これからも前向きに 名大社会長ブログ

カテゴリ「本を読む 映画を観る」の記事一覧:

映画「人間の境界」

これは映画か、ドキュメンタリーか。
観ながら迷う。
これは演出なのか、リアルを描いているのか。
観ながら悩む。

実際に起きている問題を真正面から捉えているのはよく分かる。
そして胸が締め付けられる。
「マリウポリの20日間」も気になったが、今回は本作を選択。
描かれる世界は近しい。

「マリウポリの20日間」はロシアによるウクライナ侵攻から
マリウポリ壊滅までの20日間を記録したドキュメンタリー。
知っておくべき事実だが、日々の報道で近い状況は把握できる。

しかし、本作は知らない世界。
ウクライナの隣国のベラルーシとポーランドが舞台。
このあたりの国同士の関係はややこしい。
世界情勢に疎い僕は映画を観て、その辛い事実を知ることとなる。

シリアやアフガンからの難民は
「ベラルーシを経由してポーランドの国境を渡れば、安全にヨーロッパに入ることができる」
という情報が流れているという。

しかし、実際は・・・。
亡命を求めて国を出た家族は想像を絶する世界へ引き込まれる。
亡命なんてしない方がいいのか、
それでも亡命をした方がいいのか。

平和ボケした僕には分からない。
分かることといえば、島国日本がいかに平和かということ。
「退職代行サービス」を使って退職なんて、安定した国だからできる。

明日の生活も予測できない。
生きているのかも分からない。
ベラルーシを追い出されポーランドに送り込まれる。
ポーランドから追い返されベラルーシに戻る。
その繰り返し。

国のトップが現れることはない。
前線に立つ国境警備隊を感情的に黙々と仕事をする。
人への優しさは無用。
自分たちに不利が起きない行動をするだけ。

観ていて辛い。
子供や妊婦にも容赦しない。
それを正そうとする支援活動家。
その力は小さく、権力に押し潰される。
これが国の実情なのか・・・。

こんな作品を観て、いつも感じる。
被害に遭うのは普通の人たち。
幸せを求めるだけで危害を加えることはない。

僕らは日々、いろんなニュースを目にするが、こんな事実は知らない。
どこかの国の大統領だか首相だかの正論を聞かされるだけ。
この作品を観ろよ!と思ってしまう。
何も感じないか(汗)。

今年は愚かな人間の行動を描く辛い作品が多い。
そんな作品から目を背けてはいけない。
それくらいしかできない。

多くの方に観てほしいと思う。

映画「Ryuichi Sakamoto | Opus」

TVではなく映画館で上映する意味はなんだろう?
と思いながら劇場に足を運んだ。
事前情報を入れずに映画を観たが、映画館での上映の意味が徐々に分かってきた。

僕は坂本龍一氏の最後のコンサートを追ったドキュメンタリーと思い込んでいた。
完全な勘違い。
映画館はイオンシネマ。
普段は80席程度の小さなシアターが多いが、本作は400名弱の席数。
そのシネコンでは一番大きなシアターだった。

それも「ULTIRA(ウルティラ)」という迫力のある鮮明映像と立体音響。
Dolby Atmosのため全方位から音楽が流れてくる。
そんな大きなシアターに10人ほどの観客。
かなり贅沢な空間だった。

本作はドキュメンタリーではなくコンサート。
坂本龍一のソロコンサートを映画館で堪能したのだ。

映画コラムニストとして書くような評論はない。
演出や出演者、ストーリーを語ることもない。
ただ坂本龍一氏のピアノを感じるだけ。
その世界にのめり込んでいくだけ。

映像は静かに流れる。
30分程、経った時に初めて坂本氏が言葉を吐く。
「もう一度やる?」
その他にどれだけ発した言葉があっただろうか。
数える程度。

95%はピアノに向き合い演奏する映像。
あとは沈黙する表情。
それは苦しそうにも楽しそうにも思える。
何か思い悩みながら演奏しているとも受け取れる。
真摯に向かう姿がヒシヒシと伝わる。

「戦場のメリークリスマス」や「ラスト・エンペラー」のような
代表的な曲は分かるが、知らない曲も多い。
曲の細部や難易度は僕には分からない。
それでもその空間に導かれていった。
きっとピアノの前なら何日でも座っていられるのだろう。

余計なものをすべてそぎ落としたコンサート。
モノクロの映像とマッチし、白髪の坂本氏を浮き上がらせる。
それがTVではなく映画館で上映する意味なんだ・・・。

本作が映画ではなくコンサートなら上映する劇場を選ぶ。
偶然にもそんな時間に遭遇できてよかった。

最後のコンサートを体感させてもらった。

映画「劇場版 再会長江」

初めて中国に行きたいと思った。
広大な中国の風景を眺め、そんなことを感じた。
ただ風景を眺めるだけなら、行きたいと思う気持ちは生まれなかったと思う。
上海から長江の最初の一滴を辿るルートで出会う人とのふれあいを見て、
素直に行きたいという感情が生まれた。

本作を知ったのは偶然。
頻繁に通うミリオン座で長い期間、上映されている。
それも一日1回の上映。
評価の詳細は読んでいないが、星の数は多い。

なんだか気になり、映画館に足を運んだ。
本当に観てよかった。
素直に感動。
お世辞抜きにそう思った。

本作はドキュメンタリーで2021年から2年をかけて長江6300キロをたどる旅を描く。
竹内亮監督が自ら出演し、その旅で出会う人とのふれあいも重要な要素。
世界史で長江の大きさは学んだ。
アジア最長の川で日本の本州よりも長い。
川幅だけみてもとても川とは思えない。

その源流を求め、5300キロを上っていく。
竹内監督は10年前に同様のドキュメンタリーを制作し、辿りつけず終わった。
今回はリベンジだが、それだけではなく10年前に出会った人との再会も求めた。

むしろこれが本当のテーマじゃないか。
僕たちの10年前と中国の地方の10年前は時代が異なる。
30、40年前と錯覚する。
町や家、学校は消える。
同じ中国でも文化や民族意識も異なり、現代社会とは隔世の感を覚える。

一般的に僕らが思う中国人のイメージは決していいとはいえない。
インバウンドやニュースの影響が強いかもしれない。
しかし、本作で登場する中国人はとてもピュア。
印象が大きく変わった。

偶然の要素が強いが10年前に出会った人と再会し、今と昔を語る。
そのストーリーに感動する。
監督はじめスタッフも再会した人も感動する。
それが泣ける。

当初、このドキュメンタリーは重いと思っていた。
そうではなく、面白おかしく旅を伝える。
その中でふれあいの大切さを教えてくれる。
いやあ~、参ったな。

それもあるが、何よりも大自然。
広大な壮大な風景がこちらに押し迫る。
ドローンを使った撮影が功を奏す。
海のような長江、シャングリラの風景、永遠に広がるチベット高原・・・。
引きの映像も素晴らしい。
いい意味で中国のイメージを裏切ってくれた。

画一的な物事の見方は危険。
素晴らしいドキュメンタリーを観させてもらった。
一度、中国に行ってみたい。

映画「バービー」

単純な映画ほど深いメッセージがあるのかもしれない。
そう考えると純粋に映画を楽しむことが難しくなる。
真意を確かめるのも大切だが、そんなことはどうでもよく、
もっとお気楽な時間を過ごすだけでもいいのではないか。

時々、何も考えずに向き合いたい。
特に本作はそれでもいいと思ってしまう。

僕の中でマーゴット・ロビーは海外の女優では抜群の存在。
「バビロン」を観て大きな刺激をもらったが、とても魅力的な女優。
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」もそう。

本作ではまさにバービーそのもの。
煌びやかな衣装の立ち振る舞いを観るだけでも十分に満足。
しかし、それではただのスケベオヤジにしか写らないのが現代。
そんな眼差しで映画を観ることは許されない。
完璧なマーゴットロビーを楽しみながらも、深いテーマうを語り合わなきゃいけない。

映画は時々面倒くさい。

本作を娯楽作と受け取るのは短絡的。
場合によっては批判を浴び、上映禁止まで発展する。
好き勝手に映画を撮る時代は終わり、多方面への意識を要求される。

見方を変えれば本作はあえて挑戦し、様々な解釈を生み出そうとしているのではないか。
「バービーランド」は誰にとっての理想なのか。
夢のような世界で過ごすことは毎日が楽しく何の不自由もない。
争いごともおきない。
それぞれが自分の立場に疑問を持たず暮らす。

バービー人形で遊ぶ子供たちはそんな世界に憧れているが、
それが本当の幸せなのかと成長の過程で知ることになる。

本来の人間の姿を見て、バービーもケンも気づくわけだが、それは本当の人間の姿なのか。
正しさといえるのか。
それこそエゴではないのか。

単純な映画を単純に楽しめば何も悩むことはない。
視野を広げ視点を高めるのは重要だが、それが人を不幸にする。
単純に楽しむことができなくなるのだ。

マーゴットロビーを堪能したい。
右脳感覚だけで映画を観たい。
あまり面倒くさいことは語りたくはない。
そんな作品。

何を書いているのか意味不明と捉えられるかもしれないが、
マーゴットロビーに魅力を感じる人は理解してくれるはず。

最終的な選択も応援するけどね。

なぜ80年代映画は私たちを熱狂させたのか

時々、大型書店を覗く。
Amazonでは見つけることのできない書籍と出会うことがある。
本書を書棚で見つけた時は「お~」と唸ってしまった。

中身を確認することなく手に取ったが、
一体、他にどんな人が購入するというのか。
ベストセラーになることはない。
売れても数千部だろうか。
しかし、僕にとっては大きな収穫。

メチャ面白かった。
僕が映画に熱狂したのは80年代。
まさにタイトルそのまんま。
高校、大学時代がド真ん中で、頷きながら当時を思い出し読んた。

今ほど情報は溢れていない。
限られた情報を基に周辺状況を探り、映画を観ていた。
本書読み初めて知る内容も多かった。

80年代は今と比べれば自由でおおらかな時代。
映画も監督やプロデューサーの想いと勢いで制作したケースが多い。
思わぬ大ヒットを生み出すこともあれば、
大コケしてプロダクションが倒産するのが普通の時代。

本書は名プロデューサー岡田裕氏を中心に躍動した監督、俳優陣が描かれる。
紹介される作品も「復活の日」から始まり、
「桃尻娘」「遠雷」「家族ゲーム」「お葬式」「コミック雑誌はいらない」など。
最後は「天と地と」で僕が影響を受けた作品ばかり。

根岸吉太郎、金子修介、滝田洋二郎監督などが制作秘話も明かし、
当時では知る由もなかったとんでもない話も知れた。
若手監督がいかににっかつロマンポルノを踏み台にしてやりたい作品を作ってきたか、
アイドル映画で実績を上げどう次に繋げるか、
松田優作が最後までこだわったことは何か、
プロデューサーの視点を中心に映画が語られる。

当初「家族ゲーム」は桑田佳祐を主演にし、
松田優作は次の候補であったことも初めて知った。

コンプラなんて完全無視、お金を引っ張ってきた人が偉い、
そんな時代だった。

情報のない僕らはそこから何かを嗅ぎつけて作品を絞った。
今のようにSNSで評判をチェックし、作品を慎重に選ぶことも少なかった。
「バント・ワゴン効果」も少なかった。
僕自身が評価サイトを気にする面もあり、ちょっと反省。
もっと嗅覚を研ぎ澄ます必要があるかもね。

同世代、いや上も下も映画ファンなら読んでもらいたい。
映画がワクワクする存在なのかが確認できる。
そして「キャバレー日記」とか「ピンクのカーテン」とか、
今ではお目にかかれない作品も観たい。
U-NEXTの会員になるしかないか・・・。

本書を読んで、80年代の魅力を改めて感じることができた。
感謝!

映画「ボブ・マーリー ONE LOVE」

1ヶ月ほど前に試写会で鑑賞。
あくまでも仕事の一環というわけね。
ちょくちょく試写会にご招待いただき、都合がつく限りお邪魔している。

今回はいつもと明らかに雰囲気が違った。
映画関係者というよりは音楽関係者。
それもレゲエ音楽関係者(そんなジャンルがあるかは知らんが)が多いように思えた。
両隣も普段では接することのないタイプ。
業界内の話題性が高いという表れだろうか。

ここ最近、実話をベースにした映画を観ることが多い。
「RHEINGOLD ラインゴールド」であり、「アイアンクロー」であり。
音楽でいえば「ボヘミアン・ラプソディ」以来。

「ボヘミアン・ラプソディ」はクイーンを聞いていたので入り込みやすかったが、
本作は正直なところそうではない。
もちろんボブ・マーリーの存在は知っている。
しかし、70年代に彼の曲はほぼ聞いていない。

レゲエに興味が湧かなかったのが理由だが、
映画を観て感じたのは、もっと背景を理解しておけばよかったということ。
70年代から80年代にかけての田舎小僧のアタマでは到底無理だけど・・・。

本作はボブ・マーリーの36年の生涯を描く。
ジャマイカという政局が不安定な小国に翻弄されながらも、自分の生き方を貫き通す。
政治闘争に巻き込まれ、暗殺未遂事件があってもブレることはない。
曲を通して発信し続けるメッセージは今の時代にも通じる面はある。

だからこそ時代が変わっても存在感はあり、人気も続く。
こうした伝記映画も制作される。
与えた影響力は大きいわけだ。

それは最初から備わっていたわけではない。
音楽に興味を持ち、奥さんになるであろう少女と歌いながら培っていったこと。
そこに向かう動機は至ってシンプル。

大物もその辺の音楽好きも大差はない。
もちろん才能が備わってのことだが、ある意味、環境が後押ししたともいえる。
どんな時代でも生み出す価値は必然で、それが時代の寵児となる。
そんな気がしてならない。

本作をキッカケに新たな可能性を見出す連中もいるだろう。
映画で表現するか、書籍で表現するか手法は様々だが、生きざまを見せることは必要。
ファンだけでなく未来の可能性に貴重な役割を果たす。

そんなことを感じた作品。
17日より公開されるので、機会があればご覧いただきたい。

映画「無名」

予備知識はなくタイミングがあったので選んだ一本。
何気なくレビューを読むと難解なストーリーのため、予習をした方がいいと書かれていた。
前回ブログで書いた内容でいえば前者。

気づいたのは上映の1時間前。
そこから上海事変を調べ、事前情報を頭に入れた。
本当はそれよりもっと広義な情報を入れておいた方がいい。

第二次世界大戦前後の日本の状況、中国や諸外国との関係性、それは知っておいた方がいい。
ただ即席で頭に入れる必要はなかったかもしれない。
歴史認識を持っていれば対応できる作品。

但し、裏切りの連続というか、
本当はどこの味方でどこのスパイかこんがらがるので相関図があると嬉しい。
そんなことを思ってしまった(笑)。

本作は1940年代の上海における日本軍、中国共産党、中国国民党の駆け引きを描く。
あたかもノンフィクションのよう。
実際の状況もそれに近いかもしれない。
首謀者は味方は敵か、敵は味方か、探りながら時代と共に駆け巡る。

すべては自分たちの理想を築きあげるため。
その緊張感がハンパなく、当時を再現させた街並みや衣装が臨場感を高める。
20年前なら香港映画として独特な雰囲気を作っただろうが、今は中国作品としてその世界を醸し出す。
中国作品の匂いはしないが、いい継承ができているのかも・・・。

韓国映画として制作されたなら、もっと過激でどんでん返しな作品なんだろう。
ぐっと抑えた演出がハードボイルドな要素を残している。

第二次世界大戦なので中国から見た日本も描かれる。
もっと否定的な視点があると思ったが、そうでもなかった。
冷静な捉え方。
日本語のイントネーションに違和感を感じたが許せる範囲。
そんな意味でも楽しめた。

本作はトニー・レオンが主役。
その方が日本では受け入れやすい。
実際はワン・イーボーの方が存在感はあり主役として相応しい。
僕が知らないだけだが、これから日本でも人気が出るんじゃないかな。

2023年の中国の金鶏賞では主要な賞を獲得。
クールな作品として日本でもファンが増えるかもね。

転換の時代を生き抜く投資の教科書

この時期にこんな書籍を読むなんて、いかにも時代に流されている感じ。
僕の周りには投資の達人のような方もいるが、そんな人から見れば
「山ちゃん、今頃何やってんの?」と思われるだろう。

一から投資を学びたいということではない。
人並みに投資はしている。
しかし、それは見よう見まねなのが現実で、しっかりとした勉強はしていない。
株もいろいろ持っているが、反省すべき点は多い。

自分で決めた銘柄ならともかく証券マンに勧められ購入した株もある。
内容もあまり把握せず購入したが、結果的には(あくまでも今のところ)大きなマイナス。
やはり自分で調べ納得して購入しないとダメだと最近になり気がついた(汗)。

これだけ円安が進み、円の価値が下がっている今、
テキトーな判断ではなく基本を押さえることが大事。
そんな理由で本書を読んだ。

結論からいえば、自分の考えを持ち購入するのが一番。
短期で運用するつもりもないので、一喜一憂せず見守る面と放置する面を併せ持つのがいい。
本書は投資の必要性から株価の動き、投資の仕方まで書かれている。

これでも経営者なので決算書や株価の知識くらいはある。
投資という側面でなく理解していることは多い。
これまで企業の業績や推移を投資という視点で持ったことは少ないので、そんな点では役になった。
漠然としていた中央銀行の役割も明確になった。

昨今、この類の書籍は多い。
これ以上読むつもりはないが、やはり書かれていることを鵜吞みにせず、
(もちろん参考にはします)
自分の頭で決めることが大事。

著者の後藤氏はたまたまNwesPicksの番組で知った。
迎合しない語り口が気持ちよかった。

新NISAで分散投資を始めるにしろ、
S&P500が間違いないというアナリストもいれば、止めた方がいいとアナリストもいる。
混沌とした市場の中で先を読める力があれば何ら問題ない。

それができてたら僕はもっと優秀な経営者になれていた。
所詮、その程度。
自分を信じすぎず、ただ自分を裏切らず、やっていくことだろうね。

ブログとして参考になる点は乏しく、ただ投資の本を読みましたというだけ。
ゼロから始める方にはいい勉強にはなると思う。

カミさんが少しずつ読んでいるのはいいことだね。

映画「BLUE GIANT」

2023年に見逃した作品。
多くの仲間が絶賛しており、とても後悔した。
ようやくNetflixで観ることができた。

そして、また後悔した。
こんな迫力のある面白い作品は絶対、映画館で観るべきだと・・・。
映像の美しさもあるが、流れる音楽もパソコンと映画館では比べ物にならない。
より感動が体を包んだだろう。

僕はアニメ作品はあまり観ない。
年に数本。
昨年は「THE FIRST SLAM DUNK」「君たちはどう生きるか」「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」の3本。
話題作を最低限観たにすぎない。
SF物も少ない。

観ない理由がないが、リアルな映像により魅力を感じているだけ。
こんなレベル高のい作品なら、もっとアニメを観てもいい。

本作をリアル映像で見せることはさほど難しくない。
それなりの俳優陣を使い、音楽をあてればいい作品もできると思う。
しかし、ここはアニメが正解。
映し出される世界に力強いジャズを吹き込むことでより迫力が増す。
映画館なら「SO BLUE」の観客になれたかもしれない。

やはり後悔が先に立つ。
僕はジャズは好きだが無知に近い。
自宅でCDやAmazonMusicで聞くが、ビル・エバンスやジョン・コルトレーンとか代表的な方ばかり。
通な友人にライブハウスに連れてってもらうが、自分から行くことはない。

しかし、鑑賞後は自分でライブハウスにも行きたくなった。
一人でウイスキーを飲み、リズムを取りながら見るのも悪くない。
そんなことも思ってしまった。
今年の行動目標にするか・・・。

当然のように原作は知らない。
調べてみると本作は全10巻のある部分。
作品を観ればその後の世界は理解できるが、
「BLUE GIANT SUPREME」「BLUE GIANT EXPLORER」へと続くのね。
ファンに叱られそうだ。

思うのは実際の音楽を流すことなく原作の魅力を見せるのは相当なこと。
読むことはないと思うが、相当、面白い漫画なんだ・・・。

ストーリーは青春ど真ん中を描いているので退屈することはない。
予測可能な展開だが十分に楽しめる。
挫折を味わっても、夢を追う若者はいつも輝いている。
それだけでも拍手を送りたい。

ちなみにブログは上原ひとみの「BLUE GIANT」を聴きながら書いた。
時には感化され、体を動かすのもいい。

まだ観ていない方にはおススメですね。

映画「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」

今年は実話をベースにした注目すべき作品が多い。
本作もその一つ。
1850年代のイタリアでカトリック教会が7歳になる少年を連れ去り、
世界で論争を巻き起こした史実をベースにしている。

解説を読んだだけでは、何のこっちゃ?と思ってしまう。
映画を観てストーリーは理解したが、問題の大きさは半分も理解していないと感じた。
まずは置かれた環境。

無宗教に近い仏教徒の僕では宗教の持つ力や影響力があまり認識できていない。
洗礼という儀式の重さもあとで調べて分かっただけ。
洗礼が一人の人間を大きく変えてしまう。

ユダヤ教やカトリック教会が置かれた歴史や背景も密接に関わるため、
単に少年を誘拐し騒ぎになっただけでは片づけられない。
どこまで大きな問題なのかと・・・。

それは遠い国の遠い昔の出来事と捉えるからイメージできないだけのこと。
身近に例えれば分かりやすいのかも。
オウム真理教のような新興宗教に子供をさらわれ洗脳されて、
思うがままに動かされたらどうだろう。

とてつもなく恐ろしいし、救い出したいと思うのが正常。
権力を持つ巨大な組織だから正しいものに見えるだけで実態は変わらない。
そんなこともいえると思う。

実際に少年エドガルトの行動を追えば、なんら新興宗教の洗脳と変わらない。
それはいつの時代でも起きること。
思想が行動を変え、最悪の場合、戦争を引き起こす。
今、世界中のあちこちで起きている紛争も元をただせば繋がっていくのか。

あくまでも正しいのは自分たち。
弱い僕らはいつも犠牲になってしまう。
本作が今、公開されるのも大きな意味があり、そんなことも間接的に表現したいのかな・・・。

原題はRapito。
訳すと強奪されたとか、誘拐された。
誘拐されて泣いていた7歳のエドガルトの表情が全て。
純粋無垢な表情は大人になっても変わらないが、大切なものはいつの間にか変わる。

実話だけに説得力があるんだろうね。
映画は無知な僕に思想の怖さを教えてくれた。
感謝ですね。