前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「名古屋を知る 街を歩く」の記事一覧:

食べ物のはなし 伏見シリーズ その176

外に出ると雨が降り出しました。
「しまった、ビルの地下の店にすればよかったかな・・・」
と思いつつ、もう錦通を越えていました。

たまには伏見地下街にも顔を出しましょう。

10年前はシャッター街に近い状態でしたが、
最近は飲み屋さんが増え、活気を取り戻してきました。
コロナの影響はどこまであるのでしょうか?

お店の境と通りの境がないため密は避けられるでしょうが、
それなりの大人しい状態が予測されます。
安いお店を梯子しながらワイワイやりたいところですが、あと少しの我慢ですね。

その通りの途中にある「びーんず」さんに行ってきました。

昔ながらの喫茶店。
入った瞬間懐かしさを感じます。

年齢の割にやたら若い格好をしたスナックのママ風の女将さんが出迎えてくれます。
これもお店のウリの一つでしょう。
名古屋の喫茶店らしいメニューが並びます。

ふと耳を澄ますと店内には80年代の曲がBGM。
「大人の階段の~ぼる、君はまだシンデレラさ~」
H2Oの「想い出がいっぱいが」が流れています。

高校時代大好きだった「みゆき」を思い出します。
「オレは鹿島みゆきの方が良かったな・・・」
と感傷に浸りながら、スナックのママ風の女将さんに注文します。

正統派の喫茶店らしくスプーンとフォークがナプキンに包まれます。

おすすめランチ 850円

こちらのお店は鉄板イタリアンや鉄板インディアンが有名ですが、
やはりオススメで攻めるべきでしょう。

正統派な喫茶店らしくミートスパゲティとピラフのセット。
若者は大喜びでしょう。
しかし、ここは来月55歳を迎えるオジサン。
これだけの量は結構しんどいですが、80年代を思い浮かべ頑張りました。

味も昭和を感じさせる素朴さ。
しっかりと完食しました。

コーヒーとデザートがつくのも嬉しいですね。
デザートはヨーグルトにフルーツポンチ。

これだけでもホッとしますね。

会計はもちろん現金のみ。
PayPayもIDも何とかも使えません。

ごちそうさまでした。
いつもでも昭和な雰囲気を残してもらいたいですね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その175

春の陽気に誘われて、体は勝手に外に向かいます。
この季節は時間に余裕があればランチも少し遠い場所に向かいます。
伏見駅を越え、名古屋観光ホテルの手前にある「しゃなりしゃなり」さんに行ってきました。

毎週、名古屋観光ホテルにはお邪魔するので以前から気になっていたのです。
「少しも遠くないじゃないか」という伏見に詳しい方からのツッコミが入りそうです。
まあまあ大事なのは気持ち。
これからも遠足気分で遠出できる日はいくらでもあるでしょう。

こちらは料亭の味を味わえる創作和食居酒屋。
そう紹介されていますが、夜にお邪魔したことはありません。
しかし、なかなかいい雰囲気の店内。
カウンターでしっぽり飲むにはいいかもしれません。

目を横に向けると大釜度が並びます。
どうやら魚沼産コシヒカリをここで炊き上げるようです。
そして飲み放題には八海山の吟醸酒も含まれるとのこと。
呑み助には飛び跳ねて喜ぶかもしれません。

ランチは3種類。
日替わり御膳は肉か魚を選べるようですが、ここは迷いはありません。

海鮮丼定食 1000円

海鮮丼単品ではなく海鮮丼定食。
サラダも小鉢も茶碗蒸しも付きます。
ご飯も大盛無料です。
気持ちは大いに揺らぎますが、ここは優雅な気分で攻めたいところ。

海鮮丼にはまぐろ、鯛、ほたて、サーモン、いくら、なぜかささみ等。
真ん中に黄身がド~ンと構えます。
これは豪快に食すしかありません。

グワシグワシと音をたてながら勢いよく食べ続けます。
息継ぎすることもなく、あっという間に平らげてしまいました。
お客さんが待っているわけでもなくお店が混んでいるわけでもありません。

「もっとゆっくり食べればいいじゃないか・・・」
貧乏性の自分に語りかけます。
それでも勢いは大切。
丼物は豪快にいきたいですよね。

別の機会があれば、冷酒と共に丼の上の刺身を肴にチビチビとやりたいですね。
その時は八海山なのでしょうか。
妄想は膨らみます。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その174

昨年のこの時期、食べ物ブログは週2回の掲載でした。
少しでも伏見のお店を応援するために敢えて数を増やしたのです。
そして中旬からはテイクアウトシリーズに変わりました。

名大社も非常事態宣言を受け在宅勤務。
伏見界隈の飲食店も休業が増え、お持ち帰りメインになったのです。
そこまでしなくてもよかったな・・・と今では思いますが、
昨年は自粛ムードが日本全体を覆っていました。

その間、閉店したお店もあります。
反対に状況を見てオープンしたお店もありました。
その勇気にエールを送ると共に貢献もせねばなりません。

錦通りを北に向かったところにある「まぜそば鳳」さんに行ってきました。

地下は「えんそば」さん、2軒隣は「ラーメン大」さん。
人気店がひしめき合っています。
そんな場所にあえて出店。
その勇気には再度エールです。

名古屋のまぜそばといえば、「台湾まぜそば」が有名。
人気食べ物ブロガーもちょくちょく頂きます。
こちらはまぜそば専門店ですが、かなりの種類が揃っています。

柚子香る海苔塩まぜそば、ベーコンカルボまぜそば、しらすぺペロンまぜそば、
チーズカレーまぜそば、他にも個性的なまぜそばが並びます。
迷うところですが、ここは王道を。
屋号にもなっている「鳳まぜそば」を注文しました。

特製もあります。
写真を見ると200円アップで具材も2倍のような気配です。

そして、量も選べます。

せこさ100倍で勝負したいところですが、来月には55歳となる身。
GOGOと勢いよく行けという外野の声は無視して、中盛をお願いしました。

鳳まぜそば 830円

それでもかなりの迫力。
グイグイとかき混ぜます。
えびの香りが漂ってくるのが特徴でしょうか。
ここはダイナミックにいくしかありません。

グワシグワシと食べ続けます。
体が味の変化を欲します。

このニンニクの存在も重要。
思い切って乗せます。

匂いがしないマスクをすれば問題ありません。
ガッツリと美味しく頂きました。
食べ終わった瞬間、「ふ~っ」とため息をつくのもまぜそばらしさ。

隣の若者は当然のように大盛を注文していました。
次回はブタトロねぎわさびまぜそばにチャレンジしてみましょうか。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その173

3月の最終日、年度末の最終日は食べ物のはなしとなりました。
これも何か大きな意味があるのでしょう。

伏見界隈に限らず全国の飲食店がコロナに振り回された一年でした。
僕もどうでしょうか。
ランチはほぼ変わらないとしても夜は例年の半分、いや1/5程度でしょう。
これではどの飲食店も経営が苦しくなるのは間違いありません。

えっ、そんなに貢献していないだろ?
そんなことはありません。
尾張名古屋は城で持つです。
訳の分からないコメントで誤魔化します。

それでも伏見地区のお店が元気になるのを望むばかりです。
それを象徴するようなお店に行ってきました。
伏見駅からすぐ、広小路通沿いにある「広小路キッチン マツヤ」さんです。

この悲痛な叫びを全面的に表現する勇気は大したもの。
少し前も地元TV番組の特集で取り上げられていました。

「よ~し、オレは最善を尽くすぞ!」
地元を代表する人気食べ物ブロガーとして意地を見せねばなりません。

「広小路キッチン マツヤ」さんは2階。
1階は系列店の「酒天童子」さんです。
諦めない気持ちは一緒です。

困った時はお互い様。
ここは攻めるのみです。
まずは体を慣らすために1階から。
「酒天童子」さんで超ロングセラーのメニューをオーダーします。

カルロ 900円

あんかけ焼きそばではありません。
珍しくリフトアップをします。

そうです、こちらはパスタ。
具材を分析します。
玉ねぎ、にんじん、コーン、しめじ、たけのこ、にら、ほうれん草、
もやし、豚肉、いか、あさり、白菜、キャベツ。
これだけの具材です。
その証がカルロなんでしょう。

想像以上に重いですが、最後まで諦めません。
食べ終わると共に2階の「広小路キッチン マツヤ」さんに向かいます。
老舗の洋食屋さんですが、コロナ前は結構飲みにも行きました。
置いてあるワインボトルを全部飲んでしまい、迷惑も掛けました。
いやいや、売上貢献は十分なはず。

「よ~し、最善を尽くすぞ!」
まずオーダーしたのが国産豚の味噌かつ。
残念ながら売り切れでした。
悩んだ末に注文したのがこちら。

若鶏の味噌かつランチ 880円

写真では分かりにくいですが、若鶏は2枚。
それだけでも相当な迫力。
グッとお腹にきます。

それでも諦めるわけにはいきません。
人気食べ物ブロガーとして名古屋の魅力も発信し続けます。
味噌かつを紹介するのは必然。

1階も2階もとても美味しく頂くことができました。
さすがに身動きはとれません。

かなり盛った展開になりましたが、ご了承ください。
こちらの2店は以前に紹介してますが、そのあたりもご理解を・・・。

2021年度は名古屋全体が元気になってもらいたいですね。
ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その172

少しずつ春の訪れを感じます。
ランチ時も先日までは外に出るのが億劫でしたが、
これからの季節はできるだけ遠出したくなります。
風の強い日は煽られながらも、スキップをしながら街を駆け巡ります。

この日はあえて目的のお店を設けず。
三蔵通りを西に向かい歩き続けます。
素直に自分の気持ちに従い、嗅覚を信じるのみです。

「さて、どこにしようか・・・」
と考えた瞬間、モーレツに空腹感が体を襲います。
そんな時に目に飛び込んできたのが、こちらのお店。

「中国料理 茗華楼」さんです。
全国の腹ペコ諸君が求めるのがセットもの。
それも麺とご飯のセットがテッパンです。

いくつかの定食が並ぶ中で迷うことなく選ぶのはラーメンセット。
メニューをじ~っと眺めながらどの組み合わせがいいかイメージします。
醤油ラーメンと炒飯は普通すぎる。
台湾ラーメンと麻婆飯は匂いが気になる。
う~ん、そうだな・・・。

「すいません、担々麺と高菜炒飯のセットで!」
ラーメンセットで一番コスパがよさそうなセットを注文しました。
さすがの人気食べ物ブロガーなのか、
せこい人気食べ物ブロガーなのか、票は分かれるところでしょう。

ラーメンセット 820円

この類のお店はセットメニューもハンパ感はありません。
担々麺も高菜炒飯もしっかり一人前ずつあります。
テーブルに並べられた時に少しだけ後悔します。

「本能の赴くままに食べる歳でもないな」
いつも同じことを繰り返しているような気がします。
反省してもすぐ忘れてしまうようです。

しかし、食べ始めれば関係ありません。
「いいぞ、いいぞ、なかなかやるじゃないか。」
後悔なんて過去の話です。

担々麺と高菜炒飯とのセットは相性がいいことが分かりました。
担々麺の辛さを高菜炒飯が意外と抑えてくれるのです。

それでもお腹はパンパン。
「ゆっくり歩いて会社に戻るか」
お腹をさすりながらお店を出ます。

御園座のタワーマンションが眩しく見えます。
あのマンションを買える時が来るのかな?
どうでもいいことを考えながら会社に戻りました。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その171

先週は東京本社のチェーンでした。
そして少し悔しい思いもしました。
ここはリベンジを果たしたいところです。
それも東京本社のお店をバサッと。

昨年12月、会社と伏見駅の中間にあるお店がオープンしました。
こちらも話題のチェーン店。
オープン当初は凄い行列。

一体、何時間待ちだったのでしょうか。
それから3ヶ月経った今、そのお店にもスムーズに入れるようになりました。
リベンジを果たすにはここにすべき。
直感が働き体が自然とそちらに向かいます。

「焼肉ライク 伏見店」さんに行ってきました。
ひとり焼肉のブームを巻き起こしたこちらはコロナ禍でも順調なようです。

お邪魔したのは13時半。
行列もなくスムーズに入店できたものの、ほぼ満席。

席につくとスタッフさんが聞いてきます。
「初めてのご利用ですか?」
「はい、伏見界隈で有名な食べ物ブロガーですが初めてです。」
軽く自己紹介をします。

何事もなくスルーされ、タブレットの使い方を教えてくれます。
注文後、着信音が鳴りオーダーした品を取りに行きます。
半セルフサービスとでもいうのでしょうか。

その時間はわずか3分。
スピードががウリ。
急いで焼肉を食べたい方には最適なシステムでしょう。

バラカルビ&牛タンセット(150g) 980円

セットはスープとキムチのみ。
シンプルイズベスト。
日中はご飯のお替わりも無料です。
タレも何種類か並んでいます。

嬉しいのは名古屋を代表するナカモさんとのコラボ。
こういったサービスで好感度は高まります。

まずは牛タンから。
そして、バラカルビ。

「お~、いいぞこの感じ。なかなかやるじゃないか。」
ご飯も進みます。

「なんのなんの。ぐわしぐわし。」と食べ続け、
「すいません。ご飯のお替りをお願いします!」
と近くのスタッフに呼びかけます。
「こちらのタブレットからお願いします。」
あくまでもシステマティック。

タッチメニューで注文したご飯は即座に運ばれます。
このあたりがまさにDX。
普通盛りのご飯が届きましたが、普通に食べてしまいました。

「まだまだ、やれるじゃんね。」
リベンジを果たした満足感が体を覆います。

お肉は普通の美味さでしたが、こちらの魅力はオペレーション。
レジも無人。Paypayをかざして終了。

ごちそうさまでした。
次回はハッピータイムのドリンク半額で一人飲みもいいですね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その170

緊急事態宣言が明け、一週間ちょっと。
少しずつ街に活気が出てくるのでしょうか?
たまには住吉町を覗きたくなります。
時々、お邪魔する居酒屋がランチを食べさせてくれるらしく、住吉町に向かいました。

住吉町という町名はありません。
そのエリアは栄3丁目。
会社は栄2丁目なので目と鼻の先。
5分ほど歩き、目的地につきましたが残念ながらお休みでした。

「夜、来い!」ということですね。
来週、お邪魔させて頂きます!

そうなると別のお店を探さねばなりません。
せっかくなら新規開拓をしたいところ。
それも最近、オープンしたお店に入りたいところ。

ありました。ありました。
2月に「伝説のすた丼屋」が名古屋にオープンしたのです。

人気食べ物ブロガーがこの存在を知ったのは10年前。
facebookで友人がアップしたのを見つけたのが初めて。
肉食男子、飢えた野郎どもにはとっておきのお店のようでした。

品川に出張した際、わざわざお邪魔した記憶があります。
この香り、この迫力、そりゃあ、人気は出るでしょう。
それは40代半ばの頃、人気食べ物ブロガーも全然問題はなくペロリと平らげました。

そんなお店が名古屋にオープンしたのです。
お邪魔したのは13時過ぎ。

その時間帯が正解なのか、待つこともなくすんなり入店できました。
自販機を眺めながらも、ここは定番一本勝負。
唐揚げでも生姜丼でもやたらトッピングが乗った丼でもありません。

伝説の一杯 すた丼です。
はい、630円。
まず生卵とみそ汁が運ばれます。

何の変哲もありません。
しばらくするとすた丼が届きました。

いきなり生卵を乗せるのは通ではないかもしれませんが、そこはいいのです。
白身をそぎ落とし、黄身だけを丼にオン。

はい、こちらの完成です。

ニンニクの香りが食欲を増進させるのでしょう。
ワシワシと丼を勢いよくかきこんでいきます。
並盛です。
ちょっと前ならヘッチャラでした。

それがどうでしょう。
かなりガツーンときます。
並盛でも相当お腹に堪えます。

「これはまいった。腹ペコじゃなきゃいかんな・・・」
面白くとも何ともない独り言を呟き、なんとか食べ終えました。
隣を見ると同世代のオジサンが普通に食べています。

「いつからオレはこんなに弱くなってしまったんだ・・・」
少し淋しい気持ちになりカラの丼を眺めます。

ふと、外を見るとかなりのお客さんが並んでいます。
いかにも肉食男子、飢えた野郎連中です。
こいつらのお昼はこれからなのか・・・。

悔しさを募らせ、行列の横をすり抜け会社に戻りました。
ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その169

夜のお店を応援したい気持ちが続きます。
先週は錦三丁目でした。
こちらは名古屋を代表する繁華街ですが、
会社から西に向かった納屋橋もシブくて魅力的です。

数年前に「納屋橋かりんとう」さんを紹介しました。
女性だけで経営するおばんざいを中心とした居酒屋。
名古屋駅でもなく栄でもなくこだわりのあるお客さんが贔屓にしています。

その向かいにある姉妹店「かりんとう はなれ」さんに行ってきました。

本当に本店の向かいにあるお店で通りを挟んでいるだけ。
昨年3月までは夜に前を通っていましたが、賑やかな店内が人気を表していました。
今はどうなんでしょうか・・・。

美味しい料理と日本酒を提供するお店が時短なのは寂しさを感じます。
それもあと少しの我慢だと思いたいですね。
こちらも女性だけで切り盛りされているお店ですし。

以前は夜だけの営業と思いますが、今はランチもやっています。
見方を変えればありがたいですね。
8種類あるランチを眺めながらも直感的に注文します。

井之頭さんのように手を挙げて、
「すいません、鰯フライ定食をお願いします。」
こちらはいわしでもなくイワシでもなく鰯。
魚編に弱いと書かれるのは本望ではないかもしれませんが、
鰯という漢字が人気食べ物ブロガーの気持ちを揺さぶるのです。
それだけでいい鰯が提供されそうです。

鰯フライ定食 800円

こちらは先にご飯と味噌汁が出されます。

そしてこちらがテーブルに置かれます。
このプレートだけ見れば完全なおツマミですが、この時は完全なおかずです。

テーブルには3種類のソースも並びます。
それぞれ地域が異なるソースをどう使い分ければいいでしょうか。

鰯フライの姿は想像とは随分違いました。
想像では大ぶりな鰯フライが2枚並べられた状態ですが、こちらは一尾を切っただけ。
鰯フライ定食と呼ぶには寂しさを感じます。

しかし、そこは周りの仲間がフォローしてくれるようです。
小鉢しかり、茶碗蒸ししかり、タルタルソースしかり。
タルタルソースはどうみても手作り。
これだけでもおかずになります。

鰯のボリュームが少なくても十分満足できる食事。
やはり素材にこだわった手作りの料理はおいしいですね。

こんなランチを頂けるだけでも幸せな気分。
ごちそうさまでした。

やはり次回は夜お邪魔したいですね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その168

解除されそうでされない愛知県の緊急事態宣言。
この判断にやきもきする飲食店は多いかとは思います。
人気食べ物ブロガーの会社も少なからず影響を受けてはいますが、
飲食店はその比ではないでしょう。

早く日常を取り戻してもらいたい。
そう願うばかりです。

たまには飲み屋さん街に近い方向に向かう必要もあります。
会社から栄方面に向かい、錦通沿いにある「鳥勢」さんに行ってきました。

こちらはいわゆる錦三。
錦3丁目になります。

昨年の今頃までは夜も活況で、多くのオジサンやワカモノが闊歩していました。
「鳥勢」さんも昔から有名な鶏料理のお店。

30代の頃はお客さんと一緒にお邪魔したこともしばしば。
遠方のお客さんもかなり喜んでくれました。
いつも満席なイメージ。
名古屋を代表する人気店です。

果たして今、夜はどんな感じでしょうか。
まだ人気店だとは想像しますが、簡単ではないでしょうね・・・。

ビールを飲みながら焼鳥を頬張るイメージを抱きながら、ランチメニューを眺めます。
ここは定番を注文せねばなりません。
もしかしたらこちらの定番は唐揚定食かもしれません。
多くのお客さんが注文していましたし、その見栄えも唸らせるものでした。

誘惑に負けてはいけません。
ここは初志貫徹。
貫く必要があるのです。

「すいません、いろいろ悩みましたが、断固として鳥丼をお願いします!」
「はあ~、かしこまりました。」
スタッフさんの困惑した表情が忘れられません。

鳥丼 900円

これが人気焼鳥店の鳥丼です。
アップにして、この輝きを確かめてください。

この歯ごたえがたまりません。
そして、鳥に絡んだタレがご飯を進ませます。
時に一味唐辛子を、時に山椒をかけます。

「お~、いいぞ、いいぞ、この感じ。なかなか、やるじゃないか。」
久しぶりの言葉が出てしまいました。
美味しい焼鳥はビールにもご飯にも相性は抜群。

あっという間に鳥丼を平らげ、お店を出ることにしました。
待ち客が多いお店に長居は禁物。
かなりのお客さんが待っていました。

ごちそうさまでした。

ふと錦三丁目の通りを眺めます。
早く日常に戻って欲しいですね。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その167

先週のブログでは広小路通りの裏通りを紹介しました。
そこで書いた老舗のBARといえば、この界隈で知らない人がいない「英吉利西屋」さん。

最近でこそお邪魔はしていませんが、20代の頃からよく行ったBAR。
系列店では常連だったこともあります。
20代の頃はボトルキープをしてバーボンのロックをガンガン飲んでました。
二日酔いがヘッチャラな時代もありましたね。

今はもうありませんが、人気食べ物ブロガーの結婚式の二次会はこちらの分店でした。
名古屋地区ではここで修業をして独立された方も多いと聞きます。
それだけ存在感の大きいBARですね・・・。

そんなBARもしばらく静かな時間を過ごすことになりそうです。
やはり賑やかな夜が待ち遠しい。

今回お邪魔するのは本店ではなく分店。
会社から北に向かい錦通り沿いにある「英吉利西屋錦通店」さんに行ってきました。

こちらではランチ営業をしています。
というより愛知県の時短要請に伴い11:00~20:00までぶっ通しで営業しているようです。
ということは昼飲みOK?
それもBARでガンガンウイスキーをロックで飲むのもOK?

カウンターで何を飲もうか選びたくなります。

妄想は膨らみますが、ここは健全な一日を送りましょう。
4種類のランチから選んだのはこちら。

本格スパイスの効いた特製ポークカレーライス 800円
サラダとスープを頂いてからカレーに挑みます。

BARでひたすら煮込んだカレーはかなり美味しい。
夜もフードメニューが充実しているので、こんなカレーを提供できるのでしょう。
かなりスパイシーですが、ココ壱番屋でスパイスをガンガンかける身としてはちょうどいい辛さ。
最近の寒さも吹き飛ばしてくれます。
あっという間に食べ終えてしまいました。

10年程前、ここのオーナーさんと一度だけこちらでご一緒させて頂きました。
まだお元気なのでしょうか。
いつまでも続いてほしいBARですね。

ごちそうさまでした。
次回は夜お邪魔します。