前向きに行こう!名大社社長ブログ

2020年11月の記事一覧:

しばらくブログを休みます!

タイトルにある通り、しばらくブログを休ませてもらいます。

ネタがとうとう尽きたかとか、面倒くさくなったとか、
コロナのせいでノイローゼになったとか、そんなふうに思われるかもしれない。

いずれもノー。

発信したいことは沢山あり、
(ネタ切れで悶絶苦しむ時も・・・)
大事なルーティンな仕事だし、
(かなり面倒で死にそうな時も・・・)
ノー天気な毎日を過ごしているので、
(といいつつコロナの不安はつきまとい・・)
問題はない。

何かといえば、この度、会社HPやサイトを含めサーバーを移行。
このブログも同時に移行するわけだが、
ちょいちょい問題があるようでその整備のために時間が必要。

そのためブログを一旦、休止することになった。
これは僕のブログだけでなく、名大社スタッフブログも同様。
こちらも一緒に休むことに。
スタッフブログの担当は意外と喜んでいたりして・・・笑。

それが明日から今月いっぱい。
11月中の2週間。
結構な時間が掛かるわけね。

そういえば、過去のブログのいいね!が全て消えてしまったりと
原因不明な問題も起きていたり・・・。
そんなわけでしばらくお休みをもらいますが、元気に仕事はしますのでご心配なく。

この10年間、2週間もブログを空けたことがないので、僕の精神状態の方が心配。
果たして社会復帰ができるかどうか。
朝の時間を持て余してしまったり・・・。
どうでもいいことで悩みが増えそう。

それはともかく、しばらく休みとなりますが、
再開の折にはスタッフブログ共々、ご覧頂けますようお願いします。

いつかはクラウン・・・

こちらは今週水曜日の中日新聞経済欄。

この記事にはかなり驚かされた。
まさか、クラウンが生産終了になるとは・・・。

車の販売台数とかあまり気にしないし、そもそも自動車に関心が高いわけでもない。
しかし、クラウンがトヨタ自動車を代表する車であることくらい頭に入っているし、
「いつかはクラウン」という言葉もあちらこちらでも聞いていた。

今のクラウンも街で結構見かけるので売れ行きもいいと思っていたが、それは錯覚だったよう。
僕の目についていただけ。
データを見る限り今年は18000台しか売れていない。
ピーク時の1/10程度なのか・・・。

車の免許を大学1年時に取得し、そこからずっと車には乗り続けている。
過去、自分でセダンの車を購入したことはない。
今も自宅はマツダのSUV。
セダンにあまり魅力を感じてこなかったのが、正直なところ。
オッサンくさいくらいの感覚だった。

それが歳をとってきたせいだろうか、立場が変わってきたせいだろうか。
ここ最近は段々とセダンの車もカッコよく思えてきた。
全く興味になかったクラウンも現行の前のモデルからはカッコいいと思い始めてきた。
トヨタがクラウンのターゲット層を下げてきた背景もあるだろう。

名古屋は車文化。
僕もオフィシャルでいろんな場所に車で出掛けることは多い。
人によってはどんな車に乗っているかを気にされる。
どうでもいいと思いつつ、やはり気にしてしまう弱い自分も・・・。

立派な車=立派な会社には到底ならないが、そんな意識も少なからずあるのだろう。
それが理由ではないが、僕が社用車で使わせてもらっているのが前のモデルのクラウン。
先日、車検を通したので既に5年経過しているが、すこぶる快調。
乗り心地もいい。

クラウンに乗っていて、生意気と思われることもなければ、バカにされることもない。
経営者仲間には見たことないような高級車に乗っている方も多いが、僕にはクラウンは十分。
それ以上の車は僕の器がついていかない。
クラウンでも勿体ないという話もあるが・・・。

ありがたいことに「いつかはクラウン」という立場になれたわけだ。
そんなこともあり、今回のニュースは寂しかったり・・・。
クラウンユーザーは今後、レクサスか高級外車に向かってしまうのかな。

トヨタ自身もポジションを変化させながら、新たなブランドを築いていく。
カローラなんて全然見ないし・・・。
いや、見てないだけ?

どんなものでもそうだが、時代の流れを掴むことは大切。
こだわることがプロダクトアウトの発想から脱皮できない証でもある。
クラウンの生産終了は寂しいニュースと捉えるのではなく、次の時代への期待と理解すべきだろうね。

僕は当分の間、お付き合いをさせてもらいますが・・・。

映画監督論。を読みながら

今週は秋の映画強化週間。
最近観た作品はすでにアップしてしまった。
どうしようか…と悩みながら楽天マガジンを開くといいネタがあった。

毎年、この時期に「BRUTUS」は映画特集を行うのか。
昨年もこの雑誌を読み「キミはシネマコンシェルジュになれるのか」というブログを書いていた。

今年は映画監督論。という特集。
20名の監督の鑑賞論を中心に様々な角度から映画の楽しみ方を取り上げている。
その視点が他の雑誌と異なり興味深い。

監督と映画プロデューサーとの関係や宣伝マンとのやりとり等、
裏側に世界をリアルに知れるのも大きい。
映画の世界では監督が一番偉いような気もするが、
実際はいくら有能な監督でもプロデューサーに選ばなければ作品は撮れない。
こだわりすぎても嫌われたらおしまい。

各国の宣伝マンがうまくリードしないと目論見通りの興行成績も収められないし、
好き勝手に撮ればいいというわけではない。
だから最近はワガママな監督が減ってきたのかな?

また、本誌には30名のシネマコンシェルジュが映画監督論を述べている。
そろそろ僕も呼ばれてもいいと思うのだが、今年も声が掛からなかった。
だが、納得せざるを得ない。
30名のシネマコンシェルジュは得意分野や専門性がはっきりして、紹介する作品も特徴的。

僕には半分も分からない世界。
一年を通して観る本数も桁が違う。
残念だが、僕の映画コラムニストとしての活動では未熟だということ。
もっと本数を稼ぎ得意分野でエッジを立てなければ・・・。

話は戻り映画監督論。
話題のクリストファー・ノーランからS・クレイグ・サラーまで20名。
日本人では大林宣彦、相米慎二、伊丹十三、今泉力哉監督が取り上げられていた。

大林監督も相米監督も好きな監督。
僕が最も映画を観た1980年代を代表する映画監督。
大林監督については以前ブログにも書いているので、今回は相米監督。
もう亡くなられて19年が経過する。
53歳なんて僕よりも若いじゃないか・・・。

相米監督のデビュー作は「翔んだカップル」。
2作目は「セーラー服と機関銃」。

はっきり言っておこう。
薬師丸ひろ子を育てたのは角川春樹でも大林宣彦でもなく相米慎二。
彼が薬師丸ひろ子を大女優に育てたのだ。
この2作とも単なるアイドル映画ではない。

「セーラー服と機関銃」は ”カイカ~ン”というセリフとともに大ヒットしたが作品もいい。
それ以上に「翔んだカップル」は素晴らしい青春映画。
僕は完全に薬師丸ひろ子にノックアウトされた。

長回しにこだわり徹底的なリハーサルを行うという。
そこで薬師丸ひろ子も鍛えられたのだろう。
今でもあのシーンを思い出すとジーンとしてしまう。

改めて調べると1985年には「ラブホテル」「台風クラブ」
「雪の断章 情熱」と話題作を3本も撮っていた。
それが寿命を短くしたのか。
今でも惜しい監督を早くに亡くしたと思う。
好きな監督の一人だった。

遺作となった「風花」を観たいが、Amazonプライムでは有料でも観れない。
Amazonさん、何とかしてね。

最近、監督で映画を選ぶことは少なくなった。
個人的には白石和彌監督くらい。
それがいいことかどうか。

たまにはお酒を飲みながら、好きな監督について論じあってもいいかもね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その158

無事に健康診断を終えることができました。
恐ろしい診断結果が出るかもしれませんが、今は何も分かりません。
健康診断の前日2日間は一滴のアルコールも入れず食事も少なめでしたが、
体重は何一つ改善されていませんでした。

どうやら普段の生活が大切のようです。
もしくはもっと激しい走り込みが必要なようです。

何はともあれ一区切りなので、ここはお腹一杯食べたいところ。
ご飯大盛もしくはご飯お替りなんて安易な方法は選びません。
人気食べ物ブロガーらしく読者も満足するお腹一杯をお見せするのです。

三蔵通に入り住吉町手前にある「金盛園 」さんに行ってきました。

いわゆる大陸系の中華料理屋さん。
大体のお店はラーメン(醤油、台湾、豚骨、塩など)+ご飯もの
(炒飯、天津飯、中華飯、麻婆飯など)のセットメニューが売りです。

若い頃は喜んでそんなセットメニューを注文しましたが、そんな安易な選択はしません。
ただこちらのお店はそんなセットメニューに留まりません。
値段は上がりますが、酸辣湯麺、四川風焼きそばや
唐揚丼、マーボーナス飯等のセットメニューもあるのです。
もちろん他の定食も揃っています。
残念ながら全てを紹介することできません。

さて、ここは何を選ぶべきでしょうか。
迷った挙句、決めたのはこれです。

「すいません、日替わりランチをお願いします。ラーメンは台湾で・・・」
あちらこちらから、ため息が漏れてきました。
まあ、いいじゃないですか。

日替わりランチ 750円

まず運ばれたのがこちら。
奥にあるのは台湾冷奴。
台湾攻撃です。

そして、しばらくしてこちらが登場。
四川風イカ炒め。

辛いもの好きには堪らないメニューですが、それほど辛いわけではありません。
ほどよい辛さです。
具材もしっかりとしています。

台湾ラーメンもスープの如く平らげ、気がつけばお腹一杯。
こんな選択もいいでしょう。
お値打ちだと感じたのは人気食べ物ブロガーだけでしょうか。

名古屋には台湾ラーメンをメインにこの類の中華は多いです。
その中では上手く差別化が出来ているんじゃないでしょうか。
激戦地区ではありますが、頑張って欲しいですね。

ごちそうさまでした。

映画「緊急事態宣言」

最近、またコロナ感染者が増えている。
ついに第3波の襲来なのか・・・。
そんなニュースを見ると辛くなるが、
自分たちができるのは感染予防を心掛け、会社として万全な体制を整えていくだけ。

一日も早く収束して欲しいが、withコロナで対応していくしかないのだろう。
本作はそんな中で作られ5本のオムニバスで構成されている。
Amazonプライムで公開された直後に4本を観て、最後の1本をつい最近、観終えた。

すでに観た人は多いと思うが、あまり話題にはなっていない。
それが作品の正当な評価かもしれないが、おヒマな人はその感覚を味わってほしい。

かなり賛否両論ある作品で、話題の監督が独特の感性で仕上げている。
真剣なのか、遊び感覚なのかは分からない。
今、目の前の現実と近未来が入り混じる。

再びコロナ感染者が増える中で、以前のような緊張感がない今、
本作を見せつけられるといい緊張感を生むんじゃないか。
そんなふうに思ったり・・・。

僕が5本のオムニバスで一番響いたのは「デリバリー2020」。
いつもはネタバレしないように注意しているが、今日は大いにネタバレさせよう。

離れ離れで暮らす家族が誕生日祝いをオンラインで行う。
コロナ禍なので、一堂に集まることができない。
そこには本来、誕生日祝いをされる父親は不在。
理由はコロナウイルスに感染し、死を迎えたため。

なんとなくシュール。
実際、そんなことが現実に起きてもおかしくない。
この作品に登場するのは3人のみ。
お母さん役の渡辺真知子さんは味がありますね・・・。

ともすれば1日の撮影で映画は完成する。
出演者はお互いに顔を合わせることはない。
それを踏まえての制作であり公開か・・・。

映画館での上映が前提ではなく、短期間、最少のスタッフでの制作。
オムニバスはそんな作品をまとめているが、これも時代の反映。

10年後、この作品の真価が問われるだろう。
個人的にいえば、この作品が忘れ去られるのが、いい時代だと思うのだが・・・。
そんな未来を期待したい。

映画「朝が来る」

連続して映画コラムニストの仕事。
本作は鑑賞する機会がないと思っていた。
スケジュールが合わず諦めていた。

ところが当初予定の夜の会合が中止となり、
またちょうどその時間に上映時間が当てはまり観る機会を得た。
それはまるで主人公の2人が旅行先でTVチャンネルを合わせた偶然に近い。
何事も偶然から広がっていくのだ。

昨日の「罪の声」も2つの物語が一つになる構成だが、本作も同じ。
生きる世界は異なるが、お互い辛い経験をしている。
違うのは前向きなのか、後ろ向きなのか、未来に期待しているのか、絶望しているのか。
その違い。

しかし、どんな状況でも朝は来る。
明けない夜はない。
そこにあるのは何か・・・。

登場人物に悪者はいない。
それぞれが自分と向き合いもがいている。
残念ながら上手くいくことは少ない。
思い通りにならない人生を悲しむだけ。

その中でどう立ち直っていくかもこの映画の訴えるところ。
(勝手にそう思っているだけだけど・・・)
立ち直るためのキッカケはとてもシンプル。

些細な言葉ですべてが満たされる。
どん底から救われることもある。

未来は過去もきっと変えてしまうのだろう。
昨日と同じこといってる?(笑)
ここまで読んでもらっても、映画はさっぱり分からないと思う。

本作の上映期間はさほど長くはないだろう。
間もなく公開終了ということか。
だとすれば、急がねば・・・。

この2020年の中では観ておくべき一本じゃないかな。
監督は河瀨直美氏。
嫁さんと同じ名前というのが理由ではないが、最近の作品はほとんど観ている。
初期は好きな監督でもなかったが、趣味が変わってきたのかな?(笑)。

ここ数年でも「あん」「光」「Vision」
正直、出来はマチマチだと思うが、
(すいません)
共通して優れているのは自然を描き出す映像。

それも光が差す森林であったり海であったり・・・。
そこには意志があり強いメッセージと神々しさを感じる。
監督の生き方を反映させてもいるんじゃないか。

本作のテーマは「特別養子縁組」。
身近なようで遠いテーマ。
これまでの僕の人生では想像できない。

自分が同じ立場になったとして真摯に向き合えるかと問われれば自信がない。
それは生みも育ても両方。
お前は男だろ!というくだらないツッコミは無視して、あくまでも一人の親として・・・。
しかし、現実にはごくごく普通の人がその環境でもがき苦しみ、
その中で喜びや生きがいを見出していく。

一人の子を育てることは生半可な気持ちではできないことを痛感。
本作を観て、改めて嫁さんに感謝。
当たり前の行為がどれだけ大変なのか。
映像を通してしか理解できない自分の鈍感さに呆れながらも、そんなことを感じた。

生みの母ひかり役の蒔田彩珠ちゃんを初めて知った。
これから可能性の感じる女優さん。

そして、思った。
パフのSに似ていると・・・。
パフ内でそんな話題になってない?
僕が思っているだけ?

おちゃらけな終わり方になってしまったが、グッとくる作品であるのは間違いない。
感動的な日本映画は秋に集まりますね。

映画 「罪の声」

毎年、この時期になると思う。
なぜ、秋になると考えさせる日本映画が多いのか。
それも優秀作が多いのか・・・。

超話題のエンターテインメント作品は年明けに任せ、
日本らしい小ぶりだがグッとくる作品はこの時期。
今年も先月観た「望み」に始まり、「スパイの妻」「朝が来る」など評価の高い映画が多い。

映画コラムニストとはいえ本業ではない分、どうしても観れない作品もある。
どこまで時間調整できるのかが、問題。
芸術の秋の最たる悩み、ですね・・・。

何が言いたいのか。
本作もこの時期の日本映画に相応しい一本。

上映時間は2時間半近いが、その長さを感じることはない。
あっちの展開、こっちの展開、それが合わさった展開で映画は進行し、
平成と昭和がオーバーラップしながら観客は吸い込まれていく。

時に新聞記者の立場になり、時に仕立て屋の立場になり、
時に辛い子供の立場になり映画にどっぷり浸かっていく。
時代の描き方として日本人にしか分からない。

理想は理想にすぎず、現実は現実として人を傷つけていく。
その葛藤こそが生きる世界。
誰もが幸せを築こうとする。
それも家族の幸せを最優先に考える。

しかし、ある種の誘惑に負け、ある種の憤りに負け、破滅へと向かわせてしまう。
冷静さはあくまでも客観的で当事者は主観的にしかなれない。
いかに自分が恵まれた生活を送ってきたかを映画とダブらせてしまった。

とネタバレせずに書いてみたが、少しは伝わっただろうか。
いや、それは難しいな・・・。

本作は35年前に起きたグリコ森永事件をモデルにしている。
それはサラっと予告編を観ただけでも分かる。
それが題材となれば本作は刑事事件。

てっきり主役の小栗旬も刑事の役だと思っていたが、役柄はうだつの上がらない新聞記者。
そもそも本作に警察や刑事は一切登場しない。
厳密に言えばくだらない警官は登場するが大した問題ではない。
誰もが知る大事件の35年後を警察とは関係ない人たちが追いかけるのが面白い。

そして、キツメ目の男で思い出した。
それは宮崎学氏。
彼が存在感を表したのは90年代半ば。
当時、出版された「突破者」を僕は貪るようにして読み、その後もいくつかに作品にも触れた。

彼は事件の重要人物として疑われたが事件とは関係なし。
それがあったからこんな映画も生まれた。
未解決事件だからこそ、その後のフィクションが構成される。
原作を読んだことなければ存在も知らなかったが、
小説が持つ魅力を感じることができた。

一般的に人は過去を変えられないという。
しかし、最近は未来によって過去も変えられるともいう。
本作もそういえるのかもしれない。

改めて思った。
いいね、日本映画。

仮想空間シフト

今、この分野では最も注目すべき2人。
本書は山口氏、尾原氏の対談集だが、それもZoomで行われたという。
それが編集され書籍として発行される。

それもイマドキだし、その著書を僕はkindleで読んだ。
数年前の出版業界では考えられなかったことだと思うが、
それ自体が仮想空間シフトと言うのかもしれない。

今、僕はまさにその狭間に立っているわけだが、まだ立っているだけ未来がある。
僕の同世代でもはるか先に進んでいる者もいれば、
立とうともしない、もしくはその場所さえ知らない者もいる。

人の価値観はマチマチでどこかに揃える必要はないが、
時代を読み違えると気づいた時には完全に手遅れになる。
そんな危機感だけは自分の中にあり、それが健全ともいえる。

しかし、それが幸せかどうかは分からない。
立とうとしなかったり、その場所を知らない者の方が幸せだということもあり得るのだ。
そんな表現をすると仮想空間へシフトするのは恐ろしい世界への突入と
世のオジサンは否定したくなるが、実際は得るものは大きい。

単に便利ということもあるが、より効率的に生産性も高まることもある。
だが、それも危険。
そっちにシフトすることが全て生産性が高まると判断されることもバイアスがかかっている。
確固たる思想に基づかないと意味もない。

その点では僕も狭間に立つ中途半端な人間。
しかし、少し先の未来を描いてみると希望も見えてくる。
「オンとオフ」と「都市とリゾート」の関係が逆転するとか、
ライスワークとワイフワークをどう切り分けて考えてくかで楽しみも増えそう。

その時点で凝り固まった自己の価値観をリセットせねばならないが、
それが当たり前の世界で想像していけばこの先の人生も明るくなる。
そう考えるとコロナがもたらした新しい世界も悪くない。

いや、やっぱりコロナのもたらした世界は勘弁してほしいが、
新たな価値を注入する点においてはプラスに考えるべきだろう。

狭間に立つ僕がこんな状況だとZ世代の大学生の息子あたりはどんな未来を作っていくのか。
オンライン授業と対面授業を活用しながら、スマホで全てか解決できる生活を送る。
世のオジサンたちはつまらん!と一括りにするかもしれないが、
僕らではおよそ導くことのできない新たな世界を創造する可能性はある。
むしろ可能性は高い。

結局は人次第で上手くリードする側と上手く利用される側に分かれるだろうが、
その感じ方、受け止め方、主体性で大きく変わるだろう。
楽しみにしておきたい。

なんだか訳の分からない話になってしまったが、
少しずつ僕らの生活は仮想空間比率が高まっていく。
その分、リアルの価値も高まり、その意味も大きいとは思うが・・・。

いつまでもアーリーアダプターでいたいが、気づいたらレイトマジョリティになってるかもね。
気をつけないと・・・。

眺めで仕事への気持ちが変わる?

2週間ほど前だろうか。
会社から外を眺めてみるといきなり飛び込んできた光景。

一瞬、目を疑った。
「えっ、これ何?」
明らかに五重塔にみえる。
方角は東。

「もしかして日泰寺?」
いやいやそんなはずはない。
かりに日泰寺であったとしてもこんなタワーマンションより高い塔を建てるわけがない。

「えっ、新興宗教?」と思ったが、そんなわけもない。
まあまあ同じように感じた人は多いよう。
僕の友人も含めて(笑)。

実際はNTTコミュニケーションズ名古屋栄ビルの上に建てられた通信用の鉄塔。
本来は赤と白に塗られているのだが、その作業のために覆いが掛けられているとのこと。
ビックリするじゃないか・・・。

これも瞬間的な話題。
ブログネタ不足をカバーするほどにはならないが、たまにはこんな投稿もいいだろう。

名大社が入居する名古屋広小路ビルヂングは18階建て。
うちは16階にオフィスを構える。

こちらに移転する前に伏見周辺のいくつかのビルを視察。
諸々の条件でこちらを選んだのだが、ひとつの理由はビルからの眺め。
当時はこの場所からTV塔が見ることができた。
夜はライトアップされ、なかなか美しい景色。

うちのメンバーが残業になってもその景色でモチベーションは維持できると勝手に想像していた。
ところがどっこい。
いざ移転するとTV塔の方角には三菱UFJ銀行のビルが建て始められていた。

「あれっ、TV塔が見えないぞ・・・」
この場所を選んだ意味がないじゃないかと小さく落胆。
このことは誰にも言えず、時が流れていった。

斜め前にそびえ立つ広小路クロスタワー。
このビルの後方にTV塔があり、すっぽり隠れている。
ビルからビルを眺めても何の面白味もない・・・。
もっと高層ビルなら違う景色を楽しめるんだろうけど。

人は眺める景色によって仕事への向き合い方や気持ちも変わるだろうか。
そういえば先日お邪魔した国宝の犬山城。

天守は現存する日本最古の様式。
ここからの眺めも格別。
北を眺めれば木曽川。

東を眺めれば成田山や日本モンキーパーク。
当時は関係ないけどね(笑)。

城主の成瀬家は何を思ったのだろう。
江戸の平和を願ったのか、木曽川の鵜飼を眺めていたのか。
(当時やってたのかな?)
眺める景色で気持ちも変わっていくのだろう。

仕事にはどう影響するのか。
普段はカーテンが掛かっているので、外の景色は分からないが、
ふとそんなどうでもいいことを思ってみた。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その157

人気食べ物ブロガーは情報を発信するだけではありません。
そのためのインプットも重要。
常にアンテナを高くする必要もあります。

インスタあたりをチェックし、それらしいお店を探すことにも余念がありません。
最近、ちょくちょくアップされる気になるお店をみつけました。
会社から西に向かい御園座を過ぎ、
南に向かい三蔵通を越えた先にある「ひびの食堂」さんです。

ランチ時には行列のできる人気店。
たまにはこの手のお店も攻めなければなりません。

ランチは丼物。
ここは定番海鮮丼を注文すべきでしょう。
毎日、店主が日比野市場で新鮮な魚を仕入れているようです。
そのため海鮮丼のネタも日々変わります。

この日はブリ、カンパチ、コショウダイ、カワハギ、カツオ、生しらすです。
この看板を見ただけで「なかなか、やるじゃないか!」と思わず言葉が出てしまいます。

また、こちらのお店は酢飯の量も海鮮の量も選べます。

海鮮の増量は有料ですがかなりお値打ち。
酢飯は大盛同一価格でいきたいところ。
しかし、ここは我慢。
正直、やせ我慢です。

紳士らしく並盛を注文しました。
海鮮丼 990円

見事に海鮮が並びます。
別に1000円でも十分だとは思いますが、店主のささやかな気持ちなんでしょうか。

こちらのあら汁も魚のあらをふんだんに使っています。
素直に美味しいです。
こちらはお替りすればよかったと後で後悔しました。

どんな食べ方がいいのか、こだわる必要はないでしょう。
好きな具材からワシワシと頂けばいいのです。

「いいんダナ、これが・・・」
このダナの使い方が正しいのかは分かりませんが、
美味しいものを食べた時に、ダナを使うのが最近の流行りのようです。

「なかなか、やるんダナ」
ちょっと気の抜けた表現になってしまいましたが、6種類の海鮮丼を堪能しました。

外にはお客さんが並んでいます。
ここはのんびりするのではなく、食べ終わったらサクッとお店を出る。
これも人気店のマナーですね。

ごちそうさまでした。
次回は酢飯大盛、海鮮増量にチャレンジします。