これからも前向きに 名大社会長ブログ

2024年07月の記事一覧:

映画「キングダム 大将軍の帰還」

世の中はもう夏休みか。
昨年の第3作、一昨年の第2作(1作も)は8月の夏休みのド真ん中に鑑賞。
この時期は意外と観たい作品が少なく当初は仕方なくの選択だった。

しかし、今年は公開早々に鑑賞。
キングダムファンでもないのに・・・。
映画コラムニストとしての仕事もあるが、興味を持ってしまったのか。
全巻を売り出そうとしている息子のコミックを今のうちに読んでおくか。
72巻はとてもじゃないけど読めないが(汗)。

まず僕が思ったのは、自分ももっと頑張らなきゃというどうでもいいこと。
王騎役の大沢たかおは1968年生まれ。
ほう煖役の吉川晃司は1965年生まれ。
僕は1966年生まれなので、ほぼ同世代。

極端にいえば本作はこの2人の闘いがメイン。
あの激しいバトルを見ながら、その力強さに感心した。
もちろんCG技術を駆使しての撮影や演出だが、あの身のこなしを見て、
もっと頑張れねばと思ってしまったのだ。

もうすぐ60歳じゃないか。
この作品のためにどれだけ体を鍛えたのだろう。
自分を追い込み役作りに賭ける執念は伝わってきた。
もうそれだけで観た甲斐はあったといえよう。

そして、本作の主役は間違いなく大沢たかお。
大将軍王騎のドラマ。
これは誰が観ても思うこと。
同じようなレビューも多かった。
だから敢えて語る必要もない。
その生き様や大将軍としての振舞いは本シリーズを引っ張るには十分。

きっと2024年興行トップの作品になるのだろう。
そんな作品をブログで紹介する必要はない。
あまり日の目を浴びない映画を紹介し、観客を増やすのが僕のミッションだし。
(誰も思っていないか・・・)

日本を代表する役者陣が総出演という映画に草刈正雄が重要な役どころでの登場は嬉しかった。
清野菜名もキレキレでよかった。
山本耕史があっけないのもよかった。
残念なのは長澤まさみ。
あの両脇のボディビルダーは必要ないので、彼女の時間がもっと欲しかった。

本作が本シリーズの最終章だという。
そう感じさせる面もあるが、まだまだ続編を期待させるシーンも多い。
東宝や日テレはこのドル箱をこのまま終わらせるのか。
今後の戦略も楽しみにしておきたい。
時代はいつも変わっていくしね。

ほとんど映画を語らずにブログは終わってしまった(笑)。

映画「フェラーリ」

やはり本作を観ながら「ハウス・オブ・グッチ」を思い出してしまった。
それは主役がアダム・ドライバーだからではない。
イタリアの街並みが「ハウス・オブ・グッチ」とダブったのだ。
歴史ある建物は時代が移ろうとも残す印象は変わらない。

それにしてもアダム・ドライバーは凄い。
本作ではフェラーリの創業者エンツォ・フェラーリを演じ、
一方ではグッチ経営者のマウリツィオ・グッチ。
似ても似つかない。
中年太りの体格とスラッとした紳士。
クリスチャン・ベール並みの役作り。
いやいや凄い。

クリスチャン・ベールといえば「フォードvsフェラーリ」
4年前の作品だが、痺れた作品だった。
クリスチャン・ベールはフォード側のドライバー役を演じていた。

舞台は1966年。
経営難のフェラーリを買収しようとしたフォードが物語の発端。
本作の舞台は約10年前の1957年。
この時もフェラーリは破産寸前。
ずっと経営危機なわけね・・・。

それは両作品のエンツォ・フェラーリを見れば理解できる。
経営者というよりはエンジニアでかつドライバー。
レースに勝つことが第一優先。
車の売れ行きは二の次。
だからこの尖がったマニアしか乗らない車を生産できるのだろう。

「フォードvsフェラーリ」で製作総指揮を執り本作では監督のマイケルマンは
フェラーリをリスペクトしているのか、嫌っているのか。
どうでもいいことを思ってしまう。
と本作とは関係のないことをツラツラと書いてしまった。
映画は車業界の歴史も教えてくれますね(笑)。

実話を基にした作品はより僕の気持ちを揺り動かしてくれる。
デッドヒートを繰り広げショッキングなシーンにもグラグラくるが、
経営者として何を拠りどころし、それを大切にすること。
自分を信じて貫き通してブレない生き様もそう。

このこだわりがなければ名声や名品を残すことはできない。
部外者からみれば迷惑な堅物が歴史に名を刻むことになる。
彼よりバランスのいい人やマネジメントに優れた人は山ほどいるが、太刀打ちはできない。

創業者の持つ圧倒的なパワーはファミリービジネスの強さでもあり問題点でもあるが・・・。
見方を変えれば、本作もファミリービジネスを描いた作品。
エンディングロールまで辿り着くとそう感じさせてくれる。

アダム・ドライバーもよかったが、僕が惹かれたのは奥さん役のペネロペ・クルス。
若い頃のシーンはわずかだが、その変貌ぶりには驚かされる。
環境が人の表情や性格も変えてしまうのかもしれない。
気をつけないと・・・。

個人的には楽しめた作品。
次回、友人のフェラーリに乗せてもらう時はより感謝したいね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その291

広小路通を名古屋駅方面に向かって歩いていきます。
通り沿いには飲食店が並んでいますが、
ラーメン、牛丼、パスタ、定食屋などチェーン店が多いように感じます。
やはり立地を第一に出店計画を立てているのでしょう。

そんな中で目に飛び込んできた看板がありました。

「なかなか、面白そうじゃないか」
最近、このパターンが多いような気がします(笑)。

店舗のある2階に向かい「GEIRIKI」さんに入りました。
こちらは鯨めし&名古屋めしを堪能できるダイニングバー。

ランチタイムも鯨中心に提供していますが、
看板を見た瞬間にメニューは決めていました。
「すいません、鉄板ナポリタン定食をお願いします!」
力強く注文します。
鉄板ナポリタンを食べる機会は多いですが、定食の経験はありません。

「ご飯の大盛もできますが・・・」
「いえ、普通で大丈夫です」
ここで大盛をお願いしたら、どんなことになってしまうのでしょうか。

最初に副菜が2品運ばれてきました。

「お~、これがご飯のおかずというわけか・・・」
「お待たせしました。鉄板ナポリタンです」

鉄板ナポリタン定食 900円

あえて副菜もご飯も食べず、写真を撮るためにナポリタンを待っていました。
そそくさと真上から撮影します。
普段見ることない光景。

鉄板焼きそば定食はありがちですが、これもありでしょう。
今や立派な名古屋めしといえるのかもしれません。

たっぷりの卵焼きの上に濃厚なナポリタンが乗っかります。
もちろん赤ウインナーも入っています。
粉チーズとタバスコを振り、卵焼きを絡ませながら頂きます。

最初はナポリタンはフォーク、ご飯、副菜は箸を使い食べていました。
どうも面倒です。
途中からフォークでご飯も頂くことにしましたが、副菜は食べにくい。
このあたりに改善点がありそうです。

ご飯は大盛にせずに正解。
これでもお腹はパンパン状態でした。

ランチタイムのドリンクは100円。
ちょうど1000円で収まるのが嬉しいですね。

会計を済ます時にカウンターに座るおばちゃん2人組を覗くと、
当たり前のようにナポリタンを箸で食べていました。
「あ~、これが正しいのか・・・」
納得したようなしないような感じですが、いちばん合理的ですね。

ごちそうさまでした。

FBAAフェスタ2024 を楽しむ

7月6日(土)はFBAAフェスタ2024。
僕が執行役員を務める日本ファミリービジネスアドバイザー協会の一年に1回の大きなイベント。

今年で3年目。
1年目は司会を務めさせてもらった。
昨年は他の行事と重なり参加することはできなかったが、
こうして毎年行われるのは喜ばしい。

今年は東洋学園大学本郷キャンパスで開催され、
テーマは「親の七光りは価値になるか!?」
なんとも意味深なテーマ。
「親の七光り」をプラスと捉えるか、マイナスと捉えるか。
両方の側面があり、考えれば考えるほど深い。

そのテーマに沿った講演、セッションが一日を通して行われた。

僕も朝一で会場入りし、トータル7本のセッションに参加。
懇意にする方もあれば、初めて接する方もあり、充実した時間を過ごさせてもらった。
すべての詳細をご案内したいが、到底無理。

後継者の立場、経営者の妻の立場、
セラピストやコンサルからの視点、
事業をまさに行う親子の取組み等、
てんこ盛りの内容のため簡単にまとめることもできない。

「親の七光り」が上手く反応するケースがあれば負の連鎖を生むケースもある。
当事者の話は説得力があり、僕自身がショックを受けるセッションもあった。
苦しさの中からかすかな光を見つけ、
そこから一歩踏み出し歩んでいく事実はアドバイザーの立場としても大きな学び。
置かれた状況がいろんなケースで語られることで課題解決に繋がることも多い。

セッションのひとつが「同族企業2.0への挑戦」。
これは僕と一緒に名古屋ファミリービジネス研究会を運営する丸山祥子さんのセッション。

この度、他のアドバイザー仲間と新会社を設立され、その取組みも発表された。
株式会社イコールスリーという社名の同族企業専門のコンサルティング・ファーム。
オーナー経営者に権力が集中する一般的な同族企業から
ファミリー全体で価値観を明確にし組織的な活動を推進していくという。

それをビッグテント型ファミリービジネス(同族企業2.0)と名付け、
多方面からサービスを提供。
僕もまだまだ理解不足だが、世の中に必要とされる事業にもなっていくだろう。
その活動を期待したい。

そして、一日の終わりは懇親会。
初対面の方も同じことを学んだ仲間としてすぐに打ち解けることができる。
こちらも楽しい時間が過ぎていった。

この日は大雨の影響で新幹線が大幅に遅延したが、
僕は朝早く出て夜遅くに帰るというスケジュールのため被害はなし。
運も味方につけたわけね。

こうして無事に終了したFBAAフェスタ2024。
運営されたフェローの皆さん、お疲れ様でした。

また、現在、ファミリービジネスアドバイザー認定資格の15期生を募集している。
興味のある方はぜひ、こちらを覗いてもらいたい。

これからも継続的な活動をしていきましょう。
ありがとうございました。

映画「ブリーディング・ラブ はじまりの旅」

20歳の娘と父親との家族愛を描いたロードムービー。
年頃の娘を持つ身として、惹きつけられつい観てしまった。

映画を観ながら、どうしても自分をダブらせてしまう。
本作のように娘はアルコール依存症ではない。
僕は離婚経験もなく、子供と離れ離れの生活を送ったこともない。

そんな点では180度異なる家族設定。
お互いまっとうな人生を歩んでいる。
しかし、胸に迫るものがあり、自身の行動に反省させられる面は多かった。

娘の立場からすれば父親の存在は大きい。
最も愛情を欲する時期にどこまでそれに答えることができたか。
今、振り返れば僕の愛情は足りなかったのではないだろうか。

そんな会話をしていないので事実は分からない。
本人は十分と感じているかもしれないし、
単純にウザいと思っているだけかもしれない。

何日間も2人きりで車の旅をすればそれは明かされるだろう。
助手席は互いに見つめ合うこともなく、程よい距離感。
本音を語りやすい環境になるのではないだろうか。
関係を修復しようとする父娘を眺めながら、そんなことを感じた。

本作はユアン・マクレガーと実娘のクララ・マクレガーが親子役で共演。
それが理由なのか、とてもリアル。
日常会話も喧嘩も自然。
お互い名前は明かされず、娘はパパといい、父はターボというニックネームで呼ぶ。
2人の関係において名前は必要ない。

本心を明かしたいが素直になれない時間が続くが、
途中で出会うろくでもない人たちによって距離は縮まる。
いかにもロードムービーだ。

「Bleeding Love」というタイトルのみだと濃厚なラブストーリーと勘違いする。
「はじまりの旅」とプラスすることでイメージが広がる。
そして、確かにはじまりの旅。
この父娘にとってこれが始まりといっていいだろう。
ラストシーンが象徴している。

どんな状況でも父親は娘を想い、娘もいざとなれば父親を頼る。
「あんのこと」が辛かった分、本作は救われた。
あれは母親だけど。
親のあり方が子供を幸せにも不幸にもする。

どこまでいっても親の存在は大切。
反省はしていますよ。

映画「悪は存在しない」

「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー国際長編映画賞を受賞した
濱口監督作品となればもっと話題になっていい。
しかし、思ったほどではない。

公開される映画館も時期もまばら。
4月公開作品だが、僕は7月に近所の映画館で鑑賞。
気づかなければスルーしていた。

では、公開時から駄作扱いか。
そうではない。
本作はベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。
ヨーロッパの映画祭は派手ではなく難解な作品が選ばれる傾向もあり、
そのあたりも話題性の低い理由かもしれない。

映画を観て思った。
本作に話題性を持たせ広げるのは容易ではない。
誰しもが感動する映画ではない。
前作「ドライブ・マイ・カー」も娯楽作品ではなかったが、流れる感覚が心地よかった。

本作も流れる感覚はついて回る。
それが濱口監督の持ち味かもしれない。
ただ流れ方は大いに異なる。

心地いいと感じるかは人次第。
テーマも人によって捉え方は違う。
田舎に住む住民と都会からの新参者の価値観の違いとも受け取れるが、
もっと壮大な神や宇宙をテーマにしたとも受け取れる。

一般的には自然との共存共栄だろうが、考えてもよく分からない。
幼稚な僕は主人公の親子は人ではなく動物の生まれ変わりかと思ってしまう。
それは言い過ぎか(笑)。

前半は静かに時間は流れる。
表現を替えれば退屈な時間が流れる。
ロングショットの長回しが多用され、人の生活の覗き込む感覚に襲われる。

それがある時を境に時間の流れは早くなる。
退屈な時間はそのための伏線なのか。
ゆっくりと過ごす田舎者と時間に追われる都会人との視点の違い。

AmazonのCMにも登場する自然に興味のない社長や口だけのイケメンコンサルが象徴的。
(名前が分からず、すみません)
あれが今の時代を表しているともいえる。

客観的にみれば観客は田舎側に賛同するが、果たして自分はどっちなのか。
あんな風になりたくない社長やコンサルだったりして。
どっちつかずの状態が本作では最悪の存在になる。

上辺だけを理解しても何の意味をなさないと感じさせる。
それがラストシーンということか。
これも受け止め方によるな。
解釈はさまざま。

いえることはここに悪は存在しないということ。
いや、そうじゃない。
全てが悪かもしれない。

そこは本作を観て確認してもらいたい。

映画「ピクニック at ハンギング・ロック」

1975年に公開された作品をリバイバル上映で鑑賞。
監督や主演女優が亡くなったわけでもなく、なぜ今の時期に公開されたかは分からない。
僕が知らないだけで明確な理由は存在するのだろう。

ポスターのイメージは美しい少女を描くファンタジックな作品。
イメージ通りだったら観ることはなかった。
監督のピーター・ウィアーはこの作品で評価され、
国外でも注目を浴びたというのが観た理由。
本作をキッカケにアメリカでの活躍があるようだ。

80年代、90年代は素晴らしい作品が多い。
「刑事ジョン・ブック 目撃者」「モスキート・コースト」
「いまを生きる」「トゥルーマン・ショー」はリアルタイムで観た。
「いまを生きる」は10年前にブログにも書いた。

人間味を描くのがとても上手い監督という印象。
最近はどんな作品を撮っているのか調べてみたら、2010年で引退したという。
どおりで名前を聞かなかったわけだ。

本作の舞台は1900年。
オーストラリアの全寮制の女子学校を描く。
富裕層のお嬢様が通っていた学校とイメージできる。
当たり前だが、品がよく規則正しい生活を送っている。
ピクニックに出掛けた時に起きた謎めいた事件が中心のミステリードラマ。

ミステリーの場合、ピリピリとした緊張感を伴う事が多いが、本作はそうではない。
ほんわかとしたムードが逆に神秘的な雰囲気を醸し出す。
タイトルにもあるハンギング・ロックがカギとなるが、
オーストラリアではそんな象徴なんだろうか。
美しい少女が登るにはちょっと危険。
だから事件は起きるんだけど・・・。

最終的な解釈は観る者に委ねられている。
現実的と捉えるか、夢物語と捉えるか。
きっと観た人は少ないだろうから、語り合える場もないかな・・・。

失踪した女学生の一人のミランダはとてもチャーミング。
アン・ルイスではなくアン=ルイーズ・ランバートという女優さん。
全く知らない。
これも調べてみると1955年生まれ。
僕より11歳も年上のことに衝撃を受けた。
映画よりも衝撃度は大きかったかも(笑)。

本作は4Kレストア版のため当時に映像が鮮やかに映し出される。
歴史を感じさせるが昔の作品をこのような手法で観られるのもありがたい。
時々は以前の作品を映画館で楽しみたいね。

あの同族企業はなぜすごい

定期的にこのジャンルや読む必要がある。
もちろん自分自身の勉強のためだが、
成功例も失敗例も知っておくことで関わる方との会話も広がる。

先月からスタートした「名古屋ファミリービジネス研究会」
僕にとっては大きな学びの場。
受講者の学びが目的なのは明確だが、その場は僕にとってもありがたい。
お互い理解し合うことでリスペクトも生まれる。

同族企業における報道は未だにネガティブな面が中心。
最近でも某製薬会社や某食品メーカーが非難の対象となったり。
非難されるべき事実を受け入れるのは当然だが、
尾ひれがついて同族企業自体が悪いという認識はどうかと思う。

それは僕がこの仕事をやってきたことと仲のいい同族企業経営者が多いので思うだけ。
もし、サラリーマンのままだったら、マスコミの報道をそのまま受け止めたかも。

そのためには中立的に学ぶ面は重要。
本書はマイナス面を披露しながらも、本来持つ「本当の強さ」を明らかにする。
20社以上の事例が紹介されているが、その大半は知らない企業。
獺祭やホッピービバレッジ、ジャパネットたかた等、
頻繁に紹介される有名な企業もあるが、そうでないのがほとんど。

背景には苦労や葛藤、相当な覚悟が存在するが、それが今も成長を続ける強さの証。
順風満帆に承継されるケースは少なく、生きるか死ぬかの攻防も多い。
僕も苦労したつもりだが、きっと鼻で笑われる。

苦難を乗り越え、今、実績を上げているということ。
苦労せずスムーズに事業を営む人も知っておいた方がいい。
どこかでオーバーラップさせた方が危機管理にも繋がる。

事例が中心の本書だが、参考になるデータも多い。
日本には婿養子による経営という選択があるが、欧米や中国、韓国にはない。
婿養子は日本独自の仕組み。

付随する「バカ息子」問題も目立ちやすいが、
実際には資質のある後継者を選び業績にも反映されている。

売上高成長率からみた場合、後継者は「年齢が若い」「業務経験が短い」
「技術や経理に強い」等が成長率が高い。
一方でROAの高さからは「業界経験が長い」「技術や経理に強い」等
の場合に優位さが目立つという。
売り上げを伸ばすには若く短く、ROAを高くするには業務経験が重要。

なるほどね。
なんとなく分かる気がする。

他にも参考になるデータはあるので、次回の研究会にでもネタにするかな。
僕の周りにも知らないだけで、すごい同族企業は数多く存在する。
もっと知れる機会があるといいね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その290

先週のように長者町を歩いていると偶然、発見するお店もあります。
この界隈も飲食店は乱立し、各店舗が個性を発揮しながらせめぎ合っています。
どのお店も繁盛してもらいたいですが、そんな甘い世界ではありません。
気がついた時には全く違う店舗になっていることは日常的。
ポジショニングとターゲティングが大切なのは間違いありません。

トボトボ歩いていると目に入った看板。
人気ブロガーはターゲットなのかもしれません。

長者町にある「大衆酒場 諸星」さんにいってきました。

大衆酒場といっても歴史のあるお店ではありません。
昨年10月にオープンした新しいお店。
こんな業態は50代後半の飲んだくれには嬉しいのです。

中に入ると大衆酒場らしい札が並んでいます。

クラフトビールあたりがあるので、そうはいってもイマドキなんでしょう。
カウンターに座り、いくつかあるメニューを眺めるとこんなお品書きも・・・。

「おいおい、勘弁してくれよ。まだ、仕事があるんだぞ」
心の中で呟きます。
向かいに座った中年のカップルは席に着くなり、ビールを注文しました。
「おいおい、勘弁してくれよ。こっちは仕事だっていってるだろ」
またまた心の中で呟きます。

大衆酒場らしい威勢のいいお兄ちゃんがオーダーを取ってくれます。
ランチも刺身から唐揚げ、アジフライ、ハムエッグまで酒場らしさが漂います。
迷った末に月替わり定食をお願いしました。

レバニラ炒め定食 890円

ご飯は大盛無料ですが、迷った末に止めました。
レバニラ炒めも大衆酒場らしさが伝わってきます。

こちらを豪快にグワシグワシと頂くのが流儀でしょう。
程よい味付けでご飯も進みます。
あっという間に平らげてしまいました。

向かいのカップルは楽しそうに飲んでいます。
「おいおい」と言いかけましたが、ここは大人の立ち振舞い。
静かに席を立つことにしました。

次回は昼飲みでガツ刺しとハムカツを頼んじゃうぞ。
普段、ハムカツなんて注文しませんが、そんな気分になってしまいました。

平日は夕方4時からの営業です。
ちょっと頑張ってみようと思います。
ごちそうさまでした。

春も夏も日本酒を愉しむ

定期的に書いている家飲み日本酒ブログ。
誰のためでもなく自分のために備忘録として残しておく。
いろんな日本酒を外でも家でも飲むが、どうしても銘柄も味も忘れてしまう。

よほどお気に入りであれば別だが、
ほどほどの美味しい日本酒は飲んだことすら忘れていたり。
それは飲みすぎのせいだろうか・・・。

今回は4月から6月までに頂いた日本酒を紹介。
一年を通せば比較的少ない時期かも。
特に今年は海外への出張(?)もあったので、飲む機会は少なかった。
それでも15種類を頂いたわけだね。

久保田萬壽

自分で購入することはまずないが、カミさんのお友達から頂いた。
嬉しい限り。
飲みやすい。

飛騨のどぶ

これはかなりキツイな・・・。

白鶴山田錦原酒

これは自分で買ったのか?頂き物か?
思い出せない・・・。

春日specialyell

珍しく千葉のお酒。
爽やかだったが、翌日は雨だった。

風の森愛山807

家飲みの定番だが、こちらは初めて。
やはり飲みやすい。

飛鸞

長崎のお酒。
どこかのお店で飲んで美味しかった印象が・・・。

神鶴 千

家から15分程の酒蔵鶴見酒造にお邪魔して購入。
愛知県西部も酒蔵は多いね。

大吟醸我山

こちらも鶴見酒造のお酒。
Kura Master 2024において金賞を受賞。
3000円を超える高級品。
酒蔵のお姉さんの前で見栄を張ってしまった。

ZAO純米吟醸うすにごり夏の灯

暑くなってたので夏らしい日本酒を。
飲みやすいね。

寒山水純米大吟醸

息子が福岡での新人研修で買ってきてくれた。
ありがたや、ありがたや。

大納川天花ハートブレイクラベル

大学の授業の帰りに初めてお邪魔した酒屋。
初めての銘柄かな。

千禽かぶとむし

昨年も頂いた夏の定番。
相変わらずスッキリして美味しい。

八海山 純米大吟醸

娘と息子からの父の日のプレゼント。
息子が会社帰りに買ってきてくれた。
いやいや、嬉しいですね。
それも自分で稼いだお金で贈ってくれるのは尚更です。

風の森 alphatype1夏の夜空

この季節にピッタリなお酒

ocean99 青海 無濾過生原酒

こちらも夏らしいお酒。
すっきりと爽やかで美味しい。
たまには夏らしい雰囲気を作ってみた。

春から夏に移行する季節はそれに合う日本酒。
なんともシアワセ。

3か月に1度の日本酒家飲みブログが理想的かも。
秋、冬は頻度が多いから増やしてもいいかもしれないけど。

家で美味しい日本酒を飲めるのもシアワセ。
では、次回は秋に!