そう考えるとそんなお店に通うのも悪くはない。
僕もいずれ「よっ!」と一人で寄れる店も現れるのだろうか。
居酒屋やBARじゃなくてね。