前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「名古屋を知る 街を歩く」の記事一覧:

食べ物のはなし 伏見シリーズ その205

一部の方にはラーメンネタが好評なようです。
この伏見シリーズでも多くのラーメン店を紹介しました。
あと紹介できるとすれば、あそことあそこと・・・。

人気食べ物ブロガーが紹介できるお店もさほどありません。
ここは専門性に拘らず、とにかく攻めていく必要があります。
名古屋のあちこちに存在する台湾系中華料理店。

大体はラーメンとご飯もののセットが中心で、いくつかの定食があります。
50代も半ばになるとセットものを避けるようになりますが、
時々、まだイケそうな自分を見せたくもなります。

錦通を渡り長者町に入ったところにある「熊猫(パンダ)」さんに行ってきました。

1階はすでに紹介済みの「旬彩和食うえの山」さん。
こちらは落ち着いた雰囲気でした。

2階の階段を登る前には堂々とした看板が置かれています。

多くの方はここでメニューを決め、お店に入るのでしょう。
「いらっしゃいませ~」
という甲高い声と共に注文するお客さんが目立ちました。
そこは慌ててはいけません。
じっくり体と向き合いながら決める必要はあるのです。

この日もとても寒い日でした。
体を温める必要があります。
「すいません、坦々ラーメンとマーボー飯のセットで・・・」
コスパ的には青椒肉絲飯を頼みたかったのですが、ここは素直に体と向き合いました。

ランチセット 750円
坦々ラーメン

マーボー飯

できればセットの写真を撮りたかったのですが、そこはタイミングが合わず・・・。
マーボー飯は時間が掛かるようです。

坦々ラーメンは台湾ラーメンに近いのでしょうか。
想像していた担々麺とは異なります。
ここは贅沢はいえません。
ありがたいことに体が熱くなってきます。

マーボー飯はびっくりするくらい麻婆豆腐が乗っています。
ご飯になかなか辿りつきません。
決してご飯の量が少ないのではなく麻婆豆腐が多いのです。

そして、結構な辛さ。
体がどんどん熱くなります。
そして気づいた時には大量の汗が・・・。

これぞ始めから狙っていた行為。
寒い時ほど汗をかく必要があります。
「なかなか、やるじゃんね」
そんな言葉が勝手に出てきます。
ご飯はなくなり、最後はひたすら麻婆豆腐ばかり食べていました。

たまにはこんな食事もいいでしょう。
先週のブログの締めの通りになってしまいました。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その204

今年の伏見シリーズは今日からスタートします。
このシリーズをどれだけ維持できるか不安な面もありますが、
今年もどうぞよろしくお願いします。

まだまだ寒い日が続きます。
そんな日は温かい食事を頂きたくなります。
名古屋らしく味噌煮込みうどんをドカーンとアップしたいですが、
この界隈のお店は既に紹介済み。

そんな点に配慮しなきゃいけないのが人気食べ物ブロガーのツラいところ。
風の吹くまま気の向くままではいけません。
ランチにもスケジュール管理が求められます。

しかし、温かさを求める気持ちに変わりはありません。
伏見駅に直結する
名古屋インターシティビル地下の「シェンロン(XHENLONG)」さんに行ってきました。

こちらは2014年の新人歓迎会で使わせていただきました。
出入り禁止になってはいないものの、当時はかなりご迷惑をお掛けしました。
お店の雰囲気をぶち壊すバカ騒ぎをして申し訳ありませんでした。

こちらはランチメニューがいくつかありラーメンランチは4種類から選べます。
五目ラーメン、海老塩ラーメン、豚角煮ラーメン、担々麺とどれも魅力的。

今回選んだのはこちら。

五目ラーメンではありません。

海老塩ラーメン 900円

えっ、海老が入っていない?

アップしても海老は見えません。
あれっ、間違えたのかな?
少々不安になってきます。
どんぶりをかき混ぜるとこうしてプリプリの海老が顔を出し始めました。

「なんだよ、驚かせないでくれよ~」と一人呟きます。
程よいサイズの海老が5つ入っており、食べ応えも十分。
スープも上品な味わい。
すっきりと頂きました。

こちらのデザートはプリン。
プリンを食べるなんていつぶりでしょうか。
デザートも美味しく頂きました。

だからでしょうか、こちらのお店は女性客が中心。
女性比率が高く、中華好きのテカテカのオッサンは肩身が狭くなります。
会計を済ませ、外に出ると行列もできていました。

ごちそうさまでした。
次回は定番担々麺で攻めたいですね。

食べ物のはなし 特別編 名古屋JRゲートタワーホテル

今日から仕事始め。
会社も食べ物ブログも一年間どうぞよろしくお願いします。

今年も伏見シリーズを中心にお届けしますが、
年明け第一弾は華やかな舞台をご用意しました。
たまには豪華な食事をお見せしましょう。

お邪魔したのは名古屋JRゲートタワーホテル。
15階にある「THE GATEHOUSE 」さんに行ってきました。

施設内はいくつかに分かれているようです。
この日はディナー。

夜景を見ながら食事を楽しめます。
人気食べ物ブロガーには不釣り合いなフレンチレストランですが、
ここは年明け第一弾、豪華に攻めましょう。
(くどいですね・・・)

この日は仲良く家族4人で、東京L’AS兼子シェフのおまかせフルコース。
といってもよく理解していません。
評価も高いのでお任せします。

シャンパンといきたいところですが、ここはスパークリングで乾杯。
体を整えます。

ひとくちアミューズ。

なんとかチーズといっていました。
一口で食べれます。

フォアグラのクリスピーサンド。

こちらはハーゲンダッツのクリスピーアイスを食べるように手で頂きます。
初めての食感。
シェフ自慢の一品で回りはトリュフでコーディネイトされています。

家人はフォアグラのステーキが出てくると思ったらしく、
「え~、想像していたのと違う・・・」
と大声で家族に話しかけます。
娘から「恥ずかしいから喋らないで!」
と封じ込まれてしまいました。
オバサントークは禁物です。

百合根とマスカルポーネ

どう表現したらいいのでしょうか・・・。

鹿のテリーヌ ビーツとりんごのクネル添え

上のリンゴのソースをつけます。
(表現がチープですね・・・)

濃厚なカニ味噌をたっぷりと使ったズワイガニのリゾット。

こちらは魚料理。
確かにその辺のリゾットではありません。

お酒は既に赤ワインに移っています。

牛フィレ肉の塩釜包み焼 赤ワインソース 根菜添え

こちらはスタッフが塩釜を携え、その焼き方を説明してくれました。
家人は真っ赤な赤身を頂きながら、「これは生かなあ~」と不思議なコメント。
まあ、よしとしましょう。

オプションで注文したモンドールチーズのプチシュー

お口直しの小さなデザート
ほんとに小さなデザートなので、写真は飛ばします。

そして最後はべにばな卵プリン。

最大級の濃厚なプリンでした。

レストラン内は圧倒的にカップルでしたが、一部、家族連れもありました。
人気ブロガーのようにきっと奢らされているのでしょう。
このような雰囲気の中、たまには豪勢な食事もいいものです。
とても美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。
今年の食べ物のはなしもよろしくお願いします。

食べ物のはなし 番外編 豚ステーキ定食

2021年の毎週水曜提供の食べ物ブログは今回が最後。
今年も一年お付き合い頂き、ありがとうございました。

多くの方から「伏見界隈のお店は参考にしてます。」とか、
「いつも美味しいものを食べてて羨ましい」とか、
「水曜日のブログのファンです」とか、お声がけを頂きます。

せっせと他にマジメなブログも書いていますが、水曜日が一番評判がいいようです。
ありがたい話ですが、どうなんでしょう・・・。
素直に喜んだ方がいいのでしょうか。
今週から始まった新シリーズの人気が高まることを期待します。

今週は番外編です。
今年秋にオープンしたイオンモール Nagoya Noritake Gardenにお邪魔してきました。
こちらはただのショッピングセンターではありません。
BIZriumというオフィス棟も隣接し、そこには大学のキャンパスもあります。

今回は買い物ではなくその大学の視察が目的でした。
このBIZriumは「働く」と「暮らす」を一体化させ、ワークワイフブレンドを提案しています。
オフィス棟からダイレクトにフードコートに食事に行ったり、
休憩の合間に夜の食材の買い物ができたり、
散髪もできたりと何かと便利な場になっています。
担当の方にご案内頂きましたが、オフィス移転を考えたくなりました。

せっかくなので、こちらで食事を楽しむのもいいでしょう。
中部地区初出展や新業態初店舗が多いのもこのモールの特徴。

「豚ステーキ専門店B」さんに行ってきました。

こちらの本店は北九州市ですが、名古屋店は地元の愛知みかわ豚を使用。
地産地消的な考え方もいいですね。

こちらのメニューはとてもシンプル。
豚に拘った数種類のメニューしかありません。
ここは代表的なメニューをオーダーすべきでしょう。

豚ステーキ定食 1000円

豚ステーキ専門店で豚ステーキ定食。
これ以上のシンプルさはありません。
アップにするとこんな感じ。

豚肉が踊っています。
この豚ステーキをどう食すのか。

いろんな薬味を楽しめるのも特徴かもしれません。
ご飯、みそ汁もお替り自由。
瞬間的に気持ちが揺らぎましたが、ここはグッと我慢。
この豚肉なら何杯でもいけそうなのが正直な感想。
とても美味しく頂きました。

こちらの施設は話題になっている店舗も多いです。
流行に敏感な人気食べ物ブロガーは見逃しません。
ただのミーハーという話もありますが・・・。

TSUTAYAさんの店舗。

みんな写真を撮っていますね。
同じ行動・・・。
どれだけの人が本を買っているでしょうか。

ごちそうさまでした。
来年も食べ物ブログをよろしくお願いします。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その203

12月に入り夜の予定が増えてきました。
今週がピークでしょうか。
コロナの影響があるとはいえ、明らかに昨年とは異なります。

どうやら僕の周りの関係者は我慢できない人たちが多いようです。
会社全員での忘年会はまだ様子見ですが、
少人数の忘年会を対策を講じながら実施する日が続きます。

二日酔いはほとんどありませんが、飲んだ翌日はどうしても麺類を体が欲します。
それも汗を流すことのできる辛さを求めてしまいます。

錦通を北に向かった場所にある「豪運来」さんに行ってきました。

昼間でも周辺に光を放っています。
夜はかなり目立った存在になっています。
回転小火鍋、四川伝統火鍋とは一体どんな鍋なんでしょうか。
まさか回転ずしのように回っているわけではないでしょう。

こちらはランチをお値打ちに食べさせてくれます。
トマトラーメンや和風ラーメンも気になりますが、大陸系のお店だとどうもピンときません。
ここは当初の予定通り、辛さを求めていきましょう。

「すいませ~ん、四川ラーメンとチャーハンのセットで!」
「大盛りじゃなくていいですか?」
「はい」
「100円で大盛りにできますが、普通でいいですか?」
「はい」

そんなに大食いに見えるのでしょうか。
大陸系の女性が慌ただしく注文を取り、厨房に向かっていきました。
こちらは食べ放題のランチもあり、全種類のラーメンも食べれるようです。
「そんなに食べれないよ・・・」
一人で呟いていると運ばれてきました。

ランチセット 580円

四川ラーメン、チャーハン、そしてキムチのセットです。
絵的に寂しいのでアップにしてみましょう。

奥の方に煮卵が隠れていますが、食べ始めて気づきました。

ラーメンもチャーハンも小さめ。
そこでようやく注文に意味を理解しました。
大盛りを注文するとラーメンもチャーハンも普通サイズになるようです。

「なるほど、そういうことか・・・」
100円足しても680円ですから、お値打ちであるのは間違いありません。
瞬間的に後悔しましたが、すぐに現実に戻りました。

「普通サイズのチャーハンと普通サイズのラーメンって、相当じゃん」。
やっぱり580円の小ぶりなセットで十分です。
これでもお腹は満たされます。

特別美味しいわけではありませんが、この価格なら良しとすべきでしょう。
四川ラーメンはもう少し辛くてもいいですが・・・。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その202

さすがに200回を超えると紹介するお店が絞られてきます。
というよりも常に新規開拓をしないと追いつきません。
まるで新人営業マンのよう。
そんな姿勢は忘れてはいけません。
「よ~し、ここはガンガン飛び込みするか!」
と気持ちを奮い立たせます。

しかし、ふと振り返ると紹介したと思いながら、未紹介のお店がありました。
伏見駅1番出口のすぐのところにある「味の名所 ながさき苑」さんです。

伏見地区では40年以上の歴史があります。
店名の通り長崎の料理がメイン。
今の季節は鯨も多いようです。

店内に入り、ランチメニューを眺め注文します。
ここはあえて無難な選択をします。
カウンターからふと顔を上げるとこんなポスターが・・・。

この寒い12月にシャリキンは売れるのかな?
とどこかのお店と同じ疑問がわきます。

それはさておき、こちらはメニューは手書き。
注文したランチも紙の札が渡されます。

A定食 800円

この日は特製味噌ちゃんぽんとカキフライ、唐揚げがA定食。
やはり長崎ちゃんぽんを食べるのが正しいでしょう。
そして、寒い季節は味噌で攻める。
これも正しいといえるでしょう。

特製味噌ちゃんぽんはこんな感じ。

多くの具材が入っています。
はんぺんが入るのも長崎では定番なんでしょうか。
このボリュームでこの値段はお値打ちといえるでしょう。
ご飯もお替りできますが、その必要はありません。
これだけで十分お腹は満たされます。

後ろの席にはビジネスマンのグループが食事をしています。
顔は見えませんが、会話が聞こえてきます。

「全然問題ないっす」
「そこまではやってないっすね」
「作ったことはないっすよ」
会話の語尾は必ず「っす」とつけています。
相手は上司なのか先輩なのか、そのやりとりからどうやら新人のようです。

営業かなあ?
新規開拓してるのかなあ?
もうちょっと言葉遣いは気を付けた方がいいね。
大事なのは気合いだけどね。

そんなことを思いながらお店を出ました。

ごちそうさまっす。
あっ、気をつけないといけません。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その201

先週200回記念を迎え、メディアからの取材が殺到するかと待ち構えていましたが、
何も起こりませんでした。
伏見飲食協同組合からの表彰もありません。
予定を空けていましたが、実に静かな一週間。

寂しい12月のスタートとなりました。

まだまだ努力が足りないということでしょうか。
一部のエールはありましたが、これも身内で・・・。
思い切って伏見シリーズにピリオドを打とうかとも悩みましたが、
ここは気持ちを切り替えて臨むこととします。
引き続きのご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

さてさて、201回目。
どんなお店が相応しいでしょうか。
やはり新たな姿勢が求められます。

会社から西に向かったすぐの場所にある「コリアンダイニング季朝園」さんに行ってきました。

これが新たな姿勢の相応しいお店なのかと思われるかもしれません。
そうなんです。
この場所がそうなんです。
この場所は伏見シリーズがスタートして4度目の登場。
すなわちこの5年間で3回お店が変わっています。

こちらが1回目。伏見シリーズ その7
こちらが2回目。伏見シリーズ その66
こちらが3回目。伏見シリーズ その115

「天ぷらとワイン 小島」さんがオープンした時は少し安心しました。
名古屋市内に展開する数店はいずれも人気店。
混み合う店として有名です。

しかし、意外と伏見は天ぷら激戦区。
いつの間にか閉店していました。
業態のせいなのか、立地のせいなのか。

そこでオープンしたのがこちらのお店。
韓国料理は伏見ではまだ競合が少ないのかもしれません。
こちらは調べてみると大阪では人気店のようです。

ランチは充実しています。
チゲやサムギョプサルの定食もあります。
しかし、ここは定番で攻めるべきでしょう。

注文するとまずキムチが運ばれます。

あとで気づきましたがキムチは食べ放題。
う~ん、早く言ってよ。
メニューにも堂々と書いていますが・・・。

あったかまんぷくセット 950円

石焼ビビンバとマンドゥクッのセットです。
マンドゥクッは初めて食べました。
スープ餃子と言えばいいのでしょうか。

石焼ビビンバをかき混ぜ、おこげを作ります。

あまり美しくはなさそうですね。
スミマセン。
そこに食べ放題のキムチを投入すると味変になり楽しめるのかもしれません。
この季節としては体も暖まり、午後からも頑張れますね。

今、韓国料理は若い女性に人気なんでしょうか。
ランチとしては高めなので心配していましたが、お店を出る頃には待ち客が並んでいました。
元々のお店が人気なんですかね。

いずれにせよ長く繁盛して欲しいと願うばかりです。
ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その200

ついにやって参りました。
伏見シリーズの200回記念。
よくぞここまで続きました。
パチパチ、パチパチ。

伏見に移転して丸5年。
11月からは6年目を迎えています。
きっとあちこちから感謝されているはず。

伏見飲食協同組合から表彰されるのではないでしょうか。
(そんな組合あるのかな・・・)
マスコミから取材が殺到するのではないでしょうか。
(そもそも知られていない?。プレスリリース出すべきだったかな)

今のところ、人気食べ物ブロガー周辺では何も起きていません。
何の変哲もない静かな一日になってしまうのでしょうか。

さて、200回記念です。
680円のランチで済ませるわけにはいきません。
かといって5000円のランチで見栄を張るわけにもいきません。
難しい判断ですが、ここは先週の流れから夜のコースで攻めていきましょう。
その方が豪華に見えるのです。

向かったのは御園座の西側にある「焼き鳥 マルコ」さん。

ちょっとコジャレた雰囲気が記念に相応しいのです。
この日は5000円の飲み放題コース。

こんなお出迎えも嬉しいものです。

まずはビールで乾杯。

って、写真は2杯目ですが・・・。
口取りはチーズ。

これが焼き鳥屋さんっぽくなくていいですね。

これなんだったかな・・・。
ハラミ?

そして、ごまカンパチ。海苔で見えません。

マルコのポテサラは玉子を潰して混ぜます。

ねぎま

え~っと、これは何だっけ?

これはトマトの肉巻きだったかな・・・。

このころからお酒はハイボール、日本酒へと移ります。
日本酒は結構おいしい地酒でしたが、写真が見当たりません。

餃子ハーフアンドハーフ

ししとう

桜島鶏の唐揚げ

最後は焼きウニぎり

焼き鳥以外の料理も美味しく、飲み放題のお酒も内容が充実しています。
価格にしてはお値打ちといえるのではないでしょうか。

この日は会社の次世代を担うメンバーとの懇親。
ちょうど30歳前後の一番いい時期。
結婚するとかしないとか、相手がいるとかいないとか、そんな話で盛り上がります。
最近はマッチングアプリでの出会いも多いようですね・・・。
仕事もプライベートも頑張ってほしいですね。

もう飲めませんという割には、もう一軒連れていかれました。

ごちそうさまでした。
200回記念は何事もなく、終わってしまいました。
来週からもよろしくお願いします。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その199

秋らしい季節が続きます。
昼食で外に出掛けるのも気持ちのいい季節。
できればゆっくりと街を歩きながら、のんびりとした時間を過ごしたいものです。

会社を出てそのまま消えてしまいたいですが、それは許されません。
しかし、消えたとしても誰も気づかないかもしれません。
一度、トライしてみましょうか。
本当に誰も気づかなかったりして・・・。

住吉方面に向かいます。
このあたりの風景もしばらくの間に変わることが多いようです。
三蔵通沿いを歩き、ハッとしました。

以前目立っていたカレー屋さんがなくなっていました。
金沢カレーで有名な「カレーのチャンピオン」。
昨年、この食べ物ブログでも紹介していました。
人気店だと思ってもそれを継続させるのは難しいこと。
名古屋で金沢カレーを定着させるのは容易ではないようです。

新たにオープンした「東桜泰式食堂 泰麺」さんに行ってきました。

新たにオープンといっても、もう半年ほど経過しています。
人気食べ物ブロガーとしてはちょっと動きが鈍いですね。
店内は以前のカレー屋さんとほぼ同じレイアウト。
装飾が上手くアレンジされています。
これが一番リスクの少ない出店でしょう。

こちらは店名の通りタイ料理のお店。
ランチは麺類を中心にガパオライスなんかを食べさせてくれます。
最近、伏見界隈もタイ料理のお店が増えてきました。

これからますます競争が激化するでしょう。
老舗タイ料理店が残るのか、
(ああ~、あそこね・・・)
こちらのような新興勢力が勝っていくのか、
(ああ~、あのチェーン店ね・・・)
そんな話題もでてくるでしょう。
どこも若い女性が多いのが特徴です。

この日はモーレツに焼きそばを食べたい気分でした。
そんな時は誰にもあるかと思います。
トムヤンクンラーメンにも惹かれましたが、ここは初志貫徹。

タイの焼きそば 880円

甘酸っぱさが残りながらも、ほんのり辛い焼きそばを普段食べることはできません。
アップにしてきましょう。

レモンを絞り、サ~ッと混ぜて食べると爽快感も増してきます。
そして必ず置いてある調味料。

ナンプラーや唐辛子の使い方は何となく分かります。
いつも疑問に思うのは砂糖の存在。
これを麺やライスにかける方はいるのでしょうか。
一体、どんな味になるのでしょうか。

チャレンジ精神旺盛な人気食べ物ブロガーでもここは手が伸びません。
そうしているうちに食べ終わってしまいました。

お気づきでしょうが、この伏見シリーズも今回で199回。
次回で200回を迎えます。
さて、どんなお店を紹介するのか。
はたまた特別編や番外編といって、200回記念をじらすのか。
来週が楽しみになりますね。

ごちそうさまでした。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その198

しばらく遠征していましたが、伏見に戻ってきました。
この界隈も少しずつ活気を取り戻しつつあると感じます。
年末に向けて、さらに盛り上がってほしいと願うばかりです。

自分自身も盛り上げていきたいですが、少し節約が求められます。
先週は気づいた時には家族の前で大盤振る舞いをしていました。
酔って気持ちが大きくなるのは身内でも他人でも変わらないようです。
気をつけねばなりません。

そんな時に相応しいお店に参りましょう。
会社から西に向かった伏見第一ビルに向かいます。

地下1階にある「餃子センター肉汁屋 伏見店」さんに行ってきました。
こちらの地下のお店を紹介するのは4軒目。
閉店したお店があるのは残念ですが、このあたりも飲食店は激戦区。
緊急事態宣言解除後はより競争は激しくなるでしょうね。

こちらはかなりお値打ちなお店。
夜は2500円の飲み放題もあるようです。
そうなるとお昼も当然お値打ちでしょう。

ランチを眺めると500円のメニューが並びます。
あんかけカツ丼、どて煮丼、天丼、麻婆丼、唐揚げ丼、ミックスフライ定食・・・。
ご飯も無料で大盛りにしてれます。

給料日前の独身サラリーマンにとってはなくてはならない存在です。
コスパが一番いいのはミックスフライ定食ですが、ここは泣く子も黙る人気食べ物ブロガー。
そこはあえて外して注文します。

「すいません、炊き餃子定食をお願いします。」
注文を終え、しばらく店内を見渡します。
いろんなメニューがぶら下がっています。

NTKG、KTKG、JTKG、PTKG・・・。
299とか399とか小さく表示されています。

「えっ、これが値段?。NTKGって一体ナニ?ナニ?」
人気食べ物ブロガーの想像力を駆使してもさっぱり分かりません。
「お待ちどおさまでした。」
「あっ、いやっ、あの~」
喉を整え聞こうとすると
「ごゆっくりどうぞ!」
お姉さんはそそくさと別のテーブルに行ってしまいました。

炊き餃子定食 500円

炊き餃子は初めて頂きます。
調べてみると福岡のご当地グルメと分かりました。
スープで食べるのが一般的のようですが、500円の定食はカラシが一般的なんでしょうか。
福岡出身の※※さん、教えてください。
ついでにNTKGも・・・。

餃子をカラシで食べるのは初めての経験。
こちらもコスパは十分いいといえるでしょう。
お金のない時の選択肢としてとっておきたいですね。

ごちそうさまでした。
KTKGって、何でしょうか?